平成25年12月18日判決言渡
平成25年(行ケ)第10167号 審決取消請求事件
口頭弁論終結日 平成25年11月13日
判決
原 告 株式会社ホティワーク ホールティンクス
訴訟代理人弁理士山田文雄 同 山田洋資
被 告 新日本製薬株式会社
訴訟代理人弁護士田中雅敏 同 宇加治恭子 同 髙山大地 同鶴利絵 同 柏田剛介 同 生島一哉 同 新里浩樹 同 浦川雄基 同 小美佳 同 池辺健太 訴訟代理人弁理士 有 吉 修一朗 同 森田靖之主文

1 原告の請求を棄却する。
2 訴訟費用は原告の負担とする。
事実及ひ理由
第1 請求の趣旨
1 特許庁か無効2012-890079号事件について平成25年5月9日に した審決を取り消す。
2 訴訟費用は被告の負担とする。
第2 事案の概要
1 特許庁における手続の経緯等(当事者間に争いかない。)
(1) 被告は,別紙商標目録1記載の登録商標(以下「本件商標」という。) の商標権者てある。(2) 原告は,平成24年9月12日,特許庁に対し,本件商標の指定商品中, 第3類「化粧品」の登録の無効を求める審判の請求をし,特許庁は,この審 判を,無効2012-890079号事件として審理した結果,平成25年 5月9日,「本件審判の請求は,成り立たない。審判費用は,請求人の負担 とする。」との審決をし,その謄本を,同月17日,原告に送達した。2 審決の理由
 別紙審決書写しのとおりてあり,要するに,本件商標と,別紙商標目録2記 載1ないし3の各商標(以下,順次「引用商標1」,「引用商標2」,「引用 商標3」といい,これらを総称して,単に「引用商標」という。)とは,「ラ フィネ」の称呼を共通にするか,外観において顕著な差異かあって観念におい ても区別か可能てあり,取引の実情を踏まえても出所の混同を生しるおそれか ない非類似の商標てあるから,本件商標は商標法4条1項11号に当たらす, 同法46条1項の規定により,その登録を無効とすへきてないというものてあ る。
第3 原告の主張

 審決には,本件商標と引用商標との類否についての判断の誤りかあり,この 判断の誤りは審決の結論に影響するから,審決は取り消されるへきてある。
 本件商標と引用商標とは,外観,観念か異なるものの,称呼はともに「ラフ ィネ」てあり全く同一てある。そうすると,両商標は聴別することか不可能て あるから,商標の称呼をもって商品か特定される対面取引や電話等による口頭 の取引ては,両商標は出所の誤認混同を生するおそれかある。 すなわち,広く一般の消費者を取引者及ひ需要者とする化粧品ては,電話や 店頭ての口頭取引か存在し,このような口頭取引ては称呼「ラフィネ」のみて しか商品を特定てきないから,「ラフィネ」の称呼は商品の出所の識別標識と して強く認識されているというへきてある。特に,化粧品てあっても日用品と もいうへき比較的安価な商品については,一般消費者を含む取引者及ひ需要者 か商標について常に細心の注意を払うことは期待てきす,称呼のみて商品を特 定することか通常行われている。さらに,インターネット上ては片仮名表記て 検索することも通常よく行われており,需要者か商標の称呼を頼りに商品を特 定することも行われている。
 そして,称呼か完全に同一てあれは,外観や観念を異にするとしてもこれを 聴別することはてきす,商標の外観や観念上の特徴をよく把握している取引者 及ひ需要者てあっても,その称呼から外観や観念の相違を想起することはてき ない。
 以上によれは,化粧品の取引者及ひ需要者は,両商標について,その称呼か 全く同一てあれは,たとえ外観や観念か相違するとしても,商品の出所を混同 するおそれかある。よって,両商標は類似するというへきてある。第4 被告の主張
 本件商標と引用商標1及ひ引用商標3とは,一段書きてあるか二段書きてあるかという点及ひ本件商標の3文字目か「f」てあるのに対して引用商標1及 ひ引用商標3の欧文字表記の3文字目か「・」となっている点か相違しており,
本件商標と引用商標2とは,文字数か異なる点,引用商標2は本件商標に比へて「F」か1文字少ない点及ひ図形部分の有無という点か相違している。一般消費者か最も注目する語頭の文字についても,本件商標か「R」てあるのに対し,引用商標は「L」てある。このように,本件商標と引用商標とは,外観か明らかに異なっている。
 また,本件商標からは仏単語の意味てある「洗練された,凝った」という観念か生しるのに対し,引用商標は造語てあり,特定の観念を生しるものてはないから,本件商標と引用商標の観念は明らかに異なっている。
 そうすると,本件商標と引用商標とは,「ラフィネ」の称呼を生しる点て称呼上は類似するといい得るものの,外観及ひ観念において著しく相違するものてあり,これらの称呼,外観,観念に基つく印象,記憶,連想等を総合して全体的に考察すれは,本件商標と引用商標は非類似と判断されるへきてあり,これと同旨の審決の判断に誤りはない。
 なお,本件商標以外にも,「ラフィネ」との称呼を生する商標か,引用商標の出願及ひ登録後てあっても登録され,それらの商標は本件商標と実質的に同一てあると考えられることからしても,本件商標は引用商標とは非類似と判断されるへきてある。
 さらに,被告は,「RAFFINE」を冠した化粧品を店舗,自社ホームヘーシの物販サイト,その他の物販サイトにて販売し,製品の宣伝広告も,全国70局てのテレヒ放映や120種類を超える紙媒体の広告を通して製品販売の促進を継続的に行っており,これらの被告の営業努力の結果,「RAFFINE」フラントの製品は,化粧品モイスチャー分野にて,2008年から2011年にかけて,メーカー別シェアて3位,フラント別シェアて2位の位置を占めている。以上のことから,本件商標の査定時において,「RAFFINE」は被告の販売する化粧品フラントを表示するものとして需要者の間に広く認識されていたから,本件商標には著名性かあり,その使用実績に照らしても,引
 用商標との間て出所の混同か生しるおそれはない。
第5 当裁判所の判断
 当裁判所は,本件商標と引用商標は非類似の商標てあり,審決に取り消され るへき違法はないと判断する。その理由は次のとおりてある。1 本件商標について
 本件商標は,別紙商標目録1記載のとおり,「RAffINE」の文字から 成る商標てあり,うち「ff」の部分はそれ以外の部分とは異なり,縦長にや や図案化された字体によって表記されている。
フランス語ては,語尾にアクセント記号を付した「raffin e 」 か「精 製された,洗練された,気のきいた,上品な,凝った」なとの意味を有する形 容詞(白水社「仏和大辞典」参照)てある。しかし,本件商標の「RAffINE」は,上記のようなフランス語てある ため,我か国において一般的に知られた語てあるとはいえない。そのため,本 件商標からは,特段の観念は生しない。もっとも,フランス語の「raffin e 」 の語は,「ラフィネ」と発音されること,この単語を知らないとしても, 一般的にはローマ字読みて「ラフィネ」と発音されるものと考えられることか らすると,本件商標からは,「ラフィネ」という称呼か生しるということかて きる。2 引用商標について
(1) 引用商標1は,上段に「ら・フィネ」の文字を,下段に「LA・FIN E」の文字を二段書きに配して成る商標てある。引用商標2は,別紙商標目 録2記載2のとおり,「LA FINE」の文字と,その下に配された両端 か尖った細長い黒塗り図形から成る商標てある。引用商標3は,上段に「L A・FINE」の文字を,下段に「ラ・フィネ」の文字を二段書きに配して 成る商標てある。
(2) 引用商標を構成する語のうち,欧文字の「LA・FINE」及ひ「LA
FINE」の部分については,イタリア語て,「la」か子音て始まる女性 名詞単数の前に付けられる定冠詞てあり,「fine」か「終わり,終点, 最後,結果,結末」なとを意味する女性名詞てあるから(なお,男性名詞と して用いられる場合,「目的,意図」なとの意味て用いられる。以上につき, 小学館「伊和中辞典」,白水社「新伊和辞典」参照),「その終わり,最後, 結末」との意味を有することとなる。
 しかし,引用商標の「LA・FINE」ないし「LA FINE」は,イ タリア語てあるため,我か国において一般的に知られた語てあるとはいえな い。そのため,引用商標からは,特段の観念は生しない。
もっとも,引用商標1の「ら・フィネ」の部分及ひ引用商標3の「ラ・フ ィネ」の部分については,これらに併記された「LA・FINE」の部分か イタリア語て「ラ・フィネ」と発音されることに照らすと,いすれも「LA ・FINE」の部分の読みを表したものと解され,その結果,引用商標1及 ひ引用商標3からは,「ラフィネ」という称呼か生しるということかてきる。かかる読みか併記されていない引用商標2についても,上記のイタリア語 の称呼か生し得るといえる。たたし,「la」の語かフランス語の定冠詞と も理解され,「fine」の語か英語て「みことな,完成された」なとの意 味を有する(研究社「リータース英和辞典」参照)ことからすると,これら の語を組み合わせた造語と捉えることもてき,この場合には,「ラファイ ン」という称呼も生し得ると考えられる。3 本件商標と引用商標の類否について
 以上を踏まえ,本件商標と引用商標とを比較すると,両者はいすれも「ラフ ィネ」の称呼を生しる点ては同一てあり,また,とちらも我か国において一般 的に知られた語てはないため,必すしも特段の観念か生しるとはいえす,観念 上区別することは困難てあると考えられる。
 一方,外観については,本件商標か「R」から始まる一続きの欧文字を一段
書きにして成るものてあるのに対し,引用商標は,欧文字部分については綴り か「L」から始まり「F」の重複かない上,「・」やスヘースによって「L A」の部分と「FINE」の部分とに区分されている点て明確に相違するため, それそれの欧文字の意味か不明てあるとしても,両者は明らかに異なる語とし て認識される。また,引用商標1及ひ引用商標3については日本語の文字とと もに二段書きにされ,引用商標2については文字部分の下に図形部分か存在す るとの差異もある。このように,本件商標と引用商標との間には,外観上顕著 な差異かあり,取引者及ひ需要者か引用商標の外観から受ける視覚上の印象は 本件商標のそれと明確に異なるものということかてきる。また,指定商品てある化粧品の取引の実情については,取引者及ひ需要者は, 店頭販売,通信販売,あるいはインターネットを介した化粧品の販売において は,商品の外観を見て購入するのか通常てあり,その際に商品に付された商標 の外観や製造販売元を見て商品の出所について相応の注意を払って購入するこ とか多いと考えられる。また,化粧品については,既に商品自体ないしその出 所等を認識している場合には,電話等による取引をすることか考えられるもの の,この場合も,取引者及ひ需要者か商標の称呼のみをもって商品の出所を識 別して商品を購入するとは考えにくい。上記のとおり,本件商標と引用商標とは,称呼か同一てあるものの,外観上 顕著な差異かあることや指定商品に係る上記のような取引の実情を踏まえると, 取引者及ひ需要者か商品の出所を誤認混同するおそれかあるとはいえないから, 互いに類似するものということはてきない。これと同旨の審決の判断に誤りは ない。
 これに対し,原告は,本件商標と引用商標とは称呼か同一てあるから聴別す ることか不可能てあり,対面取引や電話等による口頭の取引ては,特に日用品 ともいうへき比較的安価な商品について,出所の誤認混同を生するおそれかあ ると主張する。しかしなから,化粧品については,取引者及ひ需要者は,対面
取引や電話等による口頭の取引ても,商標の称呼のみをもって商品の出所を識 別して商品を購入するとは考えにくく,商品に付された商標の外観や製造販売 元を確認して商品の出所について相応の注意を払って購入することか多いと考 えられるから,原告の上記主張を採用することはてきない。なお,原告は,イ ンターネット上ては需要者か片仮名表記て検索することもよく行われていると 指摘するけれとも,商品の検索の際には称呼を頼りにしたとしても,検索結果 から商品を選択する際には,商標の称呼のみならすその外観上の特徴や製造販 売元を確認して商品の出所を識別して購入するのか一般的てあるから,かかる 原告の指摘も採用の限りてはない。4 結論
 以上のとおりてあり,原告の主張は理由かなく,審決に,取り消されるへき 違法はない。よって,主文のとおり判決する。
 知的財産高等裁判所第3部
裁判長裁判官 設樂一
裁判官 田中正哉
裁判官 神谷厚毅

(別紙)
商標目録1
登録第5431315号
出願日 平成23年2月4日
登録日 平成23年8月12日
商標の構成
指定商品
第3類 化粧品,つけつめ,つけまつ毛
第8類 ひけそり用具入れ,ヘティキュアセット,まつ毛カール器,マニキュ アセット,アイロン(電気式のものを除く。),糸通し器,チャコ削り器,五 徳,十能,暖炉用ふいこ(手持ち工具に当たるものに限る。),火消しつほ, 火はし,護身棒,殺虫剤用噴霧器(手持ち工具に当たるものに限る。) 第21類 化粧用具(「電気式歯フラシ」を除く。),中身入りの携帯用化粧 用具入れ,洋服フラシ,紙タオル取り出し用金属製箱,靴脱き器,せっけん用 ティスヘンサー,花瓶,水盤,風鈴第26類 つけあこひけ,つけ口ひけ,ヘアカーラー(電気式のものを除 く。),編み棒,裁縫箱,裁縫用へら,裁縫用指抜き,針刺し,針箱
(別紙)
1 登録第4753896号
出願日 平成15年7月8日
登録日 平成16年3月5日
 商標の構成
 指定商品
第3類 化粧品,せっけん類
2 登録第5063109号
出願日 平成18年11月8日
登録日 平成19年7月13日
 商標の構成
 指定商品
第3類 せっけん類,歯磨き,化粧品
3 登録第5097197号
出願日 平成19年3月16日
商標目録2


登録日 平成19年12月7日
商標の構成
指定商品
第3類 せっけん類,歯磨き,化粧品

判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket