被告人は無罪。
主文
理由 第1 訴因変更後の公訴事実の要旨
被告人は,平成
 24 年
 9 月
 5 日午後
 8 時
 10 分頃,北海道北広島市 a 町 b 丁目 c 番地 d 被告人方居間において,うつ伏せに倒れていたA(当時
 31 歳)の背部に馬乗りになり, その後頸部を手て押さえる暴行を加えて,同人の胸腹部及ひ顔面を床面に圧迫させ, よって,その頃,同所において,同人を窒息により死亡させた。第2 無罪と判断した理由 以下の日付は,特記無き限り平成
 24 年のものてある。1 前提事実
 以下の事実は,当事者間に争いか無く,証拠により,認定てきる。(1) 被告人は,2 歳違いの弟てあるA及ひ父母と同居していた。本件当時,被告人は身 長 170cm,体重 96.3kg てあり,Aは身長 165cm,体重 68kg てあった。Aは,平成
 13 年頃に統合失調症を発症して以降,入通院を繰り返していた。平成
 23 年頃から本件に至るまては,統合失調症の症状か不安定となり,「被告人か自分の部 屋に入ってきて物を盗む。」なとと言っていた。春頃には,Aか,被告人の部屋に入 り,ハイフ椅子て被告人に殴りかかり,ものすこい物音に気かついた父親か駆けつけ ても,Aは,「警察ても何ても呼へや。」,「俺のCDや金か盗まれる。」なととわ めいて暴れたのて,父親か,両者の間に入ってAに抱きつき,Aを落ち着かせて自分 の部屋に戻らせたということかあった。(2)
 9 月
 5 日本件当日午後
 6 時
 30 分頃,被告人か,風呂から上かり,脱衣所を出たと ころ,居間にいたAか,被告人に対し,「CDとCDフレーヤーとったたろ。」と言 いなから突進してきて,被告人の顔面を拳て立て続けに
 2 発殴った。被告人は,両手をAの両肩に当てて,両腕を突っ張るようにして,「話聞いて よ。」と言った。しかし,Aは,「CDとCDフレーヤー…。」なとと言って,さらに殴りかかって きたため,被告人は,Aの肩から右手を外し,Aの顔面辺りを右手拳て
 1 発殴った。Aは,なおも被告人に殴りかかろうとしたため,被告人は,再ひ両腕を伸はして, Aの両肩を押して突っ張るようにして押し返した。Aも,被告人の両肩に両手を伸は して押していた。被告人はAの押す力をそらすために横方向へ動いたのて,被告人と Aは,居間てくるくる回りなから押し合いを続けた。両者は,疲れると休み,しはら くして,また押し合うということを,4 回ほと続けた。その後,Aは,被告人の左腕を取って腰に被告人の体を乗せ,柔道の背負い投けの ように被告人を投けようとしたか,Aか体勢を崩したことから,両者とも前のめりに 倒れ,毛の長さ約 6mm のしゅうたんの上にうつ伏せになったAの上に,被告人か重な る状態になった。そこて,被告人は,うつ伏せに倒れているAの太もも付近に,Aの頭の方を向いて またかるように乗った。それてもAか起き上かろうとしたため,被告人は,Aの腰を 押さえた。被告人かAの腰の辺りに乗ろうとして腰を浮かせたところ,Aか両膝を前 に引き寄せて立ち上かろうとしたのて,被告人はすくにAの臀部付近に乗った。する とAは,膝を曲けて足をはたつかせ,かかとて被告人の腰の辺りを蹴った。被告人 は,Aの足を押さえてもAか蹴るのをやめなかったため,Aの肩胛骨の下辺りにまた かって座り直した。Aは,なおも,両手を床について,腕立て伏せのような体勢て腕を突っ張って,上 体を起こそうとした。被告人は,Aを起き上からせないように,Aの右手を手て払っ た。Aは,手の支えか外れると体勢か崩れてうつ伏せになったか,すくにまた腕を突 っ張って起き上かろうとしたのて,被告人はAの手を払ったり,Aの首の後ろの辺り を手て押さえて,Aの顔面をしゅうたんに押しつけた。被告人とAは,これらの動作 を
 10 回ほと繰り返した。2 上記の後,さらに,被告人かAの後頸部を押さえつけていたのか,被告人かAの 後頸部を押さえつけていたとき,Aの鼻と口は塞かっていたかには争いかある。そこて,ます,Aの鼻と口は塞かっていたのかを,Aの死因との関連て検討する。(1) Aの死体解剖をしたB医師の公判供述及ひ解剖時のAの遺体の写真(甲20)によれ は,(ア)Aには鬱血性急死の所見かあり,(イ)鬱血性急死には,窒息死,酸素欠 乏性窒息,心臓性突然死か含まれるか,本件てAの周りの酸素濃度か低下していた事 情はないから,酸素欠乏性窒息の可能性はなく,(ウ)Aの肝機能検査や腎機能検査 を行ない,摘出した臓器の病変の有無を確認しても,心臓性突然死を示す積極的な所 見はなかったことか認められる。これらの事実から,Aの死因は,窒息てある可能性 か相当程度高い。加えて,B医師は,(エ)Aの遺体には結膜に程度の強い溢血かあるか,それは, 顔面の鬱血を強く示すものてあり,心臓性突然死よりも窒息死を示唆する所見てある こと,(オ)喉頭粘膜に溢血点や粘膜下出血か見られるか,これは頸部圧迫による窒 息や喉頭部に何か圧力か加わった可能性を示す所見てあり,B医師の経験ては,これ ほと喉頭粘膜に溢血点等か見られる心臓性突然死の事例はないことから,Aは窒息に より死亡した可能性か高いと供述する。B医師は,平成15年以降,1000件以上の死体 解剖に立ち会い,405体の死体については,自ら執刀して鑑定書を作成しており,立ち 会った解剖の約1割は死因か純粋に窒息死てあったというのてあるから,そのような豊 富な経験に基つく同人の上記供述は信用性か高い。そうすると,Aか窒息により死亡 した可能性はより高度てあるといえる。(2) さらに,被告人は,捜査段階においては,Aか強い抵抗をしなくなった後に,被 告人かAの後頸部を押さえていた状態について,再現写真のとおりてあると供述して いるところ(9月21日付検察官調書 乙2),同再現写真によれは,Aの顔は真下を向き, 鼻と口か床に押しつけられた状態となっている。そこて,以下,この被告人供述の信 用性を判断する。被告人は,捜査段階においても,Aの後頸部から手を離した後の被告人及ひAの体 勢に関して,自分の体勢を変えたことは供述しているか,Aの顔の向きか変わるよう な行動については一切供述していない。公判段階においては,Aの後頸部から手を離すときのAの顔の向きか捜査段階の供述とは異なるという前提てはあるか,Aの体を 動かしてはいないと明言している(記録37~38頁)。そうすると,被告人か手を離し て以降,Aの体は,死斑か形成されるまての相当な時間の間,動いていなかったと認 められる。ところて,Aの遺体の両頬には死斑かあるのに,鼻には死斑かない。死斑は,血液 か重力により遺体の下面に集まることにより形成されるところ,両頬に死斑か形成さ れたことは,Aは動かなくなったとき以降,顔を真下に向けていたことを示す所見て ある。鼻に死斑かないことは,同所か圧迫されていたと理解てきる所見てある。そし て,被告人か,Aの後頸部から手を離した後,Aの体は動いていないと認められるこ とを併せ考えると,この死斑についての所見は,乙2のAの顔の向きに関する被告人供 述の信用性を高めるものてある。さらに,被告人のこの点の供述の経緯をみると,被告人は,本件の翌々日てある9月 7日には,Aか頭を正面に向けて下のしゅうたんにつけた状態て「警察呼ふそ。」と言 ったのか最後に聞いた言葉て,そう言ってから1分以内にAは動かなくなった旨を身振 りを交えて供述し,その後,検察官か,Aか「警察呼ふそ。」と言った時の状態を身 振りを交えて確認した時,検察官か顔を左向きにして下を向いたところ,被告人は検 察官に対し,「正面てすね。」とAの顔か真下を向いていたと指示した(甲18,16時17 分 以下,時刻の表示は当該報告書添付のヒテオの時刻を24時間制て示す。)。乙2か 作成された同月21日も,途中からAの手を払わなくなったのかという検察官の質問に 対して,被告人は,真下を向く動作をしてAの顔の向きを説明し(甲19,11時25分), Aの状態を問う検察官の質問に対しても,被告人は「下になってます。」と答え,再 度真下を向く動作をしてAの顔の向きを説明している(甲15,14時37分)。このように, 被告人は,一貫して,自ら,Aの顔の向きか真下てあった旨説明していた。以上から,乙2における被告人供述のうち,Aの顔か真下を向いた状態てあったとい う部分は信用てきる。被告人は,公判廷においては,「Aか強い抵抗をしなくなった際,Aの顔は左頬を 4床につけて右を向いていた。被告人か最後にAの手を払った後,Aは顔を右に向けて, 『警察呼ふそ。』と言い,その後身動きしなくなった。その際,一瞬たけAの目か見 えた。被告人か最後にAの手を払って以降は被告人はAの首を押さえたことはな い。」旨供述する。しかし,同供述とおりたとすると,Aの左頬には死斑か形成され す,逆に,鼻にもある程度の死斑か形成される可能性か高いところ,それか遺体の状 況と異なることは前述のとおりてある。また,上記のとおり,被告人は,検察官に対 しては,一貫してAの顔の向きか真下てあったと説明していたことにも反する。被告 人の公判供述は,これらの点に照らし信用てきない。被告人の父てあるCは,公判廷において,帰宅してAを見た際,Aの顔か右の方を 向いていた旨供述するか,捜査段階の供述から変遷している上,Aの死斑の状態にそ くわない点は被告人の公判供述と同様てあるから,信用てきない。(3) そうすると,Aの遺体の状況のみからしても,Aの死因は窒息てある可能性か相 当程度高い上,体重約90kgの被告人かAの肩胛骨の下辺りに馬乗りになって胸腹部を 圧迫し,さらに,Aの顔か真下を向くようにして後頸部を押さえつけることにより, Aの口と鼻か毛足の長いしゅうたんに押しつけられていたと認められるのてあるから, Aの死因は,Aの背部に馬乗りになり,その後頸部を手て押さえる暴行を加え,Aの 胸腹部及ひ顔面を床面に圧迫させた被告人の行為による窒息てあると認定てきる。なお,弁護人は,心臓性突然死の一つてある致死性不整脈は解剖ても所見を得るこ とかてきないとして,本件ても,致死性不整脈によりAか死亡した可能性かあると主 張するか,上記の点に照らすと,それは抽象的可能性に過きす,合理的疑いを形成す るものてはない。3 次に,被告人か,Aか抵抗しなくなった後もAの後頸部を押さえつけていたかと うかについて判断する。(1) 上記のとおり,Aは被告人の行為により窒息死したことからすれは,Aか窒息死 するに足るある程度の時間,被告人かAの後頸部を押さえ,それによりAの鼻と口か 塞かっていたと推認てきる。被告人は,公判廷においては,「Aか腕立て伏せのように腕を突っ張り,それを自分か払うという行為を繰り返しているときに,Aの首を押 さえたことはあるか,Aか腕を突っ張らなくなった後は,Aの首を押さえたことはな い。最後に,Aの顔は右を向いていた。」旨供述する。しかしなから,Aの顔か右を 向いていたと認められないことは前述のとおりてあるし,ある程度の時間,被告人か Aの首を押さえ続けないとAは窒息死しないことに照らしても,被告人の公判供述は 信用てきない。もっとも,鼻と口を塞かれたAは,当然,気を失うまての間は抵抗をしているてあ ろうから,Aか窒息死するに足るある程度の時間,被告人かAの後頸部を押さえてい たとしても,そのことから,直ちに,Aか抵抗しなくなった後にも相当の時間,被告 人かAの後頸部を押さえていたと認めることはてきない。そして,他にAか抵抗しな くなった後も被告人か相当の時間,Aの後頸部を押さえつけていたことを示す客観的 な証拠はない。この点に関する証拠は被告人の供述しかない。この点,被告人は,捜査段階においては,「被告人かAの背中に馬乗りになってか らの最初の10分間は,Aは,起き上かろうとして,腕を突っ張らせるなと,強く抵抗 していた。Aは,たんたん抵抗する力か弱くなっていったか,被告人はAの背中に馬 乗りになったまま,Aの後頸部を押さえていたところ,Aは,10分位すると完全に動 かなくなった。被告人は,興奮していたため,さらに10分間くらい,Aの背中にまた かったまま,Aの後頸部を力強く押さえ続けていた。」旨供述している(乙2)。そこて,この被告人供述の信用性について検討する。
(2) この点に関する被告人の供述経緯を見ると,ます,被告人は,本件の翌々日てあ る9月7日には,前述のとおり,「Aか『警察呼ふそ。』と言ってから1分も経たないう ちにAは抵抗しなくなり,Aは体力なくなったんたなと思って,自分は座り直したと 思う。」旨供述し(甲18,16時16分~19分),同日作成された検察官調書には,Aか動 かなくなった後にもAの後頸部を押さえていたとの内容は記載されていないと認めら れる(乙7)。乙2か作成された同月21日の取調へては,Aの強い抵抗かなくなった後の 状況について,検察官に最初に説明した際,「て,僕か気かついたら弟か動かなくなったんて,あの,首に手あったんて,ちょっと動かなくなったんてよけたんてす ね。」と供述したり(甲19,11時23分),Aの抵抗かすっと続いていたのかという検察 官の質問に対して,「あのハタハタしてるっていうか,たんたん弱くなってると思う んてすよね。体力使ってるから。僕気かつかなかったんてすけと。て,動かなくなっ たんて,あの,手離したんてすけと。」と供述している(甲19,11時24分)。このよう に,被告人は,当初,気かついたらAか動かなくなっていたのて,後頸部から手を離 した旨供述している。その後,検察官か,被告人に対し,Aの手を途中から払わなくなったのかを確認し た上て,Aか動かない状態ても首を押さえていたのか質問したところ,被告人は「そ うてすね。」と答え,「わかんないてすけと,ちょっと興奮してたんて,興奮冷める まて押さえてました。」と供述し,検察官からとのくらいの時間か質問されると,被 告人は「わかんないてすけと。ちょっと,10分たと思うんてすけと。」と供述して(甲 19,11時26分),被告人は,Aか動かなくなってからも10分間,Aの後頸部を押さえて いた旨供述を変遷させている。また,検察官か,被告人に対し,Aか抵抗していた後の状況について質問したとこ ろ,被告人は,「首押さえてて,興奮冷めるまてか10分たと思います。」と供述して いる(以下,すへて甲15,14時35分)。さらに,検察官か,被告人に対し,警察官調書 ては,Aか抵抗していた時点と動かなくなった時点の間に10分間あったことになって いるか,いすれか正しいのか質問したところ,被告人は,「そうてすね,ええと,暴 れてるのて,押さえてるのか10分て,押さえて力か,あの,動かなくなったのか10分 て,て,僕か興奮冷めるのか10分たと思います。」と供述を変遷させている(14時36分 ~37分)。しかし,検察官か,再度この点を確認したところ,被告人は,「動かなくなった後, 手離したのは覚えてるんてすけと。その後,10分押さえてたか,すく離したか,ちょ っと覚えてないんてすけと。あの,Aか,暴れてて10分て,たんたん力か弱くなって 10分て,あの,動かなくなったのて手離したのか,また興奮してるのて10分くらい押さえてるのかちょっとわかんないてす。」と供述し(14時39分),検察官か,被告人の 記憶としてはとうなのか質問したところ,被告人は,「えーと,ても興奮してたのて。
 ても力か弱くなったから手離したのは覚えてんてすよね。」と供述し(14時40分),検 察官か,Aか動かなくなってから興奮か冷めるまての時間を聞くと,「それか10分か かったのか,えーと,Aか動かなくなって興奮冷めたのかかちょっと覚えてないんて すけと。そうてすね,思い出さないと駄目なんてすけと。ても,そうてすね,動かな くなって離したのは覚えてんてすけと。」と供述し(14時41分),当時興奮していたこ と,動かなくなった後に手を離したのは覚えているか,さらに押さえていたのかは覚 えていないと,またもや供述を変遷させている。そして,検察官から,検察官の言っ ていることか分かるかと質問されると,「動かなくなってから10分を思い出してくた さいって言うことてすよね。」と,Aか動かなくなってからの10分間を説明しなけれ はならないと考えていたことを窺わせる供述をしている(14時47分)。以上のような経過をたとり,最終的に,被告人は,「力か弱くなるまて10分たと思 います。て,興奮か冷めるまて10分たと思います。」と供述し(14時57分),同内容の 乙2か作成された。以上の供述経緯に照らすと,乙2における被告人供述のうち,被告人かAの後頸部か ら手を離した際には,Aか身動きしない状態てあった点や,当時被告人か興奮してい たという大筋については,被告人の供述に変遷はなく,信用てきる。しかし,Aの体 の動きか完全に止まって以降もAの後頸部を10分間押さえていたとする点については, 被告人は記憶していなかったか,検察官から具体的な質問かなされたり,警察官調書 との食い違いについて問われた際に,質問に合わせる形て,Aか死亡するに至るには 被告人かとのような行動をとの程度の時間行なったかを被告人なりにつしつまか合う ように考えて供述をしたために,供述の変遷を繰り返した可能性か高く信用てきない。そうすると,他に証拠のない本件ては,Aか抵抗しなくなった後にも相当の時間, 被告人かAの後頸部を押さえていたとの事実を認定することはてきない。4 以上を前提に,正当防衛の成否を検討する。
(1) なお,上記認定によれは,Aの背部に馬乗りになり,その後頸部を手て押さえる という被告人の行為は,Aの抵抗か続いている間に開始され,Aか動かなくなった後 もある程度の間継続していたと認められる。起訴状記載の公訴事実には,検察官かA か抵抗しなくなったと考えている午後8時10分頃以降の暴行しか記載されておらす,A か動かなくなる前と後て,被告人の行為は2個の行為と評価すへきてあるという第3回 公判期日における検察官の釈明を併せ考えると,起訴検察官の意図は,Aか抵抗しな くなった後の被告人の行為についてのみ処罰を求めるものてあると解される。しかし, Aの背部に馬乗りになり,その後頸部を手て押さえるという行為を,Aか動いている かとうかにより2つに分断することは,法的評価を離れ,社会的にみても,あまりに不 自然てある。したかって,本件ては,Aの抵抗か続いている間から1個の行為かあると 扱うほかはない。その上て,検察官か1個の行為の一部のみを起訴することかてきるか とうかか問題となるか,そのような分断起訴を許すと,検察官か,Aの抵抗か続いて いる間のものを含めて起訴した場合には過剰防衛か成立する可能性かあるのに,Aの 抵抗か終わった後の部分たけを起訴すれは,正当防衛状況か終了しているとして,過 剰防衛さえ成立し得ない可能性かあることとなり,不合理てある。したかって,この ような場合には,検察官の訴追裁量権は働かないと解される。そうすると,分断てき ない行為を分断してなされた本件公訴提起には違法かあるのてはないかとの疑いも生 しるか,起訴状の公訴事実には,1個の行為の一部しか明示していないとしても,行為 か不可分てある以上,1個の行為全体か審判の対象になると解すへきてあり,そのよう に解しても,当事者の攻撃防御に問題か生しない場合には,公訴提起に違法かあると しても,その違法は,公訴棄却を要するものてはないと解することかてきる。本件に おいては,正当防衛の成否か争点とされ,Aの抵抗か続いている間の馬乗り及ひ後頸 部の押さえつけのみならす,それ以前の被告人及ひAの行為も十分な攻撃防御の対象 となっているのて,当裁判所は,本件について公訴棄却はしない。(2) 被告人かAの背部に馬乗りになり,その後頸部を押さえつける前のA及ひ被告人 の行為は,1て認定したとおりてある。その一連の事情,特に,(ア)本件当時,Aは被告人よりも身長と体重か劣っていたか,Aの被告人に対する攻撃か相当の時間継 続的に繰り返されたこと,(イ)被告人か体勢を崩してうつ伏せ状態になったAに馬 乗りになった時点て,ある程度,被告人か優勢になっていたと認められるか,Aは, それ以降も,被告人を蹴ったり,起き上かろうとして相当程度抵抗していたこと, (ウ)本件の数か月前にもAかハイフ椅子て被告人を攻撃したことからすれは,Aか 現実に抵抗を続けていた時点はいうまてもなく,Aか抵抗をやめた時点ても,直ちに Aか被告人に対する攻撃を再開する可能性かなくなったとはいえないから,Aの抵抗 か止んてからある程度の時間は,Aの被告人に対する急迫不正の侵害は継続していた と認められる。そして,前記のとおり,被告人か,Aか抵抗しなくなった後,相当の時間Aを押さ えつけていたとは認められないから,急迫不正の侵害か止んてからも,被告人かAの 後頸部を押さえ続けたという事実は認められない。次に,本件当日,Aは,被告人に対して,2回殴りかかり,肩をつかみ,背負い投け をするといった攻撃をしたのに対し,被告人かした反撃行為は,Aの肩をつかみ,1回 殴り,たまたま,背負い投けに失敗して倒れたAの上になったことからAの背部に馬 乗りになり,Aか起き上かるのを防くために,Aの手を払って後頸部を押さえたとい うものてあり,反撃行為を全体的に見るとAの攻撃に対する防衛行為として相当性を 欠くようなものは認められない。Aの背部に馬乗りになり後頸部を押さえつけた行為 は,客観的にみると,Aの鼻と口を塞いてAを窒息させる行為てあり,危険性か高い 行為てあるか,それは,Aか起き上かるのを防くために防御的になされたものてあり, Aの行動から離れて積極的に攻撃をしたというものてもない。また,顔面を下に向け て後頸部を押さえつけたからといって,鼻と口の双方か塞かり呼吸かてきなくなると は限らない上,被告人かことさらにそのようになることを意図していたとの証拠もな いから,不注意てあったことは否めないにしても,本件当時,偶々Aの鼻と口の双方 か塞かったことか,当時の被告人の防衛行為の相当性を失わせるものてはない。被告人に防衛の意思か認められることは明白てある。
 10
したかって,本件当時,被告人かAに対して加えた暴行は,Aの攻撃から被告人の 身体を守るためやむを得すにした行為てあると認められるから,被告人には正当防衛 か成立する。5 よって,被告人の行為は,刑法36条1項に該当し,正当防衛行為として罪にならな いものてあるから,刑事訴訟法336条前段により,被告人に対し,無罪を言い渡すこと とし,主文のとおり判決する。
 (裁判員裁判,検察官森中尚志,同鎌田航,弁護人菅野亮,笹森学各出席)(求刑 懲役
 4 年)
平成
 25 年
 10 月
 11 日
札幌地方裁判所刑事第
 3 部
裁判長裁判官 加 藤 学
裁判官 三 宅 康 弘
裁判官 瀬 戸 麻 未
判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket