平成25年12月5日判決言渡 同日原本受領 裁判所書記官 平成25年(行ケ)第10019号 審決取消請求事件 口頭弁論終結日 平成25年10月31日
 


判 決
告 ヒション ハイタリティー エーエス

原 告 1 原 告 2
原告ら訴訟代理人弁理士 柏
同 高
同 柴
原 三枝子 橋 剛 一 田 雅 仁
被 告特許庁長官
被告指定代理人 同



齋藤真由美 郡山順 瀬良聡機 板谷一弘 山田和彦
主 文
1 特許庁か不服2010-16549号事件について平成
24年9月10日にした審決を取り消す。
 2 訴訟費用は被告の負担とする。事実及ひ理由 
第1 請求 主文と同し。
第2 事案の概要
1 特許庁における手続の経緯等
 原告らは,平成16年12月6日,発明の名称を「食品及ひ飼料サフリメントとその使用」とする発明について特許出願(特願2006-542523号,ハ リ条約による優先権主張:平成15年(2003年)12月5日,優先権主張国: ノルウェー。以下「本願」という。)をし,平成21年6月26日付けて拒絶理由通 知を受けたことから,同年12月25日付け手続補正書を提出したか,平成22年 3月15日付けて拒絶査定を受けたことから,同年7月23日,これに対する不服 の審判を請求し,併せて同日付け手続補正書により特許請求の範囲を補正した(以 下「本件補正」という。)(甲3,5,6,9~11)。 特許庁は,前記の審判請求を不服2010-16549号事件として審理 し,平成24年9月10日,「本件審判の請求は,成り立たない。」との審決(以下 「本件審決」という。)をし,その謄本は,同月25日,原告らに送達された。(3) 原告らは,平成25年1月22日,本件審決の取消しを求める本件訴訟を提 起した。2 本件審決か対象とした特許請求の範囲の記載
 本願発明 本件補正前の特許請求の範囲請求項1の記載は,平成21年12月25日付け手続補正書(甲9)により補正された次のとおりのものてある。以下,この請求項1 に記載された発明を「本願発明」といい,本願に係る明細書(甲5)を「本願明細 書」という。【請求項1】
健康及ひハフォーマンスの改善用の,ヒタミンを含有する食品及ひ飼料サフリメ ントにおいて,当該サフリメントか,基礎成分として蟻酸,乳酸,クエン酸,フロ
ヒオン酸,アスコルヒン酸,フマル酸,酢酸,ラク酸,及ひ安息香酸てある少なく とも1つのC1~8カルホン酸及ひ/又はその塩と,前記サフリメントの乾燥重量1 g当たり10~50mgの量のヒタミンB6,B9及ひB12てあって,その量か少な くとも,前記カルホン酸のCOOH基の代謝中に消費されうる量に相当する量のヒ タミンB12及ひB9と,前記サフリメントの乾燥重量1g当たり5~25mgのF eと,0~1重量%の酸化防止剤とを含み,前記サフリメントを水に溶解させたと き,前記塩及ひカルホン酸の量か,2.0~6.0のpHを与えることを特徴とす る食品及ひ飼料サフリメント。 本願補正発明
本件補正後の特許請求の範囲請求項1の記載は,次のとおりてある(甲3)。以下, この請求項1に記載された発明を「本願補正発明」という。なお,文中の下線部は, 補正箇所を示す。【請求項1】
健康及ひハフォーマンスの改善用の,ヒタミンを含有する食品及ひ飼料サフリメ ントにおいて,当該サフリメントか,基礎成分として蟻酸,乳酸,クエン酸,フロ ヒオン酸,アスコルヒン酸,フマル酸,酢酸,ラク酸,及ひ安息香酸てある少なく とも1つのC1~8カルホン酸及ひ/又はその塩と,前記サフリメントの乾燥重量1 g当たり10~50mgの量のヒタミンB6,B9及ひB12てあって,その量か少な くとも,前記カルホン酸のCOOH基の代謝中に消費されうる量に相当する量のヒ タミンB12及ひB9てあって,ヒタミンB6,B9及ひB12の量か,前記サフリメント中の純カルホン酸の含有量の乾燥重量1g当たりそれそれ,0.5~30mg,0.1~10mg,及ひ1~1500μgの範囲てあり,前記サフリメントの乾燥重量1g当たり5~25mgのFeと,0~1重量%の酸化防止剤とを含み,前記 サフリメントを水に溶解させたとき,前記塩及ひカルホン酸の量か,2.0~6. 0のpHを与えることを特徴とする食品及ひ飼料サフリメント。3 本件審決の理由の要旨 

 本件審決の理由は,別紙審決書の写しのとおりてある。要するに,1本願補 正発明は,本願優先日(平成15年12月5日)前に頒布された刊行物(特開20 03-61631号公報,公開日;平成15年3月4日,以下「引用例」という。
 甲1)に記載された発明(以下「引用発明」という。)及ひ本願優先日前の周知技術 に基ついて当業者か容易に発明をすることかてきたものてあるから,特許法29条 2項の規定により,特許出願の際独立して特許を受けることかてきないものてあっ て,本件補正は,平成18年法律第55号による改正前の特許法17条の2第5項 において準用する同法126条5項の規定に適合しておらす,同法159条1項の 規定において読み替えて準用する同法53条1項の規定により却下すへきものてあ る,2本願発明は,引用発明及ひ本願優先日前の周知技術に基ついて,当業者か容 易に発明をすることかてきたものてあるから,特許法29条2項の規定により特許 を受けることかてきない,というものてある。 本件審決か認定した引用発明は,次のとおりてある。 以下の栄養素を1Lの水に溶かした状態の飲料及ひ栄養補助食品て, アミノ酸は,ハリン,ロイシン,アルキニン,イソロイシン,メチオニン,スレオニン,リシン,ヒスチシン,フロリン,アラニン,トリフトファン,フェニルア ラニン,クルタミンを,各成分100mgの均等配合とし,合計1300mgを使 用し,ヒタミンは,ヒタミンA,ヒタミンB1,ヒタミンB2,ヒタミンB3,ヒタミ ンB6,ヒタミンB12,ナイアシン,ハントテン酸カルシウム,葉酸,ヒタミン Kを,各成分50mgの均等配合とし,合計500mgを使用し,ミネラルは,クエン酸第一鉄,酵母(亜鉛,セレン,クロム含有),乳酸カルシウ ム,硫酸マクネシウム,銅,マンカン,カリウムを,各成分約14mgの均等配合 とし,合計100mgを使用し,抗酸化成分は,ヒタミンE,ヒタミンC,ホリフェノールを併せて100mgを 均等配合し,使用し,
糖質は,フトウ糖18gと食物繊維2g合わせて20gを使用し, 1日のクエン酸摂取量合計6.25gを使用した,飲料及ひ栄養補助食品。 対比 本件審決か認定した本願補正発明と引用発明との一致点及ひ相違点は,以下のとおりてある。
ア 一致点 ヒタミンを含有する食品において,該食品か,基礎成分としてクエン酸と,ヒタミンB6,B9及ひB12と,Feと,酸化防止剤とを含む食品。イ 相違点1
ヒタミンを含有する食品か, 本願補正発明ては,健康及ひハフォーマンスの改善用て,飼料サフリメントとしても用いられるものてあるのに対し, 引用発明ては,健康及ひハフォーマンスの改善用て,飼料サフリメントとしても用いられるものてはない点。
ウ 相違点2 該食品か含む,クエン酸,ヒタミンB6,B9,B12,Fe,酸化防止剤及ひクエン酸の各量か, 本願補正発明ては,ヒタミンB6,B9,B12については,前記食品の乾燥重量1g当たり10~50mgの量のヒタミンB6,B9及ひB12てあって,その量か少な くとも,前記カルホン酸のCOOH基の代謝中に消費されうる量に相当する量のヒ タミンB12及ひヒタミンB9てあって,ヒタミンB6,B9及ひB12の量か,前記サ フリメント中の純カルホン酸の含有量の乾燥重量1g当たりそれそれ0.5~30 mg,0.1~10mg及ひ1~1500μgの範囲てあり,Fe及ひ酸化防止剤 については,前記サフリメントの乾燥重量1g当たり5~25mgのFeと,0~ 1重量%の酸化防止剤てあり,クエン酸の量については,該食品を水に溶解させた とき,2.0~6.0のpHを与える量てあるのに対し,
引用発明ては,各栄養素か上記各範囲に含まれるか明らかてない点。
 4 取消事由 相違点2に係る判断の誤り(取消事由1)
 本願補正発明の顕著な作用効果の判断の誤り(取消事由2)第3 当事者の主張
1 取消事由1(相違点2に係る判断の誤り)
〔原告らの主張〕
(1) 本件審決は,相違点2について,引用発明において,運動ハフォーマンスを向上させるへく各栄養素の目安となる摂取量とその栄養素の特徴を生かす配合比を 提供するとの目的を達成するために,必要十分な各栄養素の摂取量や配合比を詳細 に検討し最適化を図って,本願補正発明の食品とすることは,当業者か適宜なし得 たことてあり,設計事項の範囲内てあると判断した。(2) しかし,引用例に記載されたいすれの実験においても,食品中のヒタミン類 の含量は0.5g以上てあり,ヒタミン類の量を調整することについては全く考慮 していない。これに対し,本願補正発明は,食品中のヒタミン類の量をカルホン酸 のCOOH基の代謝中に消費され得る相当量に調整したことを最大の特徴とするも のてある。このようにカルホン酸とヒタミン類との相対量を調整することを示唆す る記載は引用例には一切ない。被告は,本願補正発明におけるヒタミンB6,B9,B12の量は,引用例のヒタミ ンB6,B9の量に関する記載, 及ひ乙1ないし4記載のヒタミンB12の量に関する 技術常識から容易に想到し得ると主張する。しかし,乙1及ひ乙2記載のヒタミン B12の量は,カルホン酸のCOOH基の代謝中に消費され得る相当量に調整された ものてはないし,他のヒタミンB群(ヒタミンB6,B9)との量の関係を検討した 上て決定されたものてもない。また,乙3及ひ乙4には,ヒタミンB12の量をカル ホン酸のCOOH基の代謝中に消費され得る相当量に調整することについても,ヒ タミンB12の量とヒタミンB6,B9の量との関係についても,これを示唆するよう
な記載はない。
したかって,引用例のヒタミンB6,B9の量に関する記載, 及ひ乙1ないし4記載のヒタミンB12の量に関する技術常識を組み合わせたとしても,カルホン酸のC OOH基の代謝中に消費され得る相当量にヒタミンB6,B9,B12の各々の量を調 整することはてきない。 以上より,カルホン酸及ひヒタミン類の相対量を本願補正発明のように調整 することは,当業者か容易になし得ることてはないから,本件審決の相違点2に係 る判断には誤りかある。〔被告の主張〕
本件審決は,引用発明において,その目的を達成するために必要十分な各栄養素 の摂取量や配合比を詳細に検討し最適化を図ることは,当業者か適宜なし得たこと てあり,設計事項の範囲内てあると判断したところ,以下,各成分毎に容易想到性 について説明する。(1) ヒタミンB6,B9及ひB12のそれそれの量についてア ヒタミン類の量をカルホン酸のCOOH基の代謝中に消費されうる相当量に 調整することについての本願明細書の記載事項本願明細書には,本願補正発明の「カルホン酸のCOOH基の代謝中に消費され うる量に相当する量のヒタミンB12及ひB9」を直接とのように決めるかについて の記載はなく,また,段落【0013】に「本発明者は,カルホン酸の代謝か何ら かの形て必須ヒタミンを消費することを想定する仮説に従って,新しいサフリメン ト作用についての調査を続けることを決定した。」と仮説について説明されている か,実施例て,カルホン酸とヒタミン量の関係か分かるものは,唯一,例6(段落 【0044】)の「実験中に使用されたサフリメントは,サフリメント1gに対して 330mgの蟻酸/蟻酸塩及ひ60mgのラク酸を含有していた。これらの実験の …各ヒタミン群の平均値を記載した。値は体重1kg当たり100%蟻酸/蟻酸塩 1gに対するmgヒタミン/1日として与えられている。」たけてあり,加えて,段
落【0048】には,「総てのヒタミンB(すなわち,B6,B9及ひB12を含む総 てのヒタミンB)は,様々な酵素系に組み込まれ,その相互作用及ひ代謝経路は明 らかに理解されていない」と記載されている。そうすると,本願補正発明の「カルホン酸のCOOH基の代謝中に消費されうる 量に相当する量のヒタミンB12及ひB9」とは,カルホン酸のCOOH基の代謝中 に消費され得るヒタミンの量を直接測定することて見いたされる量てはなく,「健康 及ひハフォーマンスの改善」に関する実験結果から導き出された純カルホン酸の含 有量の乾燥重量1g当たりのヒタミンB6,B9及ひB12の量を,「カルホン酸のC OOH基の代謝中に消費されうる量」としたものと解される。以上を踏まえ,本件審決は,本願補正発明における「カルホン酸のCOOH基の 代謝中に消費されうる量に相当する量のヒタミンB12及ひB9」として,「ヒタミン B6,B9及ひB12の量か,前記サフリメント中の純カルホン酸の含有量の乾燥重量 1g当たりそれそれ,0.5~30mg,0.1~10mg,及ひ1~1500μ gの範囲」と規定されているのて,その範囲内てあれは本願補正発明の「カルホン 酸のCOOH基の代謝中に消費されうる量に相当する量のヒタミンB12及ひB9」 となると理解したのてある。イ 引用発明におけるヒタミンB6,B9のそれそれの量について 本件審決は,引用例の特許請求の範囲の請求項1に係る発明の具体例として段落 【0007】ないし【0013】の「1日のクエン酸摂取量6.25g」,「アミノ 酸…合計1300mg」,「ヒタミン…合計500mg」,「ミネラル…合計100m g」,「抗酸化成分…併せて100mg」及ひ「糖質…合わせて20g」との記載に 基つき,引用発明を認定した。また,引用発明は,「栄養素を1Lの水に溶かした状 態の飲料及ひ栄養補助食品」てあり,上記栄養素全てを1Lの水に溶かした状態の ものて,上記各栄養素の配合量は,クラム(g)表示になっており,通常,この表示は上記各栄養素を1Lの水に溶かす前の,乾燥重量の値と考えるのか自然てある。 そこて,引用発明中の,ヒタミンB6及ひB9の各含有量を純カルホン酸てあるク
エン酸の含有量の乾燥重量1g当たりに換算すると,引用発明ては,ヒタミンB6, 及ひヒタミンB9てある葉酸は各50mg均等配合されており,かつ,クエン酸の 乾燥重量は6.25gなのて,50mg/6.25g=8mg/gてあり,この値 は,本願補正発明のヒタミンB6の0.5~30mg,及ひ,ヒタミンB9の0.1~ 10mgの範囲内,すなわち,本願補正発明の技術的特徴てある,ヒタミン類の量 かカルホン酸のCOOH基の代謝中に消費され得る相当量の範囲内てある。ウ 引用発明におけるヒタミンB12の量について 引用発明ては,ヒタミンB12も50mg配合されているのて,クエン酸の含有量の乾燥重量1g当たりのヒタミンB12の量は,前記イと同様に8mg/g,すなわ ち8000μg/gてある。ところて,1ヒタミンB12のヒトに対する通常投与量は,1日当たり約1~15 00μgてあること(乙1,2),2ヒタミンB12は,水溶性て毒性かなく,過剰 摂取しても問題かないこと(乙3),3一般に,ヒタミンB12は吸収率か悪く,そ の吸収率は摂取量か増加するに従い低くなり,過剰摂取したヒタミンB12のほとん とは尿中に排出されること(乙4)は,いすれも上記乙号証から明らかなように, 本願優先日前からの技術常識てあった。引用発明は,運動ハフォーマンスを向上させるため,スホーツによる体内栄養素 を考慮し,必要十分な各栄養素の摂取量等を決めるものてあり,引用例の請求項1 においては,「ヒタミン類0.5g以上」とヒタミン類合計の最低量か特定されてい るたけて,ヒタミンB12の量は特段規定されておらす,その量を適宜変更すること を妨けるような記載事項はない。そして,本願優先日前の上記技術常識2により, ヒタミンB12は水溶性て毒性かなく過剰摂取しても問題ないから,引用発明におい てヒタミンB12はクエン酸の含有量の乾燥重量1g当たり8000μg/gもの量 か含まれているか,上記技術常識3により明らかなように,ヒタミンB12の吸収率 は摂取量か増加するに従って低くなるものてあり,摂取したヒタミンB12のほとん とは尿中に排出されることから,ヒタミンB12を過剰に配合し過きす,ある程度適
切な量を配合させようという動機付けはあったといえる。
 そうすると,引用発明において,上記動機付けにより,吸収率等の観点からヒタミンB12の必要以上の摂取を避け,最適化を図るへくある程度適切な摂取量を配合 させようとして,上記技術常識1により,ヒトへ安全に投与することかてきるヒタ ミンB12の投与量1日当たり約1~1500μgを考慮し,それをクエン酸の含有 量の乾燥重量1g当たりに計算した1μg/6.25g~1500μg/6.25 g,すなわち,0.16~240μg/g程度とすることは,当業者か容易になし 得たことてある。(2) サフリメントの乾燥重量1g当たりのヒタミンB6,B9及ひB12の量につ いて本願補正発明においては,「サフリメントの乾燥重量1当たり10~50の量 のヒタミンB6,B9及ひB12」と特定されている。しかし,本願明細書には,本願 補正発明のヒタミンB6,B9及ひB12を上記の濃度て配合することの作用効果や技 術的意義についての記載はなく,その上限と下限についての臨界的な技術的意義を 示すテータや記載事項はない。それところか,例1(段落【0028】~【003 1】)及ひ例2(段落【0032】,【0033】)ては,飲料水や飼料にサフリメン トを混合して動物に摂取させており,上記特定された濃度のサフリメントかそのま まの状態て摂取されているものてはなく,レース結果やひらんの治癒効果等の本願 補正発明の効果は,上記特定された濃度によりもたらされたものとは必すしもいえ ない。引用発明は,運動ハフォーマンスを向上させるための各栄養素の目安となる最低 摂取量とその栄養素の特徴を生かす配合比か規定されているものてあるから,引用 発明において,運動量の多いスホーツ選手のハフォーマンスを向上させる目的て, 運動量に合わせ最適化を図り,本願補正発明のように「サフリメントの乾燥重量1 g当たり10~50mgの量のヒタミンB6,B9及ひB12」という程度の濃度の高 いものとすることは,当業者か適宜なし得る範囲内のことてある。 
(3) 酸化防止剤の含有量について
本願補正発明ては「,サフリメントの乾燥重量1g当たり…0~1重量%の酸化防 止剤」と特定されている。引用発明は,酸化防止剤として,ヒタミンE,ヒタミンC及ひホリフェノールを 併せて100mgを均等配合して使用している。そして,引用発明における栄養素 の乾燥重量は,前記イのとおり,【0007】ないし【0013】に記載された 各成分の配合量の総和から,(アミノ酸合計)1.3g+(ヒタミン合計)0.5 g+(ミネラル合計)0.1g+(抗酸化成分合計)0.1g+(糖質合計)20 g+(クエン酸摂取合計量)6.25g=28.25gてある。そうすると,引用 発明における酸化防止剤の,栄養素の乾燥重量1g当たりの含有量は,0.1g/ 28.25g×100=0.35重量%てあり,本願補正発明て特定されている範 囲内てある。(4) Feの含有量について
本願補正発明ては,「サフリメントの乾燥重量1g当たり5~25mgFe」と特 定されている。引用発明は,クエン酸第一鉄を14mg含んているものてある。一般に,過剰な 運動はスホーツ貧血(鉄欠乏性貧血)を引き起こすことかあり,その予防もスホー ツ選手の課題の一つとなっていることは,本願優先日前からの技術常識てあった(乙 5)。そして,赤血球産生を増大させるために,ヒトにおいて1日あたり100~1 500mg,好ましくは300~900mgの割合てFeを投与することも,本願 優先日前からの技術常識てあった(乙6)。そうすると,引用発明において,運動ハフォーマンスを向上させる目的て,スホ ーツ貧血を引き起こさないように,Feの含有量に関し,上記周知のFeの好まし い投与量てある1日あたり300~900mgを目安とし,サフリメントの乾燥重 量(総量は前記(3)のとおり28.25gてある。)1g当たり300/28.25 ~900mg/28.25gすなわち約10.6~31.9mg/g程度とするこ 
とは,当業者か容易になし得たことてある。
(5) サフリメントを水に溶解させたとき,塩及ひカルホン酸の量かpH2.0~6.0を与えることについて 引用発明において,pHに影響を与える主な成分はクエン酸なのて,クエン酸を基におおよそのpHを検討すると,引用発明におけるクエン酸のモル濃度は0.0 325mol/Lてあり,このモル濃度のときのpHは,乙7によれは,pH2. 082~pH2.623の間にある。そうすると,引用発明においては,カルホン酸の量か,本願補正発明て特定され ているpHの範囲内にある。(6) 以上のとおりてあるから,相違点2の容易想到性に係る本件審決の判断に誤 りはない。2 取消事由2(本願補正発明の顕著な作用効果の判断の誤り) 〔原告らの主張〕 本件審決は,本願補正発明の副作用の改善効果てある,胃潰瘍の発生抑制, 胃腸粘膜のひらん改善,下痢の防止については,引用発明か運動ハフォーマンスを 向上させるものてあり,疲労回復を早めるものといえるから,ストレスか低減され る結果として,胃腸粘膜のひらんか改善し,下痢の発生やストレス性胃潰瘍の発生 か 抑 制 さ れ る こ と は ,予 測 し 得 る も の て あ り ,格 別 顕 著 な も の て は な い と 判 断 し た 。
  しかし,等しく運動ハフォーマンスの向上という効果てあっても,引用発明 の運動ハフォーマンスの向上はクエン酸を6.2g以上摂取した場合に変化か見ら れたことを示したにすきす(引用例の段落【0018】),また,引用例の実験4(段 落【0016】,【0019】)に記載の食品は,クエン酸及ひヒタミン類以外に,糖 質及ひタンハク質の割合か著しく高く,この糖質及ひタンハク質か「運動ハフォー マンスの向上」という実験4の結果に関与していないことを示す客観的なテータも 示されていないから,引用発明における「運動ハフォーマンスの向上」という効果 は,本願補正発明のようにヒタミン類の量をカルホン酸のCOOH基の代謝中に消 
費され得る相当量に調整したことによって得られる効果てはない。 また,引用例記載の実験は,ヒトを実験対象として食品摂取の感想や体脂肪の変 化を評価するものてあるか,その結果については,被験者個々の日常生活の状況や 心理状態等の因子によっても大きく変動し得るものてあるところ,引用例にはこの ような変動因子に配慮して(例えは,二重盲検法に基ついて)評価を行ったことを 示唆する記載はないから,引用例記載の運動ハフォーマンスの向上という効果は極 めて客観性に欠ける実験テータによるものてある。仮に引用例の記載から,引用発 明か運動ハフォーマンスを向上させ,疲労回復を早めるものてあると客観的にいえ たとしても,その効果のみを理由に,被験者のストレスか改善されたとまてはいい 切れないし,ましてや引用例記載の効果から,本願補正発明の副作用の改善効果て ある胃潰瘍の発生抑制,胃腸粘膜のひらん改善及ひ下痢の防止の改善という疾病又 はその症候の改善にまて当業者か想到し得るとはいい切れない。これに対し,本願 補正発明ては,運動ハフォーマンスの向上,胃潰瘍の発生抑制,胃腸粘膜のひらん 改善及ひ下痢の防止の改善の効果か,本願明細書の例1の表1や例2に記載されているように客観的な実験テータにより実証されている。
 そして,被告主張に係る乙8ないし10に記載の「胃潰瘍の発生抑制」,「胃腸粘膜のひらん改善」,及ひ「下痢の改善」といった効果はカルホン酸単体による効 果てあり,ヒタミン類の量をカルホン酸のCOOH基の代謝中に消費されうる相当 量に調整したことによって得られる本願補正発明と同様の効果てはないから,本願 補正発明の効果は,引用例及ひ乙8ないし10記載の事項を含む本願優先日前の公 知事項から容易に導き出せるものてはない。(3) 以上のとおり,本願補正発明は,引用発明と構造,効果の面て顕著な差異を 有しており,当業者か容易に想到し得るものてはない。〔被告の主張〕
(1) 引用例の実験4(段落【0016】,【0019】)において,コルフのヘッ トスヒート及ひ最長飛距離等の測定値かアッフしたのは,クエン酸のみならす段落 
【0016】に記載の成分全てを摂取した場合に奏される効果てある。そして,引 用例の実験4は,段落【0004】に記載の,運動により体内栄養素か消耗するた め,「運動ハフォーマンスを向上させるための各栄養素の目安となる摂取量とその栄 養素の特徴を生かす配合比を提供」した具体例てあり,個々の栄養素の欠乏をサフ リメントて補うことて,本願優先日前からの技術常識とおりの改善か図られたこと を確かめたものてある。ヒタミン欠乏症や鉄欠乏症といった各栄養素の欠乏による 運動ハフォーマンスの低下は既に技術常識として知られており,引用発明の目的は, それを補うことて運動ハフォーマンスを向上させることてある。それ故,原告らか 主張する厳密な実験を行わなけれは引用発明の効果か裏付けられないものてはない。したかって,本件審決のとおり,本願補正発明の効果の一つてある,ハフォーマ ンスを改善することは,引用例の記載から当業者か予測し得た効果てある。なお, 引用例から,運動ハフォーマンスの改善か予測し得たことてある以上,それに付随 して運動ストレスも改善されることは予測し得たことてある。(2) モノカルホン酸を飼料に適用することによる下痢防止の改善の効果は,乙8 から明らかなように,本願優先日前から良く知られていた効果てあり,本願補正発 明は,それを確認したにすきない。また,クエン酸か胃粘膜の修復機能を有することは,乙9及ひ乙10から明らか なように,本願優先日前から良く知られていた効果てある。そうすると,引用発明 はクエン酸を6.25g含有しているものてあるから,クエン酸により奏される胃 の粘膜の修復効果かあるといえ,胃の粘膜か修復されれは,通常,胃潰瘍の発生は 抑制され,胃腸粘膜のひらんか改善されることも,当業者か予測し得た効果てある。
 したかって,胃潰瘍の発生抑制及ひ胃腸粘膜のひらん改善についても,引用例の記 載及ひ本願優先日当時の周知技術から予測し得たものてあり,本願補正発明はそれ を確認したにすきない。(3) 以上より,本願補正発明の効果は,引用例の記載事項及ひ本願優先日当時の 周知技術から予測されたものてあり,格別顕著なものてはないから,この点に係る 
本件審決の判断に誤りはない。 第4 当裁判所の判断
1 本願明細書の記載内容について
 本願補正発明の特許請求の範囲は,前記第2の2(2)のとおりてあるところ, 証拠(甲5)によれは,本願明細書の「発明の詳細な説明」には,概略,次の記載 かある。ア 「本発明は,ヒタミンを含む食品及ひ飼料サフリメントに関する。また,本 発明は,食品及ひ飼料におけるサフリメントの使用も包含している。」(段落【00 01】)イ 「過酷なストレスに晒されたり,又は高いハフォーマンスか要求される時, 動物は,標準飼料のみを与えていると,疲労や下痢,食料摂取に対する抵抗,貧血 等を患うことか観察されている。このような場合,飼料に添加剤又はサフリメント か明らかに必要てあることは明らかてある。しかし,観察された問題に対して何か 原因てあるか,従って,との添加剤を使用すれはいいのかを決定することは通常困 難てある。公知の多くの添加剤及ひ飼料サフリメントか存在するか,とれも上記の 総ての問題を解決することを立証するものてはなかった。いくつかの添加剤は,動 物の成長の促進を主に意図している一方て,その他の添加剤は健康を改善すること を主張する。ヒタミン欠乏症は問題の一部てあるかもしれないか,飼料か十分な量 のヒタミンを含有することか期待される時てさえも,このことかなせ起こるのかを 理解すへきてある。放牧地から集中的な給餌,例えは1日当たり2回の給餌に変更するとき,競走馬 に特別な問題か観察された。給餌処理の前記変更か,胃潰瘍を発生させることは極 めて一般的てある。」(段落【0002】,【0003】)ウ 「本発明の主要な目的は,特にストレス症状にある間,及ひ高いハフォーマ ンスか要求されるとき,すなわちトレーニンク及ひ競技状態にある間に,健康及ひ ハフォーマンスを改善する新規な食品及ひ飼料サフリメントを達成することてあっ
た。」(段落【0007】)
エ 「本発明のサフリメントの主な特徴は,サフリメントか基本成分としての少なくとも1つのカルホン酸及ひ/又はその塩と,サフリメントの乾燥重量1g当た り10~50mgの全体量のヒタミンB6,B9及ひB12と,サフリメントの乾燥重 量1g当たり5~25mgのFeと,0~1重量%の乾燥剤と,0~1重量%の酸 化防止剤と,を具え,当該サフリメントを水に溶解させたとき,前記塩及ひカルホ ン酸の量か,2.0~6.0のpHを与えることてある。ヒタミンB6,B9及ひB12の量は,少なくともカルホン酸のCOOH基の代 謝の間に消費されうる量に相当するへきてある。」(段落【0018】,【0019】)「本発明のサフリメントの特別な特徴は,ヒタミンB6,B9及ひB12の好ま しい量か,それそれ,サフリメントにおける純カルホン酸の含有量の乾燥重量1g 当たり0.5~30mg,0.1~10mg,及ひ1~1500μgの範囲てある ことてある。」(段落【0021】)オ 「例1
この実験は,…レース鳩に対して実施された。これらのハトに2001年秋から, 2002年7月に終わるレースシースンを通して,毎日,pH4の飲料水に水1l 当たり0.5gのカルホン酸を与えた。春の最初のレースて,これらのハトは期待 を下回るハフォーマンスをした。…レースシースンか続くにつれて,ハフォーマン スは更に悪くなり,最初のレース後(2~3週間),ハトは,ハフォーマンスのレヘ ルになかった。3週間後,ハトは貧血の全徴候を示した。たった6レース後の,2 002年6月に実験ハト群のレースを中止した。同し鳩舎,同し場所から,同し給餌システム,同しトレーニンク,同しレースシ ステム,同し扱いのハトか新しい実験の一部てあり,ここて,ヒタミンB6,B9 及ひB12,及ひサフリメント1kg当たり6mgのFeを加えることによって, 飲料水中の同し投与量のサフリメント(同しカルホン酸)を改良した。レースシー スンは,スタートから6週間後の最後の競技会まて,…これまてて最もよい結果と
なった。2つのシースンの結果と比較した成績を表1に示した。
 表1得点は,レースに参加するハトの数か変化しても比較することか出来るように計 算されている。得点Sは,S=100-((P-1)*300)/Nホイントとして 計算される。ここて,Nは,参加するハトの全体数てあり,Pは,ヒションレース の結果リストの順位てある。第1位は,常に100ホイントの得点を与える。その 後,得点は,順次1ホイントまて落ちて,結果リストの上位1/3のハトのうち最 終位て戻るハトに与えられる。0の得点は残りのハトに与えられる(次の2/3の ハトは,最も遅く戻ったハトてある)。表1は,…実験鳩舎の第1位のハトの得点て あり,2002年と比較して2003年シースンにおけるレースハフォーマンスに 大きな進歩かあったことを明確に示している。」(段落【0028】~【0031】) 「例2また,ウマに生した胃/腸粘膜の問題における上記のひらんに対する起こりうる 効果を調査した。胃/腸粘膜に発達したひらんを有する10頭のウマに,1日2回 飼い葉を与えた。通常の手順に反して,14日間1日2回,通常の飼い葉と混合し て40~50g(乾燥重量)の新規なサフリメントを与えた。馬体重は,450~ 500kgてあり,従って,サフリメントの添加量は馬体重100kg当たり10 g乾燥重量のサフリメントに相当する。この新しい飼育期間の最後に行った胃内視 鏡検査は,胃/腸粘膜のひらんか治癒したことを示していた。従って,ウマはレー
スを開始して非常に良好な成績を収めた。総ての実験は,胃/腸粘膜にひらんを有 する病気のウマに対して実施された。更なる調査から,上記の効果は標準飼料に馬体重100kg当たり5~25gの サフリメントを添加することによって達成出来ることか分かった。」(段落【003 2】,【0033】)「例4
胃/腸粘膜のひらんの治療に加えて,この例の主要な目的は,投与量の適正レヘ ルを見つけることと,一般的観察の記録を取ることてあった。総ての観察は,トロ ッター及ひキャロッフ馬に特化した病院…て,獣医によって行われた。有機酸及ひ 選択されたヒタミンを用いた治療の後に,素晴らしい体型てあることか,ウマの全 体的な活力の観察によって確認された。更に,実験に参加した14頭のウマは,病 気の治療後活力を維持し,レース中及ひレース後によいハフォーマンスをした。表 2に記載するようにいくつかの改善点か記録された。表2
各種の動物についての上記の例から,添加ヒタミンB6,B12及ひB9の量す なわち,新陳代謝することか出来るCOOH-基の量に少なくとも相当するへきて ある量か,新規なサフリメントによって達成されることか分かる。総ての実験結果
及ひ文献て見られる情報に基ついて,発明者は,本発明によるサフリメントの推奨 されるヒタミン成分についての次の表3に到達した。表3
各スヒーシースに対するヒタミンの添加量の推奨値は,飼料1kg当たりヒタミ ンサフリメントとして与えられ,これに従って,ヒタミン量を飼料1kg当たりの 新規なサフリメントを使用して示す(表3の下2列)。サフリメントの添加量は,ハ トについて,それそれ2.5g/kg飼料,及ひ水1l当たり0.5gの2つの用 量として与えられている。1kgの飼料に対する水1lの用量は,平均的なハトか 1日当たり50mlの水を飲み,40gの飼料を食へるという知識から計算した。」 (段落【0035】~【0039】)「例6 様々なスヒーシースに対するヒタミンB類及ひ鉄の量を確かめるために,ハト,ヒト,ウマ及ひイヌに関して多くの実験か行われた。これらの実験中に使用された サフリメントは,サフリメント1gに対して330mgの蟻酸/蟻酸塩及ひ60m
gのラク酸を含有していた。これらの実験の結果を表5に示し,各スヒーシースに ついて各ヒタミン群の平均値を記載した。値は体重1kg当たり100%蟻酸/蟻 酸塩1gに対するmgヒタミン/1日として与えられている。表5

(段落【0044】,【0045】) 「新規のサフリメントの推奨量は,種及ひその年齢,並ひに治療期間によって異な る。一般的に,飼料1kg当たり2.5mgのサフリメントか最適と考えられるか, 0.5~15g乾燥サフリメント/kg飼料の量て,所望の結果を得ることか分か った。上限範囲は,多くの場合て過用量を示し,これは,彼らか一般的に余分の飼 料及ひヒタミン供給を要求するときの,極限状況の目的か,或いは治療の初期段階 の目的のためてある。総てのヒタミンBは可溶性てあり,いすれの過剰量も排出さ れる。ヒトか安全てあることを確保するもう一つの理由は,カルホン酸の代謝酸化 のレヘルか種によって様々てあり,依然として科学的に完全に解っていないためて ある。」(段落【0046】)カ 「実験て使用されたカルホン酸/カルホン酸塩混合物は,蟻酸,蟻酸アンモニ ウム及ひラク酸を具える。我々の実験によれは,予防的治療のための有機酸の用量 は,種によって様々てあり,例えは,体重1kg当たり1日3mgのヒトから馬体 重1kg当たり1日50mgのウマまての範囲てある。総てのヒタミンB(すなわ ち,B6,B9及ひB12を含む総てのヒタミンB)は,様々な酵素系に組み込ま れ,その相互作用及ひ代謝経路は明らかに理解されていないのて,ヒタミンは,好 ましくはヒタミンB-錯体として添加されるへきてあることか分かった。しかし, 
上記て示したように,ヒタミンB6,B9,B12か,推奨された量て存在するこ とは,必須てある。従って,鳥類,動物及ひヒトに対する我々の実験に基ついて, 新規のサフリメントのヒタミンB6の量は,毎日1回,体重1kg当たり0.1~ 2mgの範囲てあり,B9は,体重1kg当たり1日0.2~2.5mgの範囲て あり,B12は,体重1kg当たり1日1~10μgの範囲てあるへきてある。」(段 落【0048】)キ 「最も有益なカルホン酸は,C1~8カルホン酸てあり,最も好ましい酸は, 蟻酸,クエン酸,ラク酸,フロヒオン酸,アスコルヒン酸,フマル酸及ひ安息香酸 てあることか分かった。また,前記酸の塩は,特にサフリメントか所望のpHを与 えるために,有利に使用することか出来た。…」(段落【0050】)(2) 前記(1)の本願明細書の記載によれは,本願補正発明は,人間を含む動物か ストレス状態にあり,又は高いハフォーマンスか要求される場合に,その健康及ひ ハフォーマンスを改善するために使用する食品又は飼料サフリメントてあり,その 基本成分として,蟻酸,乳酸,クエン酸,フロヒオン酸,アスコルヒン酸,フマル 酸,酢酸,ラク酸,及ひ安息香酸から選はれる少なくとも1つのカルホン酸及ひ/ 又はその塩,ヒタミンB6,B9及ひB12のヒタミン類,並ひにFe(鉄)を本願補 正発明て特定される量て含有し,かつ,サフリメントを水に溶解した場合のpHか 2.0~6.0の範囲内となるサフリメントに関するものてあるということかてき る。2 引用例の記載内容について
(1) 証拠(甲1)によれは,引用例には,以下の記載かある。ア 特許請求の範囲
「【請求項1】 クエン酸6.25g以上,タンハク質(アミノ酸複合体も含む)1.3g以上,クレアチン1g以上,ヒタミン類0.5g以上,ミネラル0.1g 以上,抗酸化成分0.1g以上,糖質20g以上からなることを特徴とする飲料及 ひ栄養補助食品。」 
イ 発明の属する技術分野
「本発明はクエン酸とアミノ酸を主成分とする健康食品,スホーツ飲料或いは粉 末清涼飲料に関するものてある。」(段落【0001】)ウ 従来の技術
「従来のスホーツ飲料は,清涼感を主体に考えられており,クエン酸を酸味料的 な味覚添加剤として,アミノ酸を調味料的な添加剤として利用されておりました。
 また,ヒタミン類,ミネラル類に関しましても,クエン酸とアミノ酸との併用てな く,補助食品として別売り販売か主流てす。しかも,アミノ酸の複合体のクレアチンは酸に弱いという報告かあり,クエン酸 は酸性物質のためクレアチン量か減少し効果か得られないということてした。」(段 落【0002】,【0003】)エ 発明か解決しようとする課題
「しかし,スホーツをする場合は,体内栄養素の消耗か激しいのて,ある程度の 各栄養素の摂取量の目安か必要てす。厚生省から発表されている,各栄養素の1当 りの摂取量の目安は,1日の最低必要量てあり,運動ハフォーマンスを向上させる ものてはありません。運動ハフォーマンスを向上させるための各栄養素の目安とな る摂取量とその栄養素の特徴を生かす配合比を提供することてある。」(段落【00 04】)オ 課題を解決するための手段
「クエン酸とアミノ酸を主成分とし,ヒタミン群,ミネラル,抗酸化成分,糖分 の運動ハフォーマンスか,はっきり向上する数値を表すことのてきる摂取量と配合 比を提供することてある。」(段落【0005】)カ 発明を解決するための手段
「今回使用する各栄養素の配合率を変えなから,人体実験による,立位体前屈の 測定と,コルフクラフ(1番ウット)を使用し,ヘットスヒート,飛距離を測定し, クエン酸とアミノ酸を主成分とする健康食品,スホーツ飲料或いは粉末清涼飲料を 
摂取する前と摂取1ヵ月後の記録を測定します。…」(段落【0006】)キ 実験の詳細 「実験は全て栄養素を1Lの水に溶かした状態のものを摂取して測定を行った。
 実験に使用したアミノ酸は,ハリン,ロイシン,アルキニン,イソロイシン,メチオニン,スレオニン,リシン,ヒスチシン,フロリン,アラニン,トリフトファ ン,フェニルアラニン,クルタミンてある。各成分100mgの均等配合とし,合 計1300mgを使用した。実験に使用したヒタミンは,ヒタミンA,ヒタミンB1,ヒタミンB2,ヒタミ ンB3,ヒタミンB6,ヒタミンB12,ナイアシン,ハントテン酸カルシウム, 葉酸,ヒタミンKてある。各成分50mgの均等配合とし,合計500mgを使用 した。実験に使用したミネラルは,クエン酸第一鉄,酵母(亜鉛,セレン,クロム含有), 乳酸カルシウム,硫酸マクネシウム,銅,マンカン,カリウムてある。各成分約1 4mgの均等配合とし,合計100mgを使用した。実験に使用した抗酸化成分は,茶抽出のホリフェノールを使用した。ここて示す 抗酸化成分は,ヒタミンE,ヒタミンCも含んている。よってヒタミンE,ヒタミ ンC,ホリフェノールを併せて100mgを均等配合し,使用した。実験に使用した糖質はフトウ糖,食物繊維てある。フトウ糖18gと食物繊維2 g合わせて20gを使用した。」(段落【0007】~【0012】) 「【実験1】1日のクエン酸摂取量合計6.25gを2週間摂取。立位体前屈測定

【実験2】1日のアミノ酸摂取量合計2gを2週間摂取。
立位体前屈測定
… 【実験3】1日の摂取量ヒタミン類0.5g以上,ミネラル0.1g以上,抗酸化 
成分0.1g以上,糖質20gを2週間摂取。
立位体前屈測定
… 【実験4】1日の摂取量クエン酸6.3g以上,タンハク質(アミノ酸複合体も含 む)1.2g以上,クレアチン1g以上,ヒタミン類0.5g以上,ミネラル0. 1g以上,抗酸化成分0.1g以上,糖質20gを2週間摂取。 
【表4】
実験5は実験4の時点て,体脂肪測定も同時に実施

体脂肪測定 【表5】
評価結果
実験1~実験3の時点て,数値的に変化か見られたのは実験1のクエン酸を6. 2g以上摂取した場合のみ変化か見られた。実験4て1日の摂取量クエン酸6.3g以上,タンハク質(アミノ酸複合体も含 む)1.2g以上,クレアチン1g以上,ヒタミン類0.5g以上,ミネラル0. 1g以上,抗酸化成分0.1g以上,糖質20gを2週間摂取した測定結果,表4 て示すようにモニターA~Fまて全ての測定値に効果か現われた。」(段落【001 3】~【0019】)ク 発明の効果
「上記測定結果を考慮し,本発明の食品を摂取することにより,筋肉の稼動範囲 か広かり,体脂肪か減少し,スインクのヘットスヒート及ひ飛距離か向上すること を可能にすることか出来た。」(段落【0020】)(2) 前記(1)によれは,引用例には,筋肉の稼動範囲か広かり,体脂肪か減少し, コルフクラフをスインクした際のヘットスヒートか上かり,飛距離か向上するとい う効果を有する,飲料及ひ栄養補助食品か記載されているということかてきる。そして,引用例記載の引用発明か前記第2の3(2)のとおりてあること,すなわち, 「以下の栄養素を1Lの水に溶かした状態の飲料及ひ栄養補助食品て,アミノ酸は,ハリン,ロイシン,アルキニン,イソロイシン,メチオニン,スレ オニン,リシン,ヒスチシン,フロリン,アラニン,トリフトファン,フェニルア
ラニン,クルタミンを,各成分100mgの均等配合とし,合計1300mgを使 用し,ヒタミンは,ヒタミンA,ヒタミンB1,ヒタミンB2,ヒタミンB3,ヒタミ ンB6,ヒタミンB12,ナイアシン,ハントテン酸カルシウム,葉酸,ヒタミン Kを,各成分50mgの均等配合とし,合計500mgを使用し,ミネラルは,クエン酸第一鉄,酵母(亜鉛,セレン,クロム含有),乳酸カルシウ ム,硫酸マクネシウム,銅,マンカン,カリウムを,各成分約14mgの均等配合 とし,合計100mgを使用し,抗酸化成分は,ヒタミンE,ヒタミンC,ホリフェノールを併せて100mgを 均等配合し,使用し,糖質は,フトウ糖18gと食物繊維2g合わせて20gを使用し,1日のクエン酸摂取量合計6.25gを使用した,飲料及ひ栄養補助食品。」てあ ることは,当事者間に争いかない。3 ヒタミンB12のヒトに対する通常投与量について
次に,被告か,ヒタミンB12のヒトに対する通常投与量は1日当たり約1~15 00μgてあることか,本願優先日前からの技術常識てあったことの根拠とする乙 1及ひ乙2の各文献の記載内容をみることとする。(1) 乙1の記載内容 乙1(特開2000-16940号公報)には,以下の記載かある。ア 「【請求項1】α化テンフン類とヒタミンB12類をセルロース系高分子化合物又はアクリル系高分子化合物てコーティンクしてなるヒタミンB12類含有組成 物。」イ 「【発明の属する技術分野】本発明は,α化テンフン類とヒタミンB12類を セルロース系高分子化合物又はアクリル系高分子化合物てコーティンクしてなるヒ タ ミ ン B 1
 2 類 含 有 組 成 物 及 ひ そ の 安 定 化 方 法 に 関 す る 。」( 段 落 【 0
 0 0
 1 】)ウ 「【従来の技術】 ヒタミンB12はヒタミンB1主薬製剤,ヒタミンB6主薬
製剤,ヒタミンB1・B6主薬製剤又はヒタミンE主薬製剤等に配合される重要なヒ タミンてある。しかし,ヒタミンB12にはヒタミンB1…,アスコルヒン酸…,ヒ タミンB2,ヒタミンB6…等配合性の悪い(配合禁忌の)ヒタミンかある。これら の配合性の悪いヒタミンと共に製剤化する際のヒタミンB12の安定化方法として は,ヒタミンB12は水分により一般に不安定化されるため,素錠,フイルム錠,糖 衣錠等を製造する際に,低水分化を行い安定に製剤化する方法か従来用いられてい る。また,相互作用の大きいヒタミンB6を糖衣層に配合し互いに接触しないよう にして安定化させる方法…,ヒタミンB12をテンフン及ひテキストリンに吸着させ て安定化させる方法…,部分α化テンフンに吸着させて安定化させる方法…,ヒタ ミンB12とセラチンとの混合水溶液を粉末担体に吸着後,被覆剤てコーティンクす る方法…か報告されている。」(段落【0002】)エ 「【発明か解決しようとする課題】製剤を低水分化することによってヒタミン B12類を安定化させる場合,糖衣錠等ては通常,平衡相対湿度(ERH)か60% 前後のところを40%以下にすることか望ましい。しかし,この様な低水分安定化 は実際の製造性,生産性において問題か多い。平衡相対湿度を40%以下の低水分 状態にするためには糖衣工程に長時間を要するか,安定性や生産性を上けるため短 時間の操作か求められる。また,糖衣錠においては低水分化することにより,糖衣 強度か弱くなり糖衣層のカケ等か発生するという問題点かある。さらに,低水分化 を行わない従来の技術においては,組成物中ての,とりわけヒタミンB2類及ひ/ またはB6類存在下てのヒタミンB12類の安定化か必すしも十分てはなく,しかも 安定化工程か煩雑てある。」(段落【0003】)オ 「【課題を解決するための手段】本発明者らは,安定て十分な強度を有するヒ タミンB12類含有組成物を検討した結果,ヒタミンB12類とα化テンフン類をセル ロース系高分子化合物又はアクリル系高分子化合物てコーティンクすることにより 得られるヒタミンB12類を含有する組成物か安定てあることを見いたし,さらに検 討を加え,本発明を完成した。
すなわち,本発明は,(1)α化テンフン類とヒタミンB12類をセルロース系高 分子化合物又はアクリル系高分子化合物てコーティンクしてなるヒタミンB12類 含有組成物,…(10)α化テンフン類とヒタミンB12類をセルロース系高分子化 合物又はアクリル系高分子化合物てコーティンクすることを特徴とするヒタミンB 12類含有組成物の安定化方法,及ひ(11)ヒタミンB2類及ひ/またはB6類存在 下における前記(10)記載の安定化方法に関する。」(段落【0004】,【000 5】)カ 「本発明組成物は哺乳動物,とりわけヒトに安全に投与することかてきる。
 その投与態様は経口投与か好ましい。その投与量はヒト成人(体重50kg)1日 あたり,ヒタミンB12類か約1~1500μgてあり,1日あたり約1~3回投与 される。」(段落【0014】)キ 「【発明の効果】本発明のヒタミンB12類含有組成物はヒタミンB2類又はヒ タミンB6類等の存在下ても安定てある。ヒタミンB12類の残存率の低下や変色か 起こりにくい。」(段落【0025】)(2) 乙2の記載内容 乙2(特開2001-122788号公報)には,以下の記載かある。ア 「【請求項1】ヒタミンB12類を酒石酸カリウムナトリウムに含有させることを特徴とする医薬用固形組成物。」
イ 「【発明の属する技術分野】本発明は,ヒタミンB12類を安定に配合してなる医薬用固形組成物に関する。」(段落【0001】)
ウ 「【従来の技術】シアノコハラミンをはしめとするヒタミンB12類は,抗貧血薬として有用てあり,種々の悪性貧血と,それに伴う神経症状,栄養性神経疾患, 妊娠授乳期なとてヒタミンB12欠乏症なとを認めた際に投与される。その投与量 は,例えはシアノコハラミンヒおよひトロキソコハラミンの場合,1日当たりの投 与ないし配合量は1~1500μgてあって,他のヒタミン類と比へても非常に少 量てある。
このように配合量か少ないことから,ヒタミンB12類を経口投与するための固形 組成物を調製するとき,賦形剤に倍散したり(倍散法),あるいは水なとの水性溶媒 に溶かして(溶液法),含量の均一性を保つ必要かある。また,ヒタミンB12類は pH,光,熱,水分なとの影響により,それ自身の安定性か低下することや,希釈 されたり,あるいは他の薬物(例えは,ヒタミンB1,ヒタミンB6,ヒタミンC, ニコチン酸アミトなとの異種ヒタミン類),添加剤(乳糖,金属イオンなと)なとと 共存するときに安定性か低下することか知られている。従来,これらの異種ヒタミ ン類と共にヒタミンB12類を含有するヒタミン製剤においては,ヒタミンB12類の 安定化を図るためにいくつかの製剤学的工夫か提案されている。例えは,異種ヒタ ミン類とヒタミンB12類との接触を避けるために,積層錠や有核錠にすることや, あるいは素錠,フィルム錠,糖衣錠等を製剤化する際に低水分化を行うことか挙け られる。しかしなから,前者の場合には製剤工程か複雑になったり,錠剤の形状か 大きくなるなとの問題かあり,また後者の場合とりわけ糖衣錠においてはヒタミン B12類の安定化の度合いをなお満足させるものてはなかった。ところて,顆粒剤,錠剤なとの経口投与製剤を製造する場合には,成分粒子を相 互に結合させる目的て結合剤か使用される。一般に,かかる結合剤としては,効果 の確実性と崩壊性の点から,ヒトロキシフロヒルセルロース…,ヒトロキシフロヒ ルメチルセルロース…,ホヒトンなとか繁用されている…。しかしなから,これらの結合剤を用いて製造した,異種のヒタミン類とヒタミン B12類とか共存するヒタミン製剤ては,ヒタミンB12類の安定化を図ることかてき す,ヒタミンB12類の含量の低下を招く問題かあった。また造粒を行う際に,前述 のヒタミンB12類の水溶液を用いる溶液法の場合には,結合剤や賦形剤なとを含む 混合末に対するなしみか悪く,含量の均一性を図ることかてきない恐れかあった。」 (段落【0002】~【0005】)エ 「【発明か解決しようとする課題】上述のように,ヒタミンB12類を含有す る固形状組成物を調製しようとするとき,ヒタミンB12類の安定化や均一な分散 
化,異種ヒタミン類との安定な共存化なとを図るうえにおいて,技術的に考慮すへ き課題か多い。本発明の目的は,上記の技術的課題の解決されたヒタミンB12類を 含有する医薬用固形状組成物を提供しようとするものてある。」(段落【0006】)オ 「【課題を解決するための手段およひ発明の効果】上記の課題に鑑み,本発明 者らは,ヒタミンB12類を安定化するための物質を広範囲に亘って鋭意検索したと ころ,意外にも酒石酸カリウムナトリウムにその効果かあることを見出し,さらに 種々検討して本発明を完成したものてある。すなわち,本願発明は,次の発明を包 含する。
 1)ヒタミンB12類を酒石酸カリウムナトリウムに含有させることを特徴とする医 薬用固形組成物。 2)さらに,水溶性結合剤およひ/または有機溶媒可溶性結合剤を配合してなる上 記1)項記載の医薬用固形組成物。 3)被覆剤てコーティンクしてなる上記1)または2)項記載の医薬用固形組成物。本発明の医薬用固形組成物は,投与量に必要な程度の少量のヒタミンB12類を均 一に含有しており,保存中も安定に保持される。この安定化効果は,製剤中に他の 薬物(ヒタミンB1類,ニコチン酸アミト,ヒタミンCなと)か共存するときも充 分に発揮され,しかも本組成物の調製は簡易に作業性よく実施てきる。従って,本 発明によると,安定化されたヒタミンB12類含有製剤を実用上有利に供給すること かてきる。」(段落【0007】,【0008】)カ 「本発明の医薬用固形組成物におけるヒタミンB12類と酒石酸カリウムナト リウムの配合割合は,一般にヒタミンB12類の1重量部に対し,酒石酸カリウムナ トリウム(C4H4KNaO6・4H2Oとして)を1~10,000重量部てあるか, 好ましくは1~2,000重量部てあり,より好ましくは5~500重量部の割合 てある。酒石酸カリウムナトリウム量か上記の範囲を下回るときは組成物中てのヒ タミンB12類の安定性向上か期待てきなくなり,一方上記の範囲を上回るときはヒ タミンB12類の均一な分散か期待てきなくなる。 
本組成物におけるヒタミンB12類およひ酒石酸カリウムナトリウムの具体的含 量は,例えは1日当たり必要なヒタミンB12類の配合量あるいは投与量を考慮して 組成物中の含量を決定しそれに対して酒石酸カリウムナトリウムを上記のような範 囲となるように配合すれはよい。通常,ヒタミンB12類の1日当たり投与量か1~ 1,500μgとなるように,最終製剤中の含量を適宜決定すれはよい。」(段落【0 011】,【0012】)4 取消事由1(相違点2に係る判断の誤り)について
本願補正発明と引用発明との間の相違点2(前記第2の3(3)ウ)について,本件 審決は,引用発明において,運動ハフォーマンスを向上させるへく各栄養素の目安 となる摂取量とその栄養素の特徴を生かす配合比を提供するとの目的を達成するた めに,必要十分な各栄養素の摂取量や配合比を詳細に検討し最適化を図って,本願 補正発明の食品とすることは,当業者か適宜なし得たことてあり,設計事項の範囲 内てあると判断した。これに対して,原告らは,カルホン酸及ひヒタミン類の相対 量を本願補正発明のように調整することは,当業者か容易になし得ることてはない から,本件審決の相違点2に係る判断には誤りかある旨主張するため,以下,検討 する。(1) 引用発明におけるサフリメントの乾燥重量1g当たりのヒタミンB6,B9 及ひB12についてア 本願補正発明においては,「サフリメントの乾燥重量1当たり10~50 の量のヒタミンB6,B9及ひB12」と特定されている。他方,引用発明におけるサ フリメントの乾燥重量1g当たりのヒタミンB6,B9及ひB12についてみると,引 用発明中の,ヒタミンB6,B9及ひB12の各含有量をサフリメントの乾燥重量1g 当たりに換算すると,引用発明ては,ヒタミンB6,B9及ひB12は各50mg均等 配合されており,かつ,前記2(2)のとおり,引用発明におけるサフリメントの乾燥 重量は,「アミノ酸…合計1300mg」,「ヒタミン…合計500mg」,「ミネラル …合計100mg」,「抗酸化成分…併せて100mg」,「糖質…合わせて20g」 
及ひ「1日のクエン酸摂取量6.25g」の合計28.25gてあるから,50m g/28.25g=1.77mgとなり,本願補正発明におけるヒタミンB6,B9 及ひB12の量てあるサフリメントの乾燥重量1g当たり10~50mgの範囲内 にはない。イ 被告は,この点について,本願補正発明においては,「サフリメントの乾燥重 量1g当たり10~50の量のヒタミンB6,B9及ひB12」と特定されている か,本願明細書にはヒタミンB6,B9及ひB12を上記濃度て配合することの作用効 果や技術的意義の記載も,その上限と下限の臨界的な技術的意義の記載もなく,そ れところか,実施例のレース結果やひらんの治癒効果等の本願補正発明の効果は, 上記て特定された濃度によりもたらされたものとは必すしもいえない旨主張する。しかしなから,要は,引用発明におけるサフリメントの乾燥重量1g当たり各1. 77mgのヒタミンB6,B9及ひB12という濃度を,本願補正発明の「サフリメン トの乾燥重量1g当たり10~50mgの量のヒタミンB6,B9及ひB12」との濃 度の範囲内とすることか容易に想到てきるかとうかか問題てあって,本願明細書に ヒタミンB6,B9及ひB12を上記濃度て配合することの作用効果及ひ技術的意義の 記載並ひにその上限と下限の臨界的な技術的意義の記載かないことや,実施例に見 られる本願補正発明の効果か本願補正発明により特定された上記ヒタミン類の濃度 によりもたらされたものなのかとうかは,上記容易想到性の判断とは関係のない事 項てあるから,被告の上記主張は失当というほかない。ウ また,被告は,引用発明は,運動ハフォーマンスを向上させるための各栄養 素の目安となる最低摂取量とその栄養素の特徴を生かす配合比か規定されているも のてあるから,引用発明において,運動量の多いスホーツ選手のハフォーマンスを 向上させる目的て,運動量に合わせ最適化を図り,本願補正発明のように「サフリ メントの乾燥重量1g当たり10~50mgの量のヒタミンB6,B9及ひB12」と いう程度の濃度の高いものとすることは,当業者か適宜なし得る範囲内のことてあ る旨主張する。 
しかし,前記2のとおり,引用発明は様々な栄養素を含む飲料及ひ栄養補助食品 てあるところ,引用発明に含まれる様々な栄養素の中て,ヒタミンB6,B9及ひB 12か,その効果の発現に寄与していることは引用例には記載も示唆もされていない し,引用発明における栄養素の中て,ヒタミンB6,B9及ひB12を殊更に選択して 増量する動機付けも引用例には何ら記載されていない。さらに,引用発明におけるヒタミンB6等の量は各50mgてあるところ,サフ リメントの乾燥重量1g当たりの量を本願補正発明て特定された下限値の10mg とするためには,その量を5.8倍してそれそれ290mgにしなけれはならない (引用発明中のヒタミンB6,B9及ひB12をそれそれ5.8倍した場合,各ヒタミ ンの量は50mg×5.8=290mgとなり,引用発明におけるサフリメント(栄 養素)の量の合計は28.25+(0.290-0.05)×3=28.97gと なるから,ヒタミンB6,B9及ひB12の各量をサフリメントの乾燥重量1g当たり に換算すると,290mg÷28.97≒10mgとなる。)。また,サフリメント の乾燥重量1g当たりの量を本願補正発明て特定された上限値の50mgとするた めには,引用発明におけるその量を33倍してそれそれ1650mgにしなけれは ならない(引用発明中のヒタミンB6,B9及ひB12をそれそれ33倍した場合,各 ヒタミンの量は50mg×33=1650mgとなり,引用発明におけるサフリメ ント(栄養素)の量の合計は28.25+(1.650-0.05)×3=33. 05gとなるから,ヒタミンB6,B9及ひB12の各量をサフリメントの乾燥重量1 g当たりに換算すると,1650mg÷33.05≒50mgとなる。)。しかしな から,引用発明におけるヒタミンB6,B9及ひB12の量をそれそれ5.8倍ないし 33倍に増量しなけれは,運動量の多いスホーツ選手のハフォーマンスか向上しな いというような動機付けとなることも引用発明には一切記載されていない。そうすると,引用発明におけるサフリメントの乾燥重量1g当たり1.77mg てあるヒタミンB6,B9及ひB12の量を,本願補正発明におけるヒタミンB6,B 9及ひB12の量てあるサフリメントの乾燥重量1g当たり10~50mgの範囲内 
とすることについては,なお当業者てあれは容易に想到てきたということはてきす, 他にこれか容易想到てあるとの評価をするに足りる事実の存在を認めるへき証拠も ない。したかって,被告の上記主張も理由かない。
(2) 引用発明におけるサフリメント中の純カルホン酸の含有量の乾燥重量1g 当たりのヒタミンB12についてア 証拠(甲3,6,9,10~12)及ひ弁論の全趣旨によれは,本件補正の 経緯について,次の事実か認められる。本件補正前の特許請求の範囲の請求項1(本願発明)におけるヒタミン類につい ての記載は,前記第2の2(1)のとおり,サフリメントの乾燥重量1g当たり10~ 50mgの量のヒタミンB6,B9及ひB12てあって,「その量か少なくとも,前記 カルホン酸のCOOH基の代謝中に消費されうる量に相当する量のヒタミンB12 及ひB9」てあった。しかし,「その量か少なくとも,前記カルホン酸のCOOH基の代謝中に消費され うる量に相当する量のヒタミンB12及ひB9」との上記記載ては,ヒタミンB12及 ひB9の含有量か不明てあり,特許請求の範囲の記載か不明確てあるとの拒絶理由 か解消していないとして,平成22年3月15日付けて拒絶査定かされた。そこて,原告らは,同年7月23日,拒絶査定に対する不服審判を請求するとと もに,併せて同日付け手続補正書により,上記記載を,前記第2の2(2)のとおり, 「その量か少なくとも,前記カルホン酸のCOOH基の代謝中に消費されうる量に 相当する量のヒタミンB12及ひB9てあって,ヒタミンB6,B9及ひB12の量か, 前記サフリメント中の純カルホン酸の含有量の乾燥重量1g当たりそれそれ,0. 5~30mg,0.1~10mg,及ひ1~1500μgの範囲てあり」と補正し た(本件補正)。そして,原告らは,審判請求書の請求の理由の項を補正する平成22年9月16 日付け手続補正書において,本件補正について,「(4)なお,拒絶査定の要点中の
『〔その量か少なくとも,前記カルホン酸のCOOH基の代謝中に消費されうる量に 相当する量のヒタミンB12及ひB9〕なる記載ては,いせんとしてヒタミンB1 2及ひB9の含有量か不明なため,請求項1に係る発明は明確てない。』との認定に ついては,今般の補正により解消したものと思料いたします。」(甲12・4頁)と して,「カルホン酸のCOOH基の代謝中に消費されうる量に相当する量のヒタミン B12及ひB9」の量とは,「ヒタミンB6,B9及ひB12の量か,前記サフリメント 中の純カルホン酸の含有量の乾燥重量1g当たりそれそれ,0.5~30mg,0. 1~10mg,及ひ1~1500μgの範囲」てあると理解てきる説明をした。イ 前記ア認定の事実によれは,本願補正発明における「その量か少なくとも, 前記カルホン酸のCOOH基の代謝中に消費されうる量に相当する量のヒタミンB 12及ひB9」とは,ヒタミンB9については,サフリメント中の純カルホン酸の含有 量の乾燥重量1g当たり0.1~10mgの範囲てあり,また,ヒタミンB12につ いては,サフリメント中の純カルホン酸の含有量の乾燥重量1g当たり1~150 0μgの範囲のことをいうものと認めるのか相当てある。原告らは,本願補正発明は,食品中のヒタミン類の量をカルホン酸のCOOH基 の代謝中に消費され得る相当量に調整したことを最大の特徴とするものてあると主 張するか,上記「相当量」とは,上記のとおり,ヒタミンB9及ひヒタミンB12の 量か,サフリメント中の純カルホン酸の含有量の乾燥重量1g当たりそれそれ,0. 1~10mg,1~1500μgの範囲てあって,この範囲に含まれるヒタミンB 12及ひB9の量か,すなわち,原告らか主張するところの食品中のヒタミン類の量 をカルホン酸のCOOH基の代謝中に消費され得る相当量に調整したものに該当す ると理解てきる。ウ そこて,引用発明におけるサフリメント中の純カルホン酸の含有量の乾燥重 量1g当たりのヒタミンB12についてみると,引用発明中の,ヒタミンB12の含有 量を純カルホン酸てあるクエン酸の含有量の乾燥重量1g当たりに換算すると,引 用発明ては,ヒタミンB12は50mg配合され,かつ,クエン酸の乾燥重量は6.
25gてあるから,50mg/6.25g=8mg/g,すなわち8000μg/g となり,本願補正発明におけるヒタミンB12の量てあるサフリメント中の純カルホ ン酸の含有量の乾燥重量1g当たり1~1500μgの範囲内にはない。エ 被告は,この点について,引用発明におけるヒタミンB12のクエン酸の含有 量の乾燥重量1g当たりの量は8000μgてあって,本願補正発明におけるヒタミ ンB12の量てあるサフリメント中の純カルホン酸の含有量の乾燥重量1g当たり 1~1500μgの範囲内にはないか,1ヒタミンB12のヒトに対する通常の投与 量は,1日当たり約1~1500μgてあること(乙1,2),2ヒタミンB12は, 水溶性て毒性かなく,過剰摂取しても問題かないこと(乙3),3一般に,ヒタミン B12は吸収率か悪く,その吸収率は摂取量か増加するに従い低くなり,過剰摂取し たヒタミンB12のほとんとは尿中に排出されること(乙4)は,いすれも上記乙号 証から明らかなように本願優先日前からの技術常識てあるから,吸収率等の観点か らヒタミンB12の必要以上の摂取を避け,最適化を図るへくある程度適切な摂取量 を配合させようとして,ヒトへ安全に投与することかてきるヒタミンB12の投与量 1日当たり約1~1500μgを考慮し,それをクエン酸の含有量の乾燥重量1g 当たりに計算した1μg/6.25g~1500μg/6.25g,すなわち,0. 16~240μg/g程度とすることは,当業者か容易になし得たことてある旨主 張する。オ そこて,乙1及ひ乙2から,ヒタミンB12のヒトに対する通常の投与量か, 1日当たり約1~1500μgてあることか本願優先日当時の技術常識てあると認 められるかについて検討する。乙1には,ヒタミンB12は,ヒタミンB1,アスコルヒン酸(判決注;ヒタミン C を 意 味 す る 。), ヒ タ ミ ン B
 2 及 ひ ヒ タ ミ ン B
 6 や 水 分 に よ り 不 安 定 化 さ れ る こ と か 記 載 さ れ ( 前 記
 3 (
 1 ) ウ 【 従 来 の 技 術 】), ま た , 乙
 2 に は , ヒ タ ミ ン B 1
 2 類 は , p H,光,熱,水分なとの影響により安定性か低下することや,ヒタミンB1,ヒタ ミンB6,ヒタミンC,ニコチン酸アミト(判決注;ヒタミンB3を意味する。)等
の他の薬物,金属イオンなとと共存するときに安定性か低下する旨記載されている (前記3(2)ウ【従来の技術】)ことから,ヒタミンB12は他のヒタミン類や水と共 存する場合に,その安定性か低下するという特性を有するものてあることか認めら れる。その上て,乙1には,ヒタミンB12にα化テンフン類を加え,セルロース系 高分子化合物又はアクリル系高分子化合物てコーティンクすることにより,ヒタミ ンB2又はB6等の存在下てもヒタミンB12か安定て,残存率の低下のない組成物 か,乙1の請求項1に係る発明として記載され(前記3(1)ア【請求項1】及ひキ【発 明 の 効 果 】), ま た , 乙
 2 に は , ヒ タ ミ ン B 1
 2 を 酒 石 酸 カ リ ウ ム ナ ト リ ウ ム に 含 有 さ せることにより,保存中もヒタミンB12か安定に保持される組成物か,乙2の請求 項1に係る発明として記載されている(前記3(2)ア【請求項1】及ひオ【課題を解 決するための手段およひ発明の効果】)。そうすると,乙1及ひ乙2における,ヒタミンB12のヒトに対する1日当たりの 通常の投与量約1~1500μgとの記載(前記3(1)カ,前記3(2)カ)は,いす れも,ヒタミンB12か何らかの方法て安定化されている組成物をヒトに投与する場 合のヒタミンB12の量を示しているものてあって,このように投与するヒタミンB 12か安定化されているという条件の下において,ヒトに対する1日当たりの通常の 投与量を約1~1500μgとしているものてある。しかしなから,乙1及ひ乙2によって,本願優先日当時,投与されるヒタミンB 12か安定化されているという条件の下において,ヒトに対する1日当たりの通常の 投与量か約1~1500μgてあることか公知技術てあったことか認められるとし ても,それ以上に,これか本願優先日当時の当業者の技術常識てあったことまては 認めるに足りす,他に当該事項か本願優先日当時の技術常識てあったことを認める に足りる証拠はない。したかって,ヒタミンB12のヒトに対する通常の投与量は1 日当たり約1~1500μgてあることか本願優先日当時の技術常識てあることを 前提として,引用発明に当該技術常識を適用し,それをクエン酸の含有量の乾燥重 量1g当たりに計算した1μg/6.25g~1500μg/6.25g,すなわ
ち,0.16~240μg/g程度とすることは容易になし得たとする被告の前記 エの主張は,前提を欠くものてあり,失当てある。カ この点を措いても,引用発明は,前記1(2)のとおり,「以下の栄養素を1L の水に溶かした状態の飲料及ひ栄養補助食品」(判決注;下線は判示に当たり当裁判所において付した。)てあり,また,ヒタミンB1,ヒタミンB2,ヒタミンB3,ヒ タミンB6,ヒタミンCを含有し,さらに,水に溶けて金属イオンを供給するクエ ン酸第一鉄及ひ硫酸マクネシウムを含むものてある。そして,水を含めこれらの成 分は,前記オの乙1及ひ乙2の記載によれは,ヒタミンB12を不安定化する成分て あるところ,引用発明にはヒタミンB12の安定化について何らの記載もない。このように,引用発明においては,ヒタミンB12の安定化について何らの記載も ない以上,そこに含有されるヒタミンB12は,安定化されておらす,保存中にヒタ ミンB12を不安定化する成分によって分解等を受け,その残存率か低下するものと 認められる。そうすると,投与するヒタミンB12か安定化されているとの条件の下 においてヒトへの1日当たりのヒタミンB12の投与量を約1~1500μgとす る乙1及ひ乙2の技術事項を,ヒタミンB12か安定化されていない引用発明に直ち に適用することは困難てある。したかって,引用発明の目的を達成するために必要 十分な各栄養素の摂取量や配合比を詳細に検討し最適化を図った場合,ヒタミンB 12の量か,必す,本願補正発明の発明特定事項てあるサフリメント中の純カルホン 酸の含有量の乾燥重量1g当たり1~1500μgの範囲内となるということはて きない。(3) 小括
以上のとおりてあるから,引用発明におけるヒタミンB6,B9及ひB12の量を, 本願補正発明の「サフリメントの乾燥重量1g当たり10~50mgの量」とする こと,並ひに引用発明におけるヒタミンB12の量を,本願補正発明の「サフリメン ト中の純カルホン酸の含有量の乾燥重量1g当たり…1~1500μgの範囲」内 とすることは,設計事項の範囲てあるとはいえす,当業者において適宜なし得たと
いうことはてきない。
 したかって,相違点2を容易想到とした本件審決の判断は誤りてあり,原告らの主張する取消事由1には理由かある。
6 結論 以上によれは,原告ら主張の取消事由1は理由かあるから,取消事由2について検討するまてもなく,本件審決は取消しを免れない。 よって,主文のとおり判決する。知的財産高等裁判所第4部 
 
 
裁判長裁判官 富 田 善 範
裁判官 大 鷹 一 郎
裁判官 田 中 芳 樹
 
判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket