平成25年9月12日判言渡 同日原本領収 裁判所書記官 平成24年(ワ)第36678号 著作権侵害差止等請求事件 口頭弁論の終結の日 平成25年7月23日判
東京都港区<以下略>
原 告 株式会社ショーケース・ティー
ヒー
同訴訟代理人弁護士 鮫島正洋
和田祐造 柳下彰彦
東京都渋谷区<以下略>
被 告 株式会社コミクス 同訴訟代理人弁護士 熊澤誠
主文
1 被告は,原告に対し,10万円及ひこれに対する平成25年1月16日から支払済みまて年5分の割合による金員を支払え。
2 原告のその余の請求をいすれも棄却する。
3 訴訟費用は,これを10分し,その9を原告の,その余を被告の負担とする。
4 この判は,第1項に限り,仮に執行することかてきる。
事実及ひ理由
第1 請求
1 被告は,下記の資料を複製,頒布,上映してはならない。
名 称 EFO CUBEによる入力フォーム改善・最適化 ~入力フォームての離脱を改善します~ 1
種 別 営業資料
頁 数 18
著作名義 COMIX Inc.
2 被告は,前項の資料を記録した電磁的記録媒体から当該記録を抹消し,又は 同資料を印刷したハンフレット,レシメ等の印刷物を廃棄せよ。3 被告は,原告に対し,1680万円及ひこれに対する訴状送達の日の翌日か ら支払済みまて年5分の割合による金員を支払え。第2 事案の概要
本件は,原告か,被告に対し,(1) 被告による資料の作成,頒布等か原告の著作物の著作権及ひ著作者人格権を侵害すると主張して,著作権法112条に 基つき,上記資料の複製,頒布等の差止め及ひその廃棄等を求め,(2) 上記 著作権等の侵害とともに,被告による資料の作成,頒布等か原告に対する不法 行為を構成すると主張して,民法709条に基つき,損害金1680万円及ひ これに対する訴状送達の日の翌日から支払済みまて民法所定の年5分の割合 による遅延損害金の支払を求める事案てある。1 前提事実(当事者間に争いのない事実並ひに各項末尾掲記の証拠及ひ弁論の 全趣旨により認められる事実)(1) 原告取締役のAは,原告の発意に基つき,その業務に従事する中て,原告か提供するウェフサイトの入力フォームのアシスト機能に係るサーヒス てある「ナヒキャスト」の内容を説するために,平成20年4月に全16 頁の資料(甲1。以下「原告資料1」という。)を,平成21年3月に全1 5頁の資料(甲2。以下「原告資料2」という。原告資料1と併せて,以下 「原告各資料」という。)を職務上作成し,原告は,自己の著作の名義の下 にこれらを公表した。(甲1,2)
(2) 被告は,エントリーフォーム最適化システムてある「EFO CUBE」の営業に当たり,その内容を説するために,全18頁の資料(甲3。以下 「被告資料」という。)を作成し,顧客に対しこれを頒布,上映した。
 (甲3)2 争点及ひこれについての当事者の主張 争点は,1原告の著作権の侵害の成否,2原告の著作者人格権の侵害の成否,3差止め及ひ廃棄等の請求の可否,4原告の著作権侵害か成立しない場合にお ける不法行為の成否,5被告の故意又は過失の有無,6原告か受けた損害の額 てある。(1) 争点1(原告の著作権の侵害の成否)について
ア 原告各資料か著作物に当たるか否か。
 (ア) 原告
原告各資料は,表現上の創意工夫に富み,全体として著作者の個性か 発揮されているから,著作者の思想を創作的に表現したものてあり,文 芸及ひ学術の範囲に属する言語及ひ美術の著作物に当たる。(イ) 被告 原告各資料は,システムを説する機能的な営業用資料てあって,特徴的な言い回しはなく,表現は平凡かつありふれたものて,創作的な表現てはないから,著作権法の保護の対象となる著作物てはない。イ 被告資料の4頁,7ないし11頁,15頁の記載(以下「被告各記載」という。)か原告資料2の3頁並ひに原告資料1の5ないし9頁及ひ15頁 の記載(以下「原告各記載」という。)を複製又は翻案したものてあるか否 か。(ア) 原告
被告各記載は,原告各記載の表現をほほそのまま引き写し,あるい は一部を引き写したものてあって,別紙「原告資料と被告資料との対 比に関する原告の主張」記載のとおり,原告各記載の表現上の本質的な特徴の同一性を維持し,被告各記載に接する者かこれを直接感得す ることのてきるものてある。そして,被告各記載は,具体的表現において些細な違いかあるのを 除き原告各記載と酷似しているから,原告各記載に依拠して作成され た。したかって,被告各記載は,原告各記載を複製又は翻案したものてあ る。(イ) 被告 被告は,原告各記載に依拠して被告各記載を作成していない。したかって,被告各記載は,原告各記載を複製又は翻案したものてはない。
 (2) 争点2(原告の著作者人格権の侵害の成否)についてア 原告 被告は,被告各記載を含む被告資料の顧客への頒布,上映に際し,被告資料各頁下欄に「Copyright(c)2012 COMIX In c.All rights reserved.」と記載して原告の名 称を著作者として表示しなかった。(3) 争点3(差止め及ひ廃棄等の請求の可否)について ア 原告被告は,被告各記載を含む被告資料を作成し,顧客に対しこれを頒布, 上映して原告の著作権を侵害し,また,被告資料の顧客への頒布,上映に 際し,原告の名称を著作者名として表示しないて原告の著作者人格権を侵 害している。イ 被告 被告は,平成25年1月中旬に被告資料の作成を中止し,以降は,顧客に対しこれを頒布,上映していない。
(4) 争点4(原告の著作権侵害か成立しない場合における不法行為の成否)について ア 原告
原告は,作成した原告各資料の頒布,上映により法的保護に値する経済 的利益を受けることかてきるところ,被告は,原告各記載に依拠して被告 各記載を作成し,顧客に対しこれを含む被告資料を頒布,上映して,原告 の上記利益を侵害しているのてあって,被告の行為は公正な競争として社 会的に許容される限度を超えるものてあるから,原告に対する不法行為か 成立する。イ 被告 原告の主張は争う。
(5) 争点5(被告の故意又は過失の有無)について ア 原告
被告は,原告資料に原告各記載かあることを知りなから,被告各記載 を含む被告資料を作成したのてあって,被告には著作権侵害につき故意 かあるし,仮にそうてないとしても,被告は原告資料に原告各記載かあ ることを知ることかてきたから,少なくとも過失かある。イ 被告 被告は,被告資料を作成する際に依拠した資料に原告各記載と同一の表現かあることを認識していなかったから,被告に故意はない。また,被告 か被告資料を作成する際に依拠した資料は営業用の資料て特異な表現も ないから,通常,著作物てあるとは考えないし,これらの資料に原告との 関連を覚知させるような記載はなく,また,被告か未公刊の営業用の資料 の著作権者を調査することは不可能てあるから,被告には過失もない。(6) 争点6(原告か受けた損害の額)について ア 原告
原告と被告とは,事業及ひ顧客層か競合するところ,被告は,平成2 51年秋から顧客に対する被告資料の頒布,上映等による「EFO CU BE」の営業を行い,本来原告か獲得すへき顧客を奪ったのてあって, その結果,原告は著しい損害を受けた。被告か上記営業により獲得した顧客に対する「EFO CUBE」の 提供数は140てあり,その月額利用料は5万円てあるから,2年間の 売上けは1億6800万円になる。原告か著作権の行使により受けるへ き金銭の額は売上けの10%を下らないから,1680万円か原告か受 けた損害の額てある。イ 被告
被告か獲得した顧客に対する「EFO CUBE」の提供数は140てあるか,このうちの約95%は,平成21年8月ころからの被告独自 の資料による営業の結果てあり,被告資料によるものは,平成24年6 月から行った20社て,このうち成約に至ったのは2社のみてある。第3 当裁判所の判断
1 差止め及ひ廃棄等の請求について
ます,争点3(差止め及ひ廃棄等の請求の可否)について,判断する。(1) 前記前提事実に,証拠(甲3,乙3ないし7)及ひ弁論の全趣旨を総合す れは,被告は,平成21年8月ころから,「EFO CUBE」のサーヒス を開始し,その営業に当たり,サーヒスの内容を説するために,「EFO CUBEによる入力フォーム改善」と題する全11頁の資料(乙3)を作 成し,顧客に対しこれを頒布等していたこと,被告は,平成24年5月下 旬,被告資料を作成し,同年6月から顧客に対しこれを頒布,上映したこ と,被告は,平成25年1月15日に本件訴状の送達を受けて,被告資料の使用を中止し,以後は顧客に対してこれを頒布,上映していないこと, 以上の事実か認められる。そして,被告か被告資料を記録した電磁的記録 媒体被告資料を印刷した印刷物を保有していることを認めるに足りる証拠はない。
 そうてあれは,被告か,現在,被告資料を作成して顧客に対して頒布,上映しているということはてきないし,また,将来,被告資料を作成して頒布,上映することかあるということもてきない。
(2) したかって,原告の差止め及ひ廃棄等の請求は,その余の点について判断するまてもなく,理由かない。
 2 損害賠償の請求について(1) 争点1(原告の著作権の侵害の成否)について,判断する。 ア 原告各資料か著作物に当たるか否かについて証拠(甲1,2)及ひ弁論の全趣旨によれは,原告各資料は,いすれも, ウェフサイトの入力フォームのアシスト機能に係るサーヒスてある「ナヒ キャスト」の内容を効率的に顧客に伝えて購買意欲を喚起することを目的 として,「ナヒキャスト」の具体的な画面その機能を説するために相関 図等の図文章の内容を要領よく選択し,これを顧客に分かりすいよう に配置したものてあって,この点において表現上の創意工夫かされている と認められる。そうてあるから,原告各資料は,全体として筆者の個性か 発揮されたものて,創作的な表現を含むから,著作物に当たると認められ る。被告は,原告各資料に特徴的な言い回しはなく,表現は平凡かつありふ れたものてあると主張するか,証拠(乙1の1ないし12,10)によれ は,原告以外の会社からも「ナヒキャスト」と類似のサーヒスか提供され ているか,各企業によるそれそれのサーヒスを説するための図文書の 内容,その配置等は異なっていることか認められるのてあって,このこと に照らすと,原告各資料に特徴的な言い回しかないとか,表現か平凡かつ ありふれたものてあるとまてはいうことかてきない。被告の上記主張は, 採用することかてきない。イ 被告各記載か原告各記載を複製又は翻案したものてあるか否かについて (ア) 証拠(甲1ないし3)によれは,原告各記載と被告各記載とを対比 すると,別紙「原告資料と被告資料との対比に関する原告の主張」のと おりてあることか認められ,この事実によれは,被告各記載は,原告各 記載と同一てあるか,又は,その表現上の本質的な特徴の同一性を維持 し,これに接する者か原告各記載の表現上の本質的な特徴を直接感得することかてきるものてあると認められる。
(イ) 証拠(甲3,12,13,乙4ないし7)によれは,原告は,平成20年8月1日,インターネット広告代理店事業を営む株式会社フルス ヒート(以下「フルスヒート」という。)に対し,ナヒキャストフォーム アシストの供給の委託等をしたこと,被告は,平成24年5月下旬,フ ルスヒートとの間て,被告かフルスヒートに対し「EFO CUBE」 のサーヒスの提供等に関する業務をOEM提供することを合意して,フ ルスヒートから,「<入力フォーム最適化ツール>フルスヒートEFOこ 提案資料」と題する全20頁の資料(乙6)の送付を受け,被告従業員 のBかこれを修正して「<入力フォーム最適化ツール>フルスヒートE FOこ提案資料」と題する全20頁の資料(乙7)を作成し,さらに, 被告資料を作成したことか認められ,このことに前記(ア)認定の事実を 併せ考えれは,被告各記載は,原告各記載に依拠して作成されたものて あると認められる。(ウ) そうてあれは,被告か被告各記載を作成したことは原告の原告各記 載の著作権(複製権又は翻案権)を侵害し,顧客に対し被告各記載を頒 布,上映することは原告の原告各記載の著作権(上映権又は著作権法2 8条に基つく上映権及ひ譲渡権又は著作権法28条に基つく譲渡権)を 侵害する。(2) 争点5(被告の故意又は過失の有無)について,判断する。
 8証拠(甲8ないし10)及ひ弁論の全趣旨によれは,被告代表者は,平成 21年4月1日,原告に対し,原告のEFOツールを提案したいクライアン トかいることを理由に,ナヒキャスト担当者の訪問を希望する旨の電子メー ルを送付し,同月10日,担当者の訪問を受けて,サーヒス内容の説を受 けるとともに,原告資料2を入手したことか認められるから,被告代表者は, 作成した被告資料の記載の中に原告資料2の記載と同一のものかあること を知ることかてきたと認められる。しかるに,被告は,被告資料の記載の確 認をしなかったのてあるから,被告には過失かある。(3) そこて,争点6(原告か受けた損害の額)について,判断する。 前記1(1)認定の事実に弁論の全趣旨を総合すれは,被告は,平成24年6 月から平成25年1月中旬まて,約20社に対し,被告資料を用いて「EF O CUBE」の営業を行い,そのうちの2社と「EFO CUBE」の提 供に関する契約を締結して,平成24年11月及ひ12月に各月15万65 00円,平成25年1月から3月まてに各月14万3500円の合計74万 3500円の売上けを計上したか認められる。この事実によれは,被告は, 上記2社との契約か終了するまての間,毎月14万3500円の売上けを計 上することかてき,仮に上記2社との契約か2年間継続するとすれは,この 間に合計347万円の売上けを計上することかてきることになると認められ るか,被告資料は,「EFO CUBE」の営業において補助的な役割を有す るにととまる上,被告各記載は7頁て,全18頁の被告資料の約38.8% に相当するにすきないから,これらの事情を併せ考えると,原告か受けた損害の額は10万円と認めるのか相当てある。 原告は,被告の売上け1億6800万円に10%を乗した額か原告か受けた損害の額てあると主張するか,上記被告の売上けは,「EFO CUBE」 を2年間提供することによる売上けてあって,被告資料を用いたことによる ものてはなく,また,原告の原告各記載の著作権の行使について売上けの10%を下らない額を受けることかてきることを認めるに足りる証拠はないから,原告の上記主張は,採用することかてきない。
(4) したかって,原告の損害賠償の請求は,10万円及ひこれに対する訴状送達の日の翌日てあることか記録上らかな平成25年1月16日から支 払済みまて民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める限度 て理由かある。3 以上のとおりてあって,原告の請求は,10万円及ひこれに対する平成25 年1月16日から支払済みまて年5分の割合による金員の支払を求める限度 て理由かある。よって,上記の限度て原告の請求を認容し,その余は失当としてこれを棄却 することとして,主文のとおり判する。東京地方裁判所民事第47部
裁判長裁判官 高野輝久
裁判官 三井大有
裁判官 藤 田 壮
(別紙)
原告資料と被告資料との対比に関する原告の主張
 1 原告資料2の3頁と被告資料の4頁(1) 離脱原因か「入力エラー」,「項目数の多さ」てあることを最初に指摘し, この点につき「主な途中離脱原因は…エラー項目数の多さへの不満てす」 との説を付した点て共通し,(2) 離脱原因を「離脱原因1」,「離脱原因2」に分解して説し,かつ,「離 脱原因1」につき「送信ホタンを押した後て入力エラーを知り,何度か繰り 返すと面倒になり離脱」の説とともに示し,また,「離脱原因2」につき 「何を入力すれはよいか,とれたけ入力すれは終了するか、不安に思い離脱」 に分解して説する点て共通し,(3) 離脱原因をユーサによる入力フォームの具体的画面例とともに表示し, かつ,当該画面例は,「離脱原因1」,「離脱原因2」のいすれについても, その具体的入力例てあるお名前「銀座太郎」、「キンサタロウ」を含めて全く 同一てあり,(4) ユーサの不満を実際のユーサのとして,かつ,その不満のホイントと なる点を「送信ホタンを押してエラーメッセーシか繰り返し表示され、面倒 になった」,「事前に入力項目数か分からすとこまて入力か続くか不安に思い 入力を断念した」との説文を付加し,かつ当該説文のうち,「エラーメ ッセーシ」,「面倒」,「不安」の部分を他の灰色の文字に対して目立つ赤色て 表示し,課題を一目て分かるように記載する点て共通し,(5) 入力フォームの改善の重要性につき「離脱改善のために入力を支援し, …完了まて導く画期的な施策か必要てす」との説文て示す点て共通し,(6) 上記(1)ないし(5)の記載のレイアウトか,離脱原因を上部に,その下に, 離脱原因1,2を示し,その中央部分に利用ユーサーの不満を示した上,さらにその下に,入力フォーム改善の重要性の説文を示している点て共通す る。2 原告資料1の6頁と被告資料の7頁
(1) 入力支援機能1の説につき「とれか必須項目…一目てわかり、との程 度入力すへきか事前把握」を示している点て共通し,(2) 入力フォームの具体的画面例を示し,各入力ウィントウには入力例とし て,「こ氏名」につき「田中太郎」,「フリカナ」につき「タナカタロウ」,生 年月日につき「1969(昭和44)」,性別「男性」を示し,連絡先メール アトレスの欄に他の記載に比し目立つ赤色の吹き出して入力内容か異なっ ている点を表示の上「確認のためもう一度入力して下さい」との赤色のメッ セーシを示している点て共通し,(3) 上記赤色の吹き出しの説「入力支援メッセーシ」につき「入力した文 字列か想定したものと異なる場合に,エラー警告メッセーシを表示するこ とかてきます」との説とともに表示している点て共通し,(4) クリーム色のウィントウに,記入すへき項目数として「8」を示し,そ の説「ナヒケーションウィントウ」を「未入力となっている必須項目の数 かリアルタイムに表示されますのて,あととのくらいて完了てきるかをイメ ーシてきます。」との説とともに表示している点て共通し,(5) 入力フォームの具体的画面例の「郵便番号」,「住所」の欄を枠て示し, その説につき「カラーリンクによる必須項目の視認性の向上」と表示して いる点て共通し,(6) 上記(1)ないし(5)のレイアウトか,上部に入力支援機能の説を示し, その右下に画面表示例を示し,その左側にナヒケーションウィントウの説 を示し,画面表示例の中央には入力支援メッセーシの説とともに赤色の吹き出しを示し,その下部にはカラーリンクによる必須項目の視認性の向上の説を示している点て共通する。
 3 原告資料1の7頁と被告資料の8頁(1) 入力支援機能2の説につき「入力項目のエラーに合わせてリアルタイ ムに注意喚起,案内」を示している点て共通し,(2) 入力フォームの画面表示例として,「お名前」,「お名前(カナ)」,「こ住 所」のウィントウを表示し,入力属性の正しい全角入力の「山田」,「タロウ」 の部分は黄色のウィントウて表示し,入力属性の正しくない半角入力の「タ ロウ」につき,黄色のウィントウよりも目立つ赤色のウィントウて白い矢印の アイコンとともに表示し,このウィントウにはオレンシ色の吹き出して「全 角カタカナのみ入力。」と示し,「こ住所」のウィントウには,黄色のウィン トウに入力例「143-0023」の「143」部分は青色て表示し,その 下に赤色て「郵便番号をこ入力の上,【住所を検索する】を押してくたさい。」 のメッセーシを示している点て共通し,(3) 入力フォームのもう一つの画面表示例として,「PCメールアトレス」, 「PCメールアトレス(確認)」のウィントウを表示し,「PCメールアトレ ス」のウィントウは黄色て示し,「PCメールアトレス(確認)」のウィント ウは「●省略●」の文字とともに黄色のウィントウよりも目立つ赤色のウィ ントウて示すとともに,このウィントウには緑色の吹き出して「上記アトレ スと相違かあります。」のメッセーシを示している点て共通し,(4) (2)の画面表示例の説「入力属性のエラー判定」に,「カタカナ,ひら かな,漢字の間違い 半角,全角の間違いを検知し…メッセーシを…します」 との説を付している点て共通し,(5) (3)の画面表示例の説として「メッセーシ色」を示し,さらにその下 に「エラーの文言,サイス,色,表示・非表示」に関する説を付している点て共通し,
(6) (1)ないし(5)のレイアウトは,その上部に入力支援機能2の説かあり, その下に(2)の画面表示例,その右には(2)の画面表示例に関する(4)の説 か示され,さらにその下のメッセーシ文の下に,(3)の画面表示例,その右 には(3)の画面表示例に関する(5)の説か示されている点て共通する。4 原告資料1の8頁と被告資料の9頁
(1) 入力支援機能3の説につき「次ヘーシへ進めるかとうかを判断して入力フロセスを的確に誘導」を示している点て共通し,
(2) 入力フォームの画面表示例として「こ自宅情報」に関し,入力未完了の 画面と入力完了の画面とを並へて表示している点て共通し,(3) 入力未完了の画面表示例には,未入力の部分を枠て囲い,そのウィント ウをクリーム色て示し,その下に未入力てあることを示す警告画面を「!」 を黄色の三角の表示とともにオレンシ色て表示し,さらにその表示には「記 入もれ,記入ミスかあると,次の確認画面に進めません」との説文を付す とともに,その表示の下には「【未入力またはエラーの項目かあります】 オ レンシ色の項目に記入してくたさい。
 未記入項目/2 OK」のウィント ウを表示し,その説として「無理り送信ホタンを押しても注意喚起文か 表示されます」と付している点て共通し,(4) 入力完了の画面表示例の下には,オレンシ色て「次へ進む」を示し,そ の表示には「すへての情報か揃ったら,次画面へ進むように促します」との 説文を付し,さらにその表示の下には「エラー画面なと表示され…スムー スに送信完了」のメッセーシを付している点て共通し,(5) (1)ないし(4)のレイアウトは,その上部に入力支援機能3の説を示し, その下に,左側に(2)の入力未完了の画面表示例を,右側に入力完了の画面 表示例を並へて表示し,入力未完了の画面表示例から入力完了の画面表示例に矢印か示されて入力のフロセスか視認てきるようになっており,入力未完 了の画面表示例の下に,下向きの矢印とともに注意喚起文か表示されること の説か,入力完了の画面表示例の下に下向きの矢印とともに送信完了した 旨の説かなされ,入力未完了から完了のステータス変更か容易に視認てき るように示されている点て共通する。5 原告資料1の5頁と被告資料の10頁
(1) 分析機能4の説につき「入力フォームの問題点を…分析」を示してい る点て共通し,(2) 分析結果の画面表示例をその概要例と詳細例と並へて表示している点て 共通し,(3) 各画面表示例の数値はすへて共通している点て共通し,(4) 途中離脱の人数につき、概要例の人数と詳細例の各項目別の人数を枠て 囲い,前者から後者に対して矢印を付して,かつ当該矢印近傍に「途中離脱 ホイントことの入力項目ことの分布」のメッセーシを付すことて、全途中離 脱者数と各項目別の人数か視認てきるように示している点て共通し,(5) 途中離脱の項目「メール」を他のセルに対して際たった赤色て表示し, これに「エラー発生率,離脱率ともに高い項目か「メールアトレス」てある こと…特定」との説を付加し,特に「エラー発生率」,「離脱率」を他の文 字よりも大きなフォントて表示し,これらか重要な要因てあることを示して いる点て共通し,(6) 詳細例の説「入力項目ことに,アクセス数,エラー発生率,離脱数な とを集計」を付している点て共通し,(7) 詳細例の「離脱数」を枠て囲んて示し,途中離脱者数の分析において重 要な項目を目立って表示させている点て共通し,(8) 上記(1)ないし(7)のレイアウトか,その分析機能の説文を上部に,画 面表示例の概要例を左に,詳細例を右に表示し,詳細例には着目すへきセル として,「メール」,「離脱数」を枠て囲い,概要例と詳細例を矢印て結んて その関係を示している点て共通する。6 原告資料1の9頁と被告資料の11頁
(1) ユーサ,入力フォームヘーシ,サーハの模式図を各々示している点て共通し,かつ各々の模式図はそのテサインか共通し,
(2) サーヒスの流れにつき「(1)貴社入力フォームヘーシにこ利用タクを貼… たけ」,「(2)入力ミスかあると…」,「(3)エラー判定ロク」,「(4)エラー補助 メッセーシ&入力支援メッセーシ配信」をそのサーヒスの流れに沿って順に 示し,かつ当該流れをユーサ,入力フォームヘーシ,サーハの模式図にあわ せて各々の間を矢印て流れに沿って結んて示し,サーヒスの流れを直感的に 分かりすく表示している点て共通し,(3) 上記(1),(2)のレイアウトか,左上にユーサ,右上に入力フォームヘー シ,左下にサーハか示され,その矢印およひその流れの順序か共通する。7 原告資料1の15頁と被告資料の15頁
(1) 「とんな入力フォームても使え」るか否かの質問か共通し,かつその回答か「非常に特殊な形式てなけれは基本的に対応しています。弊社スタッフ か入力フォームのコートをチェックして使えるかとうかを判定いたしま す。」てある点て一致し,(2) 「多数の画面遷移かある…フォームても1つとカウントてき」るか否か の質問か共通し,(3) 「複数の入力フォームかある場合」の「料金」かとうなるかの質問か共 通し,(4) 「とのような仕組みなの」かの質問か共通し,かつその回答か「専用タ 16クか貼ってある入力フォームにユーサーかアクセスしようとすると,…サー ハから補助フロクラムかよひたされ,ユーサーの入力に応して,エラーロク の保存補助メッセーシのリアルタイム表示を行います。AP形式てすの て,入力フォームの変更サーハへのフロクラムインストールなとは一切不 要てす。」てある点て一致し,(5) 「とのような管理画面なの」かの質問か共通し,かつその回答か「弊社 担当営業にお問い合わせ下さい。お客様の前ての実際の管理画面をお見せし ます。」てある点て一致し,(6) 「セキュリティ不具合は大丈夫」か否かの質問か共通し,かつその回 答か「サーハ二重化,テータのミラーリンク,24時間365日監視なとサ ーハは堅牢て,テータも暗号化されており情報漏えい対策に万全の体制てす。
 また,万一サーハと通信てきない場合ても,お客様の入力フォームは導入前 と同し状態に戻るたけてすのて,支障はありません。」てある点て一致し,(7) 「タクの入れ方はとうすれはいい」か否かの質問か共通し,かつその回 答か「専用タクを入力フォームに入れていたたく作業は,該当ヘーシの管理 こ担当者運用会社にこ依頼くたさい。こ担当者からの技術的な質問は弊社 まてお尋ねくたさい。」てある点て一致する。
判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket