平成24年12月21日判 名古屋高等裁判所 平成24年(ネ)第771号 損害賠償請求控訴事件 (原審・名古屋地方裁判所半田支部平成22年(ワ)第364号)主文
1 原判を次のとおり変更する。
2 被控訴人は,控訴人に対し,100万円及ひこれに対する平成2 2年7月30日から支払済みまて年5分の割合による金員を支払 え。3 控訴人のその余の請求を棄却する。
4 訴訟費用は第1,2審を通してこれを5分し,その1を被控訴人の負担とし,その余は控訴人の負担とする。
 事実及ひ理由
第1 当事者の求めた裁判
 1 控訴人
(1) 原判を取り消す。
(2) 被控訴人は,控訴人に対し,541万8000円及ひこれに対する平成22年7月30日から支払済みまて年5分の割合による金員を支払え。
 (3) 訴訟費用は第1,2審とも被控訴人の負担とする。2 被控訴人
(1) 本件控訴を棄却する。
(2) 控訴費用は控訴人の負担とする。
第2 事案の概要
1 本件は,控訴人か,被控訴人に対し,被控訴人か控訴人を誹謗中傷する内容の記事(本件記事)をフロクに掲載したと主張して,不法行為に基つく損害 賠償として,541万8000円及ひこれに対する不法行為後の日てあり訴 状送達の日の翌日てある平成22年7月30日から支払済みまて民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求めた事案てある。
2 原審は,本件記事は,公共の利害に関する事実についてのものて,専ら公益を図る目的て掲載され,かつ,その内容も真実に基つくものてあったとして, 控訴人の請求を棄却した。そこて,これを不服とする控訴人(1審原告)か 本件控訴に及んた。3 本件の前提となる事実(争いのない事実),争点及ひ争点に関する当事者の 主張は,原判2頁14行目冒頭から同頁23行目末尾まてを次のとおり改 めるほかは,原判「第2 事案の概要」の1,2に記載のとおりてあるか ら,これを引用する。「(3) 被控訴人のフロク記事 被控訴人は,同日(平成19年7月5日),自身の管理するフロクに,本判別紙本件記事記載のとおり,「A商店最期の日」と題した記事 (以下「本件記事」という。)を掲載した。本件記事の中には,「当マ ンションの隣の空き地になんの事前報告も無しに突如産業廃棄物(建設 残土)臨時保管所か設営された。」(以下「本件表現1」という。), 「作業中は舞い散る粉しんによって窓は開けられない,そのけたたまし い重機の騒音によってテレヒの音も聞き取れない,粉しんて汚れる窓 ハルコニー,隣接するマンション駐車場の車は砂たらけ。」(以下「本 件表現2」という。),「苦情を伝え改善対策をおいするも誠意ある 対応は一切なし。」(以下「本件表現3」という。)との記述かあ る。」第3 当裁判所の判断
1 当裁判所は,被控訴人に対して100万円の損害賠償と,これに対する不法行為後の日てある平成22年7月30日から支払済みまて民法所定の年5分 の割合による遅延損害金の支払を命しる限度て控訴人の請求を認容し,その 余の請求を棄却すへきものと判断するか,その理由は,以下のとおりてある。(1) 争点(1)(本件記事か控訴人の社会的評価を低下させるものてあったとい えるか。)について当裁判所も,本件記事は控訴人の社会的評価を低下させるものてあると判 断するか,その理由は,原判「第3 争点についての判断」の1に記載 のとおりてあるから,これを引用する。(2) 争点(2)(本件記事の内容か公共の利害に関する事実についてのものて, かつ,掲載の目的か専ら公益を図ることにあったといえるか。)及ひ争点 (3)(本件記事の内容か真実に基つくものといえるか。)についてア 証拠(甲1,6)及ひ弁論の全趣旨によれは,以下の事実か認められる。本件記事か掲載されたフロクは,被控訴人か平成18年ころに趣味の写 真の発表の場として始めたものてあり,平成19年ころから他の話題を 掲載するようになったか,政治経済なとの時事問題に関する記事を載 せることはあったものの,被控訴人か自分の身の回りに起きた日々の出 来事なとについてエッセイ日記,事実なとを記録する,私的なウェフ サイトてある。被控訴人自身は匿名て上記フロクを管理している上,被控訴人か本件土 地に関しての控訴人との紛争について掲載したのは本件記事のみて,本 件記事以外にその経過等について掲載したことはなかった。また,本件記事は,控訴人については実名を挙けている上,タイトルに 「最期の日」なと控訴人を揶揄する表現を用いたものてあり,後述(エ (ウ))するように「舞い散る粉しん」,「けたたましい重機の騒音」とい った誇張した表現を用いてもいる。イ 被控訴人は,本件マンションの管理組合代表及ひ対策委員長として公害 問題解のため奔走してきた者てあるところ,本件記事は,紛争の経緯 と結果を報告することて同様の紛争か起きないよう警戒を呼ひかけると ともに,同様の立場の一般市民の参考になれはという意図て掲載したものてある,すなわち,被控訴人は公害問題の被害経験者として,不特定 多数の閲覧者のうち,現にあるいは将来,公害・環境問題の被害者とな った者の利益を図るという公益目的て本件記事を掲載した旨主張し,被 控訴人の供述(乙11,被控訴人本人)中にはこれに沿う部分もある。しかし,上記アに認定した事実のことく,匿名の管理者による私的なウ ェフサイトに,控訴人の実名を挙けた上,これを揶揄し,誇張した表現 てなされた本件記事の掲載か,専ら公益を図る目的てされたとは,容易 には認め難い。そして,既に弁護士か関与していた(被控訴人本人)に もかかわらす,被控訴人か平成22年4月ころに本件記事か掲載された フロクを消去したため,同フロクに本件記事以外にとのような内容の具 体的記事か掲載されていたかについては何ら証拠か残されていない(甲 21,弁論の全趣旨)のてあり,被控訴人か同年3月19日に「正式に 謝罪すれは記事は削除してあけてもいいかな」と,被控訴人か個人的に 謝罪を受けることを望んている趣旨のコメントをしている事実(甲6) なとを併せて考慮すると,被控訴人の内心に公益を図る目的かあったか 否かはともかくとして,本件記事については,その表現方法なとからみ て,専ら公益を図る目的て掲載されたとまて認めることはてきない。ウ また,続いて本件記事の真実性について検討するに,証拠(甲1,21, 乙1,10,11,控訴人代表者本人,被控訴人本人)及ひ末尾括弧内 掲記の証拠並ひに弁論の全趣旨によれは,以下の事実か認められる。(ア) 本件土地(半田市a町b番c所在の土地の南東部分)は,その両側の境界を本件マンション敷地(同町b番d所在)と本件マンションの 第2駐車場(同町e番f所在)に挟まれた土地てある。本件土地は,元来,訴外C建設か資材置場として使用していたか,実 質的には空き地に近い状態てあり,本件マンションの住人からその使 用法につき問題視されることはなかった。(イ) 控訴人は,平成14年6月ころから本件土地を借りて産業廃棄物の 積替え保管場所として使用することとし,そのころ,控訴人代表者か 本件マンションを訪ね,集会室において,本件マンション管理組合の 理事長てあった被控訴人に対し,控訴人か本件土地を使用して作業す ることとなった旨の挨拶をした。(ウ) 控訴人による本件土地の利用方法は,概ね,タンフカーによって建 設廃材及ひ残土を搬入し,これを下ろして一時的に保管し,ショヘル カーを利用して,別のタンフカーに積み替え,これを搬出するという ものてあった。控訴人か本件土地て操業した当初は,廃材,残土の量か少なかったか, 次第に量か増え,本件マンションの住人から砂塵についての苦情を受 けたため,控訴人は,平成15年に入り,本件土地の保管場所部分を 囲むように,本件マンション敷地側に高さ1.8メートルのトタンの 仮柵,本件マンション第2駐車場側に高さ2メートルの移動式のコン クリートの仮柵を設置した。控訴人は,仮柵に,産業廃棄物の積替え保管場所てあることを掲示し, 法定の事項のほか,控訴人代表者の連絡先の電話番号も記していた。
 (甲7)(エ) 本件土地か産業廃棄物の保管場所として使用されていることに被控 訴人か気つき,砂塵騒音を問題視するようになったのは,上記仮柵 か設置されたころてあり,被控訴人は,その後,控訴人代表者に対し, 継続的に苦情を申し入れていた。控訴人代表者は,作業中に散水することによって砂塵の発生を防こう と考え,平成16年11月ころから,水道管の設置を検討し始めたも のの,隣接する本件マンション敷地又は第2駐車場の敷地以外から水 道管を引くことかてきないことか判し,散水作業は実現しなかった。(甲18)
(オ) 被控訴人か,平成17年5月ころ,控訴人による本件土地の利用につき,愛知県環境課に苦情を申し立てたところ,同課担当者は,騒音 については半田市の管轄てあるとして対応を約束しなかったか,砂塵 等については,控訴人に対し,散水をするよう要請した。しかしなから,上記(エ)のとおり水道管は引けなかったため,控訴人 は,同年12月ころ,本件マンションの水道施設を使用させてくれる よう,被控訴人に要請した。これに対し,被控訴人は,控訴人代表者に対し,平成18年の本件マ ンション管理組合第13期定期総会に出席し,住人の承諾を得るよう 促した。(カ) 被控訴人は,同定期総会の開催に先立ち,控訴人による被害につき, 本件マンションの住人59世帯にアンケート調査を実施した。(乙7 の1ないし21)その結果は,「残土処理作業にともなう粉塵被害」につき,「かなり 迷惑」を選択したのか10戸,「たまに迷惑に思う」としたのか10 戸てあり,「残土処理作業にともなう騒音被害」につき,「かなりう るさい」を選択したのか8戸,「たまにうるさく思う」としたのか1 2戸てあった。また,砂塵の被害については,ヘランタ室内に砂埃 か上かってくること,駐車場に置いてある自動車か砂埃て汚れること なとに複数の住人か悩まされていることからかとなり,騒音の被害 については,重機の騒音によって住人の睡眠テレヒの視聴か妨けら れ,朝6時台7時台の早朝土日にも騒音か生していることから かとなり,悪臭についても苦情か寄せられた。(キ) 平成18年6月4日に開催された本件マンション管理組合の第13 期定期総会において,控訴人代表者か出席し,散水作業のために水道を引かせてほしいと要望したものの,管理組合による承認はされす, 逆に,上記(カ)のアンケートの結果を見せられ,出席した住人から多数 の要望,苦情を受けた。管理組合側は,控訴人代表者に対し,土砂等の飛散防止策,悪臭対策, 騒音防止,囲いの点検と清掃等につき,対策案を書面て回答するよう 求め,訴訟を提起する可能性もあると伝えた。控訴人代表者は,訴訟 になる可能性かあるなら対策案を出せないとして回答を拒否したか, 住人から要望のあった作業時間については,平日午前8時以降,土曜 午前9時以降,日曜は作業なしとすることについて合意した。そして,控訴人代表者は,同月中旬,作業員向けに,上記作業時間等 を遵守するよう求めるチラシを作成し,配布した。(甲8)なお,被控訴人は,平成17年3月をもって管理組合の理事長の任期 を満了していたか,上記定期総会において,引き続き,控訴人に関す る問題の窓口を担当することになった。(ク) 水道の利用については,平成18年8月下旬ころになって,管理組 合の理事長から控訴人代表者に対し,水道の利用を許可する方針か伝 えられた。しかし,控訴人代表者は,費用をかけて水道を引いたとしても,騒音 等の問題によって操業を続けられない可能性もあると考え,被控訴人 からの度重なる要望にもかかわらす,平成19年に撤退するまて,結 局,散水作業を実施するための水道工事に取り掛からなかった。騒音問題については,半田市環境課による騒音測定か行われることと なり,同年11月29日,作業員による積込み作業のテモンストレー ションを行い,本件マンション2階ヘランタ及ひ敷地境界部分におい て騒音を計測したところ,いすれも県の条例て定める60テシヘルを 超過していたことからかとなり,半田市環境課は,控訴人に対し,騒音を下けるよう注意を与えた。(乙4の1ないし5,乙5の1ない し5)これに対し,控訴人は,本件土地て使用していたショヘルカーを,他 の作業場て使用していた作動音の小さい機種と配置転換するという対 応をとった。(甲1,15,16,17)その後控訴人か本件土地から撤退した平成19年7月5日まての間に, 被控訴人あるいは管理組合から半田市に対して騒音レヘルの再計測の 申入れ等はなく,再計測なとは行われていない。(ケ) 被控訴人は,なおも,控訴人の操業による砂塵,騒音等か軽減して いないと考えており,平成19年4月上旬,控訴人代表者に電話て問 い合わせたところ,騒音についてはこれ以上の対応をしないとの回答 てあり,作業時の散水を実施するとの確約も得られなかった。そこて,被控訴人は,同月26日,訴訟提起を検討するために弁護士 と打ち合わせ,同年5月20日,管理組合の第14期定期総会におい て,訴訟を提起することも視野に入れ,「産廃対策委員会」を設置す ることか承認された。(乙2)被控訴人は,このころ,控訴人代表者に対し,頻繁に苦情の電話を入 れていたか,控訴人代表者は,業務に支障かあるとして,電話に出な いようになっており,折り返しの連絡もしなかった。エ(ア) 被控訴人は,本件記事中の「当マンションの隣の空き地になんの事 前報告も無しに突如産業廃棄物(建設残土)臨時保管所か設営され た。」(本件表現1)との記述について,被控訴人は控訴人代表者と 面会したことはあったか,その際,処理場の承諾を求められ,これを 断ったところ,その後ある日突然,本件土地において,土砂の搬入作 業か始まり,本件マンションの住人か操業に気付いたのてあるから, 本件表現1は真実に基つく記述てある旨主張する。しかし,控訴人代表者は,平成14年6月から本件土地を借りて産業 廃棄物の積替え保管場所として使用することとし,そのころ,控訴人 代表者か本件マンションを訪ね,集会室において,本件マンション管 理組合の理事長てあった被控訴人に挨拶をしているのてあり(上記ウ (イ)),そのころ控訴人代表者か被控訴人を訪ねる目的としては,その 時期からみて,控訴人か本件土地を産業廃棄物の積替え保管場所とし て利用するにあたって,本件マンション管理組合にそのことを伝え, 承諾を得るためてあったとみるのか自然てある。その旨述へる控訴人 代表者の供述(甲21,控訴人代表者本人)は信用てきるのに対して, 被控訴人の上記主張に沿う被控訴人の供述部分(被控訴人本人)は, 本件土地か事実上産業廃棄物処理施設の建設か不可能な市街化調整区 域にあること(弁論の全趣旨)に照らしても,容易に信用することは てきない。してみれは,本件表現1は真実に基つく記述てあるとは到 底認められす,ほかに本件表現1か真実に基つく記述てあると認める に足りる証拠はない。(イ) また,被控訴人は,本件記事中の「苦情を伝え改善対策をおいす るも誠意ある対応は一切なし。」(本件表現3)との記述について, 控訴人は住人側の苦情を聞き入れているかのようなそふりをしていた ものの,たんたん聞く耳さえ持たなくなっていたのてあり,何ら誠意 ある対応はなかったのてあるから,本件表現3は真実に基つく記述て ある旨主張する。しかし,控訴人は,本件マンションの住人被控訴人からの苦情に対 して,砂塵の防止のために,本件土地にトタンの仮柵コンクリート の仮柵を立てて,控訴人代表者の連絡先を掲示し(上記ウ(ウ)),散水 のための水道管の設置を検討している(上記ウ(エ),(オ))のてあるし, 騒音の防止のために,作業の開始時間を遅くし,日曜日の作業をなくし,これを遵守するよう作業員にチラシを配布し(上記ウ(キ)),本件 土地て使用していたショヘルカーを作動音の小さい機種に変更する (上記ウ(ク))なとの対応をとった事実か認められるのてあり,騒音対 策については,上記対応の結果,騒音レヘルの再計測の申入れかされ ることもなくなり,一定の効果かあったことか窺われるのてあるから, 本件表現3か真実に基つく記述てあるとは到底認められない。確かに 散水のための水道管は管理組合か水道の利用を許可した後も最後まて 設置されることはなかったか,そのことは本件マンション敷地又は第 2駐車場の敷地以外から水道管を引くことかてきなかったことに主た る原因かあるのてあり,その後騒音等他の問題費用の問題て控訴人 か水道管を引かなかったからといって,上記認定判断は何ら左右され ない。被控訴人か当審において新たに提出した本件マンション周辺の 地図(乙12の1,2)は,平成24年当時のものてあり,上記認定 判断を左右するものてはなく,ほかに本件表現3か真実に基つく記述 てあると認めるに足りる証拠はない。(ウ) さらに,被控訴人は,本件記事中の「作業中は舞い散る粉しんによ って窓は開けられない,そのけたたましい重機の騒音によってテレヒ の音も聞き取れない,粉しんて汚れる窓ハルコニー,隣接するマン ション駐車場の車は砂たらけ。」(本件表現2)との記述についても, 真実に基つく記述てある旨主張する。しかし,被控訴人か行ったアンケート調査によっても,本件マンショ ンの全59世帯中粉しん被害について「かなり迷惑」としたのは10 戸,騒音被害について「かなり迷惑」としたのは8戸に過きす,上記 のとおり騒音対策について一定の効果かあったことについてまったく 触れられていないことなとも考慮すると,本件表現2は相当に誇張さ れ過きた記述てあるといわさるを得す,真実に基つく記述てあるとまては認め難い。
(エ) 以上のとおりてあるから,本件記事の本件表現1ないし3について,その記述か真実に基つくものとは認められない。
オ 以上によれは,その余の点について判断するまてもなく,控訴人の社会的評価を低下させる本件記事を自ら管理するフロクに掲載した被控訴人 の行為は,公益目的の観点及ひ真実性の観点からみて違法性を阻却され るものてはなく,違法てあると評価され,控訴人に対する不法行為を構 成するものというへきてある。したかって,被控訴人は,被控訴人の上 記不法行為により控訴人の被った損害を賠償すへきてある。(3) 争点(4)(本件記事の掲載によって生した損害の有無)についてア 控訴人は,控訴人か建物解体工事を請け負う契約か成立又は成立するこ とか確実となっていたBとの2件の取引か,本件記事を読んた顧客から の解体業者を代えてほしいとのクレームにより取りめになった旨主張 し,これに沿う証拠(甲2ないし5,21,控訴人代表者本人)もないてはない。
 しかし,控訴人か本件記事により取りめになったというBとの取引は平成21年のことてあって,被控訴人かした本件記事のフロクへの掲載 からは約2年か経過している。そして,控訴人か提出するB作成の連絡 書(甲4)に極めて簡略な記載しかされていないこと,控訴人とBとの 間ては上記2件の取引以外に平成21年以降も相当数の取引か継続され ていること(甲11,12)なとを考慮すると,上記2件の取引か本件 記事を原因に取りめになった旨のB及ひ控訴人代表者の各供述(甲4, 21,控訴人代表者本人)を直ちに信用することはてきす,ほかに上記 2件の取引の取りめと本件記事の掲載との間に相当因果関係かあると まて認めるに足りる証拠はない。イ ところて,被控訴人か自ら管理するフロクに掲載した本件記事は上記(原判引用)のとおり控訴人の社会的評価を低下させるものてあるか ら,本件記事かフロクに掲載されて一般人の閲覧に供されることにより, 控訴人の信用に一定の損害か生したことはらかてある。しかし,本件記事か掲載されたフロクは,インターネットにより不特定 多数の一般人に閲覧される可能性のあるものてあるから,控訴人の具体 的損害については,その損害の性質上その額を立証することは極めて困 難てあるといわさるを得ないし,本件においても,それか立証されてい るということはてきない。したかって,本件においては,民事訴訟法2 48条の規定により,裁判所か,口頭弁論の全趣旨及ひ証拠調への結果 に基つき,相当な損害額を認定すへきてある。そこて,これについて判断するに,本件表現1ないし3を含んた本件記 事の内容,本件記事か掲載された被控訴人の管理するフロクか,控訴人 からの度重なる削除要請にもかかわらす,平成22年4月ころまての約 3年間にわたって掲載されていたこと(甲1,6,21,弁論の全趣 旨),その他弁論の全趣旨証拠調への結果によって認められる一切の 事情を斟酌すれは,控訴人か被った損害の額は100万円と認めるのか 相当てある。2 よって,これと結論を異にする原判を変更することとして,主文のとおり 判する。名古屋高等裁判所民事第4部
裁判長裁判官 渡 辺 修 
裁判官  原 信 次
裁判官 末 吉 幹 和
別紙 本件記事
A商店最期の日 スローな風景(熱く長い戦いの日々) (写真 省略)実は私,分譲マンションに住んてまして,数年前まてこのマンションの理事長して ました。ことの発端は4年前,私の理事長時代,当マンションの隣の空き地になんの事前報 告も無しに突如産業廃棄物(建設残土)臨時保管所か設営された。何台ものタンフカーをつかって土砂か搬入され,大きな建設重機を使っての土砂の 整理。そしてまた何台ものタンフカーを使ってその土砂を搬出。来る日も来る日も その繰り返し。作業中は舞い散る粉しんによって窓は開けられない,そのけたたましい重機の騒音 によってテレヒの音も聞き取れない,粉しんて汚れる窓ハルコニー,隣接するマ ンション駐車場の車は砂たらけ。苦情を伝え改善対策をおいするも誠意ある対応 は一切なし。こうして,このA商店と私の戦いは始まった。
幾度となく愛知県環境保全課に苦情申立てし行政指導を求め,半田市環境課に騒音 測定を依頼し,マンション管理組合内にA商店対策委員会を設け,司法手段に訴え る準備のため弁護士とも相談,証拠かためのため日々の写真撮影,問題か発生するたひA商店に苦情の電話,出口の見えない苦悩の日々はつつく・・・そして,
待ちにまった,A商店最期の日。
(写真省略) 写真はA商店の撤退風景。この翌日,土砂も重機も仮事務所もすへて撤去された。
 こちらか司法手段に出る前に自主撤退していきました。A商店社長か自主撤退を 断した本当の理由は定かてはありませんか・・・なにはともあれ4年ふりに平穏な環境か戻ってきました。(れれ)
判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket