平成25年11月27日判決言渡 平成25年(行ケ)第10027号 審決取消請求事件 口頭弁論終結日 平成25年9月11日判決
原 告 有限会社大長企画 訴訟代理人弁理士 熊 田 和 生 被 告 特許庁長官 指定代理人 前 田 佳与子 同 川上美秀 同 瀬良聡機 同 堀内仁子主文
 1 原告の請求を棄却する。
2 訴訟費用は原告の負担とする。
 事実及ひ理由
第1 請求 特許庁か不服2009-14415号事件について平成24年12月11日にした審決を取り消す。
第2 前提となる事実
1 特許庁における手続の経緯
原告は,発明の名称を「皮膚用剤」とする発明について,平成14年10月18 日に特許出願をし(特許法41条に基つく優先権主張 平成13年10月31日, 平成14年2月20日,同年10月7日。以下「本願」という。)(甲1),平成 21年4月7日,拒絶査定を受け,同年8月10日,拒絶査定不服審判を請求し (不服2009-14415号事件)(甲9),平成24年7月11日,特許請求 の範囲の変更を含む手続補正を行った(以下,同補正後の本願に係る明細書を「本願明細書」という。)(甲12)。特許庁は,平成24年12月11日,請求不成 立の審決(以下「審決」という。)を行い,審決書謄本は,平成25年1月7日, 原告に送達された。2 特許請求の範囲
平成24年7月11日付け手続補正かされた後の,本願に係る特許請求の範囲の 請求項1は,以下のとおりてある(以下,請求項1に係る発明を「本願発明」とい う。)(甲12)。「【請求項1】A.シムノールまたはシムノール硫酸エステル B.大豆イソフラホンまたは大豆イソフラホン配糖体 C.クルクミン のA,BおよひCの成分を含むことを特徴とする皮膚用剤。」3 審決の理由
審決の理由は,別紙審決書写しに記載のとおりてあり,その要旨は,以下のとお りてある。審決は,本願発明と特開2000-103718号公報(甲2。以下「引用例 1」という。)に記載された発明(以下「引用発明」という。)との下記相違点1 は,実質的な相違点てはなく,また下記相違点2は,引用発明に,特開平10-1 14649号公報(甲3。以下「引用例2」という。)に記載の事項を組み合わせ ることにより,当業者か容易に想到し得たものてあるなとと判断した。審決か認定した引用発明の内容,本願発明と引用発明との一致点及ひ相違点は, 以下のとおりてある。すなわち,引用発明の内容を「シムノールサルフェート(魚肝の有効成分)及ひ タイスイン(大豆の有効成分)を含む,生体活動改善用の組成物」と認定し,一致 点を「A.シムノール硫酸エステル,及ひB.大豆イソフラホン配糖体を含む組成 物」てあると認定し,相違点を「本願発明は『皮膚用剤』てあるのに対し,引用発 明は『生体活動改善用の組成物』てある点」(相違点1)及ひ「本願発明は,さらに成分C.としてクルクミンを含むのに対し,引用発明はクルクミンを含まない 点」(相違点2)と認定した。第3 取消事由に関する当事者の主張
1 原告の主張
審決には,相違点2に係る構成の容易想到性の判断の誤り(取消事由1),本願 発明の効果についての判断の誤り(取消事由2)かあり,その結論に影響を及ほす から,違法てあるとして取り消されるへきてある。(1) 相違点2に係る構成の容易想到性の判断の誤り(取消事由1) 審決における相違点2の容易想到性の判断には,以下のとおり,誤りかある。
 ア 引用発明は,津液成分と補血・活血作用を有する成分との2成分からなる発明てあるのに対し,引用例2記載の発明は,津液改善剤のみからなる発明てあり, 津液作用を有する成分を含まない点て,引用発明と異なる。しかも,引用例2記載 の物質は,津液改善剤それ自体てあるから,さらに津液作用を有する成分を加える ことはない。また,引用例1の実施例6は,「ヘンチクエキス,トウキヒエキス,ウコンエキ ス,モウトウセイエキス」という特定の成分の組合せによるものてあり,実施例6 の中の特定の成分を他の成分と組み合わせることは困難てある。イ(ア) 引用例2には,一般式て示された成分を津液改善剤として使用すること か記載されているか,津液成分と組み合わせて使用することの記載はない。したか って,引用例2記載の成分を引用例1記載の成分と組み合わせることには,阻害要 因かある。(イ) 津液作用をより高めるには,主作用てある津液作用を有する成分を加える ことか普通てあり,既に補助作用てある津液改善作用を有する成分か組み合わされ ている引用発明の組成物に,引用例2記載の津液改善作用を有する成分をさらに加 えることには,阻害要因かある。(ウ) 引用例2において一般式て示された化合物には数多くの物質かあり,引用 3例2の実施例にはクルクミン以外の成分も記載されており,それらの中からクルク ミンを選択する動機付けはない。しかも,引用例2の表4ないし9を参照すると, 他の成分と比へてクルクミンの効果は劣っており,実施例に記載された複数の成分 の中からクルクミンを選択することには阻害要因かある。また,引用例1の表7及ひ8や実施例6及ひ7にも,ウコン(クルクミン)より も優れている津液改善剤か多数記載されており,これらの中からウコン(クルクミ ン)を選択して組み合わせることには,動機付けかなく,むしろ阻害要因かある。(エ) 引用例1の実施例9には,イソフラホンとシムノールか含まれた組成物か 記載されているか,実施例9に記載された組成物に,さらに津液作用を有する生薬 あるいは補血・活血作用を有する生薬を組み合わせることはないのて,これにクル クミンを加えることには,阻害要因かある。(オ) 引用例1の実施例9の組成物は,津液作用てはない環境ホルモン代謝促進 作用を有する組成物てあるから,これに津液改善剤を加える動機付けはない。(カ) 以上のとおり,引用発明と引用例2記載の発明とを組み合わせて,引用発 明にクルクミンを加えることに動機付けはなく,むしろ阻害要因かあるのてあって, 本願発明は容易想到てはない。(2) 本願発明の効果についての判断の誤り(取消事由2)
本願発明は,3成分からなる皮膚用剤とすることにより,それそれの成分か持つ 効果を発現したたけてなく,2成分の場合よりも優れた効果を有する。本願発明は, ヒトに投与したときの効果か明らかにされ,また,とのようなヒトに投与すると効 果か得られるか,副作用かあるか否かについても明らかにされている。以上のとおり,本願発明は,引用発明や引用例2記載の発明に比へ,優れた効果 を有しているのてあり,本願発明の効果か当業者か予測し得た程度の効果にすきな いとした審決の判断には,誤りかある。2 被告の反論
(1) 相違点2に係る構成の容易想到性の判断の誤り(取消事由1)に対してア 以下のとおり,引用発明と引用例2記載の事項とを組み合わせることに,困 難な点はない。(ア) 引用例1には,「生体活動改善用の組成物」は,「津液作用を有する活性 成分」と「補血・活血作用を有する活性成分」を組み合わせて用い,両成分か共に 作用して「津液作用を増強する」ことにより,「種々の生体活動を改善する」旨の 記載かある。そして,引用例1における「津液作用を有する活性成分」と「補血・ 活血作用を有する活性成分」の組み合わせは,実施例て用いられている特定の活性 成分の組み合わせに限定されるものてはないと理解される。また,引用例1には,同し処方の組成物か複数の生体活動を改善することか示さ れており,引用例1に接した当業者は,引用例1の各実施例の組成物は,各実施例 て確認された特定の作用たけてなく,種々の生体活動を改善する作用を有している と理解する。さらに,引用例1には,引用発明の「生体活動改善用の組成物」は,「津液作用 を有する活性成分」と「補血・活血作用を有する活性成分」を1種すつ用いる場合 たけてなく,一方の活性成分を1種と他方の活性成分を2種以上用いる場合,両方 の活性成分を2種以上すつ用いる場合も記載されている。以上によれは,当業者か,引用発明に他の「補血・活血作用を有する活性成分」 を追加することに,困難性はない。(イ) 引用発明における補血・活血作用を有する活性成分か増強する「津液作 用」は,体内水分を媒体として生しる美肌作用,各種皮膚疾患の改善作用,発毛促 進作用,発汗促進作用,消化液分泌促進作用,利尿作用,便通促進作用等の「種々 の生体活動」を包含している。引用例2に記載された津液改善剤は「津液作用」を改善させるものてあり,この 「津液作用」は,体内水分を媒体として生しる美肌作用,各種皮膚疾患の治療作用, 発毛促進作用,吹き出物の治療作用,消化液分泌促進作用,発汗促進作用,利尿作 用,便通促進作用等の「種々の生体活動」を包含している。また,上記「津液改善剤」は,1種て用いる場合たけてなく,同し作用を有するものを2種以上組み合わ せた場合ても,「津液作用」を改善させる。このように,引用発明における補血・活血作用を有する活性成分か増強する「津 液作用」と,引用例2に記載された津液改善剤により改善される「津液作用」とは, いすれも,体内水分を媒体として生しる美肌作用,各種皮膚疾患の改善作用,発毛 促進作用,発汗促進作用,消化液分泌促進作用,利尿作用,便通促進作用等の 「種々の生体活動」を包含しており,その作用はおおむね一致している。また,引用例1において「津液作用を有する生薬」として記載されている生薬と, 引用例2において「津液作用を有する生薬」として記載されている生薬とは,かな りのものか一致している。以上によると,引用発明における「補血・活血作用を有する活性成分」と,引用 例2に記載された「津液改善剤」とは,実質的に同一の作用を有している点,また, 同し作用を有する活性成分を2種以上組み合わせて用いても良いという点て,共通 している。(ウ) クルクミンは,ヒトへの適用実績か豊富にあり,他の生薬と併用しても安 全て汎用性か高い活性成分てあることは,本願優先日当時の技術常識てあった。前 記のとおり,当業者か引用発明に他の「補血・活血作用を有する活性成分」を追加 することは容易てあるところ,引用発明に追加する「補血・活血作用を有する活性 成分」として引用例2に記載された津液改善剤てあるクルクミンを用いて相違点2 に係る構成に至ることは,当業者か容易に想到し得たことてある。イ 以下のとおり,引用発明と引用例2記載の発明とを組み合わせることに,阻 害要因はない。引用例1の「生体活動改善用の組成物」における「津液作用を有する活性成分」 と「補血・活血作用を有する活性成分」の組合せは,実施例て用いられている特定 の活性成分の組合せに限定されるものてはない。引用例1の実施例て用いられている活性成分中,作用か劣る成分てあっても,引 6用例1の「補血・活血作用を有する活性成分」として認められないわけてはない。
 また,引用例2の記載によると,クルクミンの津液改善作用か,カフサイシンある いはシナヒンに比して,著しく劣っているとは解されす,むしろ,同程度てあると 解するのか相当てある。さらに,引用例1には,実施例て示されている活性成分について,他の活性成分 と組み合わせることを制限するような記載はなく,引用例1の記載及ひ本願優先日 当時の技術常識を斟酌しても,引用例1に記載された活性成分のいすれについても, 他の活性成分と組み合わせた場合,生体活動の改善か阻害されたり,重篤な副作用 か生しる等,特段の支障となるような事情は認められない。また,本願優先日当時, クルクミン,シムノールサルフェート,大豆イソフラホン配糖体は,いすれも医薬 としての生理作用か報告され,ヒトへの適用実績か豊富な生薬由来の活性成分てあ り,これら3成分の併用に関する配合禁忌は見あたらない。以上のとおり,引用発明と引用例2記載の発明とを組み合わせて,3成分を併用 する本願発明の構成とすることに,阻害要因はない。(2) 本願発明の効果についての判断の誤り(取消事由2)に対して引用例1には,2成分を併用する引用発明により,津液作用か増強されて種々の 生体活動か改善されたことか記載されている。本願明細書に記載された津液改善作用は,単に治療効果かあることを示すものに すきす,これらは,引用例1及ひ2に記載された種々の生体活動を改善する作用と 同等の効果にすきない。また,本願明細書には,「3成分併用の場合」と「3成分 中の2成分のみの場合」との効果比較も記載されていない。以上によると,本願発明か,当業者か引用例1及ひ2の記載から予測し得る範囲 を超えた優れた効果を有するとはいえない。第4 当裁判所の判断
1 相違点2に係る構成の容易想到性の判断の誤り(取消事由1)について (1) 事実認定ア 本願発明について
本願明細書(甲1,12)によれは,本願発明は,「A.シムノールまたはシム ノール硫酸エステル」,「B.大豆イソフラホンまたは大豆イソフラホン配糖体」 及ひ「C.クルクミン」の成分を含むことを特徴とする皮膚用剤に関する発明てあ る。同皮膚用剤を投与することにより,美白,しみ,しわ,発毛,育毛の化粧料,あ るいは,美肌作用,アトヒー性皮膚炎治療作用,皮膚炎群治療作用,皮膚真菌治療 作用,疣贅治療作用,色素着症治療作用,尋常性乾癖治療症,老人性乾皮症,老 人性角化腫治療作用,皮膚損傷治療作用,発毛促進作用,消化液分泌促進作用,発 汗促進作用,便通促進作用,内出血治療作用及ひ利尿作用等の医薬としてすくれた 効果か得られるとするものてある。なお,クルクミンは,ウコンに含まれる成分と 解される。イ 引用例1の記載
引用例1(甲2)には,「津液作用を有する成分」を1種ないしは2種以上と 「補血・活血作用を有する成分」を1種ないしは2種以上組み合わせることにより, 津液作用てある生体活動の改善作用をより向上させる発明か記載され,その実施例 9には,津液作用を有するタイスイン(大豆の有効成分)と,補血・活血作用を有 するシムノールサルフェート(魚肝の有効成分)とを組み合わせた生体活動改善用 の組成物か記載されている。引用例1記載の発明て用いる補血・活血作用を有する 生薬の例として,ウコン等か好ましい旨の記載かある。また,引用例1には,引用発明の生体活動改善用の組成物は,補血・活血作用と 津液作用か同時に促進されることにより,美肌作用やアトヒー性皮膚炎,湿疹,皮 膚真菌症,色素着症,尋常性乾癬,老人性乾皮症,老人性角化腫,火傷なとの皮 膚疾患の改善作用,発毛促進作用,発汗促進作用,消化液分泌促進作用,利尿作用, 便通促進作用等の生体活動をより一層改善する作用に優れるはかりてなく,難治と されている糖尿病,肝臓病,高血圧等についても,人体かそれらの疾病の改善のために発揮する諸機能の発現に必要な物質を充分に供給することによって改善する作 用を有し,さらに,生体に有害な環境ホルモンなとの体外への排出を高める作用も 有する旨か記載されている。ウ 引用例2の記載
引用例2(甲3)には,1津液作用てある,しゃ下作用,利水作用,補陰作用, 消導作用を改善しうる物質(津液改善剤)及ひそれを含有する食品,医薬等の経口 投与用組成物を提供することを課題とする発明に係る事項,2津液作用のうち「し ゃ下作用」を有する漢方生薬としては,タイオウ,ハンシャヨウ,ロカイ,マシニ ン,ケンコシ,カンスイ,ケンカ,ソクスイシ,ウキュウコンヒ等か知られており, 津液作用のうち「利水作用」を有する漢方生薬としては,チョレイ,フクリョウ, タクシャ,インチンコウ,ヨクイニン,トウカニン,シフシ,トウキヒ,キンセン ソウ等か知られており,津液作用のうち「補陰作用」を有する漢方生薬としては, シャシン,セイヨウシン,テンモントウ,ハクモントウ,セッコク,キョクチク, ヒャクコウ,ソウキセイ,カンレンソウ,ショテイシ,コマ,コクス,キハン,ヘ ッコウ等か知られており,津液作用のうち「消導作用」を有する漢方生薬としては, サンサシ,クレンコンヒ,ヒシ,カクシツ,ライカン,ヒンロウシ,ナンカシ,タ イサン等か知られているとの事項,3引用例2に係る発明の津液改善剤か,美肌作 用,アトヒー性皮膚炎治療作用,湿疹て代表される皮膚炎群治療作用,皮膚真菌症 治療作用,疣贅治療作用,肝炎て代表される色素着症治療作用,尋常性乾癬治療 症,老人性乾皮症,老人性角化腫治療作用,物理的原因による皮膚損傷治療作用, 発毛促進作用,消化液分泌促進作用,発汗促進作用,便通促進作用,及ひ排尿促進 (利尿)作用からなる群から選はれる少なくとも一つを改善する作用を有するとの 事項,及ひ4引用例2に係る発明の経口投与用組成物は,津液改善剤から選はれる 1種ないしは2種以上を含有するとの事項についての記載かある。また,引用例2 には,津液改善剤として,カフサイシン,シナヒン,クルクミンか例示されている。(2) 相違点2に係る構成の容易想到性の有無について 9
引用例1及ひ2によれは,本願発明の相違点2に係る構成は,容易に想到するこ とかてきる。すなわち,引用例1には,1津液作用を有するタイスイン(大豆の有効成分)と, 補血・活血作用を有するシムノールサルフェート(魚肝の有効成分)とを組み合わ せることにより,生体活動の改善作用をより向上させる組成物に関する発明か記載 され,また,2生体活動改善用の組成物に,津液作用を有する成分を1種ないしは 2種以上,及ひ,補血・活血作用を有する成分を1種ないしは2種以上含有する事 項か記載され,さらに,3補血・活血作用を有する生薬としてウコンか例示されて おり,実施例6には,津液作用を有するヘンチクエキス及ひトウキヒエキス,補 血・活血作用を有するウコンエキス及ひモウトウセイエキスを含んた健康食品か記 載されている。引用例2には,津液改善剤についての発明か記載されている。引用例2における 津液改善剤は,津液作用を促進・改善する作用を有するものてあり,2種以上用い ることも予定されている。引用例2における津液作用は,体内水分に係わる美肌作 用,アトヒー性皮膚炎,湿疹,皮膚真菌症,疣贅,色素着症,尋常性乾癬,老人 性乾皮症,老人性角化腫,火傷等の各種皮膚疾患治療作用,発毛促進作用,発汗促 進作用,消化液分泌促進作用,利尿作用,便通促進作用等てあり,引用例1に記載 された津液作用と共通する。また,引用例2には,津液作用(しゃ下作用,利水作 用,補陰作用,消導作用)を有する漢方生薬か例示されているか,引用例1に記載 された津液作用を有する生薬と共通するところか多く,引用例2における津液作用 と,引用例1における津液作用とは実質的に同一のものてあると認められる。そう すると,引用例2における津液改善剤は引用例1における補血・活血作用を有する 成分に相当すると解され,また,いすれも,2種以上を組み合わせて使用すること もあり得る点て共通している。そして,引用例2には,津液改善剤の例として,カ フサイシン,シナヒンと共に「クルクミン」か挙けられている。以上によれは,「クルクミン(ウコンエキス)」は,引用例1において,補血・ 10活血作用を有する生薬として例示され,実施例6ても使用され,また,引用例2に 津液改善剤の例として記載されていることに照らすならは,引用例1に接した当業 者か,津液作用をより向上させるために,引用発明に係る組成物に,補血・活血作 用を有する成分として「クルクミン(ウコンエキス)」を付加して,相違点2に係 る構成に至ることは,容易てあるといえる。(3) 原告の主張に対して
ア 原告は,引用発明は,津液作用を有する成分と補血・活血作用を有する成分 との2成分からなる組成物の発明てあるのに対し,引用例2記載の発明は,津液改 善剤のみからなる組成物の発明てあり,引用例2記載の物質に津液作用を有する成 分を加えることはないと主張する。しかし,前記のとおり,引用例1には,生体活動改善用の組成物に,津液作用を 有する成分と共に,補血・活血作用を有する成分を1種ないしは2種以上含有する ことか開示されており,引用例1に接した当業者か,引用発明に係る生体活動改善 用の組成物に補血・活血作用を有する成分を加えることは容易てあると認められる のてあって,原告の主張は失当てある。また,原告は,引用例1の実施例6は,「ヘンチクエキス,トウキヒエキス,ウ コンエキス,モウトウセイエキス」の組合せによるものてあり,実施例6中の特定 の成分(ウコンエキス)を他の成分と組み合わせることは困難てあると主張する。しかし,引用例1に開示された津液作用を有する成分と補血・活血作用を有する 成分との組合せは,実施例に記載されたものに限定されるものてはないから,原告 の主張は失当てある。イ 原告は,引用例2には,津液改善剤を津液作用を有する成分と組み合わせて 使用することの記載はなく,また,引用発明の組成物には既に補助作用てある津液 改善作用を有する成分か組み合わされているのてあるから,引用例2記載の成分を 引用発明に係る組成物の成分と組み合わせることには,阻害要因かあると主張する。しかし,原告の主張は以下のとおり失当てある。
 11
前記のとおり,引用例1には,津液作用を有する成分と共に,補血・活血作用を 有する成分を1種ないしは2種以上含有する生体活動改善用の組成物か開示されて いる。引用例2の津液改善剤は引用例1における補血・活血作用を有する成分に相 当し,いすれも津液作用をより改善させるものてあるから,引用発明に係る組成物 に既に補血・活血作用を有する成分か含まれていることか,当業者か引用例2記載 の成分を引用発明に係る組成物の成分と組み合わせることの阻害要因とはならない。また,原告は,引用例2の表4ないし9を参照すると,他の成分と比へてクルク ミンの効果は劣っており,引用例1の表7及ひ8や実施例6及ひ7にも,ウコン (クルクミン)よりも優れている津液改善剤か多数記載されていることから,数多 くの津液改善剤(補血・活血作用を有する成分)の中からクルクミンを選択して組 み合わせることには,阻害要因かあると主張する。しかし,原告のこの主張も以下のとおり失当てある。
引用例2には,津液改善剤として,カフサイシン,シナヒン及ひクルクミンの効 果を対比した表(表4ないし9)か記載されているところ,これによると,カフサ イシンの方かクルクミンよりも若干高い効果か認められることか多いものの,クル クミンは他の2成分とおおむね同等の効果か得られていると認められる。また,引 用例1の表7及ひ8には,45種類の補血・活血作用を有する成分と津液作用を有 するチョレイとを組み合わせた組成物の利尿作用における効果か記載されていると ころ,一番高い効果か認められたのかキョウオウとトウニン(利尿増加率35), 一番効果か低かったのかシセントウ(同18)てあり,ウコンの利尿増加率は27 てあって,中程度の効果は得られていると認められる。そうすると,当業者か,数多くの津液改善剤(補血・活血作用を有する成分)の 中から,引用例2において具体的にその効果か記載されている3成分の一つてあり, また,従来から一般的に人体に投与されていた(乙1,2)クルクミンを選択する のは容易てあるといえる。さらに,原告は,引用例1の実施例9の組成物か有する環境ホルモン代謝促進作 12用は津液作用てはないと主張するか,引用例1の記載によると,上記作用も津液作 用の一つてあると認めることかてきる。(4) 小括
以上のとおり,当業者か本願発明のうち相違点2に係る構成に至るのは容易てあ り,この点に関する審決の判断に誤りはない。2 本願発明の効果についての判断の誤り(取消事由2)について
(1) 本願発明の効果 本願明細書には,本願発明に係る皮膚用剤の効果に関し,美白,しみ,しわ,発毛,育毛の化粧料,あるいは,美肌作用,アトヒー性皮膚炎治療作用,皮膚炎群治 療作用,皮膚真菌治療作用,疣贅治療作用,色素着症治療作用,尋常性乾癖治療 症,老人性乾皮症,老人性角化腫治療作用,皮膚損傷治療作用,発毛促進作用,消 化液分泌促進作用,発汗促進作用,便通促進作用,内出血治療作用及ひ利尿作用等 の医薬としてすくれた効果か得られ,また,抗癌剤による副作用,例えは,脱毛, 内出血なとに有効てあるとの記載かある(段落【0036】)。また,本願明細書 には,本願発明の実施例てある実施例7の効果として,発毛促進作用のほか,美肌 作用,アトヒー性皮膚炎治療作用,皮膚炎群治療作用,皮膚真菌治療作用,疣贅治 療作用,色素着症治療作用,尋常性乾癖治療症,老人性乾皮症,老人性角化腫治 療作用,皮膚損傷治療作用,発毛促進作用,消化液分泌促進作用,発汗促進作用, 便通促進作用,及ひ利尿作用等の効果か確認てきたとの記載かある(段落【003 5】)。しかし,上記の効果の大部分は,引用例1における,津液作用を有する成分と補 血・活血作用を有する成分とを含有した生体活動改善用の組成物の効果(段落【0 010】【0034】)や,引用例2における,津液改善剤の効果(段落【002 6】)と共通するものてあり,上記生体活動改善用の組成物や津液改善剤の効果か ら予測し得る範囲内のものにすきない。したかって,本願発明か当業者か引用発明や引用例2から予測し得ない効果を有 13するとは認められない。
(2) 原告の主張等に対して
ア 原告は,医薬効果のある成分を組み合わせることにより,それそれの成分か有する効果か必す発現するとはいえないところ,本願発明は,3成分からなる皮膚 用剤とすることにより,それそれの成分か持つ効果を発現したたけてなく,2成分 の場合よりも優れた効果を有していると主張する。しかし,原告の主張は,以下のとおり失当てある。
本願明細書には,本願発明に係る3成分からなる皮膚用剤と,そのうち2成分か らなる皮膚用剤との効果の違いに関する記載はなく,皮膚用剤を上記3成分とした ことにより,2成分の場合と比へ,予測し得ない優れた効果を奏しているとは認め られない。イ なお,原告は,本願についての拒絶査定不服審判請求書(甲9)に添付した, カルテ番号,年齢,性別,病名,投薬期間,効果,副作用か記載された一覧表と, 「イソフラホン,シムノール,クルクミンの有効性については,提出した書面のと おりてあります。この三成分のうち,一成分ても含まれない場合は,提出した書面 のとおりの効果はありません。」と記載された発明者名義の書面に基ついて,本願 発明に予測し得ない効果かあるとしている。しかし,上記各書面てはとのような成分のものか投与されたか不明てあり,その 効果も明確には記載されていないものも多く,上記3成分か含まれた組成物とその うち1成分か含まれない組成物との効果の対比もなく,これらに基ついて,本願発 明に予測し得ない効果かあると認めることはてきない。(3) 小括
以上のとおり,本願発明に当業者か予測し得ない効果かあるとは認められす,こ の点に関する審決の判断に誤りはない。3 結論 上記のとおりてあるから,原告主張の取消事由はいすれも理由かない。その他,原告は縷々主張するか,いすれも理由かない。よって,原告の請求を棄却すること として,主文のとおり判決する。知的財産高等裁判所第1部
裁判長裁判官
裁判官
裁判官
飯村敏明
八木貴美子
小田真治
15
判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket