平成25年11月27日判決言渡
平成25年(行ケ)第10018号 審決取消請求事件
口頭弁論終結日 平成25年10月28日
判決
原 告 トリッテ ハテントホルトフォーリオ
 ヘタイリクンクスケセルシャフト
 エムヘーハー ウント コー.カーケー
訴訟代理人弁理士永井義久
被 告特許庁長官
指定代理人内藤伸一 同 瀬良聡機 同 大橋信彦 同 増山淳子
主文
 1 原告の請求を棄却する。
2 訴訟費用は原告の負担とする。
3 この判決に対する上告及ひ上告受理申立てのための付加期間を30日と定める。
第1 請求の趣旨
事実及ひ理由

1 特許庁か不服2010-11032号事件について平成24年9月11日に した審決を取り消す。2 訴訟費用は被告の負担とする。
第2 事案の概要
1 特許庁における手続の経緯等(当事者間に争いかないか,弁論の全趣旨によ り認められる。)原告は,発明の名称を「薬剤中におけるアミシン基を有する活性物質の生物 学的利用率の向上」とする発明について,2007年7月10日に国際出願 (ハリ条約による優先権主張 2006年7月21日)をし,特許庁は,これ を特願2009-519786号(以下「本願」という。平成21年12月2 5日付け手続補正後の特許請求の範囲の請求項の数は8てある。)として審査 した結果,平成22年1月20日に拒絶査定をした。原告は,同年5月24日, これに対する不服の審判を請求した。特許庁は,この審判を,不服2010-11032号事件として審理した上, 平成24年9月11日,「本件審判の請求は,成り立たない。」との審決をし, 同審決の謄本を,同月21日,原告に送達した。2 特許請求の範囲 本願の特許請求の範囲の請求項1の記載は,次のとおりてある(甲5。以下 「本願発明」という。)
 【請求項1】
 少なくとも1種の活性アミシン基を有する薬物の生物学的利用率を向上させ るために,薬剤中の前記薬物のアミシン基を,下記式[化2](Rは,水素原 子,アルキル基およひ/またはアリル基を表す)のN,N’-シヒトロキシア ミシン(I),N,N’-シヒトロキシアミシンエーテル(II),N,N’- シヒトロキシアミシンシエーテル(III),N,N’-シヒトロキシアミシンエ ステル(IV),N,N’-シヒトロキシアミシンシエステル(V)または4-
 ヒトロキシ-1,2,4-オキサシアソリン(VI)とする薬剤の製造方法。
 【化2】
3 審決の理由
 審決の理由は,別紙審決書写しのとおりてある。要するに,本願発明は,特表2005-509606号公報(甲1。以下,審決の表記に倣い,「刊 行物A」という。)に記載された発明てあるから,特許法29条1項3号に 該当し特許を受けることかてきす,したかって,本願は,その余の請求項に ついて論及するまてもなく拒絶すへきてあるというものてある。 審決か上記結論を導くに当たり認定した刊行物Aに記載された発明(以 下「引用発明」という。)の内容は,以下のとおりてある。 「アルキル-アミシン又はアリール-アミシン基を有する薬剤の吸収を促進 するために,医薬製剤中の前記薬剤のアルキル-アミシン又はアリール-ア ミシン基を,誘導又は化学的修飾して,誘導されたアミシン基とする方法て あって,誘導されたアミシン基を有する化合物か,化合物36,化合物48, 化合物50又は化合物82を含むものてある方法(判決注・化合物36等は, 刊行物Aの【0170】ないし【0272】の表3において,化合物番号3 6等として記載される各化合物てある。以下,それそれ,「化合物36」, 「化合物48」,「化合物50」及ひ「化合物82」といい,これらを総称 して「引用化合物」という。)」。
第3 原告の主張 審決は,刊行物Aに開示された化合物をフロトラックと誤認した点て引用発明の認定を誤り,その結果,本願発明の新規性の判断を誤った。かかる認定の 誤りは審決の結論に影響を及ほすものてあり,審決は取り消されるへきてある。すなわち,刊行物Aに開示された化合物の全てかフロトラック化合物として 開示されているわけてはない。また,引用化合物について,生物学的利用率に 関する薬理試験結果なと,その用途の有用性を裏付けるテータの記載かないし, 当業者てあれは,刊行物Aに開示された特定の化合物の多くか,フロトラック てあるはすかないと直ちに判断てきる。それにもかかわらす,審決は,合理的理由もなく,刊行物Aに開示された化 合物の全てをフロトラックとみなしており,刊行物Aの開示範囲を超えて引用 発明を認定した上,本願発明と対比した誤りかある。1 刊行物Aに開示された化合物の全てかフロトラック化合物として開示されて いるわけてはないこと刊行物Aには,「本発明は,血栓状態,例えは,冠状動脈およひ脳血管疾患 を予防およひ治療するための化合物,組成物およひ方法に関する。さらに詳し くは,本発明は,凝血カスケートのセリンフロテアーセを阻害する化合物のフ ロトラックに関する。」,「発明の概要 したかって,中ても,本発明の幾つ かの態様は,凝血カスケートに作用し,それによって,哺乳動物における血栓 状態を予防およひ治療するある種の酵素を選択的に阻害するのに有用なフロト ラック化合物を提供することてある。」なとと記載されている。このような記 載に接した当業者にとって,その文言上の解釈として,フロトラックを提供す ることは刊行物Aて述へられた教示のいくつかの態様のうちの一つにすきない こと,また,刊行物Aに開示された化合物の全てかフロトラック化合物として 開示されるわけてはないことは明らかてある。 そして,刊行物Aにおいては,引用化合物はいすれもフロトラックとして開
示されたものてはなく,これを含め,審決か引用発明の認定に当たり引用した, 刊行物Aの特許請求の範囲の請求項1及ひ50の記載や明細書の記載は,いす れも,フロトラックに向けられたものてあることについての示唆かないか,同 文献のフロトラックについて述へた部分と直接結ひつくものてはない。2 刊行物Aには引用化合物についての薬理試験結果の記載かないこと 刊行物Aは,極めて多くの化合物について,その機能を具体的に述へること なく開示しており,そのいすれに対しても,生体外生物活性化や生体内生物学的利用に係る結論を導くような実験テータは提供されていないし,同文献には, 当業者か,生体外生物活性化や生体内生物学的利用に対する適切な特性を持つ フロトラックとして記述されているとみなすことかてきる記載もない。特に,刊行物Aには,引用化合物について,生物学的利用率に関する薬理試 験結果又はこれと同視することのてきる程度の事項を記載してその用途の有用 性を裏付けるテータの記載かない。被告は,刊行物Aの【0574】の表1に記載された実験結果は,引用化合 物に係るものてはないものの,引用化合物と上記実験の対象となった化合物と は,いすれも刊行物Aの請求項1の具体的な化合物てあるから,引用化合物に ついても,上記表1の実験結果か同様に当てはまると把握することかてきると 主張する。しかしなから,上記表1は引用化合物に関する実験結果を何ら含んていない から,かかる実験結果か引用化合物についても同様に当てはまるというのは単 なる憶測にすきない。3 刊行物Aに開示された特定の化合物の多くかフロトラックになり得ないこと 刊行物Aの教示には,記述された化合物の多くかフロトラックとみなされ得ないということか,当業者にとって十分に明瞭となる態様かいくつかある。  刊行物Aに開示されたいくつかのアミシン誘導体は,代謝の際,明らか に有毒物質を生しるものてあり,これらの化合物をフロトラックの対象とし
て受け入れることはてきない。 すなわち,実施例54の化合物は,加水分解後,ヘキサフルオロアセトンを開裂する。これは極めて活性的な求電子体てあり,毒性か高く,突然変異 及ひ/又は奇形を引き起こすものてある。また,実施例141のアリル誘導 体は,代謝の際,いすれも有毒及ひ/又は発かん性と考えられているアクロ レイン及ひ/又はアリルアルコールを開裂する。さらに,実施例2の化合物 は,代謝の際,発かん性と考えられているシクロヘキサンを開裂する。加え て,実施例132の化合物はヘンタフルオロフロヒオン酸を,実施例137 の化合物はヘンタフルオロヘンシルアルコールを,実施例138の化合物は p-ニトロヘンシルアルコールを,それそれ開裂する。 表23及ひ表24に開示された過酸誘導体は,高度な反応性の観点から, フロトラックとして適切てはない。 実施例31のスルホニルて置換されたアミシンは,加水分解に対して非 常に安定しており,通常,極めてハートな条件のときしか開裂しない。さら に,刊行物Aには,スルホニルて置換されたアミシンに対する酵素代謝スキ ームについての記述かなく,そのような代謝スキームは,当業者にも知られ ていない。上記実施例のアミシンたけてなく,実施例39,41及ひ42に開示され た尿素やチオ尿素の誘導体,実施例79及ひ149に開示されたアシルて置 換されたアミシンは,生理学的条件下ては加水分解を行わないことか知られ ている。これらの化合物は,加水分解に対して非常に安定しており,当業者は,こ れらの混合物かフロトラックとして有用てはないことを理解している。第4 被告の主張
1 刊行物Aに開示された化合物の全てかフロトラック化合物として開示されているわけてはないとの点について

刊行物Aには,その全体にわたって一貫して,「凝血カスケートのセリンフ ロテアーセを阻害する化合物のフロトラックに関する」技術てあって,「凝血 フロセスを制御する化合物か有する,例えはアルキル-アミシン又はアリール -アミシン基のような極性官能基か,非常に塩基性て,生理学的なpHにおい てフロトン化されたままてあることから,親油性の膜に対する透過性を阻害し, これらの化合物か医薬製剤として経口投与される時に生物学的利用能を低下さ せかねない,という課題」を回避するための技術について開示しており,また, そのためのフロトラックとして「式(I)」ないし「式(V)」て表される化 合物,及ひそれらの具体例(引用化合物を含む。)か記載されていると理解さ れる。そして,刊行物Aには,特許請求の範囲に記載された「化合物」自体につい ての発明たけてなく,特に,刊行物Aの【0007】ないし【0010】にも 注目すれは,「薬剤の吸収を促進しつつも生理学的条件下ては開裂して生物学 的に活性な薬剤を生成てきるフロトラック化合物とするために,上述のような 極性官能基に対して誘導又は化学的修飾を行い,加水分解,酸化,還元又は脱 離によってアミシン基を生成する「誘導されたアミシン基」とする」という 「方法」の技術についても開示されており,その方法により得られるフロトラ ック化合物として,引用化合物か記載されていると理解される。これらの点は,当業者てあれは,審決中に摘記した刊行物Aの記載事項を見 れは十分に理解てきるものてあり,審決による引用発明の認定は,これらの点 を整理して言い直したにすきす,誤りはない。2 刊行物Aには引用化合物についての薬理試験結果の記載かないとの点につい て 原告は,刊行物Aは極めて多くの化合物についてその機能を具体的に述へる ことなく開示していると主張する。しかし,刊行物Aには,薬効としての機能 に関して「凝血カスケートのセリンフロテアーセを阻害する化合物のフロトラ
ックに関する」と記載されているし,フロトラックとしての機能についても 「これらフロトラック化合物は,誘導されたアミシン基にて,加水分解,酸化, 還元,または脱離を受けて,活性な化合物を生成する。」と記載されている。そして,刊行物Aは,【0567】ないし【0582】において,「生物利 用能(BA)」と,フロトラックの活性部分への変換ハーセンテーシてある 「%転換率」についての実験方法と実験結果か記載されている。この実験結果 は,刊行物Aに実施例として記載されている化合物の一部についてのものてあ るか,当該実験結果を参照すれは,当業者てあれは,刊行物Aに記載される他 の実施例の化合物(引用化合物を含む。)の場合についても同様に当てはまる と理解てきる。すなわち,引用化合物と上記実験結果を伴う化合物は,前記1 のとおりの刊行物Aの記載全体を見れは,いすれも,刊行物Aの特許請求の範 囲に記載された発明の具体例として記載されているから,当業者てあれは,引 用化合物についても,実験結果か同様に当てはまること,すなわち,フロトラ ックとしての特性を備えるものとして把握することかてきる。したかって,刊行物Aには引用化合物の機能や生物学的利用率に関する薬理 試験結果等の開示かないとの原告の主張は誤りてある。3 刊行物Aに開示された特定の化合物の多くかフロトラックになり得ないとの 点について 原告か,刊行物Aに開示された化合物の多くかフロトラックとはみなし得ないことか当業者にとって明瞭となる態様として具体的に挙けた化合物は, いすれも,引用化合物とは化学構造や性質か異なり,技術的に無関係のもの てある。 薬物代謝の経路は種々様々てあり,開裂後,アミシン基側からとのよう な代謝産物か分離して生成するか,また,そのうち生体に何らかの作用を及 ほすのに有意な半減期を有するものは何かということについては,試験結果 等かなけれは断定することはてきないか,原告かその主張の根拠とするアミ
 シン基側から分離した化合物か特定の化合物となることについては,これを裏付ける証拠かない。
 本願優先日以前に刊行された文献に記載された,アミシン基を有する薬物のフロトラックとして有力な化合物又は化学構造におけるアミシン基とそ の置換基部分との結合構造と,原告の主張する刊行物Aの表23に記載され た過酸誘導体,実施例39,79及ひ149の化合物におけるアミシン基と その置換基部分の結合構造とは同一てあり,これらの文献は,原告の主張に 対する反例となる。また,刊行物Aの実施例2及ひ54の化合物は,いすれもアミシン基に対 して同様の結合をしていることから同様の開裂か起こると想定されるへきて あるか,原告か開裂すると想定している化合物の化学構造に共通性かなく, 原告の主張は,その導出において技術的な不整合かある。さらに,刊行物Aの表23に記載された化合物は過酸誘導体てはなく,実 施例39の化合物は尿素又はチオ尿素の誘導体のいすれてもない。実施例7 9の化合物はアシルて置換されたアミシンてはない。 一般に,薬物においては,毒性かわすかにても存在すれは,薬物として の有用性か否定されるわけてはなく,有用性(効能及ひ効果)のメリットか 毒性(副作用)のテメリットよりも大きけれは,全体として有用と考えられ ている。そうすると,フロトラックから開裂により生成する物質に,毒性又 は発かん性等かあったり,そのような性質を有する可能性かあったとしても, そのようなフロトラックを採用することによりハイオアヘイラヒリティーか 劇的に改善する場合や,主薬か作用を発揮する濃度か,開裂する化合物か副 作用を発現する濃度よりもはるかに小さい場合等には,毒性又は発かん性に よる副作用の可能性というリスク(テメリット)よりもメリットの方か大き い。したかって,原告か開裂により生成すると主張する物質に毒性又は発か ん性(の可能性)かあるということ自体から直ちに,かかる物質をフロトラ
ックの対象として受け入れることはてきないという結論には至らない。 また,本願発明は,その明細書全体の記載を見れは,ハイオアヘイラヒリ ティーか低いアミシン基を有する有効成分をアミシン基の修飾によりフロト ラック化してハイオアヘイラヒリティーを改善しようという点に,技術思想 の本質かあるから,フロトラックから活性物質になる際に副生する化合物に との程度の毒性かあるのかは,技術思想の本質から外れた問題てある。いす れの発明についても,結果として,毒性に強弱のある各種化合物か副生する 場合も含まれるような上位概念て特許請求の範囲に記載されたという程度のことてあり,このことは,当業者てあれは容易に理解てきる。 なお,仮に,原告の論理を受け入れるとすると,実施例141の化合物か らアクロレイン及ひ/又はアリルアルコールを開裂するということは,本願 発明の式(II)又は式(III)においてRかアリル基てある場合にも,同し物 質を開裂するということになり,原告の主張は矛盾をはらむものとなる。ま た,本願発明の式(II)又は式(III)においてRかアルキル基てある場合には,これかメチル基の場合,有毒なメタノールか開裂することになる。 一般に,薬物においては,フロトラックから活性薬物に戻る反応に「安 定性」かあること自体によって,薬物としての有用性か否定されるわけては ないのて,加水分解に対して非常に安定ということから,フロトラックとして有用てはないとする論理には飛躍かある。 第5 当裁判所の判断当裁判所は,原告の主張する取消事由は理由かなく,審決に取り消されるへ き違法はないと判断する。その理由は以下のとおりてある。1 刊行物Aの記載について 刊行物Aは,発明の名称を「凝血カスケートを選択的に阻害するのに有用な置換された多環式化合物のフロトラック」とする発明に係る公表特許公報てあ り,以下の記載かある(甲1。なお,誤記は適宜訂正した。)。
【0001】 発明の分野
 本発明は,血栓状態,例えは,冠状動脈およひ脳血管疾患を予防およひ治療するための化合物,組成物およひ方法に関する。さらに詳しくは,本発明は,凝血カスケートのセリンフロテアーセを阻害する化合物のフロトラックに関する。
【0002】 発明の背景
… 【0006】
 血管の損傷の結果としての凝血は,哺乳動物についての重要な生理学的フロセスてあるものの,凝血は,また,病気の状態を導く。血栓症と称される生理学的フロセスは,血小板凝集およひ/またはフィフリン凝固か血管をフロックする(すなわち,ふさく)時に生する。…血液中の凝塊の予防または治療は,血小板凝集の形成を抑制し,フィフリンの形成を抑制し,血栓の形成を抑制し,塞栓の形成を抑制することにより治療学的に有用てあり,不安定なアンキナ,…を治療または予防するためてある。
【0007】
 このような状態を治療するために,研究者は,凝血フロセスを有効かつ選択的に制御する化合物を発見するへく探求してきた。…
【0008】
 かくして,さらに,発見された多くの化合物か所望される生物学的活性に対して一体となって原因となる極性または塩基性官能基を有する。この極性官能基は,例えは,クアニシン,アルキル-アミシンまたはアリール-アミシン基の窒素原子てあることかしはしはてある。これら官能基は,非常に塩基性てあるのて,これらは,生理学的に適切なpHてフロトン化されたままてある。こ
のようなフロトン化された種のイオン性は,親油性の膜を横切るそれらの透過性を阻害し,これは,医薬製剤か経口て投与される時に生物学的利用能を低下させかねない。
【0009】
 このような問題を回避するために,医薬製剤か中性に帯電され,さらに親油性となるように,極性官能基の誘導または化学的修飾を行い,それによって,薬剤の吸収を促進することか有益てあることか多い。しかし,有用てある誘導については,誘導は,標的部位または所望される薬理学的活性の複数の部位て生物変換可能てあり,正常な生理学的条件下て開裂して,生物学的に活性な薬剤を生成する必要かある。“フロトラック”という用語は,このような化学的に修飾された中間体を表すために使用されている。
【0010】 発明の概要
 したかって,中ても,本発明の幾つかの態様は,凝血カスケートに作用し,それによって,哺乳動物における血栓状態を予防およひ治療するある種の酵素を選択的に阻害するのに有用なフロトラック化合物を提供することてある。概して,これらフロトラック化合物は,誘導されたアミシン基にて,加水分解,酸化,還元または脱離を受けて,活性な化合物を生成する。
【0011】
 したかって,つまり,本発明は,フロトラック化合物それ自体;フロトラック化合物と薬学的に許容可能な担体とを含む医薬組成物;およひ,使用方法に係る。
【0035】
好ましい実施態様の説明
 本発明の1つの態様は,式(I):

【0036】 【化3】
【0037】 〔式中,…
Z3は,加水分解,酸化,還元または脱離に際しアミシン基を生成する誘導 されたアミシンて置換され,さらに,ハロケンまたはヒトロキシて置換されて いてもよい5-または6-員ヘテロ環式または芳香族環を含み,Z3の5-ま たは6-員ヘテロ環式または芳香族環の環原子は,炭素,硫黄,窒素または酸 素てあり;…〕に対応する化合物を包含する。
【0038】
 式(I)を有する化合物についてのもう1つの実施態様にて,…Z3は,フェニル,フラニルまたはチエニル環を含み,前記フェニル,フラ ニルまたはチエニル環か,加水分解,酸化,還元または脱離に際しアミシン基 を生成する誘導されたアミシンて置換され,さらに,フッ素またはヒトロキシ て置換されていてもよく;…。【0044】 …なおもう1つの実施態様にて,Z3は,その最も還元された状態の酸素,窒素,およひ,その最も還元された状態の硫黄から選択される1つ以上のヘテロ原子て誘導されるヘンスアミシンてあり,前記アミシン誘導体は,生理学的条件下て還元されてヘンスアミシンを形成する。…
【0052】

式(I)を有する化合物についてのさらなる実施態様にて,Z3は,以降の 表1または3に示すいすれのヘンスアミシン誘導体てあってもよい。… 【0067】 本発明のなおもう1つの態様は,式(II):
【0068】
【化7】
【0069】 〔式中,…
…Z3…は,式(I)を有する化合物について定義した通りてある。〕 に対応する化合物を包含する。
【0070】
 式(II)を有する化合物についてのなおもう1つの実施態様にて,…Z3は,フェニル,フラニルまたはチエニル環を含み,前記フェニル,フラ ニルまたはチエニル環は,加水分解,酸化,還元または脱離に際しアミシン基 を生成する誘導されたアミシンて置換され,さらに,フッ素またはヒトロキシ て置換されていてもよく;…。
【0072】
 さらなる実施態様は,式(IIa):
【0073】 【化8】
【0074】 〔式中,…Z3,…の各々は,式(I)およひ(II)を有する化合物について 定義した通りてある。〕 によって表される式(II)を有する化合物を提供する。【0076】
 式(IIa)を有する化合物についてのなおもう1つの実施態様にて,…Z3は,以降の表1または3に示すいすれかのヘンスアミシン誘導体てあっ てもよく;…。
【0117】

【0130】

【0132】

【0147】
 本発明のなおさらなる態様は,式(IV):
【0148】 【化16】
【0149】 〔式中,…R301,R302,R303…の各々は,式(IIIa)を有する化合物の いすれかの実施態様について定義した通りてある。〕 を有する化合物を包含する。【0156】
 なおさらなる実施態様にて,式(IV),…のいすれかを有する化合物は,以下の表2の化合物から選択される:
(判決注・表2は省略)
【0162】
ここて:…
R301,R302およひR303は,…
(iii) 水素,-ORb,…てあるか,ここて,各Rbは,独立に,置換され ていてもよいヒトロカルヒルおよひヘテロシクロてある;およひ,…たたし, R301,R302およひR303の少なくとも1つは,水素以外てある;
からなる群より独立に選択され;…。
【0169】
 もう1つの実施態様にて,式(I)~(V)のいすれかによって表される化合物は,以下の表3に列挙する化合物の群より選択される。以下の表3に列挙するある種の化合物は,式(I)~(V)のいすれかを有する化合物の薬学的に許容可能な塩類てある。…
【0174】 【表58】
【0186】 【表70】

【0192】 【表76】
【0193】 【表77】
【0209】 【表93】

【0273】
 式(I)~(V)のいすれかに対応するいすれの化合物も,分子の1部分として1つ以上のフロトラック部分を有し,生理学的条件下て,多数の化学およ ひ生物学的機構により生物学的に活性な薬剤へと変換することかてきる。一般 的な用語にて,これらのフロトラック変換機構は,加水分解,還元,酸化およ ひ脱離てある。例示するために,以下のハラクラフは,フロトラック部分か上 記式(I)~(V)の各々について示した実施態様のようにZ3のアミシン基 に共有結合されているフロトラックを詳述する。【0275】
 本発明のなおもう1つの態様は,フロトラック部分の還元によるフロトラックの生物学的に活性な薬剤への変換を提供する。この実施態様にて,典型的には,フロトラック部分は,生理学的条件下,還元酵素フロセスの存在て還元可能てある。還元は,好ましくは,フロトラック部分の除去およひ生物学的に活性な薬剤の放出を生する。アミシン基て還元可能なフロトラック誘導体の例は,酸素かアミシンに直接結合されている酸素含有基てある。還元は,水またはアルコールとしての酸素の除去により薬剤のアミシン基の遊離を生する。…【0278】
 式(I)~(V)に対応する本発明のいすれかの化合物は,上記詳述した機構のいすれかの組み合わせを受けて,フロトラックを生物学的に活性な化合物へと変換することかてきる。例えは,個々の化合物は,加水分解,酸化,脱離およひ還元を受けて,フロトラックを生物学的に活性な化合物へと変換することかてきる。等しく,個々の化合物は,これら機構の1つのみを受けて,フロトラックを生物学的に活性な化合物へと変換することかてきる。【0567】
… 代謝安定性の検定

 肝臓S9画分のインキュヘーション
… 【0573】
 検定の結果を以下表1にまとめて示す。
【0574】
【表158】

【0575】 生物利用能
試験システム
 健康な雄ラット…を…入手した。ラットは,研究の開始前にいすれの薬剤処置も受けなかった。動物の体重は,250~320gてあり,各代謝ケーシに標識をつけることにより個々に特定した。…食餌に少なくとも5日間動物を順化させ,化合物の投与前に15~20時間耐性とした。投与後4時間から食物を与え,残りの研究中任意に与えた。
【0576】 投与量
 各動物には,体重kg当り活性部分の遊離塩基10mgに等しい投与量のフロトラックまたは体重kg当り10mg当量の遊離塩基に等しい投与量て活性部分を経口投与した。静脈内(IV)研究については,動物は,1mgの遊離塩基/kg体重を受けた。試験物品の十分な量を適当なヒヒクルに溶解させ…,投与溶液の最終濃度は,経口およひIV投与について,それそれ,2.0mg遊離塩基/mLおよひ0.5mg遊離塩基/mLとした。投与体積は,経口およひIV投与のそれそれについて,5mL/kgおよひ2mL/kgとした。
【0577】
 試料収集およひ分析
 特定の時間間隔て頸静脈から血液試料を収集した。…
【0578】
薬動力学的分析:
 …生物利用能(BA)を以下のようにして計算した:
【0579】

【数1】
 【0580】
 以下の式を使用して,フロトラックの活性部分への変換ハーセンテーシを計 算した:
 【0581】
 【数2】
 【0582】
 “AUC”は,曲線下の面積を表す。
 結果は,実施例30の表1に示されている。
 …
2 引用発明の内容と本願発明の新規性について  引用発明の内容について 前記1の記載内容に照らすと,刊行物Aには,凝血フロセスを有効かつ選 択的に制御する化合物として見いたされたものは,クアニシン,アルキル- アミシン又はアリール-アミシン基という極性て塩基性の官能基を有するた め,生理学的に適切なpHてフロトン化され,親油性の膜を透過することか てきす,当該化合物を含有する医薬製剤を経口投与した場合に,生物学的利 用能か低下する可能性かあるという問題点か存在したところ,このような問 題を回避するため,中性に帯電され,かつ,親油性となるように,極性官能 基の誘導又は化学的修飾を行うことにより,当該化合物か経口投与された場 合の吸収を促進して生物学的利用能を向上させ,かつ,かかる官能基の誘導 又は化学的修飾を,標的部位又は所望される薬理学的活性の複数の部位て生
物変換して活性な化合物とすることにより,上記問題点を解決てきることか示されており,この官能基を誘導又は化学的に修飾した化合物をフロトラックということか記載されている。
 そして,刊行物Aには,フロトラック化の方法として,上記官能基を,加水分解,酸化,還元又は脱離によりアミシン基を生成する基とする方法てあること,酸素をアミシン基に直接結合させる酸素含有基によるフロトラック化を行った場合に,このフロトラックは,生理学的条件下の還元酵素フロセスによりアミシン基に還元可能てあることか記載されている。そうしてみると,刊行物Aには,クアニシン,アルキル-アミシン又はアリール-アミシン基という官能基を有する化合物を経口投与した場合の消化管からの吸収を改善し,化合物の生物学的利用能を向上させるために,上記官能基を酸素含有基により修飾する方法か記載されているということかてきる。そして,刊行物Aには,アリール-アミシン基を酸素含有基て誘導体化し た例として,式(I)又は(IIa)のZ3かN,N’-シヒトロキシアミシ ンシメチルエーテル構造のものか【0117】に,N,N’-シヒトロキシ アミシン構造のものか【0130】に,N,N’-シヒトロキシアミシンモ ノメチルエーテル構造のものか【0132】に示されており,【018 6】,【0192】,【0209】及ひ【0193】には,N,N’-シヒ トロキシアミシンシメチルエーテル構造を有する具体的な化合物か化合物3 6として,N,N’-シヒトロキシアミシン構造を有する具体的な化合物か 化合物48及ひ82として,N,N’-シヒトロキシアミシンモノメチルエ ーテル構造を有する具体的な化合物か化合物50として記載されている。
 したかって,刊行物Aには,アリール-アミシン基を有する化合物の生物学的利用能を向上させるために,当該化合物のアミシン基を,N,N’-シヒトロキシアミシンシメチルエーテル構造に誘導体化した化合物36を得る方法,N,N’-シヒトロキシアミシン構造に誘導体化した化合物48及ひ
 82を得る方法,並ひにN,N’-シヒトロキシアミシンモノメチルエーテ ル構造に誘導体化した化合物50を得る方法か記載されているということか てきる。
(2) 本願発明の新規性について 引用化合物と本願発明におけるアミシン基の構成とを対比すると,刊行物 Aに記載された化合物36におけるN,N’-シヒトロキシアミシンシメチ ルエーテル構造は,本願発明における「N,N’-シヒトロキシアミシンシ エーテル(III)」てRかメチル基てある場合に相当し,化合物48及ひ82 におけるN,N’-シヒトロキシアミシン構造は本願発明における「N, N’-シヒトロキシアミシン(I)」に相当し,また,化合物50における N,N’-シヒトロキシアミシンモノメチルエーテル構造は本願発明におけ る「N,N’-シヒトロキシアミシンエーテル(II)」てRかメチル基てあ る場合に相当すると認められる。
 また,刊行物Aにおけるアリール-アミシン基を有する化合物は,凝血フ ロセスを有効かつ選択的に制御する化合物として見いたされたものてあるこ とから,医薬製剤における有効成分てあり,これは本願発明における「少な くとも1種の活性アミシン基を有する薬物」に相当すると認められる。
 そして,刊行物Aに記載された技術は,医薬製剤を製造するための技術に 関するものてあることから,刊行物Aにおけるアミシン基を有する化合物か ら各種誘導体化した化合物を得る方法は,本願発明における「薬剤中の前記 薬物のアミシン基を,…とする薬剤の製造方法」に相当すると認められる。 以上によれは,本願発明は刊行物Aに記載された発明を包含するものてあ り,本願発明と引用発明との間には相違点を見出すことかてきないのて,本 願発明は刊行物Aに記載された発明てあると認められ,これと同旨の審決の 認定に誤りはない。
3 原告の主張について

 原告は,フロトラックを提供することは刊行物Aて述へられた教示の幾 つかの態様のうち一つにすきす,引用化合物はいすれもフロトラックとして 開示されたものてはないと主張する。しかしなから,刊行物Aの記載,とりわけ,「式(I)~(V)のいすれ かに対応するいすれの化合物も,分子の1部分として1つ以上のフロトラッ ク部分を有し,生理学的条件下て,多数の化学およひ生物学的機構により生 物学的に活性な薬剤へと変換することかてきる。」との記載に照らせは,刊 行物Aか,引用化合物を含む式(I)ないし(V)て表される化合物をフロ トラックとして開示していることは,前記2(1)のとおりてある。原告か指 摘する刊行物A中の記載についても,それに続いて,「したかって,つまり, 本発明は,フロトラック化合物それ自体;フロトラック化合物と薬学的に許 容可能な担体とを含む医薬組成物;およひ,使用方法に係る。」(【001 1】)との記載かあることに照らせは,刊行物Aに開示された技術は,全て, 凝血カスケートのセリンフロテアーセを阻害し,抗血栓薬として有用な化合 物のフロトラックに関するものということかてきる。したかって,原告の上記主張を採用することはてきない。
 原告は,刊行物Aには,引用化合物について,生物学的利用率に関する 薬理試験結果又はこれと同視することのてきる程度の事項を記載してその用途の有用性を裏付けるテータの記載かないと主張する。 この点,刊行物Aには,記載された物質の一部について,生物利用能及ひフロトラックの活性部分への変換ハーセンテーシ(%転化率)についての実 験テータか【0574】の表1として開示されているところ,同表には化合 物番号12として記載されている化合物(以下「化合物12」という。)の 生物利用能か3%てあり,%転化率か11%てあると記載されている。 そして,化合物12は,アミシン基を構成する一つの窒素原子に酸素原子 か結合したアミシン基の誘導体てあるところ(【0174】),酸素かアミ
シン基に直接結合されている酸素含有基を導入することによりフロトラック としたものは,還元により,水又はアルコールとしての酸素の除去によりア ミシン基の遊離を生し,フロトラックの生物学的に活性な薬剤への変換を提 供する旨の記載(【0275】)を踏まえると,アミシン基を酸素含有基に より修飾した化合物は,生体内て還元され,活性なアミシン基に変換される ことか示されていると理解することかてきる。 以上に加え,親油性の膜を透過することかてきないというアミシン基を有 する化合物の問題点は,アミシン基か中性に帯電され,親油性となるように 誘導体化することよって解決することかてきるとの技術思想か合理的なもの てあると考えられること,アミシン基の窒素原子に酸素原子を結合させ,ア ミシン基を酸素含有基て誘導体化することにより,アミシン基か生理学的p Hてフロトン化されることかなくなるということかてきることから,アミシ ン基に酸素原子を直接結合させることにより誘導体化したものを経口投与し た場合には,アミシン基を誘導体化しないものを経口投与した場合と比較し て,生物学的利用率か向上すると考えられること,引用化合物は,アミシン 基に酸素原子を直接結合させることにより誘導体化したものてある点て化合 物12との間に構成上の共通点か認められ,相違するのはアミシン基を構成 する二つの窒素原子のそれそれに酸素原子か結合していることにあると認め られることに照らせは,刊行物Aには引用化合物自体についての生物学的利 用率の実験テータの記載はないものの,その用途の有用性を容易に推測する ことかてきるに足りる実験テータの記載かされていると評価することかてき る。
したかって,原告か主張するところをもって,刊行物Aか引用化合物をフ ロトラックとして開示していることか否定されるということはてきない。 原告は,刊行物Aに開示された化合物の多くかフロトラックとみなされ 得ないことは,当業者にとって明らかてあると主張する。
 しかしなから,引用化合物は代謝を受けて水及ひ/又はメタノールを生成 するものてあり,原告か指摘するような化学物質を生成するものてはないし, 引用化合物は過酸誘導体てはない。さらに,引用化合物は,いすれも,その フロトラック部分は酸素かアミシン基に直接結合する酸素含有基てあって, フロトラック部分か還元されることにより,生物学的に活性な化合物に変換 されるものてあり,フロトラック部分か加水分解を受けて生物学的に活性な 化合物に変換されるものてはないから,加水分解に対する安定性を考慮する 必要はない。
以上によれは,原告の主張するところをもって,刊行物Aか引用化合物を フロトラックとして開示していることか否定されるということはてきない。4 結論 以上のとおりてあり,原告の主張は理由かない。よって,原告の請求を棄却 することとし,主文のとおり判決する。
 知的財産高等裁判所第3部
裁判長裁判官 設樂一
裁判官 田中正哉

裁判官 神谷厚毅


判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket