主文
1 原告の請求を棄却する。
2 訴訟費用は,原告の負担とする。
事実及ひ理由
第1 請求の趣旨
1 被告か,平成24年9月4日付けてした,原告の同年8月6日付異議の申出を棄却するとの定を取り消す。
 2 訴訟費用は,被告の負担とする。第2 事案の概要
1 平成24年7月29日に行われた山口県知事選挙(以下「本件選挙」という。)について,選挙人てある原告か,被告に対し,宇部市開票区の投票開票 手続(以下「本件開票手続」という。)か公職選挙法(以下「法」という。) の定める手続に違反するのて同開票区の選挙か無効になるとして,同年8月6 日付けて異議の申出(以下「本件異議申出」という。)をしたか,被告は,同 年9月4日付けてこれを棄却する旨の定(以下「本件定」という。)をし た。本件は,原告か,被告に対し,本件定の取消しを求める事案てある。2 前提となる事実(争いかないか後掲証拠及ひ弁論の全趣旨により認められる事実)
(1) 本件選挙は,平成24年7月29日に行われた。
(2) 宇部市選挙管理委員会(以下「市選管」という。)は,本件選挙について,宇部市開票区の選挙人てあるA(市選管委員長てあった。)を同開票区の開票管理者(法61条)に選任した。
(3) 本件選挙のB候補は,宇部市開票区の選挙人てある原告を,その承諾を得た上て,同開票区における開票立会人として届け出たのて,原告は,同開票 区における開票立会人(法62条)となった。(4) 原告は,平成24年8月6日,被告に対し,本件開票手続か法の定める手 続に違反するとして,宇部市開票区の選挙を無効とする定を求めて本件異 議申出をした(甲2の1)。これに対し,被告は,平成24年9月4日,本件開票手続は法の定める手 続に違反しないとして,本件異議申出を棄却する本件定をした(甲2の 2)。原告は,同月6日,上記定書を受領し,同年10月2日,当裁判所に対 し,本件訴訟を提起した。3 争点及ひ争点に関する当事者の主張 本件の争点は,本件選挙の無効原因(法の定める開票手続に違反し,かつ,これか選挙の結果に異動を及ほすおそれかあること)の存否てある。
 (原告の主張)(1) 無効原因1 開票立会人は,当該選挙の投票を点検しなけれはならない。ところか,開票管理者Aは,本件開票手続において,立会人てある原告か,総投票数5万 2969票のうち,1万0500票しか点検しておらす,4万2469票の 点検か未了てあるにもかかわらす,投票の点検を終了させた。また,開票管 理者Aは,疑問票とされた票についても,開票立会人てある原告の意見を聴 くことなく,その効力の定をした。したかって,本件開票手続は,法66条,67条に違反しているのて,宇 部市開票区の選挙は無効てある。(2) 無効原因2 開票管理者Aは,開票作業中は,候補者の事務所関係者を開票所に入れてはならす,また,候補者の事務所に対し,候補者推薦の開票立会人の投票点 検作業の終了を求めることも許されない。ところか,開票管理者Aは,開票 作業中てあるにもかかわらす,原告を推薦したB候補の事務所関係者を開票所に入れて,原告の投票点検作業を阻害させたはかりか,B候補の事務所に 対し,投票点検作業の終了を求め,同事務所にこれを了承させた。したかって,本件開票手続は,法74条,58条に違反しているのて,宇 部市開票区の選挙は無効てある。(3) 無効原因3 開票立会人は,投票の点検を終了すると,開票録に署名しなけれはならない(法70条)。ところか,開票立会人てある原告は,開票録に署名してい ない。したかって,本件開票手続は,法70条に違反しているのて,宇部市開票 区の選挙は無効てある。(4) 選挙の結果に異動を及ほすおそれ 投票の点検か杜撰て,法の規定に違反するのてあれは,選挙の結果に異動を及ほすおそれかあるというへきてある。 (被告の主張)(1) 無効原因1について 開票管理者は,開票手続を管理し,その結果に責任を負うものてあり,開票立会人か開票事務の円滑な執行を妨ける場合には,その責任において,必 要な措置をとり得る。原告は,他の開票立会人ら及ひ開票管理者Aか投票の点検を終えたのに, 開票管理者Aの指導,指示に従わす,疑問を生しさせない票について,独自 の見解により,更に一枚すつ点検しようとし,適正・迅速な開票手続を阻害 した。そこて,開票管理者Aは,開票事務の円滑な執行のため,原告の点検完了 を待たすに開票手続を進めたものてあり,法の規定に違反したものてはない。(2) 無効原因2について 候補者の届出による開票立会人は,公益のためのみならす,候補者の利益を代表する立場て,開票手続に関わるものてある。したかって,原告か,適 正・迅速な開票作業を阻害したことは,原告を開票立会人として届け出たB 候補の利益にもならないこととなる。そこて,開票事務を統括する開票管理者Aは,開票事務の円滑な執行のた め,原告を推薦したB候補の事務所関係者に対し,原告の説得のため開票所 へ立ち入ることを認めるとともに,事情を説して,原告の点検・立会か機 能していないことについて事実上の了解を得たのてあり,法の規定に違反し たものてはない。(3) 無効原因3について 原告は,開票録に署名する義務かあるにもかかわらす,署名しなかったものてあるから,法に違反するものてはない。 (4) 選挙の結果に異動を及ほすおそれについて「選挙の結果に異動を及ほすおそれかある」とは,当該選挙の管理執行の 手続に関する規定違反かなかったならは,選挙の結果につきあるいは異なっ た結果を生したかもしれないと考えられる場合をいうのてある。規定違反か あったとしても,それか,選挙の自由公正に影響かない場合は,違反の有無 にかかわらす,同し結果を得られるにすきないから,選挙をり直す必要は ない。本件ては,仮に選挙の規定に形式的に違反したものてあるとしても, そのようなおそれはない。第3 当裁判所の判断
1 前記前提となる事実,証拠(甲4の1,2,甲5の1ないし4,甲6,乙1ないし3)及ひ弁論の全趣旨によれは,本件開票手続に関し,次の事実か認められる。
(1) 本件選挙の開票事務は,各市町の選挙管理委員会か執行することとなり,宇部市開票区においては,市選管(宇部市選挙管理委員会)かこれを執行す ることとなった。市選管は,法61条に基つき,本件選挙の選挙権を有する者の中から,市 選管委員長のAを開票管理者に選任した。開票管理者は,他の何人からの指 揮監督を受けすに独立した地位を有し,投票の点検(法66条2項),投票 の効力の定(法67条),開票の結果の報告(法66条3項),開票録の 作成(法70条),開票所の取締(法74条)等の開票に関する事務を執行 し,開票事務従業者(開票立会人を含む)の指揮統括に当たるものてある。候補者は,開票区内の選挙人名簿に登録されている者の中から,開票立会 人となることについて,本人の承諾を得て定め,市町の選挙管理委員会に届 け出ることかてきるところ,原告は,B候補の届出により,宇部市開票区の 開票立会人となった。開票立会人は,候補者の利益の代表及ひ一般選挙人の 公益の代表の立場から,開票に関する事務の公正な執行を監視するとともに, 開票管理者を補助して,開票に関する事務に参画し,その公正な執行を確保 することを任務とするものて,具体的には開票手続の立会い(法66条), 開票管理者か行う投票の効力の定に際しての意見の陳述(法67条)等を 行うものてある。なお,宇部市開票区ては,原告の外,他の候補者の届出に よる者1名,市選管か選任した者1名(合計3名)か開票立会人となった。(2) 市選管担当者は,平成24年7月29日午後8時15分ころ,開票管理者 Aの指示に基つき,事前の説として,開票立会人らに対し,開披,点検, 集計まての開票事務の流れ及ひこれに基つく開票立会人の任務について説 した。その中て,市選管担当者は,無効となる投票について説した上て, 投票の効力は,立会人の意見を聴き,最終的には開票管理者Aか定する旨 の説をした。これに対し,原告は,「意見を聴くたけなら立ち会う意味か ないのて,多数てめれはよい」旨発言して不満を示した。これに対し, 市選管担当者は,「投票の効力は,開票立会人の意見を聴き,開票管理者か 定しなけれはならない」とする法67条の規定等を説したか,原告は納 得しなかった。次に,市選管担当者は,計数機による票数の確認について,100票単位て2つの機種を用いて1回すつ合計2回行うこと及ひ事前に開 票所内て計数機のテストを行うことを説した。最後に,市選管担当者は, 中間開票状況の発表時間(午後9時30分,同10時,同10時30分,同 11時)等を伝え,開票事務への協力を依頼する旨述へた。(3)ア 開票は,開票管理者Aの指揮のもと,同日午後9時10分ころ,開始さ れ,開票事務従事者約200名か,18台の開披台において開披及ひ点検 を行い,候補者ことに,有効てあることに問題はないと判断した票(以下 「有効票」という。),有効又は無効の判定を要する票(以下「疑問票」 という。),白紙投票,点字投票及ひ候補者以外の氏名の記載等かある票 (これらを,以下「その他の票」という。)に分類した。イ 市選管は,票の計数機について,事前に全台の調整確認をしていたか, 開票手続開始後,開票管理者A及ひ開票立会人らの面前て,計数機の2つ の機種について各1台のテストを行い,これらか正常に作動することを確 認した。ウ その後の開票事務手続は,6系列に分かれて,各系列ことに,次のとお り行われた。有効票については,候補者ことに他の候補者の票か混しっていないか, 疑問票等かないかを人を替えて2回点検,確認した上て,計算1係に回付 する。計算1係は,計数機て票を数え,100票ことに輪コムて束ねて計 算2係に回付する。計算2係は,輪コムて束ねたままの票を計算1とは異 なる種類の計数機て数えて,100票に相違なけれは付箋係に回付する。
 付箋係は,候補者名を確認した上て,100票の束を5つ重ねた500票 の束に候補者氏名か記載された付箋を付して集計1係に回付する。集計1 係は,これを集計し,票数を記入した後,開票立会人らに同票を回付する。 開票立会人らは,それそれ,500票の束て付箋か付けられた有効票を点 検し,点検後付箋に押印して,開票管理者Aに回付する。疑問票及ひその他の票は,効力1係及ひ効力2係か,有効又は無効の判 断及ひ無効票の事由別仕分けを行い,集計1係に回付する。集計1係は, 集計した投票数を記入した後,開票管理者Aに票を回付し,開票管理者A は,開票立会人らの意見を聴いて,有効,無効を定する。開票管理者Aか点検,押印した有効票は,集計2係に回付され,集計2 係は集計票に記入する。作業終了後,開票管理者Aか上記手続に基つき開 票録を作成し,開票立会人らかこれを確認し,それそれ署名する。また, 開票管理者A及ひ開票立会人らは効力定済みの投票の梱包を封印する。(4) 原告は,計算係に票か回付され始めた同日午後9時25分ころ,市選管担 当者に対し,大きなて,面前てのテストか行われていない残り10台の計 数機についても面前てテストをするよう求めた。これに対し,市選管担当者 は,開票管理者Aの指示に基つき,事前に確認していることを説したか, 原告は,これに納得せす,不満を抱いた。原告は,同日午後9時30分ころ,集計1係から,初めて点検用の500 票の束(原告を立会人として届け出た候補者てあるB候補の票てあった。)か 回付され,これを受け取ったか,「計数機は信用てきないのて自分て数え る」旨述へて,上記束をはらして,票を1票すつ数え始めた。そのため,原 告のところに票か滞留する状況となった。市選管担当者は,開票管理者Aの 指示に基つき,原告に対し,迅速な開票への協力を繰り返し求めたか,原告 は,「何時間かかろうか関係ない」旨述へ,上記点検作業を止めなかった。 そこて,市選管担当者は,原告の前に予備の計数機を置いて,上記500票 のうちの100票を計算し,数に相違ないことを示した。これに対しても, 原告は,協力要請に応せす,かえって,今度は,1票すつ票の記載内容を確 認し,票を数え始めた。(5) 疑問票については,開票立会人席から離れた協議台において,開票管理者 A及ひ開票立会人らか集まり,効力係からの説を聴いて,開票立会人らか意見を述へ,開票管理者Aかその効力を定することか予定されていた。し かし,原告は,協議台に来す,疑問票の効力定について協力する姿勢を見 せなかった。そこて,開票管理者A及ひ原告以外の開票立会人らか,同日午 後10時30分ころ,原告のところに集まり,効力係か,15票の疑問票に ついて,1票すつ説を行った。これに対し,原告は,「自分は見ない」旨 述へて,上記疑問票の確認をしようとせす,格別の意見も述へなかった。開 票管理者Aは,上記疑問票について,原告以外の開票立会人らの意見を聴い て,投票の効力を定した。(6) 市選管担当者は,開票管理者Aの指示に基つき,B候補の事務所に対し, 原告の上記状況について電話て説した。開票管理者Aは,翌日午前0時2 5分ころ,迅速な開票に協力するよう原告を説得させるため,来所した同事 務所の関係者を開票所に入れた。同事務所の関係者は,原告か投票の点検を 行っている席まて赴き,原告に対し,迅速な開票に協力するよう説得しよう としたか,原告は,大て怒鳴ったりして,これに応しす,1票すつ票の記 載内容を確認しなから票を数えることを続け,持っていた投票用紙を床に散 らしたりした。(7) 開票管理者Aは,同日午前0時30分ころ,原告の言動は開票事務の進行 を妨け,平穏な進行を困難にさせるものと判断し,専門的知識を有する市選 管から意見を聴取した上,市選管担当者に対し,点検に要する通常の時間 (1時間)をみて,原告に午前1時30分まてに投票の点検を終えるよう通 告することを指示し,市選管担当者は,そのころ,原告に対し,上記通告を した。他方,市選管担当者は,同日午前0時50分ころ,B候補の事務所から, 投票の点検作業の終了を了承する旨の文書をファックスにより受領した。(8) 開票管理者A及ひ原告以外の開票立会人らは,同日午前1時30分まてに, 原告か点検した1万0500票の回付を受けて投票の点検を行い,残りの約4万2000票の有効票についても,回付を受けて投票の点検を行った。な お,開票管理者A及ひ原告以外の開票立会人か,投票の点検に要した時間は, 1時間程度てあった。開票管理者Aは,同日午前1時30分ころ,原告に対し,事前に通告して いた時間となったこと,B候補の事務所からも投票の点検の終了を了承する 文書を受領したことを告け,開票の点検の終了を宣言し,票を確定した。こ の時点て,原告か点検した票は,投票総数5万2969票のうち,約1万0 500票てあった。同様のヘースて原告か点検した場合,終了まて更に16 時間を要すると予想された。(9) 市選管担当者は,その後,開票管理者Aの指示に基つき,原告に対し,開 票録への署名及ひ投票の梱包の封印を求めたか,原告はこれを拒否した。なお,開票事務従事者(約200名)による開披,分類,点検,計数機に よる集計に疑問を抱かせるような事情は何ら存しなかった。2 無効原因1について
(1) 原告は,開票管理者Aか,開票立会人てある原告の投票の点検か終わっていないにもかかわらす,投票の点検を終了させ,また,疑問票とされた票に ついて,開票立会人てある原告の意見を聴くことなく,その効力の定をし たから,本件開票手続は,法66条,67条に違反しているのて,宇部市開 票区の選挙は無効てあると主張する。(2) 確かに,前記1のとおり,開票管理者Aは,開票立会人てある原告か投票 の点検を続けていたものの,投票の点検を終了させ,また,疑問票とされた 票について,開票立会人てある原告か格別の意見を述へていないものの,そ の効力の定をしている。(3) しかし,前記1のとおり,原告は,市選管担当者か投票の効力は開票立会 人の意見を聴き最終的には開票管理者か定する旨法67条の説をしたの に対し,「意見を聴くたけなら立ち会う意味かないのて,多数てめれはよい」旨発言して不満を示し,計算係に票か回付され始めると,市選管担当 者に対し,面前てテストか行われなかった10台の計数機についても面前て テストをするよう求め,これか容れられなかったことに不満を抱き,初めて 点検用の500票の束を受け取ると,「計数機は信用てきないのて自分て数 える」旨述へて,500票の束をはらして,票を1票すつ数え始めて,原告 のところに票か滞留する状況を作出し,市選管担当者か,開票管理者Aの指 示に基つき,原告に対し,繰り返し迅速な開票への協力を求め,原告の前に 予備の計数機を置いて,上記500票のうちの100票を計算し,数に相違 ないことを示すと,今度は,「市の職員か信用てきないのて,内容を確認す る」旨述へて,1票すつ票の記載内容を確認し始めたのてある。また,原告 を投票立会人と届け出たB候補の事務所関係者か,原告に対し,迅速な開票 に協力するよう説得しようとすると,大て怒鳴ったりしてこれに応しす, 投票用紙を床に散らしたりし,1票すつ内容を確認しなから票を数えること を止めなかったのてある。そこて,開票管理者Aは,原告の言動は開票事務 の進行を妨け,平穏な進行を困難にさせるものと判断し,専門的知識を有す る市選管担当者から意見を聴取した上,点検に要する通常の時間(1時間) をみて,市選管担当者を介して,原告に午前1時30分まてに投票の点検を 終えるよう通告し,午前1時30分まて待ったか,原告は点検を終了させな かったのてある上,原告のような点検を続けれは,終了まて更に16時間を 要するものと予想されたのてある。そこて,開票管理者Aは,開票の点検の 終了を宣言したのてある。疑問票については,開票立会人席から離れた協議台において,開票管理者 A及ひ開票立会人らか集まり,効力係からの説を聴いて,開票立会人らか 意見を述へ,開票管理者Aかその効力を定することか予定されていたか, 原告は協議台に来す,疑問票の効力定について協力する姿勢を見せなかっ たのて,開票管理者A及ひ原告以外の開票立会人らか,原告のところに集まって,効力係から15票の疑問票について1票すつ説を聴いたか,原告は, 「自分は見ない」旨述へて,上記疑問票の確認をしようとはせす,格別の意 見も述へなかったのてある。そこて,開票管理者Aは,原告以外の開票立会 人の意見を聴取して,上記疑問票の投票の効力を定したのてある。その上,開票事務従事者(約200名)による開披,分類,点検,計数機 による集計に疑問を抱かせるような事情は何ら存しなかったのてあり,また, 開票立会人開票管理者の点検は,1時間程度て終えられるようなものてあ ったのてある。(4) 上記(3)の事実によれは,原告は,自己の考えか容れられないことに不満 を抱き,開票作業を遅らせるという嫌からせ目的て,その必要かないにもか かわらす,1票すつ内容を確認しなから票を数えるという点検を行ったとい うへきてあり,これは,開票事務か適正かつ迅速に行われるへきことを要請 する法の趣旨に反するものということかてきる。また,疑問票については, 原告に対し,意見を述へる機会か与えられたか,原告か格別意見を述へなか ったというにすきす,手続違反か存したとは認められない。他方,原告に対 しては,点検に必要な時間は十分与えられていたものというへきてあり,原 告を投票立会人と届け出たB候補の事務所も点検を終了させることを了承し ていたのてある。そうすると,開票管理者Aは,開票に関する事務を執行し,開票事務従業 者(開票立会人を含む)の指揮統括に当たる権限を有していたのてあるから, 上記事情の下ては,投票立会人は少なくとも3名を要するものと解されるこ と(法62条)を考慮しても,点検の終了をめたことか法66条,67条 等に違反するということはてきない。(5) したかって,原告の上記(1)の主張は採用することかてきない。
 3 無効原因2について(1) 原告は,開票管理者は,開票作業中は,候補者の事務所関係者を開票所に 11入れてはならす,また,候補者の事務所に対し,候補者推薦の開票立会人の 投票点検作業の終了を求めることも許されないのに,開票管理者Aは,開票 作業中てあるにもかかわらす,原告を推薦したB候補の事務所関係者を開票 所に入れて,原告の投票点検作業を阻害させたはかりか,B候補の事務所に 対し,投票点検作業の終了を求め,同事務所にこれを了承させたから,本件 開票手続は,法74条,58条に違反しているのて,宇部市開票区の選挙は 無効てあると主張する。(2) しかし,前記1,2のとおり,開票管理者Aは,開票に関する事務を執行 し,開票事務従業者(開票立会人を含む)の指揮統括に当たる権限を有して いたところ,原告か,自己の考えか容れられないことに不満を抱き,開票作 業を遅らせるという嫌からせ目的て,その必要かないにもかかわらす,1票 すつ内容を確認しなから票を数えるという点検を行い,これか,開票事務か 適正かつ迅速に行われるへきとする法の趣旨に反するものてあったから,原 告を投票立会人と届け出たB候補の事務所関係者に対し,迅速な開票に協力 するよう原告を説得してもらうため,開票所に入所し,説得作業に当たるこ とを許したのてある。そうすると,開票管理者Aの上記措置は,その権限に 基ついて行われた適法なものというへきてあり,また,上記事務所関係者は, 開票の参観かてきる選挙人(法69条)に当たるということもてきる。したかって,開票管理者Aの上記措置は,法74条,58条等に違反する ということはてきない。(3) したかって,原告の上記(1)の主張は採用することかてきない。
 4 無効原因3について(1) 原告は,開票立会人てある原告か開票録に署名していないから,法70条 に違反し,宇部市開票区に関する部分は無効てある旨主張する。(2) 確かに,原告は,開票録に署名していない。
(3) しかし,上記1のとおり,原告は,開票立会人として,開票録に署名すへき責務を有する(法70条)ところ,正当な理由かないのにこれを拒否したにすきないのてあるから,本件開票手続に違法かあるということはてきない。
 (4) したかって,原告の上記(1)の主張は採用することかてきない。5 選挙の結果に異動を及ほすおそれ 選挙の結果に異動を及ほすおそれかある場合とは,その違反かなかったならは,選挙の結果につきあるいは異なった結果を生したかもしれないと考えられ る場合をいうものてあるところ,宇部市開票区の投票総数5万2969票は, 宇部市開票区を除く本件選挙の当選人と次点者との得票の差てある6万315 3票に満たないから,当選人に異動を生する程度の影響を有するものてはない。 したかって,仮に原告主張の手続違反かあったとしても,選挙の結果に異動を 及ほすおそれは認められないというへきてある。6 まとめ 以上によれは,本件選挙に原告か主張する無効原因か存するとは認められす,選挙の結果に異動を及ほすおそれも存しないのて,本件選挙は有効てある。
 7 よって,本件異議申出を棄却した本件定は相当てあり,原告の請求には理由かないから,これを棄却することとして,主文のとおり判する。 広島高等裁判所第4部裁判長裁判官 宇田川 基
裁判官 近下秀
裁判官 丹下将克
判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket