平成25年11月21日判言渡 同日原本領収 裁判所書記官 平成25年(行ケ)第10168号 審取消請求事件 口頭弁論終結日 平成25年10月10日原

告 株式会社インティアン モトサイクルカンハニーシャハン 訴訟代理人弁護士佐藤雅巳 同 古木睦美 被 告特許庁長官 指定代理人大森健司 同 渡邉健司 同 守屋友宏 同 山田和彦主文
 1 原告の請求を棄却する。
2 訴訟費用は原告の負担とする。
 事実及ひ理由
第1 請求 特許庁か不服2011-7459号事件について平成25年4月2日にした審を取り消す。
第2 事案の概要
1 特許庁における手続の経緯等
(1) 原告は,平成14年12月27日,別紙本商標目録記載の構成からなり, 第25類「被服,カーター,靴下止め,スホンつり,ハント,ヘルト,履物,仮装 用衣服,運動用特殊衣服,運動用特殊靴」を指定商品とする商標(以下「本商標」 という。)の登録出(商2002-111431)をした(乙1)。(2) 原告は,平成18年3月29日付けの手続補正書により,指定商品を第25 類「被服」(以下「本件指定商品」という。)と補正した(乙2)。(3) 原告は,平成22年12月3日付けの拒絶査定を受けたのて,平成23年4 月8日,これに対する不服の審判を請求した。(4) 特許庁は,原告の請求を不服2011-7459号事件として審理し,平成 25年4月2日に「本件審判の請求は,成り立たない。」とする本件審をし,同 年5月15日,その謄本は原告に送達された。(5) 原告は,平成25年6月14日,本件審の取消しを求める本件訴訟を提起 した。2 本件審の理由の要旨
本件審判の理由は,別紙審書(写し)記載のとおりてあり,要するに,本商 標は,別紙引用商標目録1ないし4記載の各商標(以下,順に「引用商標1」なと といい,併せて「引用各商標」という。)との関係て,商標法4条1項11号に該 当するから,商標登録を受けることかてきない,というものてある。3 取消事由
商標法4条1項11号該当性に係る判断の誤り 第3 当事者の主張〔原告の主張〕
1 引用各商標の適格性について
引用各商標は,以下のとおり,いすれも,東洋エンターフライス株式会社(以下 「東洋エンターフライス」という。)において商品に使用する意思なしに原告の業 務を妨害する意図て出し登録を得たものてあり,公序良俗に反し,商標法4条1 項7号により登録を無効にするへきものてある。(1) 東洋エンターフライスは,米国において「Indian」フラントのマーチ ャンタイシンクヒシネスか立ち上けられたことを知り,将来日本に「Indian」 フラントのマーチャンタイシンクヒシネスか導入展開されることを予測し,一切使用する意思なしに,平成3年11月5日に引用商標1の商標を出し,平成6年3 月31日登録を得た。(2) スコット・カシヤは,平成3年,米国インティアンモトサイクルカンハニー インク(以下「新インティアン社」という。)から,「Indian」商標の出, 登録,ライセンスを含め,日本における全ての権利の譲渡を受け,平成4年2月, 「Indian/Motocycle商標」を出し(平成7年9月29日登録), 平成5年6月3日,原告を設立し,「Indian/Motocycle商標」を 登録後に,原告に譲渡した。(3) 平成5年1月から,原告の設立及ひ「Indian」フラントヒシネスの開 始か報しられ,各雑誌ても紹介された。原告は,平成6年1月から「Indian ロコ」等を付したシャツ,シャケット,帽子等の輸入販売を開始し,大手専門店 雑誌等て紹介され,同フラントは需要者層てある若い男性層に浸透した。(4) 東洋エンターフライスは,「Indian商標」か原告の企業努力により市 場に広く認識されていたことを知って,原告の業務を妨害する目的て,平成6年9 月21日,引用商標2及ひ引用商標3を出し,平成7年に入って「Indian ロコ」等と類似する商標を使用した,シャケット,シャツ,帽子等の販売を開始し, 原告の警告を無視してこれを継続した。(5) 原告は,平成8年,東洋エンターフライスに対し,「Indianロコ」等 の使用差止めの訴えを提起したところ,同社は,これに対抗して原告に対し,引用 商標1を基にして訴えを提起し,仮処分命令の申立てをしたか,いすれも却下され た。しかし,東洋エンターフライスは,同社に対する仮処分定を受けた直後の平 成9年1月14日,引用商標4を含む商標5件を出した。これらはいすれも,原 告の企業努力の成果を収奪し,原告の業務を妨害する意図てしたものてある。(6) その後も,原告の継続した企業努力により,本商標等の「Indian商 標」は,原告の衣類等に使用する商標として,また,「Indian Motoc ycle」,「インティアンモトサイクル」,「インティアン」,「Indian」は,原告の略称としてなお一層需要者の間に周知となっている。これに対し,東洋 エンターフライスは,原告の企業努力の成果に便乗只乗りし,原告の業務を妨害す るため,引用各商標と同一性の範囲内にない「Indianロコ」「India n Motocycle」等を使用している。(7) 本商標は,原告の略称として需要者取引者の間て周知てあるから,本商 標を付した商品の出所について誤認混同を生するおそれはない。これに対し,引用 各商標は,いすれも東洋エンターフライスにおいて,商品に使用する意思なしに原 告の業務を妨害する意図て出し登録を得たものてあり,公序良俗に反し,商標法 4条1項7号により登録を無効とすへきものてある。したかって,引用各商標は, 引用商標としての適格性を欠くものてあるから,本商標は,引用各商標との類比 にかかわらす登録すへきものてある。2 本商標の商標法4条1項11号該当性について
(1) 商標の類比について 商標の類似とは,商品に使用された商標の称呼,外観,観念によって取引者に与える印象,記憶,連想等を総合して全体的に考察し,かつ,その商品の取引の実情 をらかにし得る限り,その具体的な取引状況に基ついて判断して出所の混同のお それかあることをいうから(最高裁昭和43年2月27日第三小法廷判・民集2 2巻2号399頁参照),本商標か引用各商標と類似するというためには,この ような全体的考察,具体的な取引状況に基つく判断により本商標を付した商品の 出所か引用各商標を付した商品の出所と誤認混同されるおそれかなけれはならない。(2) 本商標と引用商標1との類否について
ア 外観 本商標か引用商標1と外観において全く相違することは,両者の構成かららかてある。
 イ 観念
前記1のとおり,周知の商標てある本商標からは,「原告」との観念及ひ「原告の商品」との観念か生する。
 ウ 称呼
(ア) 前記判例か示すように,称呼の類否判断においても,各商標を全体として 対比すへきてあるところ,本商標からは,その構成に照らし,「インティアン, インティアンモトサイクルカンハニーインク」との称呼か生する。他方,引用商標1からは,「インティアンモーターサイクル」との称呼か生する。
 したかって,本商標と引用商標1とは,称呼においても相違する。(イ) 仮に,本商標ては,「Indian Motocycle」に対応する称呼か生し,これと引用商標1から生する称呼とを対比することか許されるとして も,本商標中の「Indian Motocycle」から生する称呼は「イン ティアンモトサイクル」てあり,「インティアンモーターサイクル」てはない。し かも,「インティアンモトサイクル」は,原告の略称として周知てあるから,両者 は瞭に聴取識別される。したかって,本商標と引用発1の称呼は,相違するものてある。エ 本件審の判断について 本件審は,引用商標1から生する観念と本商標中の「Indian Motocycle」との欧文字から生する観念とを対比して,両者は類似する観念てあ ると認定した。しかし,本件審の上記認定は,各商標を全体的に考察するとした前記判例の判 旨に反し,違法てある。仮に,本商標中の「Indian Motocycle」との欧文字と引用商 標1とを対比した場合ても,本商標中の「Indian Motocycle」 は,原告の略称として周知てあるから,「原告」との観念及ひ「原告の商品」との 観念か生する。他方,引用商標1からは,「北米先住民の自動二輪車」の観念か生する。 したかって,本商標と引用商標1とは,観念において相違するものてある。オ 小活
よって,本商標と引用商標1とは,非類似の商標てある。
(3) 本商標と引用商標2との類否について
ア 外観 本商標は,特徴ある筆記体による「Indian」との欧文字を配した羽根飾りを冠した右向きの酋長の図形の下に,筆記体による「Indian Motoc ycle Co.,Inc.」との欧文字を配してなるものてある。他方,引用商標2は,黒地の右向きのインティアンの図形とその下に配した「M OTOCYCLE」との欧文字からなるか,同図形は,本商標中の上記図形とは, 黒地てあることのほか,羽根の中に白抜きの模様か多数入っている点,顔の図形, 顔にかかる髪の形状,首の部分の形状,首輪の部分の形状において相違するから, 本商標の上記図形とは,外観において異なるものてある。また,引用商標2中の の「MOTOCYCLE」との欧文字は,本商標中の「Indian Moto cycle Co.,Inc.」との欧文字と外観においてらかに異なる。さら に,本商標は,需要者に周知てあり,本商標中の上記図形も需要者に周知てあ る。したかって,需要者は,本商標と引用商標2とを外観において瞭に識別する のてあり,本商標と引用商標2とは,外観において相違する。イ 観念
前記のとおり,本商標からは,「原告」との観念及ひ「原告の商品」との観念 か生する。他方,引用商標2からは,右向きの黒地のインティアンの図形及ひ同図形中の「I ndian」との欧文字に対応して,「北米先住民」との観念か生する。よって,本商標と引用商標2とは,観念において相違する。
ウ 称呼 本商標からは,「インティアン,インティアンモトサイクルカンハニーインク」との称呼か生する。
 他方,引用商標2からは,「インティアン」との称呼か生する。 よって,本商標と引用商標2とは,称呼においても相違する。エ 本件審の判断について 本件審は,本商標の図形部分及ひ同図形中の「Indian」との欧文字並ひに引用商標2の図形部分及ひ同図形中の「Indian」との欧文字からは,い すれも,「インティアン」との称呼及ひ「北米先住民」との観念か生するから,外 観における相違にもかかわらす,両者は,相互に紛らわしい類似の商標てあると判 断した。しかし,本商標は,原告の全ての商品に使用する社標として,既に需要者の間 に周知てある。他方,引用商標2は,東洋エンターフライスか原告の業務を妨害す る目的てのみ出し登録を得た商標てあり,商品に使用していない。本商標を使 用した商品に接した需要者は,その出所を原告と認識するのてあり,他方,引用商 標2を使用した商品に接した需要者は,その出所を何人かと認識するのみてある。また,取引者はカタロク等により品番に従って出所を確かめた上て取引をするも のてある。消費者も自ら商品を手に取り,フラント,テサイン,色,サイス,素材, 模様等を確かめて商品の購入をめるのてあり,インターネット上て購入する場合 も,商品自体か表示され,商標,メーカー,価格等か表示されるのてあって,称呼・ 観念のみて購入をめたりせす,外観により商標(フラント)を確かめてから購入 するかしないかをめるものてある。したかって,本商標を使用した商品と引用商標2を付した商品とて,出所につ いて誤認混同を生するおそれはない。オ 小活 よって,本商標と引用商標2とは,非類似の商標てある。 (4) 本商標と引用商標3との類否についてア 外観
本商標か引用商標3と外観において相違することは,白てある。イ 観念 前記のとおり,本商標からは,「原告」との観念及ひ「原告の商品」との観念か生する。
他方,引用商標3からは,「北米先住民」との観念か生する。
 よって,本商標と引用商標3とは,観念において相違する。ウ 称呼 前記のとおり,本商標からは,「インティアン,インティアンモトサイクルカンハニーインク」との称呼を生する。 他方,引用商標3からは,「インティアン」との称呼を生する。 よって,本商標と引用商標3とは,称呼においても相違する。エ 本件審の判断について 本件審は,引用商標3からは,「Indian」との欧文字に対応して,「インティアン」との称呼か生し,また,同商標中の図形「Indian」との欧文 字から「北米先住民」との観念か生するとした上て,本商標からも,同商標中の 前記図形に配された「Indian」との欧文字から「インティアン」との称呼か 生し,また,同図形「Indian」との欧文字から「北米先住民」との観念か 生するから,本商標と引用商標3とは,称呼及ひ観念において類似し,外観の相 違にもかかわらす類似する商標てあると判断した。しかし,前記のとおり,本商標は,原告の商標として需要者の間に周知てある から,本商標を使用した商品に接した需要者は,出所を原告と認識するのてあり, 引用商標3を使用した商品と出所について誤認混同するおそれはない。そして,前記のとおり,取引者,需要者は,称呼観念のみによって取引をした り商品を購入するかしないかをめたりするのてはなく,商品に使用された商標の 外観により商標(フラント)を確かめるものてある。したかって,本商標と引用商標3とて,出所について誤認混同を生するおそれはない。 オ 小活
よって,本商標と引用商標3とは,非類似の商標てある。
 (5) 本商標と引用商標4との類否についてア 外観 本商標は,引用商標4と外観において全く相違する。
イ 観念
前記のとおり,本商標からは,「原告」との観念及ひ「原告の商品」との観念か 生する。他方,引用商標4からは,「INDIAN MOTOCYCLE」との欧文字に 対応して,「北米先住民の自動二輪車」との観念か生する。よって,本商標と引用商標4とは,観念においても相違する。
ウ 称呼 前記のとおり,本商標からは,「インティアン,インティアンモトサイクルカンハニーインク」との称呼か生する。
他方,引用商標4からは,「INDIAN MOTOCYCLE」との欧文字に対応して,「インティアンモーターサイクル」との称呼か生する。
 よって,本商標と引用商標4とは,称呼においても相違する。エ 本件審の判断について
本件審は,引用商標4中の「INDIAN MOTOCYCLE」との欧文字と本商標中の「Indian Motocycle」との欧文字のみを対比し, これらは「北米先住民」の観念において類似し,また,「インティアンモーターサ イクル」との称呼と「インティアンモトサイクル」との称呼は類似するとして,本 商標と引用商標4とは類似すると判断した。しかし,そもそも,本商標は,原告の商標として需要者の間て周知てあるから, 本商標を使用した商品の出所は原告てあると需要者に認識される。そして,「インティアンモトサイクル」及ひ「Indian Motocycle」は原告の略 称として周知てあるから,仮に,本商標と引用商標4との類否判断において,引 用商標4中の「INDIAN MOTOCYCLE」との欧文字と本商標中の 「Indian Motocycle」との欧文字の称呼,観念を対比することか 許されるとしても,「インティアンモトサイクル」との称呼は,引用商標4の「イ ンティアンモーターサイクル」との称呼と瞭に聴取識別されるし,「India n Motocycle」からは「原告」との観念か生するから,引用商標4の「I NDIAN MOTOCYCLE」から生する「北米先住民の自動二輪車」の観 念とは瞭に識別される。したかって,本商標は,観念及ひ称呼においても,引用商標4と非類似の商標 てある。オ 小活
よって,本商標と引用商標4とは,非類似の商標てある。
(6) 結論 以上のとおり,本商標と引用各商標とは,いすれも非類似の商標てある。〔被告の主張〕
1 引用各商標の適格性について 原告は,引用各商標の商標登録は公序良俗に反するとして,引用各商標には,商標法4条1項11号の適用において,引用商標としての適格性かない旨主張する。
 しかし,原告の上記主張は,引用各商標か商標法4条1項7号に該当するとして, その登録について疑問を呈するものにほかならす,別途,商標登録の無効審判の請 求をする際の無効理由にするのてあれはともかく,本商標の同項11号該当性を否定する理由とはならない。 よって,原告の主張は,失当てある。2 本商標の商標法4条1項11号該当性について (1) 商標の類否の判断基準商標法4条1項11号に係る商標の類否は,同一又は類似の商品又は役務に使用 された商標か,その外観,観念,称呼等によって取引者,需要者に与える印象,記 憶,連想等を総合して,その商品又は役務に係る取引の実情を踏まえつつ全体的に 考察すへきものてあり,また,複数の構成部分を組み合わせた結合商標と解される ものについて,商標の構成部分の一部を抽出し,この部分たけを他人の商標と比較 して商標そのものの類否を判断することは,その部分か取引者,需要者に対し,商 品又は役務の出所識別標識として強く支配的な印象を与えるものと認められる場合 ,それ以外の部分から出所識別標識としての称呼,観念か生しないと認められる 場合なとには,許されるものてある。(2) 本商標について
本商標は,下部を水平にそろえた長い羽根飾りを冠した右向きのインティアン の横顔の図形(同図形の中央部分に,比較的大きく描かれた特徴のある筆記体の書 体て表した欧文字「Indian」を含む。)と,その下部に欧文字「India n Motocycle Co.,Inc.」を細字の筆記体て表した構成からな る結合商標てある。すなわち,本商標は,上段の図形部分と下段の欧文字部分とか,一見して確 に分離されて看取されるものといえる。そして,本商標の上記図形は,本商標の主要な部分を占め,図形か印象的て あることもあいまって,商品の出所識別標識として強く支配的な部分てあるといえ る。また,下段の欧文字部分は,単なる付記的部分といえるほと小さく表されている ものてはないし,上段の図形部分と常に一体のものと認識されなけれはならない特 段の事情も認められないから,商品の出所識別標識としての機能を十分発揮し得る ものといえる。そうすると,本商標は,上段の図形部分と下段の欧文字部分とか,それそれ独 立して,自他商品の識別標識として機能し得るものといえる。してみれは,本商標は,その構成中,上段の図形部分と,下段の欧文字部分の, それそれの部分たけを他人の商標と比較することも,許されるというへきてある。
 そこて,本商標の称呼及ひ観念を検討すると,上段の図形部分は,インティア ンの図形と特徴のある筆記体の書体て表した「Indian」との欧文字からなる ところ,当該文字は,「インティアン(アメリカの先住民ないし北米原住民)」の 意味を有する語として広く知られているから,インティアンの図形及ひ「Indi an」との文字部分のいすれからも「インティアン(アメリカの先住民ないし北米 原住民)」との観念を生し,また,「Indian」の文字部分から「インティアン」との称呼を生しるものといえる。 他方,下段の欧文字部分のうち,「Co.,Inc.」の文字は,法人組織を意味する「Company Incorporated」の略語として知られ,かつ,一般に用いられてい ることから,単に株式会社等てあることを認識させるにすきす,当該文字から,自 他商品の識別標識としての称呼・観念を生しるとはいい難い。そうすると,下段の欧文字部分は,構成文字に相応して,「インティアンモトサ イクルシーオーインク」,「インティアンモトサイクルカンハニーインク」の称呼 か生しるほか,「インティアンモトサイクル」の称呼をも生しるものといえる。また,「原野に設けた非舗装のコースを周回するオートハイ競技」か「モトクロ ス」と一般に称され,「moto」「モト」か「モーター」と同義てその略語とし て一般に使用されていること,「モーターサイクル」は,英語の「motorcy cle」を語源とする「オートハイ」「自動二輪車」を意味する外来語として一般 的に認識,理解されていることか認められ,このような実情に鑑みれは,下段の欧 文字部分からは,「インティアンモトサイクルという名称のオートハイ(自動二輪 車)を扱う会社」との観念を生しるほか,「インティアンのオートハイ(自動二輪 車)」との観念をも生しるものというへきてある。(3) 引用各商標について ア 引用商標1
引用商標1は,「インティアンモーターサイクル」の片仮名を横書きしてなる商 標てあるから,「インティアンモーターサイクル」との称呼か生し,前半の「イン ティアン」からは「インティアン(アメリカの先住民ないし北米原住民)」との, 後半の「モーターサイクル」からは「オートハイ」「自動二輪車」との観念を生し るのて,引用商標1全体としては,「インティアンのオートハイ(自動二輪車)」 との観念を生しるものというへきてある。イ 引用商標2
引用商標2は,下部を水平にそろえた長い羽根飾りを冠した右向きのインティア ンの横顔の図形(同図形の中央部分に,白抜きて比較的大きく描かれた特徴のある 筆記体の書体て表した欧文字「Indian」を含む。)と,その下部に欧文字「M OTOCYCLE」を細字の活字体て表した構成からなる結合商標てある。すなわち,引用商標2は,上段の上記図形と下段の欧文字部分とか,一見して 確に分離されて看取されるものといえる。そして,上段の図形部分は,引用商標2の主要な部分を占めるほと大きく表され ているし,特徴あるインティアンの横顔の図形は,ほとんと黒く塗りつふされてい ることもあいまって,見る者の目を強く引きつける部分てあるから,商品の出所識 別標識として強く支配的な部分てあるといえる。してみれは,引用商標2は,上段の図形部分たけを他人の商標と比較することも, 許されるというへきてある。そうすると,引用商標2は,上段の図形部分かインティアンの図形と特徴のある 筆記体の書体て表した「Indian」との欧文字からなるから,いすれからも「イ ンティアン(アメリカの先住民ないし北米原住民)」との観念を生し,「Indi an」の文字部分から「インティアン」との称呼を生しるものといえる。ウ 引用商標3
引用商標3は,黒塗りの円形図を背景として,その内側中央に,頭部の羽根飾り を前方に突出させた左向きインティアンの図形を配し,同図形の外側に配した白塗りの三重の円弧の図形の外周に沿って,「WOLD FINET MOTO CYCLE」と欧文字の活字体て表記し,その下方に,黒塗りの長方形図を背景 として,特徴のある筆記体の書体て表した欧文字「Indian」と,白抜きの活 字体欧文字「MOTOCYCLE」とを上下2段に表した構成からなるものてある ところ,その構成中の欧文字「Indian」は,特徴のある筆記体の書体て,活 字体の「MOTOCYCLE」とは,その書体か異なり,また,文字の大きさも, 欧文字「Indian」の方か,欧文字「MOTOCYCLE」よりはるかに大き く,ともに看者の注意を引くインティアンの図形と,「インティアン(アメリカの 先住民ないし北米原住民)」という観念を共通にしているから,引用商標3を見た 取引者,需要者は,引用商標3を,日本人にとって一般によく知られているインテ ィアンを用いた商標として,認識し,理解するものというへきてある。また,インティアンの図形の周りにある「WOLD FINET MOT OCYCLE」との欧文字は,引用商標3中の欧文字「Indian」及ひ「M OTOCYCLE」と比へて,その文字の大きさかかなり小さく,離隔的に見たと きに判読か困難なほとてあることからすると,補助的な文字標章てあり,これを, インティアンの図形,「Indian」及ひ「MOTOCYCLE」の欧文字と同 様に,取引者,需要者の注目を集める顕著な部分てあるとみることはてきない。そうすると,引用商標3は,「Indian」との文字部分か商品の出所識別標 識として強く支配的てあり,この部分たけを他人の商標を比較することも許される というへきてあるから,これより「インティアン」との称呼を生し,「インティア ン(アメリカの先住民ないし北米原住民)」との観念も生しるものといえる。エ 引用商標4
引用商標4は,黒塗りの円形図形を背景として,その内側中央に,頭部の羽根飾 りを前方に突出させた左向きのインティアンの図形を配し,当該図形の外周に沿っ て,「INDIAN MOTOCYCLE」との欧文字を表した構成からなるも のてある。そうすると,その構成中の「INDIAN MOTOCYCLE」の文字部分 から,「インティアンモーターサイクル」との称呼を生し,前半の「INDIAN」 からは「インティアン(アメリカの先住民ないし北米原住民)」との,後半の「M OTOCYCLE」からは「オートハイ」「二輪自動車」との観念を生しるのて, 引用商標4全体としては,「インティアンのオートハイ(二輪自動車)」との観念 を生しるものというへきてある。(4) 取引の実情
本商標と引用各商標の抵触する指定商品は,いすれも洋服等の被服類てあるか ら,その需要者は,一般の消費者(ファッションに関心を持つ若い男性層を含む。) てあり,その需要者を共通にするものといえる。そして,こういった需要者は,必 すしも商標フラントについて詳しい知識を持つ者はかりてはなく,商品の購入に 際し,メーカー名なとについて常に注意深く確認するとは限らないことは,経験則 に照らしてらかてあり,簡易迅速を尊ふ商取引の実際にあっては,称呼・観念か 共通(又は類似)する商標同士は,互いに混同を生するおそれかあるというへきて ある。(5) 類否の判断
ア 本商標と引用商標1及ひ4との類否判断
(ア) 外観 本商標と,引用商標1及ひ4の外観を比較すると,前記(2),(3)ア及ひエのとおり,差異を有するものてある。
(イ) 観念及ひ称呼 本商標の下段の欧文字部分から生しる「インティアンモトサイクル」との称呼と,引用商標1及ひ4から生しる「インティアンモーターサイクル」との称呼を比 較すると,前部の「インティアン」及ひ後部の「サイクル」は共通てあり,その中 間において,前者の「モト」か,後者ては「モーター」となっている点か相違する にすきない。そして,相違する称呼のうち,「モ」と「モー」の音は,単に長音を伴っているかとうかて相違するにすきない。また,「ト」と「ター」の音は,長音 を伴っているかとうかて相違するほか,母音においても相違するか,いすれもタ行 に属する同質音てある。そうすると,本商標と,引用商標1及ひ4を,それそれ一連に称呼するときは, 全体の音感,音調か近似した紛らわしいものとなることからかてある。したかって,本商標と引用商標1及ひ4とは,称呼において類似するというへ きてある。そして,観念において,両者は,ともに「インティアンのオートハイ(自動二輪 車)」との観念か生しるものてあるから,その観念を共通にするものてある。(ウ) 商標法4条1項11号該当性
以上のとおり,本商標と引用商標1及ひ4とは,前記の取引の実情を踏まえて 比較すると,外観上の差異を考慮しても,観念を共通にし,称呼において類似する ものてあるから,互いに相紛らわしい類似の商標というへきてある。そして,本商標の指定商品と,引用商標1及ひ4の指定商品とは,同一又は類 似の商品と認められるものてある。したかって,本商標は,引用商標1及ひ4に類似する商標てあって,その指定 商品と同一又は類似する商品について使用をするものてあるから,商標法4条1項 11号に該当するというへきてある。イ 本商標と引用商標2との類否判断
(ア) 外観 本商標と引用商標2との外観を比較すると,前記(2)及ひ(3)イのとおり,両者は,下段の欧文字部分において相違するものの,本商標中の上段の図形部分と引 用商標2中の上段の図形部分は,線書きてあるか黒塗りてあるかという差異はある か,その構成,態様は軌を一にしており,各図形部分中に書された「Indian」 との文字部分は,ほほ同様の特徴のある筆記体の書体て表されているから,外観上 の近似性を有するものといえる。(イ) 観念及ひ称呼
本商標と引用商標2は,いすれも「インティアン(アメリカの先住民ないし北 米原住民)」との観念及ひ「インティアン」との称呼を生しるものてあるから,両 者の観念及ひ称呼は共通する。(ウ) 商標法4条1項11号該当性
以上のとおり,本商標と引用商標2とは,前記の取引の実情を踏まえて比較す ると,外観は近似性を有し,かつ,「インティアン(アメリカの先住民ないし北米 原住民)」との観念及ひ「インティアン」との称呼を共通にし,ともに日本人にと って一般によく知られているインティアンを用いた商標として類似性を有している 以上,出所について誤認混同を生するおそれを否定てきないというへきてある。そして,本件指定商品と引用商標2の指定商品とは,同一又は類似の商品と認め られるものてある。したかって,本商標は,引用商標2に類似する商標てあって,その指定商品と 同一又は類似する商品について使用をするものてあるから,商標法4条1項11号 に該当するというへきてある。ウ 本商標と引用商標3との類否判断
(ア) 外観 本商標と引用商標3との外観を比較すると,前記(2)及ひ(3)ウのとおり,幾つかの点か相違するものの,本商標と引用商標3の要部たり得る「Indian」 との欧文字部分ては,線書き文字てあるか縁取り文字てあるかの差異かあるものの, ほほ同様の特徴のある筆記体の書体て表されていることからすれは,当該文字部分 において,外観上の近似性を有するといえる。(イ) 観念及ひ称呼
本商標と引用商標3は,いすれも「インティアン(アメリカの先住民ないし北 米原住民)」との観念及ひ「インティアン」との称呼を生しるものてあるから,両 者の観念及ひ称呼は共通する。(ウ) 商標法4条1項11号該当性
以上のとおり,本商標と引用商標3とは,前記の取引の実情を踏まえて比較す ると,外観において差異を考慮したとしても,ほほ同様の特徴のある筆記体の書体 て表された「Indian」の欧文字部分を互いに有し,かつ,「インティアン(ア メリカの先住民ないし北米原住民)」との観念及ひ「インティアン」との称呼を共 通にし,ともに日本人にとって一般によく知られているインティアンを用いた商標 として類似性を有している以上,取引の実際において,出所について誤認混同を生 するおそれを否定てきないというへきてある。そして,本件指定商品と引用商標3の指定商品とは,同一又は類似の商品と認め られるものてある。したかって,本商標は,引用商標3に類似する商標てあって,その指定商品と 同一又は類似する商品について使用をするものてあるから,商標法4条1項11号 に該当するというへきてある。(6) 結論
以上のとおり,本商標は,引用各商標と類似する商標てある。
 第4 当裁判所の判断1 商標の類否判断
商標法4条1項11号に係る商標の類否は,同一又は類似の商品又は役務に使用 された商標か,その外観,観念,称呼等によって取引者,需要者に与える印象,記 憶,連想等を総合して全体的に考察すへきてあり,かつ,その商品の取引の実情を らかにし得る限り,その具体的な取引状況に基ついて判断するのを相当とする(前 掲最高裁昭和43年2月27日第三小法廷判参照)。しかるところ,複数の構成部分を組み合わせた結合商標については,商標の各構 成部分かそれを分離して観察することか取引上不自然てあると思われるほと不可分 的に結合しているものと認められる場合において,その構成部分の一部を抽出し, この部分たけを他人の商標と比較して商標そのものの類否を判断することは,原則として許されない。他方,商標の構成部分の一部か取引者,需要者に対し商品又は 役務の出所識別標識として強く支配的な印象を与えるものと認められる場合,そ れ以外の部分から出所識別標識としての称呼,観念か生しないと認められる場合な とには,商標の構成部分の一部たけを他人の商標と比較して商標そのものの類否を 判断することも,許されるというへきてある(最高裁昭和38年12月5日第一小 法廷判・民集17巻12号1621頁,最高裁平成5年9月10日第二小法廷判 ・民集47巻7号5009頁,最高裁平成20年9月8日第二小法廷判・裁判 集民事228号561頁参照)。そこて,以上説示した見地から本商標と引用各商標との類否について検討する。
 (1) 本商標について 本商標は,別紙本商標目録記載のとおり,下部を水平にそろえた長い羽根飾りを冠した右向きのインティアンの横顔と羽根飾りの中央部分に筆記体の書体て表 した「Indian」との欧文字を配した図形と,その下部に筆記体の書体て表し た「Indian Motocycle Co.,Inc.」との欧文字を配した 構成からなる商標てある。なお,インティアンの横顔及ひ羽根飾りは線引きて表さ れている。上記のとおり,本商標は,上段の図形部分と下段の欧文字部分とから構成され ているところ,上段の図形部分は,羽根飾りを冠したインティアンの横顔という印 象的な意匠てあり,また,同図形の横幅は下段の欧文字部分と概ね一致しているも のの,欧文字部分の上段に,当該欧文字部分の約4倍程度の縦幅をもった大きさて 配されていることからすると,外観上,上段の図形部分は,下段の欧文字部分に比 して,見る者の注意をより引くものてあるということかてきる。そうすると,本商標のうち,上段の図形部分は,これを分離して観察すること か取引上不自然てあると思われるほと不可分に結合しているものということはてき す,本商標のうち,上段の図形部分たけを引用各商標と比較して商標の類比の判 断をすることも許されるというへきてある。したかって,本商標からは,上段の図形部分からも,称呼,観念を生し得るも のというへきてある。(2) 引用商標2について
引用商標2は,別紙引用商標目録2記載のとおり,下部を水平にそろえた長い羽 根飾りを冠した右向きのインティアンの横顔と羽根飾りの中央部分に白抜きの筆記 体の書体て表した「Indian」との欧文字を配した図形と,その下部に筆記体 の書体て表した「MOTOCYCLE」との欧文字を配した構成からなる商標てあ る。なお,インティアンの横顔及ひ羽根飾りは黒塗りて表されている。上記のとおり,引用商標2は,上段の図形部分と下段の欧文字部分とから構成さ れているところ,上段の図形部分は,羽根飾りを冠したインティアンの横顔という 印象的な意匠てあり,また,その横幅は下段の欧文字部分より広く,当該欧文字部 分の上段に,欧文字部分の約4倍程度の縦幅をもった大きさて配されていることか らすると,外観上,上段の図形部分は,下段の欧文字部分に比して,見る者の注意 をより引くものてあるということかてきる。そうすると,引用商標2のうち,上段の図形部分は,これを分離して観察するこ とか取引上不自然てあると思われるほと不可分に結合しているものということはて きす,引用商標2のうち,上段の図形部分たけを本商標と比較して商標の類比の 判断をすることも許されるというへきてある。したかって,引用商標2からは,上段の図形部分からも,称呼,観念を生し得る ものというへきてある。(3) 本商標と引用商標2との類否
ア 外観について 本商標中の上段の図形部分と,引用商標2中の上段の図形部分を対比すると,下部を水平にそろえた長い羽根飾りを冠した右向きのインティアンの横顔と羽根飾 りの中央部分に筆記体の書体て表した「Indian」との欧文字を配した構成と された点て一致している。他方,本商標の図形部分は,インティアンの横顔羽根飾りか線引きてあるのに対し,引用商標2の図形部分ては,これらか黒塗りとさ れているという相違かあるほか,引用商標2ては,羽根の中に白抜きの模様か入っ ている点,顔の図形顔にかかる髪の形状あるいは首首輪の部分の形状等にお いても,若干の相違は存在するものの,前記のとおり,下部を水平にそろえた長い 羽根飾りを冠した右向きのインティアンの横顔と羽根飾りの中央部分に筆記体の書 体て表した「Indian」との欧文字を配するという全体的な構成としては,軌 を一にするものてあり,外観上の印象は相互に近似するものと認められる。イ 称呼について
本商標の上段の図形部分からは,髪飾り中に配された「Indian」との欧 文字から,「インティアン」との称呼か生する。また,引用商標2の上段の図形部分からも,髪飾り中に配された「Indian」 との欧文字から,「インティアン」との称呼か生する。したかって,本商標と引用商標2からは,同一の称呼か生するものてある。
 ウ 観念について(ア) 本商標の上段の図形部分からは,インティアンの横顔と髪飾り中の「Indian」との欧文字から,「南北アメリカの先住民」との観念を生し得る(乙 7)。また,引用商標2の上段の図形部分からも,インティアンの横顔と髪飾り中の「I ndian」との欧文字から,同様に,「南北アメリカの先住民」との観念を生し 得る。したかって,本商標と引用商標2からは,同一の観念か生するものてある。(イ) 原告は,周知の商標てある本商標からは,「原告」との観念あるいは「原 告の商品」との観念か生すると主張する。しかしなから,仮に,本商標か本件指定商品の取引者,需要者の間て広く知ら れていたとしても,本商標の上段の図形部分に表されたインティアンの横顔と髪 飾り中の「Indian」との欧文字から,インティアン(南北アメリカの先住民)との観念か生し得ることは否定てきないのてあって,同図形部分からは専ら「原告」 あるいは「原告の商品」との観念のみか生するものと認めることはてきない。エ 以上のとおり,本商標と引用商標2は,同一の称呼・観念か生し,外観上 も全体の構成として近似した印象を持たせるものてあるから,本商標は,引用商 標2と類似するものてある。(4) 商品の類比
本件指定商品は第25類「被服」てあり,引用商標2の指定商品は第25類「洋 服,コート,セーター類,ワイシャツ類,寝巻き類,下着,水泳着」てあるから, 両者の指定商品は同一又は類似するものてある。(5) 取引の実情について
前記のとおり,本件指定商品は第25類「被服」てあり,引用商標2の指定商品 は第25類「洋服,コート,セーター類,ワイシャツ類,寝巻き類,下着,水泳着」 てある。これらの商品の需要者は,一般の消費者てあるところ,一般の消費者にお いては,必すしも商標フラントについて詳細な知識を持つ者はかりてはなく,商 品の購入に際して,フラント名等を常に注意深く確認するとは限らないから,簡易 迅速を尊ふ商取引の実際にあっては,同一の称呼,観念か生し,外観上も全体の構 成において近似する商標てある本商標と引用商標2については,誤認混同を生す るおそれかあるというへきてある。(6) 商標法4条1項11号該当性
以上のとおり,本商標と引用商標2とは類似し,かつ,その指定商品は同一又 は類似するものてあるから,本商標は,商標法4条1項11号に該当すると認め るのか相当てある。2 原告の主張について
原告は,引用商標2は東洋エンターフライスにおいて商品に使用する意思かない のに原告の業務を妨害する意図て出し登録を得たものてあり,公序良俗に反し, 商標法4条1項7号により商標登録を無効にすへきものてあるとして,引用商標2は,同項11号の適用に当たり,引用商標としての適格性を欠くものてある旨主張 する。しかしなから,商標法は,同法4条において,商標登録出に際して商標登録を 受けることかてきない商標の類型を規定し,同法46条1項において,商標登録を 無効にする審判を請求することかてきる事由を規定しているように,商標登録を受 けることかてきない事由と商標登録を無効にする審判を請求することかてきる事由 を確に分けて規定している。そして,同法46条の2第1項本文は,商標登録を 無効にすへき旨の審か確定したときは,商標権は,初めから存在しなかったもの とみなすと規定している。また,商標登録の無効については,上記無効審判請求か てきるほか,商標権者等の権利行使の際に無効主張か認められている(同法39条 て特許法104条の3,1項及ひ2項を準用)か,商標法4条1項11号にいう「商 標登録出の日前の商標登録出に係る他人の登録商標」について,当該商標登録 か同法46条1項掲記の事由に該当するものてないことを定めた規定はない。以上のような商標法の構造からすると,商標法4条1項11号にいう「商標登録 出の日前の商標登録出に係る他人の登録商標」は,当該商標登録を無効にすへ き旨の審か確定したものてないのてあれは,商標登録を受けようとする商標の同 号該当性の判断において,引用商標としての適格性を失うものてはないと解するの か相当てある。したかって,原告の主張は,採用することかてきない。
3 結論 以上の次第てあるから,その余の点について検討するまてもなく,原告主張の取消事由は理由かない。
 よって,本件審は相当てあって,原告の請求は理由かないから,これを棄却することとし,主文のとおり判する。 知的財産高等裁判所第4部
裁判長裁判官 富田善範
裁判官 大鷹一郎
裁判官 齋 藤 巌
(別紙)
本商標目録

(別紙) 引用商標目録
1 引用商標1
出日:平成3年11月5日 設定登録日:平成6年3月31日 商標登録番号:第2634277号 商標の構成:インティアンモーターサイクル 指定商品登録時:第17類「被服,その他本類に属する商品」
書換登録時(平成17年7月13日):第5類「失禁用おしめ」,第9類「事 故防護用手袋,防しんマスク,防毒マスク,溶接マスク,防火被服」,第10類 「医療用手袋」,第16類「紙製幼児用おしめ」,第17類「絶縁手袋」,第2 0類「クッション,座布団,まくら,マットレス」,第21類「家事用手袋」, 第22類「衣服綿,ハンモック,布団袋,布団綿」,第24類「布製身の回り品, か,敷布,布団,布団カハー,布団側,まくらカハー,毛布」,第25類「洋 服,コート,セーター類,ワイシャツ類,寝巻き類,下着,水泳着,水泳帽,和 服,エフロン,えり巻き,靴下,ケートル,毛皮製ストール,ショール,スカー フ,足袋,足袋カハー,手袋,布製幼児用おしめ,ネクタイ,ネッカチーフ,ハ ンタナ,保温用サホーター,マフラー,耳覆い,すきん,すけかさ,ナイトキャ ッフ,ヘルメット,帽子」更新登録:平成16年2月10日
2 引用商標2 出日:平成6年9月21日 設定登録日:平成16年2月27日 商標登録番号:第4751422号 商標の構成指定商品:第25類「洋服,コート,セーター類,ワイシャツ類,寝巻き類,下 着,水泳着」3 引用商標3 出日:平成6年9月21日 設定登録日:平成16年2月27日 商標登録番号:第4751423号 商標の構成:指定商品:第25類「洋服,コート,セーター類,ワイシャツ類,寝巻き類,下着,水泳着」
4 引用商標4 出日:平成9年1月14日 設定登録日:平成16年2月27日 商標登録番号:第4751425号 商標の構成:指定商品:第25類「洋服,コート,セーター類,ワイシャツ類,寝巻き類,下 着,水泳着,和服,エフロン,えり巻き,靴下,ショール,スカーフ,手袋,ネク タイ,ネッカチーフ,マフラー」
判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket