主文
1 被告らは,原告Aに対し,連帯して,110万円及ひこれに対する平成20年2月20日から支払済みまて年5分の割合による金員を支払え。
 2 被告らは,原告Bに対し,連帯して,110万円及ひこれに対する平成20年2月20日から支払済みまて年5分の割合による金員を支払え。
 3 原告らのその余の請求を棄却する。4 訴訟費用はこれを10分し,その1を被告らの,その余を原告らの負担とする。
5 この判決は,1項及ひ2項に限り,仮に執行することかてきる。事実及ひ理由
第1 請求
1 被告らは,原告Aに対し,連帯して,5583万1122円及ひこれに対する平成20年2月20日から支払済みまて年5分の割合による金員を支払え。
2 被告らは,原告Bに対し,連帯して,5583万1122円及ひこれに対する平成20年2月20日から支払済みまて年5分の割合による金員を支払え。
第2 事案の概要等
1 事案の概要 本件は,被告国立大学法人D大学か運営するD大学病院(以下「被告病院」という。)において,歯根嚢胞の処置のために抜歯及ひ嚢胞開窓術を 受けたC(昭和57年10月4日生)か同手術後に死亡したことについて, 担当医てある被告Eらは,麻酔注射を不適切に行い,またその後の救命処 置も適切に行わなかったなととして,Cの相続人てある原告らか相続分に 応して,被告Eに対しては,診療契約の債務不履行又は不法行為に基つき, 被告D大学に対しては,診療契約の債務不履行又は使用者責任に基つき,それそれ5583万1122円及ひこれに対する平成20年2月20日(C か死亡した日)から支払済みまて民法所定の年5分の割合による遅延損害 金の連帯支払を求める事案てある。2 前提事実(争いのない事実,各項末尾記載の証拠又は弁論の全趣旨により 認められる事実。)(1) Cは,左下臼歯部(左下6番歯)に疼痛を感し,平成20年1月5日,I歯科医院て診察を受け,同医院の医師から被告病院を紹介され,同月7日, 被告病院の顔面口腔外科外来医長てある被告E及ひ同科のF医師(以下「F 医師」といい,被告Eと併せて「被告医師ら」という。)の診察を受けた。
 なお,同日のCの身長は172cm,体重は56kgてあった。(争いかな い事実,乙A1,A2)(2) 被告医師らは,Cの症状は,左下5番・6番歯の顎骨に存在する歯根嚢胞 によるものてあると診断し,F医師は,同月8日,Cに対し,左下6番歯の 抜歯及ひ嚢胞開窓術の手術(以下「本件手術」という。)を行うことを説明 し,Cはこれを受けることに同意した。(争いかない事実,乙A1)(3) 本件手術は,同月10日(以下,同日については,年月日の記載を省略す る。),被告病院の顔面口腔外科の処置室において実施された。(乙A1)(4) 被告医師らは,午前10時頃,Cに,伝達麻酔・浸潤麻酔として,2%キ シロカイン(1/8万エヒネフリン含有)を3.6ml投与した。(争いか ない事実)(5) 被告医師らは,その後,Cの左下6番歯の抜歯を試みたか,動揺しないた め,ターヒンにて分割を試みた。これにより,Cの左下6番歯の歯冠部のみ か割れたのて,被告医師らは,さらに歯根部を近遠心方向に分割し,遠心根 と近心頬側根を抜去した。(乙A1)(6) その後,残根部分の確認のためX線撮影か行われることになり,Cは,処 置室からX線撮影のための検査室に移動した。そして,Cに対するX線撮影は,午前11時10分頃終了した。(甲A3の2,乙A1)
(7) 被告医師らは,処置室に帰室したCに,浸潤麻酔として2%キシロカイン(1/8万エヒネフリン含有)0.9mlを追加投与し,抜歯を再開した。
 しかし,Cの全身に振戦か出現したことから,本件手術は中断され,また, Cには,過換気症候群の治療法の一つてあるヘーハーハック法か実施された か,Cか余計苦しいと訴えたため中止された。この頃,Cには,頻呼吸かあ り,上肢にはチアノーセかみられた。また,Cの体温か42°Cてあることも 確認された。(争いかない事実,甲A3の1,乙A1)以下,本項記載のCに生した一連の症状の急変を「本件急変」という。た たし,各症状の急変の発生時刻については争いかある。(8) 被告病院の歯科麻酔科のG医師は,午前11時50分頃,被告医師らの応 援要請により処置室に到着し,Cへの救急措置を開始した。そして,G医師 は,午前11時52分頃,Cにミタソラム1mgを投与し,午後零時頃,ミ タソラム2mgを追加投与した。(乙A1)(9) その後,Cは,被告病院の救命救急センターに搬送され,午後零時15分 に到着した。(争いかない事実)(10)Cの病態は,午後6時頃には,播種性血管内凝固症候群(以下「DIC」 という。)になったことか判明し,翌11日午前9時頃には多臓器不全とな ったことか判明した。その後も,被告病院の救命救急センターにおいて治療 か続けられたものの,Cは,同年2月20日に死亡した。(甲A3の1,A 4)(11)Cに子はおらす,原告AはCの父,原告BはCの母てある。(甲C1,弁 論の全趣旨)3 争点及ひ当事者の主張 (1) 機序
ア 原告らの主張
(ア) Cは,本件手術の際の麻酔薬投与により,アナフィラキシーショック 及ひ悪性高熱を発症し,その後,DIC等となり,死亡した。(イ) 仮に悪性高熱の発症かなかったとしても,Cは,本件手術の際の麻酔 薬投与により,アナフィラキシーショックを発症し,その後,DIC等 となり,死亡した。(ウ) 仮にアナフィラキシーショックの発症かなかったとしても,Cは,歯 根嚢胞の感染症により,敗血症性ショック及ひ悪性高熱を発症し,その 後,DIC等となり,死亡した。(エ) 仮にアナフィラキシーショック及ひ悪性高熱の発症かなかったとして も,Cは,歯根嚢胞の感染症により,敗血症性ショックを発症し,その 後,DIC等となり,死亡した。イ 被告らの主張 Cは,アナフィラキシーショック又は悪性高熱のいすれも発症していない。
 Cは,歯根嚢胞の感染症により,敗血症性ショック,その中ても特に毒素性ショック症候群(以下「TSS」という。)を発症し,DIC等となり死亡したものてある。
(2) 本件急変かアナフィラキシーショック又は悪性高熱の発症によるものてあることを前提とする被告らの義務違反の有無 ア 原告らの主張
(ア) 準備段階における義務違反 Cは,通常人よりショックを引き起こしやすいアレルキー体質てあったから,被告医師らは,Cに対して詳細な問診を行い,Cに麻酔薬てあ るキシロカインを投与するにあたっては,事前にハッチテストを行って ショック症状の危険性かないかを確認し,キシロカイン投与の際は,万 か一の場合に備えて静脈路を確保てきるように準備すへき義務を負っていたにもかかわらす,この義務を怠った。
(イ) キシロカインの投薬量を必要最小限にする義務違反
キシロカインの添付文書には,浸潤麻酔又は伝達麻酔の場合には,通 常成人に対し0.3ml~1.8mlを使用すると記載され,使用量も 「てきるたけ必要最小量にととめること」と記載されている。このこと から,被告医師らは,キシロカインを投与するにあたって,用量を守る たけてはなく,用量の範囲内てあっても必要最小限度の量を投与すへき 義務かあった。特に,Cは喘息の既往症かあり,アレルキー体質てあっ たのたから,より一層投与量については注意すへき義務かあった。しかし,被告医師らは,Cに対し,キシロカインを午前10時00分 に3.6ml,午前11時30分に0.9ml,計4.5ml投与し, 通常成人の2.5倍の量を投与しており,上記義務を怠った。(ウ) アナフィラキシーショックに対する救護処置を施す際の義務違反 Cにアナフィラキシーショック症状か出ていた以上,被告医師らは, Cに対し,アトレナリンを投与すへき義務を負っていたにもかかわらす,この義務を怠った。
(エ) 悪性高熱に対する救護処置を施す際の義務違反
Cに悪性高熱の症状か出ていた以上,被告医師らは,悪性高熱の特効 薬てあるタントロレンの投与をすへき義務を負っていたにもかかわらす, この義務を怠った。イ 被告らの主張 Cは,アナフィラキシーショック又は悪性高熱のいすれも発症していないのて,被告医師らには,これらを前提とする義務違反はない。
 なお,Cの血液献体の生化学的分析によると,Cの血中リトカイン濃度 は標準的投与量て使用された場合と同程度てあり,キシロカインの過剰投 与かあったとは認められない。さらに,キシロカインは,添付文書において,口腔外科領域の場合には3~5ml使用すへきと記載されており,本件手術の際の投与量に問題はない。
(3) 初期救命救急処置を施す際の義務違反の有無
ア 原告らの主張
(ア) 救命救急センターへの連絡の遅れ
a 被告医師らは,午前11時26分に,Cの上肢と唇にチアノーセ か現れたことを確認した。チアノーセは,血中酸素濃度の低下を意味するものてあり,これら の症状は歯科医師の専門領域外てある。したかって,このような症状 を観察した時点て,被告医師らは,直ちにCを被告病院内の救命救急 センターに搬送し,適切な処置を受けさせるへき義務を負っていた。それにも関わらす,被告医師らは直ちに救命救急センターに連絡し なかった。b また,被告医師らは,Cに42°Cの熱か生していることを午前1 1時26分,又は遅くとも午前11時47分には認識していた。42°C以上の高熱の発生は,一刻も争う緊急事態てあり,被告医師 らは,これを認識した時点て,救命救急センターに連絡すへきてあっ た。それにも関わらす,被告医師らは,直ちに救命救急センターに連絡 をせすに歯科麻酔医に連絡を取ったに過きす,午後零時10分に至っ て初めて救命救急センターに連絡をした。c 以上から,被告医師らか,救命救急センターに直ちに連絡すへき 義務を怠ったことは明らかてある。(イ) 過換気症候群との誤診及ひ誤診に基つく誤った治療 Cは,午前11時26分に,血中酸素濃度の低下を示すチアノーセか認められ,内因性ショック状態に陥っていることは明らかてあった。
 6したかって,被告医師らは,この時点て,Cの気道及ひ輸液ルートを 確保した上て,酸素を補給すへき義務を負っていた。それにも関わらす,被告医師らは,Cの症状か過換気症候群によるも のと誤診し,血中酸素濃度を低下させるヘーハーハック法を実施してお り,上記義務に違反していることは明らかてある。(ウ) ミタソラムの投与 Cは内因性のショックを発症していたことか明らかてあったのたから,ショック状態の患者に禁忌のミタソラムを投与すへきてはなかった。 それにも関わらす,G医師は,Cにミタソラムを投与した。(エ) クーリンクの遅れ 被告医師らは,Cに42°Cの熱か生していることを午前11時26分に認識していた。 そして,42°C以上の高熱の発生は,一刻も争う緊急事態てあるから,被告医師らには,この時点において,Cの生命を維持するため,最低限 の措置としてクーリンクを直ちに行う義務かあった。それにもかかわらす,現実にクーリンクかされたのは,午後零時2分 てあった。イ 被告らの主張
(ア) 救命救急センターへの連絡の遅れ
Cの体にチアノーセか出現し始めたのは,午前11時40分頃てあり, 被告医師らかCに42°Cの高熱か生していることを確認したのは,午前 11時47分頃てある。そして,その頃のCは,血圧か測れる状態にあり,動脈血酸素飽和度 (以下「SpO2 」という。)も正常てあり,自発呼吸もあり,受答えもて きていた。また,歯科麻酔科の医師は,蘇生のインストラクターの資格 を持ち,全身麻酔下において全身管理のてきるスヘシャリストてある。そうすると,被告医師らか,直ちに救命救急センターに連絡せす,歯 科麻酔科て対応したことについて,何ら過失はない。(イ) 過換気症候群との誤診及ひ誤診に基つく処置 Cか救命救急センターに搬送された時点てSpO2 か99%てあったことから,Cの気道か十分に確保されていたことは明らかてある。
 また,被告医師らは,Cか浅く早い呼吸をしていたことから過換気症 候群を疑いヘーハーハック法を実施したものてあって,さらに1~2回 実施したところてCか苦しいと訴えたのて即座にこれを中止していることからも,被告医師らには過失はない。 (ウ) ミタソラムの投与G医師かミタソラムを投与した時点て,Cか敗血症ショックに陥って いると確定診断することは不可能てあり,ショックに禁忌てあることの みから,ミタソラムの投与について過失かあったとはいえない。さらに,ミタソラムの投与は,血管確保のルートを引き抜こうとして 暴れるCを制御するため必要な処置てあり,また,3mg程度の量て症 状か悪化することはあり得ないのて,ミタソラムの投与行為に過失かあ ったとはいえない。(エ) クーリンクの遅れ 被告医師らかCに42°Cの高熱か生していることを確認したのは,午前11時47分頃てある。 そして,その後,速やかに看護師かクーリンク準備を開始し,その2~3分後にはクーリンクを開始したのてあるから,クーリンクの対応に問題かあったとはいえない。
(4) 適切な初期救急救命処置体制を構築しておく義務違反
ア 原告らの主張 被告病院は,組織的に,医師らに,ショック症状の発現可能性を踏まえた上て,患者の容態急変後に適切な処置を行うことかてきるような手 技を習得するよう指導するなとして,初期救急救命処置体制を構築して おくへき義務を負っていた。しかし,被告医師らは,喘息の持病を有するCに対して事前のハッチ テストも行わす,適量以上のキシロカインを投与し,ショック症状を発 現したCを心因性過換気症候群と誤診し,ショックの患者には禁忌とさ れるミタソラムを2回も使用し,手に負えなくなって初めて救命救急セ ンターに連絡しており,これらの被告医師らの行動からすれは,被告医 師らか,容態急変後に適切な処置をするための手技を習得していなかっ たことは明らかてある。そうすると,被告病院は組織的に上記指導をしていなかったといわさ るを得す,被告病院は,適切な初期救急救命処置体制を構築しておく義 務に違反している。イ 被告らの主張 否認ないし争う。
(5) 因果関係の有無 ア 原告らの主張
(ア) 準備段階における義務違反との因果関係 被告医師らか事前に適切に,問診・準備義務を果たしていれは,そもそも麻酔か投与されることはなかったか,最小限度の量か投与されてい たのてあるから,Cには,アナフィラキシーショック及ひ悪性高熱は生 しす,死亡という結果も発生しなかった。(イ) キシロカインの投薬量を必要最小限にする義務違反と結果との因果関 係キシロカインの添付文書とおりに浸潤麻酔及ひ伝達麻酔を実施してい れは,Cにアナフィラキシーショック及ひ悪性高熱か生しることはなく,Cか死亡することはなかった。
(ウ) アナフィラキシーショックに対する救護処置を施す際の義務違反と結果との因果関係 アトレナリンか投与されていれは,Cか死亡することはなかった。(エ) 悪性高熱に対する救護処置を施す際の義務違反と結果との因果関係 悪性高熱の特効薬てあるタントロレンか投与されていれは,Cか死亡することはなかった。
(オ) 初期救急救命処置を施す際の義務違反と結果との因果関係
a Cの本件急変に対し,適切な初期救急救命処置か適切に行われて いれは,Cの死亡という結果を回避することかてきた。b 特に,ミタソラムの投与の過失と結果との因果関係については次 のとおりてある。Cはショック状態に陥り,血流か低下し,脳への酸素供給量も低下 していた。このような状態においてG医師かミタソラムを投与したこ とによって,Cの血管か拡張し,さらに酸素供給量か減少した。また, 被告医師らやG医師らは,ミタソラムの鎮静効果てCか鎮静したと思 いこんたことによって,脳機能の低下による意識消失も見過こした。その結果,Cの脳は著しい低酸素状態に陥り,結果として救命救急 センターに運ひ込まれる前にCは脳死状態になり,その後,脳の状態 か戻ることはなかった。このような結果は,ミタソラムを投与していなけれは生しなかった ものてあり,Cの死亡とミタソラム投与との因果関係か認められる。
 (カ) 適切な初期救急救命処置体制を構築しておく義務違反と結果との因果関係 適切な初期救急救命処置か構築されていれは,Cは死亡することはなかった。
イ 被告らの主張
(ア) 上記ア(原告らの主張)~について
そもそも,Cは,アナフィラキシーショック又は悪性高熱のいすれも 発症していないのて,被告医師らの行為と結果との間に因果関係はない。(イ) 初期救急救命処置を施す際の義務違反と結果との因果関係 否認ないし争う。なお,本件てG医師かCに投与したミタソラムの量に問題はなく,ミ タソラム投与によって結果か発生したとはいえない。また,Cか脳死状 態 に 陥 っ た の は , 平 成 2
 0 年
 1 月 2
 2 日 に 「 脳 浮 腫 著 明 」 ,「 脳 波 微 弱 」 , 「脳幹反応なし」とされた時点てあり,救命救急センターに運ひ込まれ る前てはない。(ウ) 適切な初期救急救命処置体制を構築しておく義務違反と結果との因果 関係否認ないし争う。
 (6) 損害の発生及ひ額
ア 原告らの主張 次のとおり,合計1億1166万2245円の損害か生した。(ア) 休業損害 31万7329円 (イ) 逸失利益 7619万3803円 (ウ) 本人の死亡慰謝料 2000万円(エ) 原告らの慰謝料 合計500万円
(オ) 弁護士費用 イ 被告らの主張
いすれも争う。
第3 当裁判所の判断
1 医学的知見について
1015万1113円
各項末尾記載の証拠又は弁論の全趣旨によれは,本件に関する医学的知見は, 次のとおり認められる。(1) キシロカインは,麻酔効果を有するリトカイン塩酸塩を含有する麻酔薬てある。
 キシロカインの副作用としては,アナフィラキシーショックを含むショック,重篤な悪性高熱等かある。(甲B5)
(2) チアノーセとは,皮膚か青くなることを意味し,毛細血管内の静脈叢内に暗青色の還元ヘモクロヒン(酸素か結合していないヘモクロヒン)か過剰に 存在するため,表在毛細血管の色調か変化して皮膚又は粘膜か青色を帯ひる ことにより生しる。チアノーセのうち,SpO2 か低下して生しるチアノーセを中枢型チアノーセ といい,SpO2 か正常な場合に認められるチアノーセを末梢型チアノーセとい う。中枢型チアノーセは,低酸素血症を反映し,末梢型チアノーセは,ショ ック等による末梢循環不全を反映するものてある。一般に,中枢型チアノー セは,口腔粘膜,舌,口唇内側て観察しやすく,末梢型チアノーセは,四肢 末梢,爪床,耳介,鼻,頬,口唇外側なとて観察される。チアノーセの出現は,緊急度・重症度の高い状態を示唆し,高度の低酸素 血症の存在を反映しているため,酸素療法の適応てあることを示唆する。チ アノーセか生した場合,SpO2 を測定し,急性疾患てその値か90%未満てあ れは,直ちに酸素投与を行うへきてあるとされている。また,チアノーセの 原因か不明確な場合や治療か専門的な場合には,専門医に相談するとされて いる。(甲B10)(3) ショックとは,循環不全により生した組織低酸素症てある。
 生体には,ショックに対する種々の生理的代償機構か備わっており,低下 した酸素供給量を補うために交感神経系や内分泌系なとか活性化され,末梢 血管抵抗,心拍数・心収縮力,循環血液量を増加させ,血圧を維持しようとする。しかし,これら代償機構すへてをもってしても酸素需給のアンハラン スか解消てきなくなると,細胞・組織レヘルて嫌気的代謝か惹起され,DI Cか進展し,不可逆な臓器不全を生しる。ショックの初期段階ては,生理的代償機構により血圧か維持される。同時 に,同機構の影響により特徴的な「なんとなくおかしい」所見か出現するの て,この所見をとらえて蘇生処置を開始することかてきれは,全身の組織酸 素代謝障害は比較的軽度てあるため,速やかな回復か期待てきる。一方,生 理的代償機構か破綻し血圧低下か起こると,循環不全の進行に応し症状もよ り重度となる。この時点ては,蘇生処置をしても効果か得られない,又は, 循環動態回復後もDICから多臓器不全へと進展する危険かある。ショックの初期診療は,ます生命を脅かす生理学的異常を気道,呼吸,循 環,意識,体温や身体所見から素早く評価し蘇生処置をしつつ,並行して原 因疾患の検索を進めることか重要てある。ハイタルサインの評価には,視診, 聴診,触診,打診から得る身体所見とモニター所見(血圧,心電図,SpO2 , 体温は最低限)を併用する。(甲B11)(4) アナフィラキシーショックとは,人体の免疫機構に備わった「抗原抗体反 応」により引き起こされるアレルキー反応てある。体内に侵入するアレルケ ン(抗原)に対して,極めて過剰な免疫応答か起こり,全身的に多量の科学 伝達物質か放出され,「毛細血管拡張」を起こしてショック状態となる。アナフィラキシーショックは,典型的な症状として,「蕁麻疹」をはしめ として「呼吸困難」,「腹痛」,「嘔吐」,「下痢」及ひ「血圧低下」を伴 うショック状態を呈する。(甲B7の1)(5) 悪性高熱症とは,常染色体優性遺伝性疾患てある。悪性高熱症は,ハロケ ン化吸入麻酔薬,脱分極性筋弛緩薬に反応して,カルシウムか骨格筋の筋小 胞体から過剰に遊離する。悪性高熱症の臨床症状は,突然の呼気終末二酸化炭素分圧の上昇後,数分 13から数時間内に,全身の筋硬直か現れ,それか急速に広範な筋細胞の壊死等 へ進展することかある。筋硬直て生した熱か,悪性高熱症の体温の著明な上 昇(しはしは40°Cを超す)の原因てある。(乙B4)(6) 敗血症とは,感染の結果,全身性炎症反応症候群,すなわち発熱や白血球 増加なとの全身の炎症の徴候によって特徴つけられる状態になることをいう。 敗血症のうち,主要臓器障害を伴う敗血症を重症敗血症といい,さらに輸液投与に不応性の低血圧を伴う重症敗血症を,敗血症性ショックという。 敗血症性ショックの一種にTSSかある。TSSは,TSStoxin- 1産生性のフトウ球菌や溶連菌から血中に放出されるtoxinによって,急速にショック状態を発症し,多臓器不全に陥る予後不良の病態てある。 フロカルシトニン値は,感染性疾患に対して高い感度を示す値てあり,敗 血症の重症度にも相関するものといわれており,その正常値は0.5ng/ml未満とされている。(甲B2,乙B4)
(7) DICとは,敗血症や多発外傷により起こる広範な血管内皮傷害により,組織因子として知られるタンハクか放出され,内因性凝固カスケートや線溶 系か活性化し,その結果,血小板と凝固因子の減少を伴う広範な微小血管内 血栓を特徴とする重篤な凝固障害か発生した病態てある。DICての微小血管内血栓により多臓器機能障害か発症する。進行したD IC症例ては死亡率か80%を超えるか,基礎疾患に対する治療以外に有効 な治療法はない。(乙B4)2 臨床経過等について
(1) 午前11時30分時点における状況
ア 証拠(甲A3の2,被告E145項)によれは,Cには本件手術中に レントケン撮影か行われ,その結果か午前11時10分に電子カルテシ ステムに反映されたことか認められる。また,Cか午後零時15分に救 命救急センターに到着したことは当事者間に争いかない。そして,上記レントケン撮影から救命救急センター到着まての間にお けるCの状態変化やそれに対する被告医師らの対応については,被告病 院のカルテ(乙A1)に一応の記載かあるものの,その時刻の記載か不 正確てあることは被告らも認めるところてある。ところて,上記レントケン撮影から救命救急センター到着まての間に おける臨床経過の正確な時刻を示すものは,大型モニター(乙A3の3。
 血圧,心拍,SpO2 等について計測可能なもの)による計測時刻の記録 しかないところ,大型モニターに午前11時30分に計測か行われたと の記録(乙A1・16頁の「11:50 ケイソクエラー」との記録を 指す。なお,同記録に記載されている時刻か,すへて本来の時刻より2 0分進んていることについては,当事者間に争いかない。)かあること について,原告らは,同記録はCに対する計測行為を示すものてあると 主張し,被告らは,大型モニターて計測を開始したのは午前11時47 分てあって,午前11時30分の記録は本件手術以前の記録か残存した ものに過きないと主張するのて,この点につき判断する。イ ます,Cに振戦か生した後に,被告医師らかCの血圧を測定しようと したか,振戦のために測定てきなかったことは当事者間に争いかないと ころ,上記のとおり,大型モニターの午前11時30分の記録は「ケイ ソクエラー」というものてあり,これは,Cの血圧測定を行えなかった という事実と合致する。また,被告医師らか作成した事例概要報告書(甲A3の1)中の「歯 科ての経過」と題する一覧表の「11:46」の「患者の状態」欄には, 「小型式モニター」てSpO2 及ひ心拍を計測した後,「モニター」て振 戦にて血圧か測定不能てあったとの記載かあり,また,同時刻の「看護 師の処置」欄には,看護師か「モニター」を持参したとの記載かある。 そして,「11:47」の「患者の状態」欄には,「モニター」にて血圧を測定したとの記載かある。このように,上記一覧表ては,「小型式 モニター」と「モニター」とは明確に区別して記載されているところ, 「小型式モニター」とは小型モニター(乙A3の1。SpO2 ,心拍につ いて計測可能なもの)と解され,午前11時47分に計測したのは大型 モニターてあること(乙A1・16頁)からすれは,上記の「11:4 6」に振戦にて血圧か測定不能てあった「モニター」とは大型モニター を指すと解するのか自然てある。さらに,大型モニターは画面を備え,車輪のついた台て移動させる機 材てある(乙A3の3)ところ,上記一覧表に,看護師か「11:46」 に「モニター」を持参したとあえて記載され,その後,モニター類を持 参したとの記載かないことからすれは,看護師か「11:46」に持参 したとされるモニターは,大型モニターてあると解される。そして,看 護師の持参した「モニター」と並列して,振戦にて血圧か測定不能てあ った「モニター」についての記載かあることからすれは,その「モニタ ー」もまた大型モニターを指すと解するほかはない(「11:46」の 「患者の状態」欄に,Cか「すいません。こんなになってしまって。」 と発言したと記載されているか,上記のとおり大かかりな機材か持ち込 まれ,処置室か物々しい雰囲気になったことに応してのものてあったと 推察される。)。以上を総合すると,午前11時47分に血圧を正常に測定する以前に も1回,大型モニターを使用した(たたし,振戦にて測定不能てあった。) ことか認められるのてあり,その1回は,まさしく大型モニターの記録 とおり,午前11時30分「ケイソクエラー」の時てあったと考えるの か最も自然かつ合理的てある。これに対し,被告Eは,振戦にて血圧を測定てきなかった際に使用し た機材は,手動式血圧計(乙A3の2)てあると供述する(被告E供述171項)か,被告病院のカルテ(乙A1)たけてはなく,事故後に被 告医師らか作成した報告書(甲A3の1・2)にも,手動式血圧計を用 いたことを窺わせる記載は一切ない。また,上記一覧表には「モニター 上BP:測定不能(振戦にて)」と記載されているところ,手動式血圧 計を「モニター」と表現したり,その計測結果を「モニター上」と表現 したりすることはおよそ考え難い。したかって,被告Eは,振戦にて血 圧を測定てきなかった際に使用した機材について,殊更に虚偽供述をし ていると考えさるを得ない。そうすると,被告病院のカルテ(乙A1・18頁)及ひ上記事例概要 報告書(甲A3の1・2頁)の時刻の記載については,大型モニターの 記録上明らかな午前11時47分の記載から1分刻みに遡っていく形て, Cの全身に振戦か出現した時刻を遅らせるよう記載されたものと見さる を得ない(乙A1・18頁の記載自体,「11:45」の文章の途中て, 「11:46」か加入され,「11:47」へ繋かる不自然なものとな っている。)。なお,被告らか行った実験(乙B3の1~3)によれは,大型モニタ ーの記録には,測定日前の記録も,測定日に記録したかのように残るこ ともあるとは認められるものの,かかる事実は,上記判断を左右するも のてはない。(2) 臨床経過等に関する事実認定 上記のとおり認められる午前11時30分時点における状況に加えて,各項末尾記載の証拠又は弁論の全趣旨によれは,次の事実か認められる。ア Cは,午前11時10分過きに,レントケン撮影のための検査室を退出し,処置室に戻った。 そして,被告医師らは,Cにレントケン撮影の結果を説明し,処置用の椅子の周辺の消毒を行った後に,キシロカインの追加投与を行い,抜 17歯を再開しようとしたところ,抜歯窩に白色膿を確認したのて,細菌検 査のために微量の血性液体を採取した。その後,被告医師らは,抜歯を しようと鉗子て歯根をつかもうとした際に,Cから「少し手か震える。」 と訴えられ,治療を中断した。そして,看護師か今朝の体調を尋ねたところ,Cは,特段変わりはな かった旨応答するとともに,軽い寒気も訴えた。このことから,看護師 かハスタオル及ひタオルケットて保温措置をとるとともに,処置用の椅 子も起こされた。Cの所見は,小型モニター上て,SpO2 か100%, 心拍か120回/分てあった。この後,看護師は,Cの血圧を測るために大型モニターを処置室に運 ひ込むとともに,H医師か応援のために処置室にきた。(甲A3の1・ 2,A6の2・7頁,乙A1,A2)なお,レントケン撮影のための検査室と処置室は,同し建物の4階と 5階にあること,Cか処置室に戻ってから,処置再開まては5分程度を 要すること,キシロカインの追加投与から抜歯再開まて5分程度かかる こと(甲A3の2,被告E本人供述100,119,154項)を前提 とすれは,Cかレントケン撮影のための検査室を退出した午前11時1 0分過きから,大型モニターを装着された午前11時30分まての間に, 上記各処置か行われたとしても不自然てはない。(3) 看護師は,午前11時30分,Cの血圧等を測るために大型モニターを装 着したか,振戦のために測定てきなかった。また,これと並行して,H医師は,Cの前額部に熱感かないことを確認し, ゆっくり深く呼吸するよう促した後に,ヘーハーハック法も実施したか,C から余計に苦しいと訴えられたことから,1度実施するたけて終了した。この頃のCの所見は,頻呼吸,手指冷感あり,手指の硬直なし,意識清明, 発汗なし,上肢にチアノーセかあり,小型モニターてSpO2 は96%,心拍数は150台/分と測定された。(甲A3の1・2,A6の2・4・7頁,乙 A1)なお,原告らは,Cにチアノーセか確認されたのは午前11時26分てあ ると主張する。しかし,被告病院のカルテ(乙A1)の本件事故前後の部分 の記載は,Cか救命救急センターに搬送された直後に記載されたもの(甲A 9の2・6頁)てあって,時刻以外の部分の信用性を否定することはてきな いところ,同カルテには振戦のために血圧を測定てきなかった事実に続けて, チアノーセを確認したとの記載かあるのて,Cにチアノーセか確認されたの は,振戦のために血圧を測定てきなかった時刻と同時間帯てあると認められ る。(4) 被告医師らは,午前11時47分頃,Cの体温を測定し,42°Cてあるこ とを確認し,直ちに,被告医師らは,歯科麻酔医てあるG医師に連絡をした。 この時のCの血圧は,122/53(収縮期/拡張期。以下同し。)てあっ た。(乙A1)なお,原告らは,Cの体温か42°Cてあることか確認されたのは午前1 1時26分てあると主張する。しかし,被告Eは,体温確認と大型モニタ ーによる血圧測定を並行して行ったと供述(被告E本人319項)すると ころ,被告病院のカルテ(乙A1)には,同血圧測定の時刻は午前11時 47分てあるとの記載かある。また,上記のとおり,被告病院のカルテ(乙 A1)の時刻以外の部分の信用性を否定することはてきないところ,同カ ルテには42°Cの熱か計測された時点て,直ちに麻酔科医に連絡した旨の 記載かあり,その連絡時刻か午前11時47分頃てあることについては当 事者間に争いかない。そうすると,被告医師らかCの体温を確認したのは, 午前11時47分てあると認められる。(5) G医師は,午前11時50分頃に処置室に到着した。G医師は,Cか浅く 速い呼吸をしていること,脈拍か非常に速いことを確認し,手足の末梢血管か非常に収縮しており冷たいこと,顔か紅潮していることや振戦か非常に強 いことを確認し,Cかショックを起こしていると判断した上て,G医師は, 輸液ルートを確保するために点滴をとった。その後,G医師は,振戦に影響 されない正確な血圧を測定し,また,末梢の循環を改善した上て呼吸状態を 正確に確認するため,午前11時52分頃にミタソラムを投与し,原因疾患 を特定しようとした。その後,G医師は,Cにマスクにて酸素投与を開始し,またCの浮腫の程 度について注視していたか,Cは点滴を引き抜くような異常行動をとったの て,G医師は,Cを鎮静させるために午後零時頃にミタソラムを再度投与し た。その頃,G医師は,衣服による締め付けを軽減させるとともに,体温を下 けるために,看護師に氷等を持ってくるよう指示し,午後零時2分頃,頚部, 腹部,腋窩に氷又はアイスノンを当てる形てクーリンクか開始された。また, 被告Eは,救命救急センターとの間てCの受け入れについて電話連絡を始め た。この間のCの血圧及ひSpO2 の推移は次のとおりてあった。 血圧 SpO211時47分 122/53 96%
11時49分 125/58 91%
11時50分 113/64 92%
11時56分 102/42 99%
12時00分 97/38 100%
12時02分 96/40 100%
12時06分 78/44 ― (甲A6の2・9~12・16・17頁,甲A3の1・2,乙A1,被告E383~386項)
なお,被告らは,午前11時47分に42°Cの熱を計測してから直ちにク ーリンクを開始した旨主張するか,被告らか事件当日作成したカルテには, その時刻について午後零時2分と記載されている上,事件後に作成した経過 表(甲A3の1・2)においても,午後零時2分にクーリンクを開始した旨 記載されていることからすると,クーリンク開始時点は,上記のとおりてあ ると認められる。(6) Cは,午後零時10分に被告病院の救命救急センターにむけて搬送され, 午後零時15分に到着した。この時点て,Cの血圧は88/29,心拍数は167/分,SpO2 は99%, 呼吸数は34回/分てあり,午後零時18分に測定された体温は42度てあ った。(乙A1,甲A3の1・2,A9の1)(7) 救命救急センターは,Cの症状か敗血症又は局所麻酔によるアレルキーに よって発生した可能性かあることを前提に処置か続けられた。そして,午後零時37分に血液培養検体か採取されたか,細菌,エントト キシンは検出されなかった。また,Cには,輸液か継続して投与されていたか,血圧は低下したままて あったのて,午後1時4分にノルアトレナリンの投与か開始された。なお, 午後1時4分のCの体温は41.4°Cてあった。午後1時4分まてのCの所見は,血圧は72~88/29~35,心拍数 は170~180/分,SpO2 は98~99%てあった。(甲B1,B2,乙 A1)(8) Cには,午後1時48分に経口的気管挿管の上,人工呼吸器か装着され, 午後2時40分頃に行われた各種CT検査等ては心臓,頭部,胸部に異常の ないことか確認され,午後3時45分には,敗血症の疑いのもとにエントト キシン吸着療法か開始され,抗菌薬投与も開始された。その後,血液検査の結果,午後6時頃には,Cの病態かDICになったこ 21とか判明した。
 Cに対するエントトキシン吸着療法は効果かみられなかったことから,午後6時24分以降,持続性血液濾過透析か試みられた。(甲B1,B2,乙A1)
(9) Cは,平成20年1月11日午前9時頃,多臓器不全となったことか判明した。(甲A3の1) (10)歯根嚢胞部分から採取された膿についての病理組織検査の結果は,平成20年1月14日に報告された。同報告ては,Cの急変直前に採取された膿に ついて,細菌のコロニー形成や好中球浸潤か確認され,また嫌気性菌てある Micromonas microsか少量検出されるとされた。また,CのICU入院後の 午後9時45分頃に採取された膿からは,Streptococcusoralis及ひクラム 陽性球菌か少量検出されたか,クラム陽性球菌の菌種の同定はてきす,フト ウ球菌又は溶連菌を含むか否かについては明らかにはならなかった。また,Cの救命救急センターに到着直後に採取された血液からは,同月3 1日,フロカルシトニン値か4.7ng/mlてあることか確認された。(甲B1,2,乙A1・11~14頁) (11)Cは,平成20年2月20日午前5時54分,死亡した。被告病院の救命救急センターの医師は,同日,死亡診断書に,Cの直接死 因として多臓器不全,その原因としてDIC,DICの原因として敗血症性 ショックと記載し,直接の死因には関係しないか,これらの傷害経過に影響 を及ほした傷病名として,出血性ショック及ひ重症感染症(MRSA,緑膿 菌による肺炎,腹膜炎)と記載した。(甲A4)3 事故調査 Cの死亡後に,その原因究明等のため事故調査か行われたところ,証拠(各項末尾記載のもの)によれは,その内容等について,次のとおり認められる。
 (1) 被告病院は,病院長からの委嘱に基つき,本件におけるCの死亡について,その発生の原因並ひに再発防止の検討のために医療事故調査委員会(以下「本 件委員会」という。)を設置した。本件委員会は,数度にわたる審議に基つ き,平成20年8月19日付け医療事故調査委員会報告書(以下「本件調査 報告書」という。)を作成した。本件調査報告書には,大要,本件急変の原因として,1キシロカインによ る局所麻酔薬中毒は,2回の麻酔に使われたキシロカインの量は4.5ml と少ない量てあり,中毒とされる量には達していないのて,考え難いこと, 2キシロカインアレルキー(アナフィラキシーショック)は,アナフィラキ シー症状かCにはみられす,Cに対するX線写真により過去に局所麻酔か必 要な歯科治療を繰り返していることか推察てきることから,考え難いこと, 3悪性高熱に関しては,鑑別診断の一つに考えられたものの,キシロカイン 自体か悪性高熱を引き起こしにくい薬剤として一般的に認知されていること, Cに筋拘縮かみられす,救命救急センター外来へ搬送直後の採血結果てCK 値か正常範囲内てあったこと,Cには,悪性高熱の特徴的な症状てあるミオ クロヒン尿か認められていないこと,血清カリウムの上昇かないこと,Pa CO2 の上昇かないことから,本件委員会においては可能性か低いとの意見 か多数を占めたと記載されている。たたし,「歯科用キシロカイン カート リッシ」の添付文書には,重要な副作用として,「悪性高熱」か挙けられて いること,Cの急変直後のCK値は,数時間後に771U/Lと上昇してい ること,Cの体温か非常に短時間て42°Cまて上昇していること,Cには, 臨床症状として不自然な頻呼吸,洞性頻脈か認められることから,悪性高熱 について検討の余地かあるとの意見かあったことも記載されている。そして,本件委員会は,Cの急変の原因としては,4敗血症か最も可能性 か高いとし,その診断の根拠としては,Cには,感染性嚢胞か存在し,抜歯 処置の途中て膿か確認されたこと,臨床症状として42°Cの発熱や頻脈,頻 呼吸か認められたこと,Cか救命救急センターに搬送された直後の保存血清から,細菌感染の指標とされるフロカルシトニン値の上昇かみられたことを 挙けている。たたし,本件急変の原因を敗血症とする場合,極短時間ての急激な体温上 昇を来している点,通常の敗血症性ショックとは異なる症状を呈している点, 血液培養においてエントキシンか陰性てあった点については,疑問か残るも のとしている。その上て,本件調査報告書は,検証の結果として,本件委員会の多数意見 は,Cの本件急変の原因は敗血症てあるとし,反対少数意見として,悪性高 熱か原因てあるとの意見かあった旨記載している。(甲B1)(2) 被告病院は,Cの死亡の調査分析を,診療行為に関連した死亡の調査分析 モテル事業に依頼した。同事業のI地域評価委員会は,Cの解剖等をした上て,平成20年10月, 「診療行為に関連した死亡の調査分析モテル事業評価結果報告書」と題する 報告書を作成した(以下「本件評価結果報告書」という。)。本件評価結果 報告書には,Cの死亡の原因について,歯根嚢胞感染を起因とした敗血症性 ショックとそれに伴う多臓器不全か直接的死因てあると推定され,さらに, 発症後極めて急速に病態か進行悪化し,迅速かつ濃厚な救急医療か行われた にもかかわらすDIC,多臓器不全から死に至るという極めて希有な臨床症 状を辿ったことを考えると,一般に経験する敗血症とは異なる致死率の高い TSSてあった可能性か示唆されると記載されている。もっとも,本件評価 結果報告書は,起炎菌やトキシンか明らかてはなく,また感染経路も推測の 域を脱し得す,敗血症性ショックを直接的死因と断定する客観的,医学的証 拠を明確に示すことは出来なかったとしている。その上て,本件評価結果報告書ては,「再発防止策の提言」として,1被 告病院の歯科外来ての医療行為に決定的ミスかあったとは言えす,治療適応 や手術説明なとにも大きな問題はなかったにもかかわらす,本件のような事態か生し得ることを再認識すへきてあり,常にあらゆる事態に対応てきるよ う,より一層の知識の習得と診療体制の充実に努力すへきてある,2全ての 医療行為には合併症の可能性かあることを再認識するとともに,二次医療災 害の発生には十分留意し,合併症発生時にはより慎重かつ迅速にその手技を 遂行すること,3カルテ記載の充実を図ることか提言された。(甲B2,乙 B1)4 争点1(機序)について
(1) Cかアナフィラキシーショックを発症したかについて
ア 上記医学的知見のとおり,アナフィラキシーショックを発症した場合, 「毛細血管拡張」を起こしてショック状態となるのてあって,その典型 的な症状としても「血圧低下」かあけられていることからすれは,アナ フィラキシーショックを発症した場合には,早期の血圧低下か出現する ことか多いと認められる(甲A7の2・10頁参照)か,上記認定事実 によれは,Cに本件急変か午前11時30分頃に生した後も,午前11 時49分まては収縮期血圧は120以上を維持しており,Cに早期の血 圧低下は生していない。また,上記医学的知見のとおり,アナフィラキシーショックは,典型 的な症状として「蕁麻疹」かあけられているか,Cに蕁麻疹か生したこ とを認めるに足りる証拠はない(甲B2・15頁参照)。また,Cは本件手術以前にも歯の治療を受けており(甲A1),その 際にキシロカインを用いた麻酔を受けたと考えられるか,その際にアナ フィラキシーショックを発症していない(乙A1・2頁。なお,この問 診票において,Cは歯科て麻酔を受けたことかないと記載しているか, 歯を抜かれたことかあるとも記載していることからすれは,Cか歯科て 麻酔を受けたことかないと記載したのは,単なる誤記と考えるほかはな い。)さらに,上記医学的知見には,アナフィラキシーショックの典型的な 症状として,高熱はあけられていないか,Cには,本件急変により42°C の高熱か生しており,これはアナフィラキシーショックの典型的な症状 と矛盾する(甲A7の2・10頁,B2・15頁参照)。このような上記各事実からすれは,Cかアナフィラキシーショックを 発症したとは認められない。イ なお,本件手術に用いられた麻酔薬はキシロカインてあるから,念の ため,キシロカイン中毒によるショックの可能性について検討する。上記認定事実によれは,本件手術て使用されたキシロカイン(2%リ トカイン)の投与量は合計4.5mlてあると認められ,キシロカイン (2%リトカイン)の投与量については,口腔外科領域の場合には,3 ~5ml使用するものとされていること(甲B4)に照らせは,その投 与量は適正てあり,過剰投与かあったとはいえない。また,キシロカイ ン中毒の症状ては,全身痙攣といった神経症状か生しるか(甲B2,B 4),Cにそのような神経症状か生したと認めるに足りる証拠はない。そうすると,Cに生した症状か,キシロカイン中毒によるものとはい えない。(2) Cか悪性高熱を発症したかについて 上記医学的知見のとおり,悪性高熱症の臨床症状は,全身の筋硬直を伴うものてあって,体温の著明な上昇も,かかる筋硬直て生した熱によるものて あるところ,上記認定事実によれは,Cの体温か42°Cてあることか確認さ れた午前11時47分時点において,Cに筋硬直かあったとは認められない。また,上記医学的知見のとおり,悪性高熱症とは,常染色体優性遺伝性疾 患てあるから,Cかかかる疾患を有していた場合,過去のキシロカインを用 いた麻酔においても異常か生したはすてある。しかし,上記のとおり,Cは 本件手術以前の歯の治療てキシロカインを用いた麻酔を受けたと考えられるところ,その際に,特に異常は発生していない。そうすると,Cかかかる疾 患を有していたとは認めかたい(甲A7の2・12頁)。なお,上記医学的知見のとおり,キシロカインの副作用の一つとして悪性 高熱か挙けられているか,一方,悪性高熱症は,ハロケン化吸入麻酔薬に反 応して発症するものとされ,キシロカインに含有されるリトカイン塩酸塩か その原因とはされていないことからすれは,キシロカインの副作用の一つと して悪性高熱かあけられていることをもって,Cか悪性高熱を発症したと直 ちに認めるのも困難てある。このような上記各事実からすれは,Cか悪性高熱を発症したとは認められ ない。(3) Cか敗血症性ショックを発症したかについて ます,上記認定事実のとおり,Cの抜歯処置の途中て,膿か確認されており,またその膿からは,病理組織検査の結果,細菌のコロニー形成や好中球 浸潤か確認されており,Cの歯根嚢胞か,原因病巣となって敗血症か生した と考えて矛盾はない。また,上記医学的知見のとおり,敗血症の臨床症状としては,発熱かあけ られているところ,上記認定事実のとおり,Cには42°Cの発熱か確認され ている。さらに,上記認定事実のとおり,Cの救命救急センターに到着直後に採取 された血液からは,フロカルシトニン値か4.7ng/mlてあることか確 認されているところ,上記医学的知見のとおり,フロカルシトニン値は感染 性疾患に対して高い感度を示し,敗血症の重症度にも相関し,その正常値は 0.5ng/mlてあることからすれは,Cか重度の敗血症を発症していた ことか窺われる。一方,上記認定事実のとおり,Cに対しては,救命救急センター到着直後 から,敗血症か疑われたものの,午後零時37分の血液培養検体検査ては細菌,エントトキシンは検出されていない。しかし,救急的な治療のときには 細菌か検出されないこともあるとされている(甲A7の2・15頁,B1)。
 また,上記認定事実のとおり,午後3時45分に開始されたエントトキシ ン吸着療法や抗菌薬投与,及ひ,午後6時24分以降試みられた持続性血液 濾過透析といった,敗血症に対する治療によっても,その効果か特に上かっ ていない。しかし,上記認定事実のとおり,CのICU入院後の午後9時4 5分頃に採取された膿からは,クラム陽性球菌か検出されており,それかT SStoxin-1産生性のフトウ球菌や溶連菌か否かは明らかてはないも のの,ここて検出されたクラム陽性球菌かこれにあたるとすれは,Cは,急 速にショック状態を発症し,多臓器不全に陥る予後不良のTSSを発症した 可能性かある。そして,CかTSSを発症したことを前提とすれは,上記の とおり,Cにとられた敗血症の治療効果か上からなかったことも説明かつく。 このような上記各事実に加えて,アナフィラキシーショック,悪性高熱の 発症については上記のとおり否定されること,本件調査報告書及ひ本件評価 結果報告書は,本件急変の原因について,敗血症性ショックによる可能性か 高いものてあると結論つけていることからすれは,Cは敗血症性ショックを発症したと認められる。 なお,原告らは,本件評価結果報告書の内容は信用てきないと主張するか,本件評価結果報告書は,医師及ひ弁護士複数名か関与して作成されたものて あって,Cを解剖した上て,その死因を探求したものてあり,その作成過程 において,信用性を疑わせる事情は認められないのてあるから,少なくとも, Cの死亡に至る機序についての本件評価結果報告書か示した結論については, 信用てきるというへきてある。5 争点2(本件急変か,アナフィラキシーショック又は悪性高熱の発症によ るものてあることを前提とする被告らの義務違反の有無)について上記のとおり,Cはアナフィラキシーショック又は悪性高熱を発症したとは 28認められないのて,かかる事実を前提とする原告らの主張は理由かない。
 6 争点3(初期救命救急処置を施す際の義務違反の有無)について(1) 救命救急センターへの連絡の遅れ
ア 上記認定事実のとおり,被告医師らは,午前11時30分頃に,Cの上肢にチアノーセか現れたことを確認していることから,この時点て救命救急センターに連絡すへきてあったかについて検討する。
(ア) 上記医学的知見のとおり,チアノーセの出現は,緊急度・重症度の高 い状態を示唆するものとされており,チアノーセの原因か不明確な場合 や治療か専門的な場合には,専門医に相談すへきてあるとされている。
 また,上記認定事実のとおり,Cの午前11時30分頃の状況は,上 肢にチアノーセか現れているたけてはなく,血圧か測定てきないほとの 振戦かあり,頻呼吸,末梢循環障害を示す手指冷感,心拍数も150台 /分(非常に速い心拍数てある。甲A7の2・4頁)てあって,ショッ クに関する上記医学的知見によれは,これらはショックの初期段階を示 す徴候といえる(甲A6の2・9頁参照)。現に,被告医師らも,過換 気症候群を疑い,ヘーハーハック法も試みているのてあるから,Cにシ ョックを示す徴候か存することを認識していたものてある。そして,上 記医学的知見のとおり,ショックの初期診療は,蘇生処置をしつつ,並 行して原因疾患の検索を進めることか重要てあるとされ,また血圧や体温を継続的に計測することか重要てあるとされている。 これらに加えて,Cに対するヘーハーハック法も効を奏さないものて あったのてあるから,被告医師らとしては,Cの午前11時30分頃の 状況は緊急度,重症度の高いものと認識すへきてあって,かつ,被告医 師らは歯科医てあって,ショックの初期診療としての全身管理に精通し ていたとも認められないのて,Cの全身管理を然るへき専門医に委ねるへきてあったといえる。
そして,本件手術か行われた処置室と同し階に歯科麻酔科かあり,そ こには,全身麻酔や静脈内鎮静を数多くこなし,全身管理について一定 程度精通した歯科麻酔医か滞在している(甲A6の2の8・35・40 頁)。なお,原告らも,歯科麻酔医か,生命維持について研鑽を積んて いる医師てあることは認めるところてある。そうすると,被告医師らは,午前11時30分頃に,歯科麻酔医に連 絡をとった上て,Cの全身管理を歯科麻酔医に委ねるへき義務かあった にもかかわらす,同義務に違反したものというへきてある。(イ) 一方,上記認定事実のとおり,午前11時30分頃のCの状況は,前 額部に熱感かなく,意識も清明て,発汗もなかった上,SpO2 も96%て あり,上記のとおり隣室には歯科麻酔医か待機しているのてあるから, 被告医師らに,午前11時30分頃に,救命救急センターに連絡をとっ た上て,直ちにCを同センターに搬送すへき義務かあったとまてはいえ ない。なお,原告らは,救命救急センターに連絡すへきてあったと主張し, 歯科麻酔医に連絡すへきてあったとは主張していないものの,前者の主 張は後者の主張を含むと解されることなとからすれは,上記認定は弁論 主義に反するものてはない。イ 次に,上記認定事実のとおり,被告医師らは,午前11時47分に, Cに42°Cの熱か生していることを認識していることから,この時点て 救命救急センターに連絡すへきてあったかについて検討する。ます,42°Cの高熱は,Cに明らかな異変か生していることを表すも のてあり,これに加えて,上記認定事実によれは,Cは,11時30分 頃以降,振戦やチアノーセの改善かみられなかったこと,浅く早い呼吸 か継続していたことか認められることからすれは,被告医師らは,午前 11時47分にCの体温か42°Cてあることを認識した時点て,Cの全身管理を適切に行うため,専門医に連絡すへき義務かあったというへき てある。そして,上記認定事実のとおり,被告医師らは,Cの体温か42°Cて あることを認識した後,直ちに,歯科麻酔医てあるG医師に連絡をして いるところ,上記のとおり,歯科麻酔医は,全身管理について一定程度 精通していること,上記認定事実のとおり,午前11時47分の時点て は,Cの血圧自体は122/53と正常てあり,意識もあり受け答えも てきていたことからすれは,G医師に連絡をしたことにより上記義務を 尽くしたといえ,救命救急センターに連絡をしなかったことか上記義務 に違反したということはてきない。(2) 過換気症候群との誤診及ひ誤診に基つく処置 上記のとおり,Cは,午前11時30分頃に,チアノーセか認められ,ショックの初期症状かあったと認められるところ,この時点て,被告医師らに は,過換気症候群を疑うのてはなく,Cの気道及ひ輸液ルートを確保した上 て,酸素を補給すへき義務を負っていたかについて検討する。ます,上記認定事実のとおり,Cの午前11時30分頃の状況は,意識清 明てあり,会話もてきている状態てあったのてあるから,この時点て,被告 医師らに,Cの気道及ひ輸液ルートを確保すへき義務かあったとはいえない。また,これらの事実に加えて,上記認定事実のとおり,CのSpO2 は,午前 11時30分の前は100%,午前11時30分頃に96%,午前11時4 7分に98%と推移している。そして,末梢循環障害を生しているCにとっ て,これらの数値か血中酸素濃度をとこまて正確に示しているかについては 疑問か残るものの(甲A6の2・12頁),上記SpO2 の値によれは,Cか, 午前11時30分頃に酸素を補給すへき状態にあったというのは困難てある。なお,上記認定事実によれは,Cの症状について,過換気症候群の疑いの もとヘーハーハック法か1度実施されたことか認められるところ,過換気症候群と疑った点は,結果的に診断としては誤りてあったといえるか,午前1 1時30分頃時点において,本件急変の原因か判然としない状況てあったこ とからすれは,被告医師らか,可能性として過換気症候群を疑い,ヘーハー ハック法を1度実施したことは何ら問題のない行為てある。したかって,被告医師らには,過換気症候群との誤診及ひ誤診に基つく処 置に関して義務違反は認められない。(3) ミタソラム投与について 上記認定事実及ひ証拠(甲A6の2・11頁)によれは,Cは,遅くとも午前11時50分にはショックを起こしていたと認められるにもかかわらす, 上記認定事実のとおり,G医師は,午前11時52分頃及ひ午後零時頃に, Cにミタソラムを投与している。この点,確かに,ミタソラムは,ショックの患者には禁忌とされている(甲 B6)。しかし,上記認定事実のとおり,Cの収縮期血圧は,午後零時頃まては1 00前後を維持している。また,上記認定事実のとおり,ミタソラムの投与 量は午前11時52分頃に1mg(0.0178mg/kg),午後零時頃 に2mg(0.0357mg/kg)てあって,集中治療における人工呼吸 中の鎮静のための投与量は,確実な鎮静導入をする際に0.06mg/kg とされており(乙B2),その投与量か多かったとはいいかたい(甲A6の 2・19頁)。さらに,上記認定事実のとおり,G医師かミタソラムを投与した理由は, 第1回目は,振戦に影響されない正確な血圧を測定し,また,末梢の循環を 改善した上て呼吸状態を正確に確認するためてあって,第2回目は,点滴を 引き抜こうとするCを鎮静させるためてあって,それそれミタソラムを投与 すへき合理的理由もあったものてある。そうすると,G医師らには,ミタソラムの投与に関して義務違反を認める 32ことは困難てある。
(4) クーリンクの遅れについて
ア 上記認定事実のとおり,被告医師らか,Cに42°Cの熱か生している ことを認識したのは午前11時47分てあるところ,体温か42°Cに達 した場合,血液中のタンハク質か変成し,これに対する反応により血栓 か全身に生し,DICに至ること,体温か42°Cに達するか否かは極め て重要な境界てあることかそれそれ認められる(甲A7の2・12・3 5頁)のて,被告医師ら及ひG医師は,午前11時47分にCの体温か 42°Cに達しているのを認識した時点て,直ちにクーリンクを開始すへ き義務を負っていたといえる。イ 次に,上記認定事実のとおり,G医師は,看護師に体温を下けるため に氷等を持ってくるよう指示し,午後零時2分頃から,頚部,腹部,腋 窩 に氷 又 はアイスノンを当 てる形 てクー リンクか開 始 されているところ, かかるクーリンクの開始か,上記義務に違反するものてあるかについて 検討する。ます,歯科医師において,42°Cという体温かとの程度の緊急事態を 示すとされているかについては明らかてはない(甲A7・36頁)。また,上記認定事実のとおり,歯科麻酔医てあるG医師は,午前11 時50分に処置室に入室してから,看護師に氷等を持ってくるよう指示 するまてに,Cの状態の確認,輸液ルートの確保,鎮静等のためのミタ ソラムの注射,マスクによる酸素投与,浮腫の確認,衣服による締め付 けの緩和なとの処置を行っており,これらの処置は,ショック状態にあ るCの全身管理を行う上て,いすれも必要なものてあったといえる。そうすると,全身管理に精通しない歯科医師てある被告医師らか,ク ーリンクを開始せす,また,G医師も,ショック状態にあるCについて ほかの処置を優先させたことにより,クーリンク開始の指示か午後零時2分前頃になったとしても,被告医師ら又はG医師か,クーリンクに関する上記義務に違反したと直ちにいうことはてきない。
ウ したかって,被告医師ら又はG医師に,クーリンクの遅れに関して義務違反を認めることはてきない。
7 争点4(適切な初期救急救命処置体制を構築しておく義務)について被告医師らの対応か,被告病院の初期救急救命処置体制か不十分てあったこ とによって生したといえるたけの的確な証拠はなく,被告病院か,適切な初期 救急救命処置体制を構築しておく義務に違反したとは認められない。8 争点5(因果関係の有無)
(1) 上記のとおり,被告医師らには,午前11時30分頃に,歯科麻酔医に連絡をとった上て,Cの全身管理を歯科麻酔医に委ねるへき義務かあったにも かかわらす,同義務に違反したと認められるところ,かかる被告医師らの過 失と,Cの死亡との間に因果関係か認められるかについて検討する。(2) ます,上記認定事実のとおり,被告医師らは,午前11時47分頃にG医 師に連絡したところ,G医師は,午前11時50分頃に処置室に入室し,そ の指示により午後零時2分頃からクーリンクか開始され,午後零時15分に Cは救命救急センターに到着している。そうすると,被告医師らか,午前11時30分頃に歯科麻酔医に連絡をと った場合には,Cは,午前11時45分頃からクーリンクを受け,午後零時 15分よりも数分程度は早く救命救急センターに到着することかてきたと認 められる。なお,Cの体温かいつ上昇したかについては明らかてはないか,上記認定 事実のとおり,午前11時30分頃に激しい振戦かあり,午前11時47分 には42°Cの体温に達していたことからすれは,Cに対するクーリンクは, 遅くとも午前11時45分頃からは開始することかてきたと認めることかて きる。他方,Cか午後零時頃に点滴を引き抜くような異常行動をとったことを直接の原因として,G医師はCを救命救急センターに搬送するとの判断を していること(甲A6の2・17・18頁)からすれは,仮に,午後11時 30分頃に歯科麻酔医に連絡かあったとしても,歯科麻酔医は,Cに異常行 動かあるまては,自ら蘇生処置を行っていたと考えられるのて,救命救急セ ンターへの搬送を著しく早めることかてきたと認めることはてきない。(3) そこて,上記を前提とした場合に,Cについて,その死亡した時点におい て,生存していた高度の蓋然性か認められるかについて検討する。ア 上記認定事実によれは,Cの死亡に至る機序は,敗血症性ショックに より,DICを発症したことによると認められる。そして,上記医学的知見のとおり,DICは,基礎疾患に対する治療 以外に有効な治療法かないとされているところ,上記認定事実のとおり, Cに対しては,救命救急センターに午後零時15分の到着直後から,敗 血症を前提とした治療か行われたにもかかわらす,その治療か効を奏さ す,午後6時頃にはDICになったこと,翌11日午前9時頃には多臓 器不全となったことか判明している。そうすると,仮にCか救命救急センターに午後零時15分の数分前に 到着していたとしても,やはり敗血症を前提とした治療は効を奏さす, 上記と同し経過をたとった可能性か高いというほかはない。イ また,上記のとおり,体温か42°Cに達した場合,血液中のタンハク 質か変成し,これに対する反応により血栓か全身に生し,DICに至る こと,体温か42°Cに達するか否かは極めて重要な境界てあることはい うことかてきる。しかし,上記認定事実のとおり,Cの体温は午前11時47分に42°C に達していたことからすれは,仮にCに対するクーリンクか午前11時 45分頃から開始されていたとしても,Cの体温か42°Cに達すること はなかったとは認められない。また,本件評価結果報告書(甲B2)は,Cの死亡の原因について, 多臓器不全とするものの,その多臓器不全の原因として高熱をあけてお らす,また,Cに生した高熱か多臓器不全に与えた具体的影響も明らか てはない。そうすると,仮にCに午前11時45分頃からクーリンクか開始され ていたとしても,CにDIC,多臓器不全か生し,死亡に至った経過か 異なっていたと認めることはてきない。ウ したかって,仮に,被告医師らか,午前11時30分頃に,歯科麻酔 医に連絡をとり,歯科麻酔医かCの全身管理を行っていたとしても,C について,その死亡した時点において,生存していた高度の蓋然性を認 めることは困難てある。(4) 次に,被告医師らか,午前11時30分頃に,歯科麻酔医に連絡をとり, その結果,Cか,午前11時45分頃からクーリンクを受け,午後零時15 分の数分前に救命救急センターに到着することかてきたと仮定した場合,C について,その死亡した時点において,生存していた相当程度の可能性を認 めることかてきるかについて検討する。ます,上記のとおり,体温か42°Cに達した場合,血液中のタンハク質か 変成し,これに対する反応により血栓か全身に生し,DICに至るところ, 午前11時45分頃からクーリンクを受けることかてきたとすれは,42°C の体温か継続された状態は,より短時間てあって,このことから,高熱によ って生した血栓量もより少なく,Cについて午後6時にDICを回避するこ とかてきた可能性かある(甲A7の2・7頁参照)。また,被告らは,Cに対する早期のクーリンク実施か結果に影響を与えな いことについて具体的な主張立証をしていないたけてはなく,本件急変の発 生時刻は午前11時30分頃てあるにもかかわらす,被告らは,それを当初 午前11時46分てあるとし(甲A3の1),本件委員会て指摘を受けることによりその時刻を午前11時40分頃と訂正し(甲A3の2,A7の2・ 40頁),本件訴訟においても,上記のとおり,被告Eは,振戦にて血圧を 測定てきなかった際に使用した機材について,殊更に虚偽供述を続けており, 本件急変に対する対応時間を,真実よりも短くすへく対応していると認めさ るを得ない。かかる被告らの対応は,本件急変に対する対応の時間か十分に あれは,より適切な処置を行うことかてきたことを推測させるものてある。そうすると,被告医師らか,午前11時30分頃に,歯科麻酔医に連絡を とっていれは,Cかその死亡の時点においてなお生存していた相当程度の可 能性かあったと認められる。9 争点6(損害の発生及ひ額)について 上記のとおり,Cかその死亡の時点においてなお生存していた相当程度の可能性か侵害されたことに対する慰謝料の額としては,上記8記載の事情等を 勘案し,200万円とするのか相当てある。なお,これとは別に原告ら固有の 慰謝料は認められない。また,上記不法行為に基つく弁護士費用相当の損害金としては20万円とす るのか相当てある。10 結論 以上のとおり,被告Eには過失か認められるのて,原告らは,それそれ相続分に応して,被告Eには不法行為に基つき,被告D大学には使用者責任に基つ き,各110万円の損害及ひこれに対する遅延損害金の連帯支払を求めること かてきる。なお,被告E及ひ被告D大学か診療契約の債務不履行に基つく損害 賠償責任を負うとしても,その賠償額は上記金額を超えることはない。よって,原告らの請求は,それそれ110万円及ひ遅延損害金の連帯支払を 求める限度て理由かあるから認容し,その余の請求を棄却すへきてあるから, 主文のとおり判決する。また,仮執行免脱宣言は,その必要かないものと認め, これを付さないこととする。福岡地方裁判所第3民事部
裁判長裁判官 平 田 豊
裁判官 片瀬 亮
裁判官 大野 崇
判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket