平成25年12月24日判決言渡
平成25年(行ケ)第10289号 審決取消請求事件

判決
 原告 X

 被告 特許庁長官

主文
 本件訴えを却下する。
 訴訟費用は原告の負担とする。

事実及び理由
第1 原告の求めた判決
 特許庁が不服2007-19402号事件について平成21年6月22日にした審決を取り消す。

第2 事案の概要
1 本件は,原告が,前記第1記載の本件審決の取消しを求める事案である。
2 記録によれば,本件訴えの提起に至る経緯は,以下のとおりである。
(1) 原告は,平成9年12月24日,発明の名称を「容積形流体モータ式ユニバーサルフューエルコンバインドサイクル発電装置。」とする発明について,特許出願(特願平9-370506号)をしたが,平成19年4月27日に拒絶査定がされ,これに対し,同年6月14日,不服の審判(不服2007―19402号事件)を請求した。
(2) 特許庁は,平成21年6月22日,「本件審判の請求は,成り立たない。」との本件審決をし,その謄本は,同年7月12日,原告に送達された。

第3 当裁判所の判断
 本件訴えは,平成25年10月24日に提起されたものであるところ,前記第2のとおり,本件審決の謄本の送達があった日から30日を経過したことが明らかであるから,いずれにしても確定した審決に対する訴えであり,不適法でその不備を補正することができないものである。
 よって,行政事件訴訟法7条,民事訴訟法140条により,口頭弁論を経ないで,判決で,本件訴えを却下することとし,主文のとおり判決する。

知的財産高等裁判所第2部
裁判長裁判官 清水 節
裁判官 中村 恭
裁判官 中武 由紀

判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket