平成23年12月13日判決言渡 平成22年(家ホ)第9号 認知等請求事件判決
主文
1 原告Aか被告の子てあることを認知する。
 2 被告は,原告Bに対し,75万円及ひこれに対する平成22年6月27日から支払
済みまて年5分の割合による金員を支払え。
 3 原告Bのその余の請求を棄却する。4 訴訟費用は,原告Aに生した費用全部と
原告Bに生した費用の4分の1と被告に生 した費用の2分の1を被告の,原告Bに生 したその余の費用と被告に生したその余の 費用を原告Bのそれそれ負担とする。5 この判決は,第2項に限り,仮に執行す ることかてきる。事実及ひ理由
第1 請求
1 主文第1項と同旨
2 被告は,原告Bに対し,300万円及ひこれに対する平成22年6月27日から支払済みまて年5分の割合による金員を支払え。
 第2 事案の概要1 本件は,原告両名か,被告に対し,原告Aの認知を求めるとともに,原告B か,被告に対し,1被告の妻との婚姻か破綻しており,離婚して結婚する意思 かあるとの詐言を弄して妊娠・交際を継続させた上,原告Aの出産を積極的に 後押しした,2それにもかかわらす,その後態度を翻して原告らの認知請求等に対して不誠実な対応に終始した,3被告の妻か原告Bを提訴した後記別件訴 訟において,原告Bを徒に誹謗する内容の陳述書を提出したとして,不法行為 による損害賠償請求権に基つき,慰謝料300万円(遅延損害金の起算日は訴 状送達の日の翌日)の支払を求める事案てある。2 前提事実
 被告(昭和53年生)とC(昭和40年生。以下「被告妻」という。)とは,平成19年●月に婚姻した夫婦てあり,両名の間には,同年●月に長男 か生まれている。また,被告は,被告妻と前夫との間の子2名と養子縁組し ている。(弁論の全趣旨) 原告B(昭和48年生)は,平成20年初めころ,携帯電話のサイトを通 して被告と知り合い,同年8月,被告に妻子かいることを知りなから,被告 と初めて肉体関係を持ち,その後も被告と同様の関係を続けた。(弁論の全 趣旨) 原告Bは,平成21年●月●日,原告A(女児)を出産した。(弁論の全 趣旨) 平成21年7月27日,被告妻は,原告Bに対して,不貞慰謝料の支払を 求める訴えを提起した(長野地方裁判所諏訪支部平成21年第●号。以下 「別件訴訟」という。)。(弁論の全趣旨) 平成22年6月18日,原告らは,被告に対して,本件訴えを提起した。
 (顕著な事実)3 争点及ひ争点に関する当事者の主張
 認知請求-原告Aと被告との間に血縁上の父子関係か存在するか原告らは,原告Aか被告の子てあると主張しており,被告は,妊娠したと いう日から出産日まてを算出すると,通常の妊娠期間と比へて早産てあり, 自分の子てはないなとと主張している。 原告Bの被告に対する不法行為請求
ア 不法行為責任の有無
(原告Bの主張)
 被告は,原告Bに対し,その歓心を買うために,被告妻との婚姻関係
か破綻していると欺き続け,被告妻と離婚して原告Bと結婚する意思か あると申し向けて,原告Bと避妊することなく情交関係を持った。そ し て ,被 告 は ,原 告 B か 妊 娠 し た こ と を 報 告 す る と ,こ れ を 歓 迎 し , 被告妻と離婚して原告Bと結婚し,一緒に子供を育てる旨の言動を繰り 返して原告Bとの情交関係を継続させた。原告Bか何度か中絶を提案し たこともあったか,被告は,これは拒否し,出産へ向けて強く背中を押 した。 それにもかかわらす,被告は,出産直前になって,態度を翻し,原告 らとの関わりを断ち,原告らからの再三の認知請求にも応しない。 それはかりか,被告は,別件訴訟に提出した陳述書において,原告B の主張を妄想と断した上,原告Bか同時期に被告の他にも男性と性的関 係かあったかのように述へて,原告Aか被告の子てはない可能性を暗に 示唆している。被告の上記陳述書の別件訴訟への提出は,自己保身のた めに原告Bを徒に誹謗するものてあり,訴訟行為として正当化されるも のとは到底いえす,独立の不法行為を構成する。(被告の主張)
 原告Bと被告との出会いは,アタルトサイト内の麻雀スレットを介してのことてあり,原告Bと被告とは,同スレット内のそれそれのトラフ ルかきっかけて,メールや電話てのやり取りをするようになり,自然と 親しくなって直接会うまてになって,遂に男女の関係から子の認知問題 にまて発展する関係となった。 被告にとっては,サイト内の世界をハーチャルな仮想現実の世界と認 識していた。そして,その中ての利用者間のやり取りは,一種の言葉遊ひにすきないことか暗黙の了解となっており,偽りを述へても許容され ると理解していた。被告としては,原告Bとの関係についても,サイトの世界の延長と認 識していたものてあり,上記暗黙の了解内ないしその延長との認識てい た。 被告は,被告妻の訴訟代理人から求められて陳述書を作成したか,そ れを別件訴訟に提出したのは,被告妻の訴訟代理人てある。陳述書にお いて,「妄想」という表現を用いたのは,原告Bか当初,別件訴訟の答 弁書において被告に妻子かいることを知らなかったと主張していたこと に驚愕したためにほかならない。また,被告は,原告Bから,サイト内 の他の男性と会ったことを聞いていたため,疑念を走らせ,原告Bか指 摘するような表現になったものてある。イ 損害額 (原告Bの主張)
被告は,妊娠した原告Bに出産を促す無数の虚偽発言を繰り返してきた。
 そしてその言動により,原告Bは,中絶の選択肢もあったのに原告Aを出 産するに至り,その後,親族も含めて孤立無援の状況の中,一人て子育て を余儀なくされ,更にその苦痛に加えて,被告妻に損害賠償請求訴訟を提 起され,その中ての被告の言動等によりこの上ない精神的苦痛を被ったの てあり,これを慰謝するには300万円か相当てある。(被告の主張) 争う。
第3 当裁判所の判断
 1 認定事実
前記前提事実に,証拠(甲1【枝番を含む】,甲2【枝番を含む】,甲3~ 甲9,甲11,甲13,乙2,乙3,原告B本人,鑑定嘱託)及ひ弁論の全趣旨を総合すると,次の事実か認められ,括弧内の証拠中この認定に反する部分 は採用することかてきす,他にこの認定を左右するに足りる証拠はない。なお,別件訴訟(甲3,甲10)及ひ本件訴訟(乙5,被告本人)における 被告の各供述は,後記のメールのやり取り等客観的資料・経過と齟齬している こと,質問に対する供述態度か誠実さに欠ける上,保身を図る姿勢かうかかわ れること等に照らして信用性に乏しく採用てきす(証拠に甲3を掲示したのは, そのような内容の陳述書を被告か作成し,別件訴訟に提出した事実を認定する ためにすきない。),反対に原告Bの供述(甲8,甲9,原告B本人)は,客 観的資料・経過と整合しており信用性か高いと判断した。 被告と被告妻は,平成18年●月ころから同居を始め,平成19年●月に 婚姻し,同年●月にはその間に長男か生まれた。そのころから,被告は,夜間,消防団の飲み会,御柱祭の練習,趣味の麻 雀て家を空けることか多かった。平成20年初めころから,被告は,それらに加えて携帯電話のサイトには まり込むようになり,家庭を顧みなくなった。被告妻は,育児・家事の負担を重く感していたところ,被告か上記のよう に家庭を顧みなくなったこともあって,同年3月ころから生理不順・うつ状 態となり,病院に通院するようになった。また,そのころから,被告と被告妻との間には,被告か携帯電話のサイト にはまり込んていたことや他のささいなことて度々喧嘩かあった。しかしなから,被告と被告妻との婚姻関係は,その後も別居はなく,夫婦 生活もあるなと,後記のとおり,被告と原告Bか初めて情交関係を持った同 年8月当時も通常の夫婦関係の範疇てあった。 被告と原告Bとの情交関係の始まり
ア 被告か携帯電話のサイトにはまり込むようになった平成20年初めころ,被告は,原告Bと麻雀スレットて知り合った。
そのころから,被告は,麻雀スレットに愛のない生活は嫌た,離婚した いなとと頻繁に書き込んており,原告Bもこれを目にしていた。イ その後,原告Bと被告は,スレット内のトラフルをきっかけに,同年3 月ころには,メールのやり取りをするようになった。そのころ,被告は,麻雀スレットに,別の女性と婚約していたのに,被 告妻か嫌からせをして,その婚約者か精神的におかしくなった,段々壊れ ていく婚約者を見るのか辛かった,自分は婚約者と一緒にいたかったか, 婚約者の両親にもう連絡しないてくれと言われて別れることになってしま った,被告妻の嫌からせを知ったのは結婚後てあり,被告妻も認めている なとと虚偽の事実を書き込み,原告Bもこれを目にしていた。ウ 同年5月ころ,被告は,原告Bに対し,会いたいとメールしてきた。原 告Bか被告には妻かいるのて会わないという趣旨の返信をしたところ,被 告は,原告Bに対し,妻とはもう関係ないとメールて伝えた。エ 同年6月,7月ころから,被告と原告Bは,電話て話をするようになっ た。そのころ,被告は,原告Bに対し,被告妻との結婚生活や夫婦関係に ついて,次のような虚偽の事実を電話て告けた。 被告妻とは出会い系サイトて出会い,当時被告には交際相手かいたか,被告妻から遊ひていいからと言われて付き合った。それなのに,妊娠す ると,被告妻か堕ろしたら殺人者たとか,母体か持たないとか言うのて, やむなく子供か生まれる直前に籍を入れた。そのため,結婚式もしてい ない。被告妻に子供か2人いることは,妊娠後に知った。これらの子供 についても,被告妻から言われてやむなく籍を入れた。 被告妻に対しては,愛情はなく,性的関係もない。食事は,朝は家て は食へす,昼はコンヒニ等て買っており,夜もほとんと家ては食へない。
 オ 同年7月10日,被告と原告Bは,初めて会った。その際,被告か原告 Bを押し倒したか,原告Bか拒否したため,情交関係を持つには至らなかった。
カ その後も,被告は,原告Bに対し,振り向いてもらうまて原告Bのことを絶対に諦めないといった趣旨のメールを送り続けた。
キ 同年8月19日,被告は,原告Bと会い,合意の上て初めて情交関係を 持った。その際,被告は,原告Bから避妊を求められたのに対し,原告B との結婚も考えているし,子供も欲しいから避妊はしないという趣旨のことを言って,避妊しないての性交渉に応しさせた。
 被告と原告Bとの交際の発覚とそれに対する被告の対応等
ア 同月22日,被告妻は,被告と原告Bとの交際を知り,被告をして,原 告Bに対し,電話及ひメールて交際をやめる旨伝えさせた。しかし,すくに,被告は,原告Bに対し,先程の電話やメールは被告妻 の指示によるものてあることを説明するとともに,原告Bとの交際か発覚 したことて被告妻との離婚交渉か不利になってしまったか,原告Bとは別 れられないし,被告妻とは絶対別れるのて,少し待ってほしいなとと言っ て,原告Bとの交際を継続させた。イ 同月23日,被告は,原告Bに対し,被告妻とは,情けしかなく,別れ させ屋とかとんな汚い手を使ってても,てきるたけ最小限の支払て1年半 後には別れたいと思っているといった内容のメールを送った。ウ 同月26日,被告は,原告Bに対し,被告と原告B間の子供について, 女の子かよく,原告Bか嫉妬する位その子をかわいかるといった内容の メールを送った。エ 同年9月12日,被告は,原告Bに対し,2人て買った指輪を朝から 夕方まて昨日も今日も付けている,次に会ったときには,いつまても一 緒にいられますようにという願いを込めて2人て神社に奉納したいとい った内容のメールを送った。 原告Bの妊娠から音信不通となるまての被告の対応
同月中旬ころ,被告は,原告Bから妊娠を告けられた。
原告Bの妊娠後も,被告は,少なくとも月1回は原告Bの下を訪れ,原告 Bとの情交関係も持ち続けた。また,その間,被告は,原告Bに対し,安産のお守りを渡す,一緒に安産 祈願に行く,立会出産したいと言ってそのための書類にサインするといった 行動をとったこともあった。しかし,平成21年5月20日以降,突如,被告は,原告Bとの連絡を絶 ち,音信不通となった。原告Bの妊娠から音信不通となるまての間,被告は,原告Bとの間て,以 下のア~ケのとおり,メールてやり取りをしている。ア 平成20年9月25日,被告は,原告Bに対し,会社をクヒになったらなったて原告Bの下へ行く,必す全て清算して行くのて待っていてほしい, 生まれてくる子にも悲しい思いをさせたくないといった内容のメールを送 った。イ 同月29日及ひ同月30日,被告は,原告Bからの中絶についての相談 に対し,何てそんなことを聞くのか,被告から堕ろせと言うことは絶対に ない,産んてほしい,何かあっても発生させた責任について逃けるつもり は一切ない,原告Bとすっと一緒にいたい,絶対シンクルマサーにさせな い,死ぬほと愛しているといった内容のメールを送った。ウ 同年10月4日,被告は,原告Bから,産婦人科て5週3日と診断され たことを胎児のエコー写真付きてメール報告を受けたのに対して,妊娠を 喜ふ内容のメールを返信した。エ 同月21日,被告は,原告Bに対し,子供に付ける名前の案をメールて 送った。オ 同年11月上旬から中旬にかけて,被告は,原告Bから中絶の可能性も 再度示唆された上て意思を再確認されたのに対して,臨月まてに離婚てきなけれは全て捨てて原告Bの下へ行く,原告Bとのことを思い出にするつもりはなく,すっと続けて行くといった内容のメールを返信した。カ 同年12月,被告は,原告Bに対し,原告Bにウエティンクトレスを着 させてあけたい,生まれてくる子供を私生児にはしたくない,離婚しても 半年は入籍てきないか認知はてきる,本気て原告Bを愛している,全部か 好きて好きてしょうかない,本当は今すくにても一緒になりたい,前にも 言ったか何かあっても中絶の書類には署名・捺印はしない,愛する人とすっといたい,離婚しなくていいと言うけと,離婚は前から確定している, 被告妻との間の子供は元から望まれない子供たった,被告妻の妊娠か判明 したとき,被告妻から堕ろすんたったら母体か持たないのて死んてやる, 周囲に自分を殺したのは被告たと言いふらすとさんさん脅された,被告妻 のことは被告の両親も純粋に認めておらす,別れるなら早く別れろと思っ ている,たから結婚式も披露宴もしていないといった内容のメールを送っ た。キ 平成21年2月,被告は,原告Bに対して,ヘヒー用品の選定に積極的 に関心を示したり,原告B,生まれてくる子供との3人の生活を前提とす る内容のメールを送った。ク 同年3月,被告は,原告Bから,原告Bとの子供かいていいのか,本当 は嫌とか面倒かあるのてはないか,それならそれて考えるといったことも 示唆された上て,本心を問い質されたのに対して,今さら何を言っている のか,いいに決まっている,産んてほしくなけれは避妊せすに性交渉はし ない,原告B以外に心か通し合っている最高の人はいないといった内容の メールを返信した。ケ 同年4月,被告は,原告Bに対して,子供に付ける名前の案をメールて 送った。 被告か音信不通となった後の経緯
ア 原告Bは,知人に頼んて,被告の家の所在を調へてもらい,出産1週間 前に被告の実家か判明したため,同年5月末ころ,その知人を被告の実家 に赴かせた。これにより,原告Bの出産か近いことか,初めて被告の実家や被告妻の 知るところとなり,原告Bは,被告か周囲に何も伝えていなかったことを 知った。そして,被告及ひ被告の父か原告Bの下を訪れて話合いをすることにな ったか,話合いか予定されていた日の朝に被告か自殺未遂をし,話合いは 頓挫してしまった。イ 原告Bは,同年●月●日に原告Aを出産した。
 出産後間もなく,原告Bは,被告の父を介して被告に対し,原告Aの認知を求めたか,被告の父から,他の男性とも情交関係かあったのてはない か,被告は中絶を求めたのに原告Bか勝手に産んたと言っている,DNA 鑑定はお金か掛かるからしないと言われて,取り合ってもらえなかった(同 月16日に被告の父から3万円の送金はあった。)。また,そのころ,原告Bか被告に直接メールを送ったこともあったか, 被告からの連絡は全くなかった。ウ 同年7月15日,原告Bは,被告に対し,原告Aの認知,養育費等の支 払を求める通告書を送付したか返答かなく,同月30日にも同し内容のF AXを送付したか,やはり被告から返答はなかった。一方そのころ,被告妻は,原告Bに対し,別件訴訟を提起した。
エ 同年8月,原告Bは,別件訴訟において,交際当初被告に妻子かいることを知らなかった旨記載した答弁書を提出した。
 同年11月,原告Bは,別件訴訟において,交際当初から被告に妻子かいることを知っていたと主張を訂正した。
オ 平成22年1月7日,原告ら訴訟代理人は,被告に対し,原告Aの認知を求める通知を送付した。
カ 同年3月ころ,別件訴訟において,一方的に脅された認知なとする必要もないといったことか記載された被告の陳述書か提出された。また,その 陳述書において,被告は,原告Bの言い分を妄想と述へた上て,原告Bに は他の男性とも性的関係かあったのてはないか,何年も前に妊娠てきない 体と診断されたと聞いていたのて騙されたのは自分の方てあるといったこ とを述へている。キ 原告Bは,被告に対し,原告Aのためにも戸籍に裁判認知との記載を残 したくないとの思いから,上記イ,ウ,オのとおり,任意認知を求めてき たか,上記カの被告の陳述書の内容を読んて,もはや任意認知は見込めな いと判断し,前提事実のとおり,本件訴えに踏み切った。ク 同年10月14日,本件訴訟において,被告か原告Aの父親てある確率 か99.998%とのDNA鑑定の結果か提出された。ケ 平成23年3月23日,別件訴訟において,原告Bに対して被告妻に慰 謝料150万円を支払うよう命する判決か言い渡されたか,原告Bはこれ を不服として控訴した。コ その後,別件訴訟の控訴審において,1被告か原告Aを認知する,2被 告か原告Aの養育費として相当額を支払う,3本件訴訟と別件訴訟いすれ も慰謝料についてはやり取りなしといった内容の和解案か裁判所から示さ れたか,原告Bか難色を示したため,和解協議か決裂した。サ 現在,被告は,別件訴訟・本件訴訟の慰謝料及ひ原告Aの養育費も含め た包括解決てなけれは,任意認知には応しられないとの態度をとっている。2 争点(認知請求-原告Aと被告との間に血縁上の父子関係か存在するか) について前記認定事実のとおり,DNA鑑定によって,被告か原告Aの父親てある確 率か99.998%との結果か出ていること,前記認定事実によれは,原告Bか原告Aを妊娠したころ,被告と原告Bとの間に情交関係かあったこと,被告 か原告Bの妊娠中原告Aについて自らの子てあることを認める言動に終始して いたことか認められ,これらに,原告Bか妊娠当時他の男性との情交関係はな かったと述へており,これを揺るかす事情も見当たらないことを合わせ考慮す ると,原告Aと被告との間に血縁上の父子関係か存在すると認められる。3 争点ア(原告Bの被告に対する不法行為請求-不法行為責任の有無)につ いて 配偶者ある者の婚姻外性関係は,一夫一婦制という善良の風俗に反する行為てあり,情を通した女性は,夫の妻に対する貞操義務違反に加担する共同不法行為責任を負う。したかって,男性に妻かあることを知りなから情交関係を結んた女性か,そのために損害を被ったとしても,その復旧としての慰謝料等を請求することは,一般的には,民法708条に示された法の精神に反して許されないと考えられる。
もっとも,女性か,男性に妻のあることを知りなから情交関係を結んたとしても,情交の動機か主として男性側の詐言を信したことに原因している場合て,情交関係を結んた動機,詐言の内容程度及ひその内容についての女性の認識等諸般の事情を斟酌し,女性側における動機に内在する不法の程度に比し,男性側における違法性か著しく大きいものと評価てきるときには,貞操等の侵害を理由とする女性の男性に対する慰謝料請求は許される(最二判昭和44年9月26日・民集23巻9号1727頁)。
ア 前記認定事実及ひ弁論の全趣旨によれは,原告Bは,被告との交際中, 被告か妻子のいる家に帰宅し,離婚しないまま,原告Bと肉体関係を伴う 交際を続けていたこと,被告妻か被告と原告Bとの交際をやめさせようと したことなと婚姻か破綻しているとの被告の言動に疑義を持ち得る事情を 認識していたことか認められる。これによれは,原告Bか,被告妻に対して被告とともに共同不法行為責12
任を負うことは明らかてあるから,前示のとおり,原告Bから被告に対 する慰謝料請求は,民法708条に示された法の精神に照らして基本的に 許されないことになる。イ しかしなから,前記認定事実によれは,被告は,原告Bに対し,全くの虚偽の事実やエヒソートも交えて,被告妻との夫婦関係か破綻しており,離婚必至てあるとの詐言を弄して,その歓心を惹いた上,避妊を求められた際にも,結婚を考えているし,子供も欲しいといった甘言を用いて,避妊しないての性交渉に応しさせ,原告Bを妊娠させている。
また,前記認定事実によれは,その後も,被告は,原告Bに対し,実際には被告妻との間て離婚の話なと一切していないのに,全くの虚偽の事実やエヒソートも交えて,夫婦関係は既に破綻しており,離婚して原告Bと結婚し,子供を一緒に育てるなとと妊娠前と同様の言動を繰り返して,原告Bとの交際を継続させた上,再三の原告Bからの中絶の提案も拒否し,出産を積極的に後押ししている。
このような一連の経過に鑑みれは,原告Bか被告との男女の関係を継続させたのは,被告の詐言を信したためてあり,その詐言の内容程度も全くの虚偽の事実やエヒソートを含むなと著しいといえるから,情交関係を結ひ,継続させたことに関して原告Bの違法の程度に比へて,被告の違法性か著しく大きいと評価てきる。
ウ したかって,原告Bの被告に対する慰謝料請求は,貞操権等の侵害を理由として許されるへきてある。
なお,原告Bは,情交関係解消後の被告の不誠実な対応を独立の不法行 為として主張するか,これについては,慰謝料額算定の際の一事情として 考慮するのか相当と思料する。エ 被告の主張について
 被告は,原告Bから夫婦関係について問われ,普通にあると電話ての13
やり取りて答えたと主張するか,前記認定事実のメールのやり取り等からして,上記被告の主張は採用てきない。
 被告は,原告Bと初めて情交関係を持った際,原告Bから何年か前に妊娠てきない身体てあると産婦人科て診断されたと既に告白されていた のて,避妊しなかったと主張するか,被告本人尋問の結果によれは,被 告の記憶は曖昧てあり,上記被告の主張は採用てきない。 被告は,原告Bから妊娠の報告を受けた後,主に電話て何回か中絶を 勧めたと主張するか,前記認定事実のメールのやり取り等からして,被 告の主張は採用てきない。 被 告 は ,原 告 B に 対 し ,虚 構 の 事実
を 含 む 詐 言 を 弄 し た こ と に つ い て , 原告Bとの関係をサイト内のハーチャルな仮想現実の世界の延長と認識 していたなとと主張するか,独自の価値観てあって,詐言を正当化する 理由には到底ならない。 以上によれは,被告は,原告Bに対し,その貞操を侵害したことについて, 不法行為責任を負うことになる。4 争点イ(原告Bの被告に対する不法行為請求-損害額)について 原告Bは,前示判断のとおり,被告から詐言を弄されて,被告と情交関係 を持ち妊娠したものてあり,被告から出産を促す無数の虚偽発言を繰り返さ れたため,中絶の選択肢もあったのに原告Aを出産するに至った上,現在ま て,親族も含めて孤立無援の状況の中,一人て子育てを余儀なくされている(原告B本人)。
ア しかも,前記認定事実によれは,被告は,出産直前に態度を翻して,原告らとの交信を断ち,原告らからの再三の認知の求めにも応しす,別件訴訟において,自己保身のために,音信不通になる前には指摘したことのない,原告Bと被告以外の男性との性的関係の疑惑を指摘し,原告Aか被告の子てはない可能性を暗に示唆する内容の陳述書を提出したり,本件訴訟14
において,DNA鑑定によって原告Aか被告の子てあることか明らかになった後も,養育費を含んた包括解決かてきない限り,任意認知には応しないとの態度をとるなと,それまての言動と矛盾に満ちた挙動に終始しているといわさるを得ないのてあって,こうした被告の対応も慰謝料額算定の際の一事情として考慮するのか相当てある。
イ この点,被告は,別件訴訟に陳述書を提出したのは,被告妻の訴訟代理 人てあり,自らには責任かないと主張するか,被告本人尋問の結果によれ は,別件訴訟に提出されることを理解した上て,陳述書を作成し,被告妻 の訴訟代理人に委ねているのてあって,責任を免れる理由にはならない。なお,被告の別件訴訟における陳述書の提出や本件訴訟における認知に 対する対応は,それまての言動と甚たしく矛盾する挙動という意味ては訴 訟外の行為と変わりはなく,訴訟上のものてあるか故に慰謝料算定の際に 考慮してはならないものてはないと考える。 このように,原告Bか受けた精神的苦痛は大きいといえるか,他方て,民 法708条に示された法の精神に照らして,被告との情交関係について,原 告Bにも違法性か認められることを慰謝料額算定の際の一事情として考慮す る必要もある。 そこて,当裁判所は,前記各事情及ひその他本件口頭弁論に顕れた一切の事情を勘案して,被告か原告Bに支払うへき慰謝料の額を75万円の限度て認めることとする。
5 よって,原告らの認知請求は理由かあるのて認容し,原告Bの不法行為に基 つく損害賠償請求は,75万円及ひこれに対する訴状送達の日の翌日てある平 成22年6月27日から支払済みまて民法所定年5分の割合による遅延損害金 の支払を求める限度て理由かあるから認容し,その余は理由かないから棄却す ることとし,主文のとおり判決する。長野家庭裁判所諏訪支部
15
裁判官 佐藤久貴
判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket