主文 被告人Aを懲役1年10月に処する。
被告人Aに対し,未決勾留日数中230日をその刑に算入する。
 被告人Aから,横浜地方検察庁て保管中の覚せい剤1袋(同庁平成24 年領第2710号の23)を没収する。 本件公訴事実中恐喝の点については,被告人両名はいすれも無罪。理由
(罪となるへき事実) 被告人Aは,
第1 法定の除外事由かないのに,平成24年10月8日頃,神奈川県平塚市a 町b番c号所在の被告人A方居室内において,フェニルメチルアミノフロハン の塩類若干量を含有する水溶液を自己の身体に注射し,もって覚せい剤を使用 した,第2 みたりに,同月9日,同居室内において,覚せい剤てあるフェニルメチル アミノフロハン塩酸塩約0.17クラム(横浜地方検察庁平成24年領第27 10号の23はその鑑定残量)を所持した。(恐喝について無罪と判断した理由) 第1 本件恐喝の公訴事実の要旨「被告人Bは,人材派遣業「C」を実質的に経営していたもの,被告人Aは, Cにおいて派遣した従業員の管理,監督を担当していたものてあるか,被告人 両名は,Cの従業員てあるD(当時48歳)に因縁を付け,借金返済の名目て 現金を脅し取ろうと企て,共謀の上,平成23年3月10日午後7時頃,神奈 川県平塚市a町d番e号メソンEf号室のCの事務所において,同人に対し, 「借用書を書け。書かないと帰さないそ。書かないと若い衆を使って半殺しに するそ。」なとと申し向けて,DにCから34万200円を借用し,これを全 額返済する旨の借用書を作成させた上,さらに,「支払わすに逃けたら落とし 前をつけてもらう。逃けたらとこまても追い込みをかける。踏み倒したら若い衆を使って,絶対に探し出して,アンカー付けて海にめてやる。」なとと語 気鋭く申し向けて現金の交付を要求し,もしこの要求に応しなけれは,同人の 生命,身体等にいかなる危害を加えかねない気勢を示して脅迫し,同人を怖か らせ,よって,その頃,同所において,同人から現金14万円を喝取した。」第2 基本的な事実関係と判断の要旨
 1 基本的な事実関係
 この公訴事実のうち,被告人両名とCとの関係,平成23年3月10日 (以下,平成23年の出来事については年の記載を省略することかある。), Cの事務所において,被告人Bに言われて,Dか34万200円の借用書を 書いたこと,現金14万円を被告人Bに交付したことについては,当事者間 に争いはなく,証拠上も優に認められる。 さらに,被告人両名の各公判供述,被告人Bの検察官調書(乙4),警察 官調書(乙3),被告人Aの検察官調書(乙18),警察官調書(乙12, 13),証人D,同Fの各公判供述,捜索差押調書(甲9),写し作成報告 書(甲11),捜査報告書(甲2,34),写真撮影報告書(甲3,10), 示談契約書写し(弁1),取下書写し(弁2,3),電話帳テータ(甲3 9),押収してある計算書,借用書写し,領収証,メモ紙,給料支払明細書, 戸籍全部事項証明書,住民票写し,運転免許証写し各1枚(平成25年押第 6号の1ないし8)等の関係証拠によれは,以下の事実か認められる。ア Dは,知り合いのFから紹介を受けて,被告人Bと面接の上,平成22 年11月15日からC(なお,Cは,「株式会社C」を名乗っているか, 会社登録は未了てある。)て作業員として勤務していたか,平成23年2 月末日頃,被告人Bに辞職を申し出た。イ 3月1日,Dは,Cの事務所において,被告人両名とFか同席する中て, Cを辞職する意思を明確に確認した(この時の話合いを「1回目の話合 い」ともいう。なお,この話合いの日について,Dは3月1日か2日と述 へたか,次に記載する内容証明郵便発送の日付,FとD,被告人Bとの連絡状況等から,3月1日と認定てきる。)。Dは,Cの給料支給日てある同月10日に,Cの事務所に出向くことになった。
ウ 同月2日,Dか相談した弁護士Gは,C宛てに内容証明郵便て通知書を送り,翌3日頃,被告人Bかこれを受け取った。通知書の内容は,Cに対 し,3月10日,Dに,2月分の給料14万円(1日7000円,20日 分)を支払い,DかCに預けた戸籍謄本,住民票等の返還を求めるなとす るものてあった。エ 3月10日午後7時頃,Cの事務所において,再ひ,被告人両名,F, Dか集まった(この時の話合いを「2回目の話合い」ともいう。)。ます,被告人Bは,Dに2月分の給料14万円と明細書の入った封筒を 渡した。Dは,封筒の中身を確認した。オ その後,被告人Bは,Dに対し,既に準備していた「計算書」なる書面 (平成25年押第6号の1はその原本。C作成名義て,D宛てのもの)を 示し,計算書に記載された項目,金額をDかCに返済すへきてある旨説明 して,借用書を書くよう求めた。借金の額は,Dか借用していて当日持参 した仕事道具てある腰道具一式か汚損するなとしていたため,その買取代 金2万円か付加されて,合計34万200円になっていた。Dは,被告人 Bか言う内容の借用書(同号の2はその写し)を作成した。借用書には, DかCに対し,合計34万200円の借金かあり,3月10日に14万円 を返済し,残金20万200円も3月,4月,5月各末日の3回に分割し て返済することを約束する旨記載され,Dの署名,押印もあった。借金の 細目は,上記計算書を引用するような形になっていた。カ この借用書の作成後,被告人Bは,Dに渡した2月分の給料14万円を これはもらっておくなとと言って回収した。その際,Dは,被告人Bに, 全額を取られると困る旨言ったか,被告人Bはこれを無視した。Dにはそ の領収証(同号の3)か渡された。キ また,2回目の話合いの際,Cの事務所にあった戸籍全部事項証明書(以下「戸籍謄本」という。),住民票写し,運転免許証の各コヒーは, Dに返却され,Dは,その受取書(メモ紙(同号の4))を作成し,被告 人Aに渡した。ク Dは,平成23年4月1日に警察に恐喝の被害届を提出した(なお,借 用書記載の借金の残額については,Dか支払ったことも支払請求を受けた こともなかった。)。ケ 被告人両名は,平成24年10月に本件恐喝の被疑事実て逮捕されたか, 同月27日,Dは,被告人Bの弁護人を介して,被告人両名か用意した示 談金20万円を受け取り,被告人両名に対する被害届を取り下ける旨記載 のある示談書(示談契約書写し(弁1))を作成し,被告人両名それそれ に対する恐喝被疑事件の被害届の取下書にも署名,押印した(取下書写し (弁2,3))。しかし,Dは,その被害届を取り下けなかった。そして, 被告人両名は,同月30日,本件恐喝の公訴事実て起訴された。2 判断のホイント
 Dは,14万円の現金を被告人Bに交付した時期について,借用書を書き終えた後に,被告人Bかこれは先に取るからと言って(それ以外,特に何も 言わすに),先に渡された14万円の入った封筒こと持っていかれた旨供述 しているところ,借用書にも,当日14万円は返済する(文言は「返済致し ます」)のて残金は20万200円てある旨記載されており,他に,Dの供 述と明確に異なるような供述をしている者もいないから,Dの上記供述は信 用てきると思われる。これらによれは,14万円を被告人Bに取られたのは, 借用書作成の直後てあって,借用書を作成した後,14万円を取られるまて の間に何らかの脅迫かあったとは考えられす,仮に借用書作成の後に脅迫か あったとしても,それは現金交付の後にあったことになるから,その脅迫か 現金交付の原因となるとは考えられない。したかって,現金交付の原因となる脅迫の有無を検討する上ては,Dに借 用書を作成させるために借用書の作成前ないし作成中に脅迫かあったかとうかか重要てある。
 Dは,公判廷て,借用書を書く前に,被告人Aから脅し文句を言われた旨供述し,他方,被告人両名は,いすれも脅し文句は一切言っていない旨述へ, さらに,Fも,公判廷て,被告人両名と同旨の供述をしている。したかって,本件は,Dの上記公判供述につき,借用書作成,ひいては現 金交付につなかる脅迫かあったと合理的な疑いを差し挟まない程度に確信さ せるほとの高い信用性を肯定てきるかとうかにかかっているといえる。3 判断の要諦 そこて,当裁判所は,Dの上記公判供述の信用性を,Fの公判供述及ひ被告人両名の各供述の信用性とも対比しつつ,慎重に検討した。
 その結果,Dの公判供述は,Fや被告人両名の各供述に比して,相対的には 信用性か高いといえるか,疑念を抱かせる点もあり,他方,Fの公判供述も, 直ちにDの供述の信用性を左右するほとの信用性は認め難いものの,軽視し難 い面かあり,さらに,被告人両名の各供述も,いすれも直ちに信用し難いもの の,一定の排斥しにくい部分もあり,それらを総合すると,Dの公判供述につ いては,脅迫かあったと合理的な疑いを差し挟まない程度に確信させるほとの高い信用性は肯定し難いとの判断に至った。 以下,詳述する。
第3 各供述の信用性に関する基本的な評価
 1 Dの公判供述について 供述内容の要旨
ア 2月20日過きに,被告人Aに,会社て使うから戸籍謄本等を持ってくるよう言われた。入社して大分たつのて,理由を聞いたら返事かないのて, こねていたか,結局しょうかないと思い,戸籍謄本,住民票,運転免許証 の各コヒーを被告人Aに渡した。その時,被告人Aから,中国に行って偽 装結婚すると70万円くらい入るなとと,偽装結婚を持ち掛けられた。一 般社会の話しゃない,断ったらとうなるかなととも言われた。被告人BやFから,Cは,暴力団幹部てあるHの指定企業みたいな存在てあると聞い ており,ヤクサとつなかりかある話たと思い,怖かったのて,偽装結婚の 話についてはうやむやな返事をした。イ Cては同月28日まて仕事をしたか,偽装結婚の話か出て怖くなってお り,同日仕事を終えてCの事務所に行った際,ちょうと被告人Bに,3月 から仕事かない(仕事か一時なくなる)と言われたのて,けしめも付くと 思い,その日,被告人Bに辞職を申し出た。すると,被告人Bは,Hに電 話をして,「Dの馬鹿か辞めると言うんたけと,とうしよう。」と言って いた。被告人Aから「この野郎」と言われ襟をつかまれて殴られそうにな ったり,被告人両名から,俺の顔に泥を塗るのかと言われたりした。その 日は考え直せと言われて帰ったか,もう一度話し合うことになった。ウ それて,3月1日か2日に,Cの事務所に集まった。被告人両名とFか 同席していた。やっはり辞めると告けた。被告人両名から,「俺の顔に泥 を塗るのか。」なとと言われた(被告人Aからは,「アンカー,脅し文句 て」言われた。)。Fも「俺の顔に泥を塗るのか。」と言っていたか,F には偽装結婚の話を持ち掛けられたことは言っていなかった。帰りかけに, FかHに電話をかけ,「Dか辞めるって言うんたけと,顔に泥を塗ってす みません。」なとと会話していた。エ その後,知り合いの紹介て弁護士に相談し,3月10日に,2月分の給 料の支払と戸籍謄本のコヒー等の返還を求める内容証明郵便を送ってもら った。オ 3月10日は,自分のことなのて迷惑を掛けたくないと思い,一人てC の事務所に行った。被告人両名,Fか同席する中,被告人Bから給料を受 け取った。安心して帰ろうとしたら,被告人Bは,計算書を見せ,借用書 を書くよう言ってきた。書かないて立ち去ろうとすると,若い者を連れて いってほこほこにするなとと言われ,怖くなって,やむを得す借用書を書 いた。被告人Bに内容を言われなから書いた。書き終えるとすくに,被告人Bに「これは先に取るから。」と言われ,先ほともらった14万円を明 細書を除いて封筒こと無理矢理取られた。「生活てきなくなるから困 る。」とこねたか,返してもらえなかった。被告人Bは,「踏み倒したら とうなるか分かってるな。」なとと脅してきた。また,この話合いて,内 容証明郵便についても,被告人Bから「こんなの送りやかってふさける な。」と言われた。 信用性
ア ます何より,Dの供述内容は,Dか14万円を被告人Bに交付するなとした状況と整合している。
 Dは,弁護士に相談し,2月分の給与14万円の支払を確実に受けられるよう備えた上て,2回目の話合いに臨んたにもかかわらす,結局1 4万円を持ち帰ることかてきなかったはかりか,さらに20万円余りの 借金返済を約する借用書まて作成した。 しかも,借用書作成の基となった計算書記載の請求内容には,正当な 根拠かあるといえないものか多く含まれている。被告人Bは,後述のと おり,供述を不合理に変遷させてまて,その正当性を主張したいようて あるか,被告人Aも請求内容の不合理性を認める旨の供述をしており, 以下に見るように,その請求内容の大半か正当な根拠に基つかないこと は明らかてある。借用書か引用する計算書記載の借金の内訳は,通勤ハイクのリース料, 腰道具一式のリース料,食事代金,3月分食材費,仮払金,アハート清 掃,片付け,冷蔵庫運搬費,冷蔵庫代金,腰道具一式の買取費てある。
 1 このうち,仮払金2万円は,Dか給与の前借りをしていたものてあり,Cに返済すへきものてある。
2 また,2月20日から同月末まての間の食事代1万6200円も,Dは,料金のことは言われす,食へていけと言われ,厚意に甘えた旨 供述するか,2月20日以降,DかスナックIて食事をするようになった経緯は明らかてはない(被告人Aは,被告人Bに言われて,Dに, 手持ちの現金かなくても給料て精算てきるからと,スナックIに連れ ていった覚えかある旨述へており,その供述する経緯は,Dの供述と 比へてもより自然なものてある。)。いすれにせよ,9日間はスナッ クIにおいて一日3食を賄ってもらったことは間違いなく,被告人A を含め他の従業員も一日二食て1500円の代金を支払っているのて あるから,Dか9日間分の食事代の請求を受けてもやむを得ないし, 一日3食て1800円という金額も不当に高いとまてはいえない。3 冷蔵庫代金も,Dは被告人Aから要らなくなった中古をもらった旨 供述し,真偽は定かてないか,5000円(金額は1万円となってい るか,冷蔵庫を提供した被告人Aの供述によっても5000円にとと まる。)はやむを得ないたろう。4 ハイクのリース料については,事前にリース料の話かなかったと認 められる上,被告人B自身,リース料の日額を1000円とする根拠 は特にない旨述へており(検察官調書(乙4)。公判廷て,電車等を 使った場合の運賃と比較して1000円という金額を出したと述へた か,後付けの理由にすきないし,日当7000円に比して高額に過き る。),被告人Aはリース料をとるようなハイクてはない,自分も借 りているかリース料を払っていないと述へていることからも,不当な 請求てある。5 また,腰道具のリース料についても,事前にリース料の話はなかっ たと認められる上,リース料の日額も500円とする根拠かなく,汚 損したなととして請求した買取費2万円も併せて,高額に過きること は明らかてある。6 さらに,3月分の食材費3万円は,明らかに不当な請求てある。被 告人Bは,月極て食事をする予定てあったため,スナックIの経営者 Jか既に調達してしまった食材費てあり,いわはキャンセル料てあると説明するか,明らかに不合理てある。
7 Dのアハートの清掃費も,被告人両名の2日間分,危険作業費を入れて日額2万円,合計8万円の請求となっているか,Dか負担する日 当か発生するとは事前に告けていない上,不当に高額てある(Dによ れは,ほとんと自分てやったと述へたか,被告人両名は,冷蔵庫をD 方に運んた際に「コミ屋敷」となっていて驚き,掃除をしたか,1日 て終わらす,2日かかったというのてあって,手袋等を準備して2日 目も出向いたことなとも含む被告人両名の各供述は排斥し難い。なお, 日当については,被告人Aは通常の日当の8000円程度と考えてい た旨供述している。)。 なお,被告人Bは,14万円を受け取りなから,2月分の食事代をJ に支払っていない。冷蔵庫代金等,被告人Aに支払われるへき分も一切 支払われていない(この点については,被告人Bは,翌3月11日の東 日本大震災のためにうやむやになったなとと述へている。)。 さらに,一方ては,CかDに返還すへき金員もある。平成22年12 月分と平成23年1月分の給与からは,10%の源泉徴収かされており (合計3万800円),これらは精算時にDに返還すへきものてある (被告人Bによると,Cか源泉徴収分を納税していなかったため,2月 分以降は,他の従業員に関しても源泉徴収を廃止したという。)。 以上によると,計算書に基つく借金返済の請求は,その大半か正当な 根拠に基つくものてなく,正当な精算といえるものてはないことは明白 てある(被告人Bの弁護人は,退職に当たって優遇措置の精算を行うこ とはあり得る旨主張するか,到底採用てきない。)。 2月分の給料を受け取りに来たはすのDかなせこのような借用書を作 成したのか,確かに疑問かある。そして,Dかそのような借用書を作成 するには何らかの事情かあり,そのような事情として,Dか供述する脅 迫されたという筋書きは一応筋の通るものてある(この点は,検察官も何らかの不当な働きかけかあったとして,Dの供述か信用てき,F,被 告人両名の各供述か信用てきないことの根拠として特に強調してい る。)。イ さらに,全体的に見ても,その供述内容は,具体性を持ったものてあり, 大筋において不自然なところや客観的な資料と決定的に矛盾するようなと ころはない。 Dは,Cを辞める理由として,偽装結婚の話を持ち掛けられて怖くなったことと3月から仕事かないと言われたことを挙けている。
 偽装結婚の話については,それ自体具体的な内容てあり,被告人Aも,Dにそのような話をしたこと自体は否定していない(たたし,後述のと おり,冗談て言ったなとと供述している。)。Dは,2月22日付けの 戸籍謄本,住民票写し(平成25年押第6号の6,7)の各コヒーと裏 面に同日付け住居変更の記載かされた運転免許証写し(同号の8)のコ ヒーを被告人Aに渡し(渡した時期は,2月22日以降ということにな る。),2回目の話合いの際に返却された。このことも偽装結婚の話と 整合する。被告人Aは,公判廷て,Cの仕事の元請け先に提出するため 必要てあったと供述するか,DかCて勤務し始めて3か月以上経過して おり,時期か不自然てあるし,戸籍謄本まて必要とも思われない。また, 被告人Aは,捜査段階ては,車購入のためにD名義て融資を受けること にし,身元確認のための資料を出させたという話もしているところ(警 察官調書(乙13)),被告人Bはそのような話は知らない旨述へてい る。被告人Aか公判廷て述へるように,偽装結婚の話か単なる冗談レヘ ルの話てあるならは,被告人Bか否定するような別の話を持ち出してま て,それを否定する必要はないはすてあり,却って偽装結婚の話か冗談 なとてはなかったことをうかかわせる(さらに,次のような見方も不可 能てはない。本件において,被告人Bは,明らかに不当な内容の計算書 を準備するなとして,Dに借用書を書かせ,高額の借金を負わせるという形を作っているか,そのような無理をした理由か今一つ明らかてはな い。検察官は,DかCを辞めることへの報復,因縁付けと推測しており, 確かに,被告人両名かDの急な辞職の意思表示に怒りを覚えたというこ ともありそうてはあるか,Dの供述によれは,被告人Bは,Dに怒りを ふつけてもろくなことはないという旨の発言もしていたのてあり,辞職 の意思表示から2回目の話合いまて9日間もの時間もあり,内容証明郵 便か来たことを考えても,犯罪を犯すほとまてに怒りか持続したという のも腑に落ちないところてある。いすれにせよ,Hから指示かあったと すると,説明かつかないわけてはないか,むしろ,偽装結婚の話に絡む 何らかの思惑か背景にあったのてはないかとも推察され(例えは,Dか 偽装結婚の話を断ったことにより何らかの損失か生したことから,これ を補填するなとしようとする意図等か考えられる。),そうてあるとす れは,偽装結婚の話かより一層現実味を帯ひるのてある。)。被告人A の弁護人は,Dの偽装結婚の話は虚偽てあると主張するか,そうとは断 し難いというへきてある。 また,3月から仕事かないと言われたことについては,被告人両名と も,3月初めに一時仕事か切れるたけてあり,仕事の予定も入っていた と供述しており,3月も仕事かなかったわけてはないと思われる。しか し,Dとしては,一時的に仕事か切れることを言われ,また仕事に関し て注意を受けてこのままては仕事かなくなるという趣旨て言われたこと を,3月から仕事かないというふうに受け取ったとしても,不自然とま てはいえない。 暴力団組員てあるH(Cを被告人Bとともに興したKの母親Jか付き 合いのあった人物か組長を務めていた暴力団の組員てある。Cは,Kを 更生させるために興したものてあり,HはCの顧問的な立場にあったと いう(被告人Aの検察官調書(乙18)等)。)の関与に関しては,D は,CはHの指定企業みたいなものてあると聞いていた旨述へ,初めて被告人Bに辞職の意思表示をした後,被告人BかHに電話をかけて話し ていた,また,1回目の話合いの後,FかHに電話をかけて話していた 旨も供述した。HのCへの関与について被告人両名はいすれも否定して いる(被告人Aは,上記のとおり,捜査段階てHはCの顧問てある旨述 へたか,公判廷てはCへの実質的な関与は全くないと供述した。)。そ して,Fも,DをCに紹介したことに関して,Hから求人を頼まれたの てはないかと問われ,それを否定しており,さらに,自身のHとの関わ りを聞かれた際も,おやしと付き合いかあったなとと述へて,自身との 付き合いを否定するかのような供述をしている。この点,3月1日午後8時5分頃,Fの携帯電話からH(捜査報告書 (甲34)の「携帯電話スライト票」上の「名義人L」)の携帯電話に 電話をかけて1分42秒通話した記録かあり(DかCに雇われた平成2 2年11月も初旬にFとHか電話て通話している。),Dの供述には一 定の裏付けかあることになる。また,最初に辞職の意思表示をした後の被告人BのHへの電話につい ては,その日か2月28日てあるとすると,被告人BからHに同日夜に 電話をかけたという通話記録は残されていない。しかし,Dは,1回目 の話合いか3月1日なのか2日なのか,明言しない一方て,辞めたいと 被告人Bに言ったのは2月28日(2月の最後の仕事帰り)てあること を前提とした供述をしているか,3月2日には相談した弁護士から同日 付けの内容証明郵便による通知書か発送されており,1回目の話合いも 夜てあること,Fか3月1日の午後,被告人BやDと通話していること なとを考えると,その話合いは3月1日に持たれたとしか考えられない。 しかるに,Dか3月2日かもしれない旨を述へるのは,初めて辞めたい と言ってから1回目の話合いまての間に1日入っていたような記憶かあ るからてはないかとも推測される。すなわち,Dか初めて辞めたいと言 ったのは,2月27日てある可能性かある(もっとも,被告人Bは,Dか日曜に勤務したことかなかったことなとを根拠に挙けて,2月27日 を明確に否定する。しかし,勤務日の分かる日報等の証拠は提出されて おらす,真偽は不明てある。)。そして,それか2月27日てあるとす ると,午後7時54分頃に被告人BかHに電話をかけ,21秒とわすか てあるか通話した記録かある。そうすると,この点も,Dの供述か客観 的な資料と矛盾するとまては断定てきない。ウ また,Dは,証人尋問において淡々と質問に答えていた。自己の仕事に 関する評判について,自分なりに頑張っていたと述へつつも,スコッフも 使えないなとと言われていることも聞いたし,たまにとやされたことかあ ったことも認めた。仕事場への足として貸してもらったハイクを私的にも 使っていたことを認めている。このように自己の印象を悪くするような事 情についても供述しており,供述態度にも大きな不審は感しられなかった。 Dは,偽証罪の制裁はもとより,暴力団組員か背後にいると聞いている中 て,あえて虚偽の供述をするというのも一般的には考えにくいといえる。エ そうすると,Dの供述にはかなり高い信用性を肯定てきるように思われ る。2 Fの公判供述について  供述内容の要旨
ア 被告人Bとは人材派遣の仕事をしている人を通して知り合った。被告人 Aとは付き合いはない。Dとは,同人かホームレスの雑誌販売をしている 時に知り合い,(かわいそうなのて)いろいろ面倒を見ていた。仕事を探 していると言うのて,(Mという人から)求人していると聞いていたCを 紹介した。イ 平成23年3月1日か2日(1回目の話合い)の前たったと思うか,被 告人Bから電話かあり,Dか辞めると言っている,連れてきてくれと言わ れた。それまては,Dに電話をしてはいなかったか,その時は,Dに連絡 した。Dは,辞める理由として,仕事かてきなくて怒られるのか嫌になったと言っていた。Dから偽装結婚の話は聞いていない。
ウ 1回目の話合いには,Dと一緒に行った。紹介者の立場て同席した。D に,「俺の顔に泥を塗るのか。」と言ったか,辞めることに決まった。辞 めるなら辞めていいか,前借り等かあるのて,また給料日の3月10日に 集まることになった。それ以外に,被告人両名か特に言っていたことはない。
エ 3月10日の2回目の話合いも同席したか,私自身は,借金の項目,金額は一つ一つ確認しておらす,分からない。34万幾らの合計金額も聞い ていない。他人の借金のことは気にならないのて,余り聞いていなかった。
 借用書を書き出す直前のやり取りは覚えていないか,Dか自分て書くと言 っていた。被告人Bは,「これはもらっておくそ。」と言って14万円を 取った。Dは「支払かあるのに。」と言ったか,被告人Bは無視した。借 用書を書いた後,被告人Bか「逃けたら追い掛けるそ。」と言い,Dは 「分かりました。」と言った。話合いの間,被告人両名からの脅迫は一切 なかった。言ってないから記憶にないのてあって,絶対に言っていない。 自分は,この時も,Dに,「俺の顔に泥を塗るのか。」と言った。また, 「借金かあるならちゃんと返せよ。」と言った。被告人両名は,顔に泥を 塗るといったことは言っていない。オ 平成24年終わり頃に本件について警察官による取調へを受けた。それ まては警察から連絡はなかった。警察官には,自分かDに「俺の顔に泥を 塗るのか。」と言ったことを述へた。「俺も逮捕しないんてすか。」と聞 いたら,「逮捕する必要はない。」と言われた。被告人両名による恐喝や 脅しは全くなかったと供述した。調書の作成は拒否していない。「調書は 書かないんてすか。」と聞いたら,調書はいいと言っていた。検察庁から の呼出はなかった。 信用性
ア Fは,俺の顔に泥を塗るのかなととDに言ったほか,14万円をその場て回収されたことに関しても,借りたものを返すのは当たり前てあり,そ れて生活てきないのもしょうかないとも述へている。少なくとも本件時に おいては,Dに対して良い感情を持っていなかったことかうかかわれる。イ 計算書の説明や借用書の作成については,2回目の話合いの主たる会話 内容てあったと考えられるのに,それらについてはよく聞いていなかった し,借用書を書き出す直前のやり取りについても覚えていないと述へるか, 上記のとおり,これらには不当な請求か含まれており,詳しい事情まては 分からないとしても,Dにかなり酷な請求をするものてあることくらいは 容易に分かるはすてある。そのようなことに関しては,関心かない,覚え ていないなとと供述する一方て,被告人両名の脅迫文言については,明確 になかったと否定しているのは,やや不自然な感を否めない。ウ Hとの関係については,Fは,供述を避けているようてある。「うちの おやしと付き合いかあったと思う。」なとと供述したか,1回目の話合い の後の時刻頃,FからHに電話をかけた記録かあり,通話記録と整合しな い嫌いかある(上述のように,この通話記録はDの供述と整合する。)。
 なお,被告人Bから,Dか辞めると言っていることを知らせる電話かあっ たと述へている点については,被告人Bも,2月28日,Dから辞めると 言われて,すくにFに電話をした旨供述しているか,そのような通話記録 はない(もっとも,Fは,2月28日夜に被告人Bから電話を受けたとは 述へておらす,Dか辞めることを電話て聞いたのか3月1日なら,同日午 後3時59分にFから被告人Bに,午後4時にFからDに通話した記録か あるから,通話記録と矛盾するとまてはいえない。)。エ DかCに勤め出してからFかDと連絡を取っていなかったというのは, 通話記録とそこしている(2月中も数回電話をかけている。)。オ 取調へに関する供述もやや不自然てある。警察官に自分も逮捕しないの かと聞いたというのは,何らやましいことかないとすると,唐突て不自然 てあることは否めない。カ 以上によると,脅迫文言かなかったとのFの供述に高い信用性まては認 め難い。3 被告人Bの供述について  供述内容の要旨
被告人Bは,公判廷て以下のような供述をした。
ア 偽装結婚の話は一切聞いてない。Cて車を購入するためのローンをD名義て組むという話も聞いてない。Dの戸籍謄本等のコヒーを被告人Aを通 して提出してもらったことはない。被告人Aから事務所て預かってくれと 言われて,預かった記憶はある(Dの身元をはっきりさせたり,給料の前 借りを踏み倒して逃けた場合に備えたりするために,それらの書面か必要 と考えていたのて,被告人Aに指示を出したかもしれないとも供述す る。)。イ 2月28日,Dか日報をCの事務所に届けに来た際,被告人Aか,メモ を取れなとという指導に従わないDに,「とうするんた。このままては仕 事もなくなるよ。」なとと注意した。私も,いろいろクレームを受けてい たのて,Dに対し,「仕事かとんとん薄くなるよ。」なとと言った。する と,Dは,突然「辞めさせてくれ。」と言った。すくにFに電話して,と う考えるかを聞いたら,「明日時間を作ってくれ。」と言われたのて,D に,3月1日午後7時過きにFか来るのて,もう一度来てほしいと伝えた。
 ハイクは事務所に置いていかせた。Hには一切電話をしていない。被告人 AかDの胸くらをつかむような暴行は一切なかった。ウ 1回目の話合いて,Dは,気持ちは変わらない,辞めるということたっ た。Fは,「何てた。もうちょっと頑張ってみたら。」「俺の顔をつふす のか。」というようなことを言った。Dか帰りかけに今給料か欲しいと言 ったか,給料日は決まっているし,精算すへきものかあるから,給料日に 支払うと言ったら,Dは了解した。エ 2回目の話合いの際,Dか腰道具を持ってきたか,使えなくなっているものもあったのて買ってもらうことにした。その買取代金をあらかしめ作 っていた計算書に加えた。ハイクのリース料については,往復運賃か10 00円以上なのて1000円にしたとか,3月分の食材費についてはJか 困るなとと,一つ一つ項目ことに説明した。Dは何も言わなかった。請求 か過大たとは思わない。借用書を作成してほしいと言うと,Dは「分かり ました。書きます。」と言った。文面は私か口頭て言ってDに書いてもら った。脅し文句は私も被告人Aも一切言っていない。極力言葉は必要以外 話さす,被告人Aにも,腹か立つのは分かるか,余計なことは言わないよ うに言っていた。オ 私か14万円を取った際,Dは,嫌という素振りはなかったか,「支払 かあるのて。」とは言っていた。私は,関係ないと言った。借金は,返済 されるとは思わなかったか,「払ってもらえないと捜さないといけないの て,きちんと払ってくたさい。」と言った。受け取った14万円について は,Jに渡す分は分けたか,翌日大震災かあって,その後とうしたか覚え ていない。14万円については,G弁護士か間に入ってくれは,譲歩するつもりは あった。カ 恐喝は一切していないか,示談については,私か逮捕されてからCを任 せていた被告人Aを一刻も早くCに復帰させるために行った。キ Hは,稲川会の人と聞いたことかあるか,おみこしの会の先輩として付 き合っている。Cとは関係ない。JとHか懇意にしているという話も聞い ていない。2月末頃にHに電話をしたのはお祭りの関係てある。 信用性 被告人Bは,捜査段階(検察官調書(乙4),警察官調書(乙2,3))て,計算書に記載された内容は,正当な請求代金てあり,Dは,何も言わす, 不満そうな顔もしなかった,借用書を書いた後,踏み倒したらとこまても追 い掛けるとは言っていないなとと供述した。F等の供述とそこしている上,計算書か正当な請求代金てある旨述へる点も含め,自己に不利益な事実を否 定する態度か顕著てある。公判供述は,捜査段階の供述に比へると,幾分そのような態度は緩和され た感かある(しかし,このことは供述に変遷かあったことを意味する。)か, それても計算書の内容か過大てはないなとと強弁している部分かあるほか, 辞めると言われてすくにFに電話したとの供述も通話記録との間てそこかあ る。被告人Bは,Hに2月27,28日,3月5,7,8日に電話をかけた 通話記録かあり(加えて,後述のとおり,3月1日に被告人Aか3回Hと電 話通話をしている。),Hとみこしの会の関係たけの付き合いというのも整 合しない嫌いかある。Dの戸籍謄本等のコヒーに関しても曖昧な供述をして おり,捜査段階の供述との間ても変遷かあるなと,不自然てある。これらに照らすと,脅迫文言かなかったとする供述も,直ちにDの供述の 信用性を左右するほとの信用性は認め難い。4 被告人Aの供述について  供述内容の要旨
被告人Aは,公判廷て以下のような供述をした。
ア 偽装結婚の話をDにしたことは覚えていないか,したとすれは,冗談て出たかもしれない。交際相手を探すという話か発展したのかもしれない。
 住民票と運転免許証のコヒーを出すように言ったのは,次の現場の元請け に作業員名簿を提出するためてある。運転免許証のコヒーは,働き始めた 当初から提出するように言っていたと思う。運転免許証のコヒーの提出に 関しては,車を購入するためのローンをD名義て組むという話も出ていた。 そのことは,被告人Bにも話したと思う。戸籍謄本は,通常不要てあるか, 素性(身元)のよく分からないDの家族等を把握するために出させた。被 告人Bにも身分証として取るように進言していた。イ 辞めると聞いたのは,2月28日たったと思う。事務所て日報を提出す る際,Dの日報か泥まみれたったのて,日報は金と一緒たと前から指導していたのに,とういうことたと恫喝した。そうしたら,Dは,「しゃ辞め る。」と言った。胸くらをつかむような暴行はしていない。被告人Bは,引き止めるよう なことを言っていた気かする。私は,Dの仕事ふりについてクレームか多 かったのて,辞めたいと言った時,正直肩の荷か下りた気かした。その時,被告人Bか,誰かとの間て電話をかけたり受けたりしたかは覚 えていないか,重要な電話はしていないと思う。被告人Bか,Dに,明日 Fか来るといった話をしたかとうかについても覚えていない。ウ 被告人Bは,1回目ても2回目ても,俺の顔に泥を塗るのかというよう なことは言っていない。エ 1回目の話合いの際に,Fか借金かあるなら返した方かいいよと言って いたような覚えかある。また,Fは,被告人Bに謝っていた覚えかある。 Dか被告人Bに今日給料を払ってくれと言ったというのは記憶になく,聞 いていない。被告人Bか,Dに,精算しなけれはならないものかあるとい うような話はしていたと思う。Dは了解したと思う。オ 弁護士から来た内容証明郵便を被告人Bに見せられたか,なせわさわさ 弁護士を頼むのか,一緒に不思議かっていた。被告人Bは,憤りも感して いたと思う。カ 2回目の話合いの際,Dに給料を渡した後,精算するものかあるという ことて計算書か出てきた。計算書や借用書の内容は見ていないか,耳に入 った限りては,Dの立場からすると多過きると思った。被告人Bか「払え るたけ精算してもらう。」と言って14万円を取ると,Dは,一杯支払等 かあるのて全部は困るという意味合いのことを言っていたか,被告人Bは, 「そちらの都合てこちらには関係ない。」というようなことを言っていた。 金に関しては,自分は口を出す立場てはないのて,口を出さなかった。脅 し文句も言っていない。Fも口を出していなかった。被告人Bは,借用書 の借金か支払われなけれは,捜さなくてはいけなくなるようなことを言った。 Dのことを気の毒に思ったか,なせDかそんなに多過きる請求をされ,14万円を取られるようなひとい扱いを受けたのか,その理由については 思い当たることはない。Fは,2回目の話合いて顔に泥を塗るのかと言った。
キ 2回目の話合いの後,G弁護士から何らかのアクションかあると思っていた。
ク Dとの示談については,恐喝を認めることか条件なら,応しなかった。
 ケ Hは,Jと家族くるみの付き合いをしていることくらいしか,知らない。暴力団組員てあることは薄々分かっていた。Hは,Cの経営には関与して いない(被告人Bか逮捕され,自分か実質的に経営を取り仕切っていたと きもHからの指示は全くないし,Hへの報酬もない。)。3月1日,Hに電話をかけたことは覚えていないか,かけたなら,みこ しの会の待ち合わせの関係たと思う。3月は祭りか多いのて,週5回くら いかけることもある。みこしの会以外の用件てかけることはないと思う。 信用性 被告人Aは,計算書の内容か高額に過きると述へるなと,自己又は被告人Bに不利益な内容の供述もしているし,被告人Bか述へていることても知ら ないことは知らないと述へている。また,捜査段階から供述内容にさほと大 きな変遷はない。被告人Bの供述に比へると,信用性を低くみるへき要素は 少ない。しかし,戸籍謄本等のコヒーを出させた経緯については,車のローンの話 等,被告人Bも否定している話を出しており,偽装結婚の話についても,捜 査段階てはDはすくに断ったとまて述へなから,公判廷ては,Dに言ったか とうか覚えておらす,言ったとすれは冗談て言ったなとという曖昧な供述も している。さらに,やはりHについては,用件は不明てあるか,3月1日午 後に3回電話をかけており(合計通話時間も6分半に及ふ。),被告人Aの説明と整合しない嫌いかある。そして,結局,被告人Bかなせ無理をしてま てDに高額に過きる請求をし14万円を回収したのかについて,何ら思い当 たることかないというのも不自然な感を否めない。これらに照らすと,脅迫文言かなかったとする供述もにわかに相応の信用 性を認めるわけにはいかない。5 小括 以上によれは,Dの公判供述は,Fや被告人両名の各供述に比して相対的には信用性か高く,その供述するとおり,借用書を作成する直前に脅迫かあった可能性はかなり高いとはいえる。
第4 D供述の信用性の程度
1 しかし,Dの供述には,子細に見ると,やや不自然さか感しられる部分か幾つか含まれている。
 上述のとおり,借用書の作成前ないし作成中の脅迫の有無か重要てあるところ,その点についてのDの供述をつふさに見ると,Dは,「14万円を渡 され,安心して帰ろうとしたら,被告人Bに計算書を見せられてこれを払え と言われ,借用書を書けと言われた。一切書かないて立ち去ろうとしたか, 被告人Aかいい加減にしろ,若い者を連れていってほこほこにするとかいう 言葉かあって脅され,怖くなってやむを得す書いた。被告人Aからは,半殺 しとか,アンカーって言われ,襟首もつかまれたか,被告人Bか,こんなや つ殴ってもすく警察に行くからやめろと止めに入った。そういうことかあっ たのて怖くて借用書を書いた。脅されて,書かないと帰れないのて,借用書 を書いた。納得てきないと話したか,アンカーとか埋めてやるとか言われて 怖くなって書いた。」なとと供述した。Dは,借用書の作成中の状況につい て,「頭かハニックたったのて,書くたけは書いた。」とか,「これは何, 何と聞きなから書いた。」「説明を受けたか,納得てきないのて,書くのも こねていた。」「携帯て漢字を調へなから書いた。」なととも供述している。 しかし,Dは,ほかにも,複数の機会に特に被告人Aから脅迫や暴行を受けた旨供述している。
ア ます,2月28日,最初に辞めると言った時,被告人Aか怒って「この野郎」と言われ,襟をつかまれて殴られそうになったり,「俺の顔に 泥を塗るのか。」と言われたりしたか,被告人Bか,「この馬鹿,殴っ ても警察に行くたけたからやめろ。」と言っていたと供述した。イ 1回目の話合いの際も,被告人両名から脅されたと供述している。具 体的には,被告人Bか「やっはり泥を塗るのか。」とか言い,被告人A も,アンカーという言葉を入れて,「この野郎,俺の顔に泥を塗るの か。」なとといろいろ脅し文句を言われた旨供述している(ちなみに, Fからは,「俺の顔に泥を塗るのか」ということしか言われていないと 供述した。)。ウ 3月10日,借用書を書き終えた後,被告人Bか,「踏み倒したらとうなるか分かっているな。とこまても捜して追い込みをかける。」と言い,被告人Aか,「踏み倒したら若い衆を使って半殺しにする。アンカーを付けて海に埋めてやる。」と言ったとも供述した。
 さらに,同日,被告人両名から,「俺の顔に泥を塗るのか。」とも言われたか,被告人Bは,自分か中途半端に辞めると言ったため,仕事もな いのに今まて世話してやったのに急にいい加減なこと言うなという趣旨 てあろうし,被告人Aは,単に脅せはいいと思っていたんたろうと思う とも供述している。エ ちなみに,2月20日過きに,戸籍謄本等のコヒーを被告人Aに渡し た後,偽装結婚を持ち掛けられた際も,断ったらとうなるとか半殺しと か言われた旨供述している。 もちろん,これらの借用書作成前ないし作成中を含むすへての機会に,被 告人両名から脅されるなとした可能性もある。しかし,別の機会の脅迫や暴 行の内容か類似しており,しかも,被告人Bか,早い段階て被告人Aの行為 を制止していたにもかかわらす,それと同様のことか2回目の話合いの際にもあったことになっているし,特に,2回目の話合いては,Dか辞職するこ とは前提となっているのに,俺の顔に泥を塗るのかというのをFか言うなら ともかく(Fは,2回目の話合いてもそのように言った経緯についてそれな りの説明をしている。),被告人両名も言ったというのはいささか不自然て ある(その趣旨についての推測も納得し難い。)。このように見ると,Dか, 記憶の混同等から,借用書作成後を含むいすれかの機会の脅し文句や怒りの 文言を,借用書作成前ないし作成中のこととして供述した可能性かあるのて はないかという疑念を抱かせる(例えは,借用書作成後については,Fも, 被告人Bか逃けたら追い掛けるということを言っていたと述へており,この 際にやや激しい文言か出たのを借用書作成前のこととして述へたことなとか あるのてはないかとも思われる。)。 加えて,Dは,上記のように,14万円を受け取った際,帰ろうとしたな とと供述している。ほかに,仮払金2万円の精算について聞かれて,2万円 は,帰りかけに返そうと思っていたなととも述へている。これは,まるて, 当日精算かあることを分かっていなかったかのような供述てある。しかし, そもそも3月2日に弁護士を介して内容証明郵便て給料を支払うように求め たのは,1回目の話合いの際に,給料の支払を受けられないおそれを感した からてあろうと推測される。その時,被告人Bから精算かある旨告けられた からこそ,そのように感したとみるのか自然てある。最低ても仮払金2万円 は精算する必要かあることは当然分かっていたはすてあるのに,精算をせす に帰ろうとしたというのはやや不自然といえる。 このように,Dか脅迫されたと供述する借用書作成の直前における状況に は若干の疑念や不自然さか感しられる。そして,このような疑問を持って見 ると,借用書を書かせるのに,アンカー(船のいかりのことと推察され る。)という言葉まて出して海にめるようなことまて言ったというのはや や飛躍かあるようにも思われる。Dかよほと借用書の作成を頑強に拒んたな との事情かあれは,そのような過激な脅し文句か出たことも得心しやすいか,D本人も借用書の作成に激しく抵抗したというふうな供述はしておらす,Dかそれを頑なに拒んたという状況はうかかわれない。
 逆に,Dは,14万円を取られた際,生活かてきなくなるから困るとこねたか,一切聞く耳を持ってくれなかったとも供述している(この点は,F, 被告人Aも同旨の供述をし,被告人Bも,公判廷ては同様の供述をしている。
 たたし,いすれも,生活てきなくなるというのてはなく,支払をするところ かある旨言ったという。)。また,Dは,借用書作成中も書くのをこねてい た旨も供述している。もし,生命を脅かされるような脅迫を受けていたら, このような抵抗めいたことか言えるのか,いささか疑問てある。 Dの「最初の調書」(4月1日付け警察官調書(甲4)と推察される。) には,2回目の話合いの席に,Fか同席したことか記載されていなかったと いう(証人尋問て被告人Aの弁護人かその点を追及した。)。Dは,捜査官 に,Fか同席していたことを述へたと供述したか,供述調書に記載かないと すると,Fのことを述へなかった可能性か高い(そうてなけれは,捜査官か 何らかの意図又は失念によりFの同席を供述調書に記載しなかったことにな るか,Fかとのような供述をするか不明の段階て,しかもとちらかというと Dの理解者てあると思われるのに,捜査官かそのような脱漏をする可能性は 低いと考えられる。)。なお,Fは,平成24年終わり頃まて警察官からの連絡はなかったと供述 している。その真偽は定かてはないか,もしこれか真実てあれは,被告人両 名か逮捕されたのは,同年10月てあり,被告人両名か取調へを受けて,F か同席していた旨述へたことにより,捜査官かFから事情を聴くことにした ということも考えられ,Dは,被害届を提出した最初の頃,Fか2回目の話 合いに同席していたことを供述していなかった可能性か大きくなる(もっと も,これは,捜査段階の初期におけるDの他の供述調書に,Fの同席か記載 されていないことを前提とする推測てある。)。Dか,実際に脅迫されたのに,それを聞いているはすのFの同席をあえて供述しなかったというのは理解し難い面かある。このことも,Dの供述に一定の疑念を生しさせるといえる。
 Dは,本件後,第三者に相談し,市の市民相談センターに行ったところ,被害届を出すよう勧められ,4月1日に警察に本件の被害届を提出している。
 しかし,14万円を受け取りに行って,脅迫を受けて借用書を書かされ,そ のために全く現金を受け取れなかったとすれは,真っ先にG弁護士や警察に 相談に行くということか考えられるのに,G弁護士を紹介した知人に相談し たとしなから,ますはアハートの退室手続等,居住場所の確保に動いたとい うのてある(見方によっては,給料を取り戻すのを諦めているかのようにも 思える。)。むしろ,被告人両名ともに,G弁護士による何らかの介入を予 想していたというのに,やや理解し難い行動てある。 更に幾つかの細かい部分についても疑問かある。 辞職の理由に関して,3月から仕事かないと言われたとも供述しているか,「仕事か一時なくなる」と言われた旨も述へており,その趣旨は曖昧てある。 仕事のやり方について被告人Aから叱責されたとすれは,それは仕事の継続 を前提とするものてあるし,被告人両名とも,3月から仕事か一切なくなる という状況てはなかったというのてあり,これは排斥し難い。辞職の理由に ついて,FかDから聞いたと述へる事情も,被告人両名か推測する事情もい すれも怒られるのか嫌になったという点て符合している。また,14万円を交付したのに対し,領収証を受け取ったことを覚えてい ない,もらっていないと思うなととも供述した。領収証を受け取ったことは 明らかてあるのに,なせこのような曖昧な供述をするのか理解し難い。上述のとおり,Dの供述は不自然とまてはいえないけれとも,Dか被告人 両名の発言をやや誇張したり自分の主張に沿うように解釈して供述すること かあることをうかかわせる。 以上の諸点に照らすと,Dの供述には,若干の疑念を禁し得ないところか ある。2 同時に,Fの供述も軽視し得ない面かある。
 Fは,DかCて働く前,雑誌を路上て売って月わすか四,五万円を得ていた時期に,Dにシュース代や御飯代を渡したり,1度日雇いの仕事を提供し たりした。Dか金かないというのて,就労先としてCも紹介した。Dも,公 判廷て,Fのことを雑誌を売っていた時の客,理解者てあると述へ,2回目 の話合いて被告人両名か脅し文句を言ったかとうかについては,Fに聞いて もらえは分かる旨も供述した。 また,Fの供述内容を見ると,Dの供述と符合する部分かかなりあるし, 被告人両名にとって不利益な供述もしている。Dと食い違う点ても,Fの供 述内容の方か成り行きとして自然てあると思われる部分もある。ア Dは,偽装結婚の話をFにはしていない,自分かCを辞めることについて,Fか,俺の顔に泥を塗るのかと言っていたのは偽装結婚の話を知らな いからてあるなとと供述している。Fは,Dからは辞める理由として,怒 られるのか嫌たからというふうに聞いたと供述しており,これはDの供述 と符合する。また,2回目の話合いての同席者の発言内容については,俺 の顔に泥を塗るのかと言ったのは,自分たけてあると述へている。これは, Dか俺の顔に泥を塗るのかというのは,被告人両名も言っていたとの供述 をしているのと対比すると,Fの供述の方か自然てある。イ Fは,Dか借用書を書いた後,被告人Bか「借用書を書いたんたから逃 けたら追い掛けるそ。」と言ったと供述している。被告人Bは,捜査段階 てとこまても追い掛けるなとと言っていない旨供述しており(公判供述て はもっと柔らかい表現なから同旨の発言をしたことは認める。),これは, 被告人Bに不利益な供述もしていることを意味する。また,被告人Bか「これはもらっておくそ。」と14万円を回収した, Dは「支払かあるのに。」と不満を言ったか,被告人Bは無視した旨も供 述している。被告人Bか捜査段階て,Dは不満そうな顔もせす,何も言わ なかったと供述しているのと比へると(公判廷ては異なる供述をしている。),これも被告人Bに不利益な供述てある。
ウ また,1回目の話合いと2回目の話合いの関係について,Fは,1回目の際に,Dか辞める意思か固いことから,辞めるなら辞めていいか精算か あるのて,10日の給料日に集まって話そうということになったと供述し ている。これは合理的な流れてある(この点については,被告人両名も同 旨の供述をしている。)。 確かに,Fは,Hとの関係については,供述を避ける態度か明らかに見て 取れる。しかし,Hは,暴力団組員てある。実際に本件との関わりか薄く, ありのままに供述したとしても,客観的にはさして影響のないように思える 場合てあっても,全く無関係てあるかのような供述をすることもあり得ると ころてある。Hとの関わりについて虚偽を含む供述をしているとしても,被 告人両名かHに指示されてDを脅したということまてをも推測てきるわけて はないし,それを認めるに足りる証拠かあるわけてもない。 Fは,捜査段階において供述調書か作成されていない。Fか,捜査官に, 被告人両名からの脅迫かあったと述へなから,被告人両名や背後者からの報 復を恐れて,調書の作成を拒否した可能性もあるか,そもそもFは,自らか 供述するように,捜査官にも脅迫はなかった旨供述した可能性も否定てきな い。Fは,公判廷て,自分も逮捕されるのかと聞いたと吐露し,既述のよう に,何らかの不正の存在をうかかわせるか,他方て,調書は作成しなくてい いのかと捜査官に告けた旨も供述しているのてある。 以上のように,Fの供述は,Dとの関係のほか,内容的にも第三者的な立 場からのものと理解てきる点を含んていること,Hとの関係について回避的 な供述をしていることを必すしも重視てきないことなとに照らすと,信用性 か乏しいと断するにはいささかためらいを覚えるのてあり,Fか被告人両名 による脅迫を否定していることを直ちに軽視し難い面かある。3 その上,被告人両名,特に被告人Bか,内容証明郵便を送ってきた弁護士の 存在を意識していたことは明らかてある。たからこそ,内容証明郵便による通知書て求められた2月分の給与14万円の支払を実行した形をとるために,従 前の給与ては前借り分てある仮払金を控除して渡していたのに,仮払金を控除 していない明細書を準備していたし,借用書を作成させたのもその14万円の 返還を受ける書類上の根拠を揃えている(借用書と一体となる計算書について は,借用書はコヒーを渡し,D宛ての計算書は原本(平成25年押第6号の 1)を交付するなと,書類の授受に関しても周到な念の入れようてある。もち ろん,14万円の領収証も作成して,Dに交付している。)。いすれもDの背 後に弁護士かいることを意識したものと解されるのてあって,Dに請求した内 容こそ正当性に欠けるものか多いものの,このような準備をした被告人Bなら, あからさまな脅迫を行うのも控えるのてはないかとも考えられる(被告人両名 ともに,後に問題とならないよう,穏やかに事を進めようと考えていた旨供述 している。)。Dか14万円を受け取れすに帰るわけてあるから,弁護士等に 相談に行く可能性はかなり高いといえるのてあり(被告人両名とも,本件後に G弁護士からの何らかの介入等かあることを予期していた旨供述している。), そのようなあからさまな違法行為を行えは,それを弁護士あるいは警察に告け られる可能性か高いのてある(もちろん,Fをいさというときに脅迫を否定す る供述をする第三者として確保した上て,脅迫を行ったということも考えられ ないてはない。しかし,被告人BとFとか3月1日から同月10日まての間に 数度通話した記録かあることなとから推測し得ることには限度かあり,Fか確 実にそのような被告人Bの意に沿う供述をする人物てあるとの立証もされては いない。)。4 借用書作成につなかる脅迫かなかったとすると,説明に窮するような事情か ないかとうかについて改めて検討する。 ますは,借用書作成の経緯てある。借用書記載の借金の内容は,正当な根拠のないものか多いから,Dか何らかの特別な心理状態にあって借用書を作 成したことは間違いない。検察官か主張するように,現場にいた被告人両名とDとの関係,Fの発言(さらには,Dの供述を信用てきるとして,内容証明郵便を送ったことに関 してした被告人Bの発言)等を考えると,借用書作成時に威圧的な状況かあ ったことも肯認してよいてあろう。しかし,現金の交付について本件恐喝か 成立するには,その原因となる程度の脅迫行為か存在したことか必要てあっ て,何らかの威圧的状況たけては,恐喝を認定することはてきない。Dか,それまての被告人両名との関係等を考え,仮払金という正当な請求 に加え,項目としては何らかの返済義務かあることは否定し難いものも含ま れる計算書を示されて,動揺し(本人も頭かハニックになったと供述してい るか,なせハニックになったのかは供述上不明確てある。),逐一文句や反 論を言うことかてきす,あるいは,文句等を言っても聞き入れてもらえない と諦めて,借用書作成に渋々なから応した可能性も考えられないてはない。 さらに,Dか脅迫されたと供述した理由てある(そもそも恐喝の被害届を 出した理由とも関係する。)。上記のように,偽証罪の制裁,背後の暴力団 組員による報復も予想される中て,あえて被告人両名に不利な虚偽の供述を するかという疑問てある。しかも,本件恐喝の起訴かされる直前には,示談 金20万円を受け取っており,今更恐喝かあったことを立証しても,Dか更 に何らかの利益を得られる見込みは乏しいと思われる。しかし,示談したに もかかわらす,被害届を取り下けなかった理由について,Dは,示談の際に 被告人Bの弁護人から被告人両名か恐喝の事実を認めたと聞いたのに,検察 官から電話て被告人両名か認めていないと聞いたからてある旨供述したか, この説明は,示談契約書に被告人両名か事実を認めた旨の記載かないことと 整合しない。Dの説明を全くの虚偽とは断し難いにしても,示談契約書の記 載内容と整合しないDの説明のとおりの経緯てあったともいえない。このこ とも考えると,供述の一貫性維持,被告人両名に対する何らかの屈折した感 情,Dの性格,記憶の混同,誤った記憶の形成等か原因となって,Dか事実 と異なる供述をしたことも考えられないてはないのてある(被害届の提出に 関しても,上述した3月10日以降のDの行動を見ると,いろいろと相談するうち,脅されるようなことてもなけれは,そのような借金を背負わされる ことはないはすてあると指摘され,14万円を取り戻そうと動いたというこ となとか考えられないわけてはない。)。 なお,被告人Bか,Dに対し正当な根拠のない高額過きる請求をし,14 万円を回収した理由かもう少し明らかになれは,別の認定もてきるかもしれ ない。しかし,差し当たり,前述のように,偽装結婚の話に絡む何らかの思 惑か背景にあったことなとも推測てきないわけてはないものの,証拠上それ は明らかてないといわさるを得ない。5 以上を要すると,前述のように,脅迫かあった可能性はかなり高いとはいえ るか,これを認定するには合理的な疑いを差し挟まない程度に脅迫かあったと の確信に至ることか必要てある。Dの供述に対する疑念は,個々に見れは,い すれもわすかなものて,他の説明も不可能てはないか,これらか重なると,一 定の疑いとなって残る。そして,Fの供述や被告人両名の各供述も,軽視ない し排斥し難い面を持っており,Dの供述の信用性をある程度揺るかす要素とな り得る。さらに,脅迫かなかったとしても,必すしも説明に窮するとまていえ るような事情は存しない。それらを併せ考えると,Dの供述に,現金交付につ なかる脅迫かあったと上記の程度に確信させるほとの,すなわち本件恐喝を認 定し得るほとの高い信用性は肯定し難いといわなけれはならない。第5 結論 よって,Dか現金14万円を交付するに当たり,被告人両名か脅迫を行ったと認めることはてきないのて,被告人両名に対する本件恐喝の公訴事実につい ては犯罪の証明かないことになるから,刑訴法336条により被告人両名に対 し無罪の言渡しをする。(法令の適用) 被告人Aについて 罰条
判示第1の所為 覚せい剤取締法41条の3第1項1号,19条
判示第2の所為 併 合 罪 の 処 理
未決勾留日数の算入 没 収 (量刑の理由)
同法41条の2第1項 刑法45条前段,47条本文,10条(犯情の重い判示 第1の罪の刑に加重)刑法21条
覚せい剤取締法41条の8第1項本文
被告人Aは,平成15年に覚せい剤取締法違反を含む罪により実刑に処せられ て服役し,平成17年に仮出所したか,仮出所中に覚せい剤を使用し,同年7月, 懲役1年6月に処せられた。それにもかかわらす,前刑終了後5年余りて,また しても本件覚せい剤の使用,所持の各犯行に及んた。仕事や人間関係のことて現 実逃避したくなり,覚せい剤の薬理作用を利用しようとしたものてあり,その動 機の安易さやこれまての覚せい剤使用歴等を考えると,被告人Aの覚せい剤に対 する依存性,親和性は高く,その規範意識の希薄さも顕著てある。そうすると,被告人Aの刑責を軽くみることはてきないか,覚せい剤取締法違 反の各事実について素直に認め,反省の態度を示していること,今度こそ二度と 覚せい剤を使用しないと誓っていること,仕事は真面目にしていたことなと,被 告人Aのために斟酌すへき事情もあるのて,それらを十分考慮して,被告人Aに は主文掲記の刑を科するのか相当てあると判断した。
 (被告人Aに対する恐喝と併せた求刑 懲役4年,覚せい剤1袋の没収)平成25年7月30日 横浜地方裁判所第6刑事部
裁判官 景 山 太 郎
判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket