平成25年12月17日判決言渡 平成25年(行ケ)第10158号 審決取消請求事件 口頭弁論終結日 平成25年10月17日判決
原告 エイト マイ ハート イン コーホレイテット
訴訟代理人弁護士 五十嵐 敦 出田真樹子 弁理士 稲 葉 良 幸 石田昌彦 右馬埜大地被 告特許庁長官 指定代理人田中敬規 関根文昭 堀内仁子
主文
 1 原告の請求を棄却する。
2 訴訟費用は原告の負担とする。
3 この判決に対する上告及ひ上告受理申立てのための付加期間を30日と定める。
事実及ひ理由
第1 原告の求めた裁判 特許庁か不服2011-27961号事件について平成25年1月28日にした審決を取り消す。
第2 事案の概要 本件は,商標登録出願の拒絶査定不服審判請求を不成立とした審決の取消訴訟てある。争点は,商標法3条1項3号及ひ4条1項16号の各該当性てある。1 特許庁における手続の経緯
原告は,「LADY GAGA」の文字を標準文字て表してなり,第3類,第9類,第14類,第16類,第18類,第25類及ひ第41類に属する商品及ひ役務 を指定商品及ひ指定役務とし,平成22年4月12日に登録出願された商願201 0-28913号に係る商標法10条1項の規定による商標登録出願の分割とし て,平成23年3月28日,第9類「レコート,インターネットを利用して受信し, 及ひ保存することかてきる音楽ファイル,映写フィルム,録画済みヒテオティスク 及ひヒテオテーフ」を指定商品とする本願商標について,商標登録出願をした(商 願2011-21592号)か,拒絶査定を受けたのて,これに対する不服の審判 請求をした。特許庁は,同請求を不服2011-27961号事件として審理した 上,平成25年1月28日,「本件審判の請求は,成り立たない。」との審決をし, その謄本は,平成25年2月7日,原告に送達された。2 審決の理由の要点
審決の理由の要点は,アメリカ合衆国出身の人気歌手名として広く認識されてい る「LADY GAGA」の文字からなる本願商標を,その指定商品中,「レコー ト,インターネットを利用して受信し,及ひ保存することかてきる音楽ファイル, 録画済みヒテオティスク及ひヒテオテーフ」(以下,まとめて「本件商品」という。)に使用した場合,これに接する取引者・需要者は,当該商品に係る収録曲を歌唱す る者,映像に出演し,歌唱している者を表示したもの,すなわち,その商品の品質 (内容)を表示したものと認識するから,本願商標は,自他商品の識別標識として の機能を果たし得ないものといわさるを得す,また,本願商標をその指定商品中, 上記「LADY GAGA」(レティ(ー)・カカ)と何ら関係のない商品に使用 した場合,商品の品質について誤認を生するおそれかあり,したかって,本願商標 は,商標法3条1項3号及ひ4条1項16号に該当するというものてある。第3 原告主張の審決取消事由
1 取消事由1(本願商標の自他商品の識別力を認定するに当たり,具体的な使用態様を限定して判断を行ったことの誤り)
(1) 審決は,本願の指定商品中の「レコート」等の媒体表面等に表示されている発売元・販売元の名称・ロコから,その商品の出所を認識し,曲名から,当該曲 か収録されていることを認識し,歌手名から,その者か歌唱(出演)していること (映像か収録されていること)を認識するとして,本願商標の想定される使用態様 を限定した上て,本願商標かその指定商品の品質(内容)を表示したものと認識さ せるとの判断を行い,商標法3条1項3号及ひ4条1項16号に該当するとした。しかし,自他商品の識別力を有するか否かといった登録要件の審査は,願書に記 載された「商標登録を受けようとする商標」の構成それ自体に基ついて判断される へきてあり,その商標の使用態様をある特定の態様に限定した上て出願に係る商標 か自他商品等の識別力を有するか否かの判断をしなけれはならないとする合理的根 拠は存在しない。このような判断は,個別具体的に使用態様を限定して適用の可否 の判断か行われる商標法26条1項各号における判断の手法と混同した誤った判断 手法に基ついてなされたものて,恣意的てある。(2) 本願商標のような「歌手名・音楽ハント名(著作者名)」の文字からなる 商標の登録自体を一律に排除しなけれはならないという特段の要請はなく,登録を認めたとしても商標法26条1項による手当か可能てあり特段の不都合は生しない 以上,本願商標のような「歌手名・音楽ハント名(著作者名)」の文字からなる商 標の登録は認められるへきてある。(3) 取引界においては,歌手名や音楽クルーフ名と管理・運営会社の名称を共 通にしている実例か存在し,それらの場合,特許庁の過去の審決例においては,「歌 手名・音楽クルーフ名」の商標登録か認められている。原告は,LADY GAG AことA氏か代表を務める会社てあるか,原告としては,その会社名を,将来「L ADY GAGA,Inc」に変更することかてきるのてあり,その可能性も全く ないとはいえない。審決例や本願商標の審決の考え方からすれは,「歌手名・音楽 クルーフ名」を表す文字列からなる商標について,査定・審決時に同名の法人か存 在しているか否かて結論か異なるものてあるか,A氏において,たまたま現在にお いて,本願商標と同名の法人を所有していない事実のみをもって,商標権による保 護か与えられないのは不合理てある。現実の取引界においては,「歌手名・音楽クルーフ名」と同名の音楽レーヘルを 立ち上ける者も存在している。そうとすれは,A氏か,将来自らレコートレーヘル を立ち上け,そのレーヘルの名前を「LADY GAGA」として,そのレーヘル に属する様々なアーチストの歌唱・演奏に係る楽曲を収録した媒体に,共通してレ ーヘル名として「LADY GAGA」の文字を使用する可能性も十分想定される ものてあり,これを一律に否定するのは妥当てはない。本願商標を取り扱う業界において上記のような取引の実情かあるにも関わらす, 原告において,今現在会社名又はレーヘル名としての使用事実かないからといって, それらのような可能性か将来にわたってもないと決めつけた上て,本願商標の登録 要件の有無についての判断を行った審決は誤りてある。2 取消理由2(本願商標の自他商品識別力の有無に関する判断の誤り)(1) 審決は,「本願の指定商品てある「レコート」等においては,その収録曲 を歌唱する者,映像に出演し,歌唱している者か「たれ」てあるかということも, 商品の品質と密接な関連を有するというへきてあるから,その「たれ」てあるかを 示す「歌手名」も,商品の品質(内容)に当たるというへきてある」とする。しかし,審決は「(商品の品質との)密接な関連」か具体的にはとのようなもの てあるのかについて説明するところかない。これは,本願商標かレコート等の商品 との関係て商品の具体的な特性を理解,把握てきないものてあることに起因し,「そ の収録曲を歌唱する者,映像に出演し,歌唱している者か「たれ」てあるかという こと」は,その商品か「その歌手に何らかの関連かある商品」てあると理解するに 止まるといわさるを得ない。審決のいう音楽CD等の品質と「密接な関連」を有するのは,ある歌手の才能や 技量に基つく歌唱力,演奏力等のことを想定しているようてあるか,これらは極め て抽象的てあいまいな概念てあり,歌手の才能や技量に基つく歌唱力,演奏力とい うようなものを,ある一定の明確な基準による具体的な品質として理解,把握する ことは困難てあるから,本願商標か「歌手名」と同してあるからといって,レコー ト等の商品との関係て特定の性質等の品質を直ちに理解させるものてはない。してみると,本願商標てある「LADY GAGA」は,レコート等の商品との 関係において,該文字かレティー・カカか歌手として歌唱した音楽,レティー・カカ か好きな音楽を集めたアルハムなと,レティー・カカに何らかの関連かある商品て あると理解することかてきたとしても,それか直ちに需要者等をして具体的な商品 の品質を理解・把握することはない。特に,本願商標かレコート等のレーヘル名として使用されるような場合には,「L ADY GAGA」以外の歌手か歌唱した音楽等か収録されることもあり得るのて あり,そのような場合には,商品の具体的な品質等か一層理解,把握されることは ない。(2) 商標法は,著名な氏名・雅号等からなる商標を含む,業務上の信用か化体している周知・著名商標には特に厚い保護を与えている(商標法4条18号,15 号,19号等)。これらの規定の趣旨に鑑みれは,審決も認めるように,本願商標 か「我か国を含め世界的に広く知られている」ものてあるならは,商標登録か認め られ,商標法による保護か与えられるへきてある。仮に,原告による本願商標の登 録を認めす,レコート等について,出願人以外の第三者による使用(商標的使用) を自由に認めるとすれは,A氏か,我か国において審決かいうような精力的活動を 行ってきた結果得ることとなった名声・信用を害するはかりてなく,本願商標に接 する需要者・取引者をして,出所についての混同を生しさせ,それらの者の利益を も害する結果となり,法目的,法理念に反し,妥当てはない。(3) 歌手名を表す文字からなる商標てあっても,直ちに「レコート」等の商品 との関係て特定の品質を表すことかないのて,登録を認めても差支えかない。過去 の登録例には,「MICK JAGGER」(登録第4408433号,甲5), 「BRITNEY SPEARS」(登録第4548392号,甲6),「ALI CIA KEYS」(登録第4859462号,甲7),「BEYONCE’」(登 録第4955673号,甲8),「BILLY JOEL」(登録第507174 3号,甲9),「JIMI HENDRIX」(登録第5321067号,甲10), 「ユーミン/YUMING」(登録第2458831号,甲11),「倉木麻衣」 (登録第4569287号,甲12),「UTADA HIKARU/宇多田ヒカ ル」(登録第4427007号,甲13)かある。(4) 以上のとおり,本願商標は自他商品の識別標識としての機能を十分に発揮 し得るのてあり,それを看過した審決の判断は誤りてある。3 取消理由3(本願商標のような歌手名等か現実に自他商品の識別標識として 機能している事実を看過したことの認定の誤り)審決は,「歌手名や演奏者名は,商品『レコート』等との関係において,商品の 品質(内容)を表示したと認識される」とし,「取引者,需要者か,その表示を別 異のものとして看取,理解するとはいい難い」とする。しかし,現実には,発売元・販売元てあるレコート会社・音楽レーヘルの名称・ ロコを目印として商品か選択されるよりは,歌手名・音楽クルーフ名それ自体を目 印として商品の選択かなされることの方か一般的てある。オンラインショッフのウ ェフサイトては,商品を検索するための検索タームの入力画面において,ます,第 一に「アーチスト名」による検索か行われることを想定して,需要者の視点から見 て最も注目されやすい表示画面の最上部に歌手名・音楽クルーフ名か記載されてい る(甲14,15)。実際の店舗においても,音楽CDなとは,歌手名・音楽クル ーフ名ことに商品の陳列かなされていること,人気か高く著名な歌手名・音楽クル ーフ名は更に目立つようにその文字か陳列棚に表示されることは,一般に知られて いることてあり,さらに,CDショッフ(HMV)の店内て配布されるチラシ等に おいて「歌手名・音楽クルーフ名」か最も目立つ態様・目立つ位置に表示されてい る(甲16~18)。このように,現実の取引界においては,歌手名や演奏者名は 「出所表示」としても機能し,需要者等か商品を選択し,購入している実情もある。よって,「LADY GAGA」のような歌手名や音楽クルーフ名は,現実の取 引界において商品の出所を表す識別標識(目印)として十分機能しているというへ きてあり,このような取引界における事実を捨象した審決の判断は誤りてある。第4 被告の反論
1 本願商標か商標法3条1項3号及ひ4条1項16号に該当することについて本願商標を構成する「LADY GAGA」の文字は,アメリカ合衆国出身の歌 手として,我か国を含め世界的に広く知られている「LADY GAGA」(レテ ィ(ー)・カカ)と同一てあるから,これに接する者をして,当該歌手名を表した ものと容易に認識するものてある。本願の指定商品中の本件商品てある「レコート,インターネットを利用して受信 し,及ひ保存することかてきる音楽ファイル,録画済みヒテオティスク及ひヒテオ テーフ」を取り扱う業界においては,商品を購入しようとする需要者か自らの欲する楽曲,画像(映像)やその歌手名に合致する商品てあるか否かを容易に看取,把 握てきるように,収録されている楽曲や画像(映像)に係る歌手名,曲名なとの収 録内容を具体的,かつ,詳細に表示しており,また,需要者においても,商品の選 択に当たり,その商品か自らの欲する内容に合致するものてあるか否かを,主に, その商品に表示されている歌手名,曲名をもって把握し,確認しているというのか 取引の実情てある(乙2~13)。そうすると,本件商品を購入しようとする需要者にとって,その商品に表示され た歌手名は,多数ある商品の中から自らの欲する収録内容の商品てあることを選択 し,確認するための内容表示として理解され,これか他人の業務に係る商品と区別 するための出所識別標識として認識されることはない。以上を踏まえれは,「LADY GAGA」の文字からなる本願商標は,世界的 に広く知られているアメリカ合衆国出身の歌手名を表したものと容易に認識させる ものてあるから,これを本件商品について使用した場合,これに接する需要者は, これか当該商品に係る収録曲を歌唱する者,画像(映像)に出演し,歌唱している 者を表示したもの,すなわち,その商品の内容を表示したものと認識するというへ きてある。してみれは,本願商標は,商品の品質(内容)を表示したものと認識されるにす きす,自他商品の識別標識としての機能を果たし得ないものてあるから,商標法3 条1項3号に該当する。また,本願商標をその指定商品中,上記「LADY GAGA」か歌唱なとして いる商品以外の商品に使用した場合,その商品か,あたかも「LADY GAGA」 か歌唱なとしている収録内容の商品てあるかのように,商品の品質について誤認を 生するおそれかあるから,商標法4条1項16号に該当する。2 原告の主張に対する反論
(1) 取消事由1(商標の使用態様を限定して本願商標の自他商品識別力を判断した誤り)に対して
ア 原告は,ある商標か自他商品識別力を有するか否かという登録要件に係 る商標法3条1項の適用の場面においては,使用態様を限定して審理すへき要請は ない旨主張する。しかし,登録出願に係る商標か商標法3条1項3号に該当するか否かの判断は, 当該商標の構成態様とその指定商品とに基つき,当該商標か使用される商品の取引 の実情なとを考慮し,需要者かとのように認識するかを基準として,個別具体的に 判断されるへきものてあるところ,審決は,本願商標について,その指定商品中の 本件商品に係る取引の実情を踏まえ,本願商標を当該商品に使用した場合,これに 接する需要者かとのように認識するかに基ついて判断したものてあり,原告か主張 するように,当該商標の使用態様を限定して判断したものてはない。イ 原告は,本願商標のような「歌手名・音楽ハント名(著作者名)」の文 字からなる商標の登録自体を一律に排除しなけれはならないという特段の要請はな く,登録を認めたとしても商標法26条1項による手当か可能てあり,特段の不都 合は生しない以上,本願商標の登録は認められるへきてある旨主張する。しかし,本件は,「LADY GAGA」の文字からなる本願商標か,その指定 商品との関係において,登録要件を具備するか否かを判断するものてあるところ, 当該商標は,上述のとおり,その指定商品中,本件商品との関係において,商標法 3条1項3号及ひ4条1項16号に該当するものてあって,登録要件を具備しない ものてあるから,登録要件を具備しない当該商標について,登録商標の効力の制限 を定める同法26条による解決の可能性を考慮すへき合理的根拠は見出せない。ウ 原告は,歌手名や音楽クルーフ名と管理・運営会社の名称を共通にした り,同名の音楽レーヘルを立ち上ける者も存在するという取引の実情かあることに 加え,「LADY GAGA」か代表を務める原告(会社)にあっては,その会社 名を,将来「LADY GAGA,Inc」に変更することかてきるのてあり,そ の可能性も全くないとはいえないことからすれは,現在において会社名又はレーヘ ル名としての使用事実かないからといって,それらのような可能性か将来にわたっても全くないと決めつけた上て,本願商標の登録要件の有無についての判断を行っ た審決は誤りと主張する。しかし,登録出願に係る商標か登録要件を具備するものてあるか否かの判断は, 当該商標の構成態様と指定商品とに基つき,当該出願についての査定時又は審決時 において,当該商標か使用される商品に係る取引の実情なとを考慮し,需要者かと のように認識するかを基準として,個別具体的に判断されるへきものてあるところ, 上述のとおり,本願商標は,その構成態様並ひに本件商品及ひその商品に係る取引 の実情を踏まえれは,これに接する需要者をして,当該商品の収録内容てある歌手 名を表示したものと認識するにととまるものてある。また,原告の主張するように,歌手名・音楽クルーフ名と同名の会社名又は音楽 レーヘルを立ち上ける者か存在するとしても,当該会社名又は音楽レーヘル名の表 示は,それか歌手名・音楽クルーフ名として需要者に知られている以上,当該歌手 名・音楽クルーフ名として認識されることに変わりはない。(2) 取消事由2(本願商標の自他商品識別力の有無に関する判断の誤り)に対 してア 原告は,審決のいう音楽CDなとの品質と「密接な関連」を有するのは, ある歌手の才能や技量に基つく歌唱力,演奏力なとの極めて抽象的てあいまいな概 念てあり,そのようなものをある一定の明確な基準による具体的な品質として理解, 把握することは非常に困難なことてあることから,本願商標か歌手名と同してある からといって,レコートなとの商品との関係において,需要者か直ちに具体的な商 品の品質を理解・把握することはない旨主張する。しかし,本願の指定商品中,本件商品は,歌手なとか歌唱する楽曲や出演する画 像(映像)といった収録内容か商品の具体的な内容となるものてあって,その商品 において,歌唱する者,あるいは,画像(映像)に出演し,歌唱している者か「た れ」てあるかを示す歌手名は,商品の内容表示てあるから,その表示は,本件商品 の具体的な商品の品質に当たる。イ 原告は,商標法か,著名な氏名・雅号等からなる商標を含む,業務上の 信用か化体している周知・著名商標には特に手厚い保護を与えていることに鑑みれ は,本願商標についても,商標法による保護か与えられるへきてあり,仮にその登 録を認めす,出願人以外の第三者による商標的使用を自由に認めるとすれは,A氏 か,我か国において,精力的な活動を行ってきた結果得られることとなった名声・ 信用を害するはかりてなく,本願商標に接する需要者をして,出所についての混同 を生しさせ,それらの者の利益をも害する結果となり,法目的,法理念に反し,妥 当なものてはない旨主張する。しかし,本願商標は,本件商品との関係において,需要者か,商品の内容表示と して理解するものてあり,商標法3条1項3号及ひ4条1項16号に該当するもの てあって,商品の出所識別標識として認識されるものてはないと判断すへきてある から,同法に基つき商標登録を受けることかてきす,その登録を認めないからとい って,何ら同法の目的,理念に反することにはならない。ウ 原告は,歌手名を表す文字からなる商標てあっても,直ちに「レコート」 等の商品との関係て特定の品質を表すことかないのて,登録を認めても差し支えか ない旨主張し,過去の登録例を挙けているか,本願商標は,「LADY GAGA」 か歌唱しているという商品の内容を表示したものとして需要者か認識するものてあ って,商品の具体的な内容表示てあるというへきてあるから,商標法3条1項3号 及ひ4条1項16号に該当するものてあって,本願商標と商標の構成を異にする原 告の挙けた既登録例の存在によって,その認定,判断か左右されることはない。(3) 取消事由3(歌手名等か現実に自他商品の識別標識として機能している事 実を看過したことの誤り)について原告は,現実の取引界においては,発売元・販売元てあるレコート会社・音楽レ ーヘルの名称・ロコを目印として商品か選択されるよりは,歌手名・音楽クルーフ 名それ自体を目印として商品の選択・購入かなされることの方か一般的てあるから, 「LADY GAGA」のような歌手名や演奏者名は,商品の出所を表す識別標識(目印)として十分機能している旨主張する。
 しかし,本件商品について,商品を購入しようとする需要者か,歌手名・音楽クルーフ名を目印に商品の選択・購入をすることは一般的てあるか,その目当ては, 購入したい歌手名・音楽クルーフ名の歌唱する曲についての収録内容かとうかの確 認を行うためてある。そして,同し曲を他者かカハー曲として収録している実情(乙 14,15),及ひレコート会社の移籍なとにより,同し歌手について商品の発売 元なとか複数になる実情(乙16)も考慮すると,需要者は,自らの欲する内容の 商品てあるか否かを,その商品に表示されている歌手名により確認し,商品の内容 を把握しているのてあるから,本件商品との関係において,商品に歌手名を表した ものとして容易に認識される表示かされている場合,これに接する需要者は,これ をその商品の内容を表示するものとして認識することはあっても,他人の業務に係 る商品と区別する出所識別標識として認識することはないというへきてある。第5 当裁判所の判断
1 本願商標の識別機能について
(1) 本願商標は,「LADY GAGA」の文字を標準文字て表してなるもの てあるところ,「LADY GAGA」の文字及ひその表音てある「レティ(ー) ・カカ」の片仮名に関する以下の事実は,当事者間に争いかない。ア 「LADY GAGA」(レティ(ー)・カカ)は,本名を「A」とい い,アメリカ合衆国出身の女性歌手てあり,2008年(日本盤は2009年5月) にファーストアルハム「サ・フェイム」てテヒュー(世界6か国て第1位を達成), その後も,アルハムやシンクル曲を発表しており,世界中て人気を博している。イ 「LADY GAGA」(レティ(ー)・カカ)は,クラミー賞その他 の賞を受賞しているほか,キネス世界記録を保持している。また,USヒルホート においては,2010年度「アーティスト・オフ・サ・イヤー」に認定されるとともに,2010年の「トッフ・セールス・アーティスト」となっており,さらに, 米国のTIME誌「(世界て)最も影響力のある人物100人」やフォーフス誌「世 界て最も影響力のある女性100人」の一人に,それそれ選はれている。ウ 「LADY GAGA」(レティ(ー)・カカ)は,我か国においても, ファーストアルハム「サ・フェイム」かヒット作となったり,2010年4月の来 日公演か4公演とも完売となる等,人気を博しており,「NHK紅白歌合戦」にヒ テオ出演したほか,東日本大震災の復興支援活動(来日を含む。)にも精力的に取 り組んた。(2) 以上によれは,「LADY GAGA」(レティ(ー)・カカ)は,アメ リカ合衆国出身の女性歌手として,我か国を含め世界的に広く知られており,「L ADY GAGA」の欧文字からなる本願商標に接する者は,上記歌手名を表示し たものと容易に認識することか認められる。そうすると,本願商標を,その指定商品中,本件商品てある「レコート,インタ ーネットを利用して受信し,及ひ保存することかてきる音楽ファイル,録画済みヒ テオティスク及ひヒテオテーフ」に使用した場合,これに接する取引者・需要者は, 当該商品に係る収録曲を歌唱する者,又は映像に出演し歌唱している者を表示した もの,すなわち,その商品の品質(内容)を表示したものと認識するから,本願商 標は,自他商品の識別標識としての機能を果たし得ない。したかって,本願商標は, 商標法3条1項3号に該当する。また,本願商標を,本件商品てある「レコート,インターネットを利用して受信 し,及ひ保存することかてきる音楽ファイル,録画済みヒテオティスク及ひヒテオ テーフ」のうち「LADY GAGA」(レティ(ー)・カカ)か歌唱しない品質 (内容)の商品に使用した場合,「LADY GAGA」(レティ(ー)・カカ) か歌唱しているとの誤解を与える可能性かあり,商品の品質について誤認を生する おそれかある。したかって,本願商標は,商標法4条1項16号に該当する。したかって,審決か,本願商標は商標法3条1項3号及ひ4条1項16号に該当すると判断したことに誤りはない。
2 取消事由1について
(1) 原告は,取消事由1として,審決か本願商標の自他商品の識別力を認定す るに当たり,「レコート」等の媒体表面における表示なとに基つき,具体的な使用 態様を限定して判断を行ったことは誤りてあると主張する。しかし,審決は,本願商標を,本件商品てある「レコート,インターネットを利 用して受信し,及ひ保存することかてきる音楽ファイル,録画済みヒテオティスク 及ひヒテオテーフ」に使用した場合に,取引者・需要者か,当該商品に係る収録曲 を歌唱する者,映像に出演し,歌唱している者を表示したものと認識することを理 由として,本願商標の商標法3条1項3号及ひ4条1項16号該当性を判断したも のてあるところ,上記の認識は,本件商品の媒体表面やシャケットにおける一般的 表示に基ついて認定されたものてあり,特定の表示方法を前提としたわけてはない から,具体的な使用態様を限定して判断を行ったものとは認められない。(2) 原告は,本願商標のような「歌手名・音楽ハント名(著作者名)」の文字 からなる商標の登録自体を一律に排除しなけれはならないという特段の要請はな く,登録を認めたとしても商標法26条1項による手当か可能てあり,特段の不都 合は生しない以上,本願商標の登録は認められるへきてある旨主張する。しかし,商標法26条1項は,登録査定された商標権の効力について定めた規定 てあり,同規定により商標権の効力か制限される場合かあるからといって,登録査 定の要件を定めた商標法3条1項3号又は4条1項16号の該当性の判断か緩和さ れるものてないことは明らかてある。(3) 原告は,歌手名や音楽クルーフ名と管理・運営会社の名称を共通にしたり, 同名の音楽レーヘルを立ち上ける者も存在するという取引の実情かあることに加 え,「LADY GAGA」か代表を務める原告(会社)にあっては,その会社名 を将来「LADY GAGA,Inc」に変更することかてきるから,それらのよ うな可能性か将来にわたっても全くないと決めつけた上て,本願商標の登録要件の有無についての判断を行った本件審決は誤りてある旨主張する。
 しかし,「LADY GAGA」(レティ(ー)・カカ)か,アメリカ合衆国出 身の歌手として,我か国を含め世界的に広く知られている限り,本願商標を,本件 商品てある「レコート,インターネットを利用して受信し,及ひ保存することかてきる音楽ファイル,録画済みヒテオティスク及ひヒテオテーフ」に使用した場合に, 取引者・需要者か,当該商品に係る収録曲を歌唱する者,映像に出演し,歌唱して いる者を表示したものと認識するのてあり,このことは出願者か何者てあるか,又 その名称か何てあるかによって変わるものてはない。原告の主張は,歌手や音楽ク ルーフか設立した,歌手名や音楽クルーフ名と同名の法人か,自己の名称を商標登 録出願する場合には,当該歌手名や音楽クルーフ名か広く知られているとしても, 商標法3条1項3号又は4条1項16号の該当性の判断か回避ないし緩和されるこ とを前提とするものてあって,その理由のないことは明らかてある。したかって,審決に原告主張の誤りはなく,取消事由1は理由かない。
 3 取消事由2について(1) 原告は,歌手の才能や技量に基つく歌唱力,演奏力というような抽象的て あいまいな概念を,ある一定の明確な基準による具体的な品質として理解,把握す ることは困難てあるから,本願商標か「歌手名」と同してあるからといって,レコ ート等の商品との関係て特定の性質等の品質を直ちに理解させるものてはないと主 張する。しかし,本願商標の指定商品中,本件商品てある「レコート,インターネットを 利用して受信し,及ひ保存することかてきる音楽ファイル,録画済みヒテオティス ク及ひヒテオテーフ」においては,当該商品に係る収録曲を歌唱する者,又は映像 に出演し歌唱している者か誰てあるかは,当該商品の主要な品質(内容)に該当す るから,原告の主張には理由かない。(2) 原告は,周知・著名商標には特に厚い保護を与えている商標法の趣旨に鑑 みれは,本願商標か「我か国を含め世界的に広く知られている」ものてあるならは商標登録か認められるへきてあり,仮に,原告による本願商標の登録を認めす,第 三者による商標的使用を自由に認めるとすれは,A氏の名声・信用を害し,本願商 標に接する需要者・取引者をして出所についての混同を生しさせる結果となると主 張する。しかし,我か国を含め世界的に広く知られた歌手名を表示したものと取引者・需 要者か容易に認識する本願商標か,指定商品中本件商品において自他商品の識別標 識としての機能を果たし得ないことは,上記1(2)に判示したとおりてある。自他商 品の識別標識としての機能を果たし得ない以上,本件商品において本願商標か表示 されて使用された場合,品質(内容)の誤認を生しることかあり得るとしても,出 所混同を生しさせることはないから,原告の主張には理由かない。(3) 原告は,歌手名を表す文字からなる商標てあっても,直ちに「レコート」 等の商品との関係て特定の品質を表すことかないのて,登録を認めても差支えかな いと主張して,過去の登録例を挙ける。しかし,本件商品においては,当該商品に係る収録曲を歌唱する者,又は映像に 出演し歌唱している者か誰てあるかは,当該商品の主要な品質(内容)に該当する ことは,上記3(1)に判示したとおりてあり,本件商品のうち「LADY GAGA」 (レティ(ー)・カカ)か歌唱しないものに本願商標を使用した場合,商品の品質 について誤認を生するおそれかあることは,上記1(2)に判示したとおりてある。こ のことは,原告の指摘する登録例の存在によって左右されるものてはない。したかって,原告の主張には理由かない。
(4) したかって,審決に原告主張の誤りはなく,取消事由2は理由かない。4 取消事由3について
原告は,取消事由3として,審決か,本願商標のような歌手名等か現実に自他商 品の識別標識として機能している事実を看過したことは,認定の誤りてある旨主張 する。本件商品の取引においては,販売元・発売元てあるレコート会社・音楽レーヘルの名称・ロコを目印として商品か選択されるより,歌手名・音楽クルーフ名それ自 体を目印として商品か選択されることか一般的てあると認められ,このことは当事 者間にも争いかない。これは,前記1(2)のとおり,本件商品の性質上,その取引者 ・需要者か,当該商品に係る収録曲を歌唱・演奏する者又は映像に出演し歌唱・演 奏する者に最も注目し,これを当該商品の品質(内容)と認識するためてあると認 められる。取引される商品によっては,人の名称やクルーフ名か当該商品に表示さ れた場合に出所表示機能を有することは否定てきないか,本件商品については,商 品に表示された人の名称やクルーフ名を,取引者・需要者か商品の品質(内容)と ます認識するものといわなけれはならない。そして,表示された人の名称やクルー フ名か,著名な歌手名・音楽クルーフ名てある場合には,取引者・需要者は,これ を商品の品質(内容)とのみ認識し,それとは別に,当該商品の出所を表示したも のと理解することは通常困難てあると認められる。したかって,審決に原告主張の誤りはなく,取消事由3は理由かない。第6 結論 以上によれは,原告主張の取消事由はいすれも理由かない。よって,原告の請求を棄却することとし,主文のとおり判決する。
知的財産高等裁判所第2部
裁判長裁判官

清水節
裁判官
裁判官
池下朗
新谷貴昭

判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket