平成25年10月17日判言渡 同日原本領収 裁判所書記官 平成24年(ワ)第10782号 特許発実施料支払請求事件 口頭弁論の終結の日 平成25年8月30日判 東京都新宿区<以下略>
原 告 株式会社ライツフォル 同訴訟代理人弁護士 長坂省 藤沢彩乃 中城由貴東京都渋谷区<以下略>
被 告 株式会社アートネイチャー 同訴訟代理人弁護士 相澤光江古城春実
衛藤佳樹 主文
原告の請求を棄却する。
 訴訟費用は原告の負担とする。
事実及ひ理由
第1 請求 被告は,原告に対し,1000万円及ひこれに対する訴状送達の日の翌日から支払済みまて年6分の割合による金員を支払え。
 第2 事案の概要本件は,かつらの製造方法に関する特許権を有する原告か,通常実施権を許 諾した被告に対し,かつら●(省略)●台に相当する実施料合計●(省略)● 円の未払かあるとして,そのうちの1000万円及ひこれに対する訴状送達の 日の翌日から支払済みまて商事法定利率年6分の割合による遅延損害金の支払を求める事案てある。
1 前提事実(当事者間に争いのない事実並ひに各項末尾掲記の証拠及ひ弁論の全趣旨により認められる事実)
(1) 原告は,かつら及ひヘアーアクセサリーの製造及ひ販売等を目的とする株式会社てあり,被告は,毛髪製品の製造及ひ販売等を目的とする株式会社てある。
(2) 本件特許権
原告は,発の名称を「かつらの製造方法」とする特許権(特許番号第4 387986号。以下「本件特許権」という。)の特許権者てあり,その特許 出の書に添付された特許請求の範囲の請求項1の記載は,次のとおりて ある(以下,この請求項1に係る発を「本件発」という。)。
 「第1かつらヘースに毛髪を植毛し,該第1かつらヘース上の第2かつらヘースに前記毛髪を挿通させるかつらの製造方法てあって, 前記毛髪をかつら装着時の内側方向に向けて前記第1かつらヘースに植毛 し, 前記第1かつらヘースの植毛位置の法線に対して前記毛髪か前記第1かつ らヘース及ひ前記第2かつらヘース間て傾くように,前記毛髪の傾き角度 を少なくとも分け目部て調整して前記毛髪を前記第1かつらヘース及ひ前 記第2かつらヘースを通してかつら装着時の外側方向に引き抜く, ことを特徴とするかつらの製造方法。」(甲3)
(3) 原告は,平成23年7月15日,被告に対し,本件特許権について通常実施権を許諾した。これにつき作成された合意書(甲4)には,原告を甲と し,被告を乙として,4条(実施料)に次の記載かある。●(省略)●
(4) 被告は,原告に対し,平成23年8月31日に●(省略)●円を支払い,さらに,次のとおり,四半期末日締めて集計した報告書を提出して,同年9 月30日に●(省略)●円,同年12月29日に●(省略)●円,平成24 年3月30日に●(省略)●円をそれそれ支払った。ア 平成23年第1四半期(平成23年4月1日から同年6月30日まて)販売数量 ●(省略)●台 販売価格 ●(省略)●円 実 施 料 ●(省略)●円イ 平成23年第2四半期(平成23年7月1日から同年9月30日まて) 販売数量 ●(省略)●台販売価格 ●(省略)●円
実 施 料 ●(省略)●円
ウ 平成23年第3四半期(平成23年10月1日から同年12月31日ま て)販売数量 ●(省略)●台 販売価格 ●(省略)●円 実 施 料 ●(省略)●円2 争点及ひこれについての当事者の主張 争点は,実施料の未払かあるか否かてあり,具体的には,被告か,原告に報告したもののほかに本件発を実施してオーターメイトかつらを製造,販売し たか否かてある。(1) 原告
被告は,平成23年第2四半期,第3四半期において,原告に報告したも ののほかに,「HAI FO LIFE FONTIE」(ヘア・フ ォ ー ラ イ フ フ ロ ン テ ィ ア ),「  I L K Y F  O N T I E  」( シ ル キ ー フ ロ ン テ ィ ア ),「 P  O  T A G E 」( フ ロ ス テ ー シ ),「 A  T  e r a 」 (アートセラ)及ひその他エアスキン構造を用いた一切のオーターメイトかつら(以下「本件かつら」という。)を少なくとも2000台すつ製造,販売 した。これらは,いすれもエアスキン構造を用いたものてあるか,エアスキ ン構造は,かつら装着時に内側に位置するかつらヘース(以下「内側ヘース」 という。)に毛髪を植毛し,かつら装着時に外側に位置するかつらヘース(以 下「外側ヘース」という。)に毛髪を挿通させ,内側ヘースに毛髪を装着時の 内側方向に向けて植毛し,内側ヘースに植毛された毛髪か,外側ヘースと内 側ヘースととの間て傾くように,前記毛髪の角度を調整し,かつら装着時の 外側に引き抜いて製造するのてあって,本件発を実施しなけれは,これを 製造することはてきない。(2) 被告 被告は,平成23年6月21日,名称を「かつらの製造方法」とする発について特許出し,この特許出は平成25年1月7日に出公開された か,被告は,平成23年5月1日以降,上記発を実施してオーターメイト かつらを製造しているのてあって,本件発は実施していない。第3 当裁判所の判断
1 被告か平成23年第2四半期,第3四半期において原告に報告したもののほかに本件かつらを製造,販売したことを認めるに足りる証拠はない。そして, この点を措くとしても,被告か,平成23年5月1日以降,被告のオーターメ イトかつらにおいて毛髪を内側ヘースに植毛する際に毛髪を装着時の内側方 向に向けて植毛していたことを認めるに足りる証拠はない。2 原告は,エアスキン構造は,自毛か生えているような自然なつむし,髪の毛 の立ち感か自然な分け目等を特徴としているところ,これを実現するためには, 毛髪をかつら装着時の内側方向に向けて内側ヘースに植毛する必要かあるか ら,本件かつらは,当然に毛髪をかつら装着時の内側方向に向けて内側ヘース に植毛しているといえると主張する。確かに,証拠(甲8,10)によれは被 告の内部資料(甲8)には,エアスキン構造を用いたかつらについて,「ヘア・フォーライフの生え際の技術を活かし,分け目,つむしは,生えているような 毛立ちのよさを追求しました。」,「生えているような毛立ちのよさを追求しま した。自然さを実現したコンセフト商品」,「分け目,つむし部分は,「エアス キン」を採用し,軽く通気性に優れており生えているような自然さを演出しま す 。」 と の 記 載 か あ り ,「 A  T  e r a 」( ア ー ト セ ラ ) の ハ ン フ レ ッ ト ( 甲 10)には,「下層ヘースに植毛した人工毛を上層ヘースへ引き抜く二層構造 により,地肌から生えているような外観を実現。」,「渦を巻くような植毛技術 ていつても自然な毛流れをキーフ」との記載かあることか認められるか,エア スキン構造を用いたかつらにこのような特徴かあるとしても,これを実現する ために毛髪をかつら装着時の内側方向に向けて内側ヘースに植毛する必要か あることについては,何ら立証かない。そうてあるから,原告の上記主張は, 採用することかてきない。また,原告は,被告か製造して平成24年10月31日に販売したオーター メイトかつら「ヌートファイン」は,本件発に係る原告の製品と同一てある から,本件発の方法により製造したものと推定されると主張するか,このこ とを認めるに足りる証拠はないから,原告の上記主張は,これを採用すること はてきない。3 したかって,被告か,原告に報告したもののほかに本件発を実施してオー ターメイトかつらを製造,販売したことは認められないから,被告か原告に支 払うへき実施料の未払はない。4 よって,原告の請求は,理由かないから,これを棄却することとして,主文 のとおり判する。東京地方裁判所民事第47部
裁判長裁判官 高野輝久 5
裁判官 三井大有
裁判官 藤 田 壮
判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket