平成25年9月9日判言渡 同日原本領収 裁判所書記官 平成25年(ワ)第9561号 損害賠償等請求事件 口頭弁論終結日 平成25年7月10日判 東京都葛飾区<以下略>
原告A 埼玉県所沢市<以下略>
同所
被告B (以下「被告B」という。)
被告C (以下「被告C」という。)
主文
 1 本件訴えをいすれも却下する。
2 訴訟費用は原告の負担とする。
 事実及ひ理由
第1 当事者の求めた裁判
 1 請求の趣旨
(1) 被告らは,原告に対し,各10万円を支払え。
 (2) 被告らは,以下の行為をしてはならない。1 「麦の会」の称号の利用,及ひそれに関わる機関誌「和解」のハンフ レットその他会報誌の発行,販売,これに関わる人員(スタッフ)の活動
 2 「麦の会」及ひそれに関わる「和解」の称号を利用しての宗教の情宣活動等
3 「麦の会」及ひそれに関わる「和解」の称号を利用しての会員並ひに支援者等の勧誘
4 その他上記1から3に関わる事項,並ひに称号等に関係なく「麦の会」 スタッフの被収容者及ひその関係者への関与(3) 訴訟費用は被告らの負担とする。
(4) 第1,2項につき仮執行宣言
 2 請求の趣旨に対する被告らの答弁 (本案前の答弁)主文同旨 (本案の答弁)
(1) 原告の請求をいすれも棄却する。
(2) 訴訟費用は原告の負担とする。
 第2 事案の概要
1 原告の請求内容は必すしも判然としないか,本件は,原告か,「麦の会」の 事務局代表てある被告B及ひ「麦の会」の「獄外運営委員代表」てあるとする 被告Cに対し,「麦の会」の名称規約等の改変か原告の著作権を侵害すると 主張して,被告らに対し,各10万円の支払を求めるとともに,著作権法11 2条に基つき「麦の会」の活動の差止めを求めるものと解される。2 原告の主張 別紙訴状と題する書面のとおり
3 被告らの主張 別紙答弁書のとおり
第3 当裁判所の判断
1 末尾に掲記した証拠等によれは,以下の事実か認められる。(1) 昭和55年9月1日,当時東京拘置所に収容されていた9名の死刑囚は, 死刑廃止を目的として,その名称を「日本死刑囚会議=麦の会」とし,略称 を「麦の会」とする団体(以下「麦の会」という。)を結成した(乙1,3 0,31)。同団体の規約てある「日本死刑囚会議=麦の会 規約」は,同日承認され,その後昭和59年7月20日に改正された(乙1,33)。
 (2) 原告は,昭和59年10月に2件の強盗殺人事件を起こし,昭和62年1 0月31日,東京地裁て死刑判を言い渡され,その後,控訴及ひ上告をし たか同判か確定し,現在,東京拘置所に収容されている死刑囚てある(乙1,33)。 原告は,かつて麦の会に所属していたか,平成3年2月に,麦の会から分かれたメンハー数名て「ユニテ」という団体を結成し,麦の会から除名処分を受けた(乙1,17ないし19,22,25)。
(3) 被告Bは,麦の会の事務局代表てある(争いかない。)。被告Cは,麦の会の運営委員てある(乙27,35,弁論の全趣旨。原告 は,被告Cか麦の会の「獄外運営委員代表」てあると主張するか,そのよう に認めるに足りる証拠はない。)。(4) 平成2年12月1日,麦の会を編著者とし,株式会社インハクト出版会を 発行所とする,「死刑囚からあなたへ2 国には殺されたくない」との書名 の書籍(以下「本件書籍」という。)か発行され,本件書籍の52頁から7 6頁には,当時上告中てあった原告か執筆した「なせ事件を起してしまった のか」と題する文書か掲載されている(乙1,26,33,38)。(5) 麦の会は,平成18年4月1日,その規約を改正して,その名称を「拘禁 者ネットワーク委員会=麦の会」と改めた(乙1,29,35,48)。(6) 麦の会は,平成21年8月1日,その規約を改正して,その名称を「被拘 禁者更生支援ネットワーク=麦の会」と改めた(乙1,12,29,40, 48)。(7) 原告は,麦の会の事務局代表てあったD及ひ現事務局代表てある被告Bを 被告として,本件書籍,「麦の会」の称号及ひ規約について著作権を有して いると主張して,著作権及ひ著作者人格権に基つき,Dに対し損害賠償金1 60万円の支払及ひ侵害行為の差止めを,被告Bに対し損害賠償金200万円の支払及ひ侵害行為の差止めを,それそれ求める訴訟を提起した(当庁平 成23年(ワ)第15452号,平成24年(ワ)第17173号。乙1な いし7,10,11。以下「前訴」という。)。当庁は,平成25年1月25日,原告の請求をいすれも棄却する判をし (乙1。以下「前訴判」という。),この判は確定した(乙49)。(8) 原告は,麦の会の代表者てあるEを被告とする訴えを提起した(当庁平成 25年(ワ)第4390号。弁論の全趣旨)か,この訴訟は,平成25年5 月14日,取下擬制により終了した(当裁判所に顕著)。(9) 原告は,平成25年4月9日付けの本件訴状を提出し,同書面は同月12 日当庁に到達し,本件は当庁平成25年(ワ)第9561号として立件され た(当裁判所に顕著)。2 前訴判の既判力について
(1) 上記1(7)のとおり,原告と被告Bとの間において,原告か被告Bに対し著作権及ひ著作者人格権に基つく損害賠償請求権及ひ差止請求権を有しないことは既判力をもって確定している。
(2) なお,念のため判断すれは,本件全証拠によるも,原告は「麦の会」の名称規約について著作権を有するものとは認められす,被告Bか原告の著作権を侵害しているとは到底認められない。
 3 被告Cに対する訴えの適法性について(1) 被告Cは前訴の当事者てもその承継人等てもないから,前訴判の既判力 か及ふわけてはない(民事訴訟法115条)。(2) しかし,前訴と訴訟物当事者か異なるなとして前訴判の既判力か及は ないとしても,後訴か実質的に見て紛争の蒸し返しといえるときは,後訴の 提起は信義則に照らして許されないと解するのか相当てある。これを本件についてみると,本訴において原告の主張する著作権侵害の内 容は,前訴において主張したものとほほ同様てある。前訴における被告は麦の会の前事務局代表てあったD及ひ現事務局代表て ある被告Bてあり,本訴における被告は被告B及ひ原告において獄外運営委 員代表てあると主張する被告C(なお,被告らによれは,被告Cは「獄外運 営委員代表」てはなく,運営委員の1人にすきない。)てあるか,いすれも 麦の会関係者という点ては共通している。以上の事実に照らせは,本訴は,実質的には前訴の蒸し返しというへきて あり,本訴の提起は信義則に照らして許されないものと解するのか相当てあ る。4 被告Bに対する訴えの適法性について 上記3て述へたことに照らせは,被告Bに対する関係においても,本訴の提起は信義則に照らし許されないものと解するのか相当てある。
 5 結論以上によれは,本件訴えは信義則に反する蒸し返し訴訟と認めるのか相当て あるから,いすれも却下することとし,主文のとおり判する。東京地方裁判所民事第29部
裁判長裁判官
裁判官
大須賀 滋
小川雅敏

裁判官
西村康夫
判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket