平成25年7月9日宣告
平成24年第896号 
                            主              文        被告人を懲役3年6月に処する。        未決勾留日数中130日をその刑に算入する。        訴訟費用は被告人に負担させる。                            理              由罪となるへき事実
  被告人は,,,,, , 及ひ と共謀の上,故意に交通事故を作出して 保険金支払名下に金員を詐取しようと企て,平成20年5月14日午後11時30 分頃,兵庫県明石市 丁目  番  号先路上て,真実は, , 及ひ か同乗する  所有の普通乗用自動車(軽四)を  か運転し, か同乗し  か運転する  所有の 普通乗用自動車に故意に衝突させたのに, か, 及ひ を同乗させて  所有車両 を運転中に, 及ひ  か同乗する  運転車両に追突したとの虚偽の交通事故を起こ したとして,急激かつ偶然な交通事故により, , , ,, 及ひ  かそれそれ 負傷し,両車両か共に損傷したように装い,第1 別表1~6(省略)記載のとおり,同年5月22日頃から平成22年3月2 3日頃まての間,88回にわたり,, , , ,, 及ひ  において, 所有 車両について, か自動車保険契約(任意保険)を締結していた  保険株式会社の  サーヒスセンター(現・ サーヒスセンター,神戸市  区  通  丁目  番  号所 在)等に対し,直接又は情を知らない病院事務員らを介するなとして,急激かつ偶 然な前記交通事故により損害か生した旨の内容虚偽の事実を記載した自動車保険金 請求書,診療報酬明細書等を提出し,上記保険契約に係る人身傷害補償保険等の支 払を請求し,上記センター職員らに,急激かつ偶然な交通事故により , , ,,  及ひ  にそれそれ損害か生したものと誤信させて保険金の支払手続をさせ,よっ て,平成20年6月4日頃から平成22年3月30日頃まての間,上記会社から株 
式会社 삁竝s  支店(兵庫県三木市所在)に開設された  名義の普通預金口座等 に合計1219万3741円の振込入金を受け,第2 別表7~9(省略)記載のとおり,平成20年7月14日頃から同年10月 8日頃まての間,13回にわたり,, 及ひ  において, 所有車両について,  か自動車保険契約(任意保険)を締結していた  保険株式会社の  課(兵庫県 明石市j町k丁目  番  号所在)に対し,直接又は情を知らない病院事務員らを介 するなとして,急激かつ偶然な前記交通事故により損害か生した旨の内容虚偽の事 実を記載した自動車保険金請求書等を提出し,上記保険契約に係る人身傷害補償保 険等の支払を請求し,上記  課職員らに,急激かつ偶然な交通事故により , 及 ひ  にそれそれ損害か生したものと誤信させて保険金の支払手続をさせ,よって, 平成20年7月29日頃から同年10月16日頃まての間,上記会社から前記第1 の口座等に合計381万5057円の振込入金を受け,第3 平成21年9月3日頃, において, 所有車両について, か自動車保険 契約(自動車損害賠償責任保険)を締結していた ! 保険株式会社の ” お支払センタ ー(大阪市 # 区 $% 丁目 & 番 ’ 号所在)に対し,直接又は情を知らない事務員らを 介するなとして,急激かつ偶然な前記交通事故により損害か生した旨の内容虚偽の 事実を記載した自動車損害賠償責任保険支払請求書兼支払指図書等を提出し,上記 保険契約に係る後遺障害保険の支払を請求し,上記センター( らに,急激かつ偶然 な交通事故により に損害か生したものと誤信させて保険金の支払手続をさせ,よ って,同年10月5日頃,上記会社から前記 삁竝s  支店に開設された の代理 人てある ) 名義の普通預金口座に75万円の振込入金を受け, もってそれそれ人を欺いて財物を交付させた。証拠の標目
省略 
事実認定の補足説明
1 判示の各事実について,被告人は,自分は全く関与していない旨公判廷て供述 
し,主任弁護人(以下,単に「弁護人」という。)も無罪主張をするのて,検討す ると,本件て人証調へをした,共犯者の一部とされている  及ひ は,共に,被 告人から本件詐欺の話を持ちかけられ被告人の主導て本件か実行された旨の具体 的な証言をしている(すなわち,大要, は,本件前に自分か行った偽装事故に よる保険金詐欺〔休業損害に係る詐取を主体とするもの〕の話を被告人にしたか, 被告人から,はれる確率か高い,別にもっといい手段かあるなとと言われていた ところ,平成20年2月頃,被告人から電話て,偽装事故による保険金詐欺をや るかと誘われ,すくにこれに乗った,その後,被告人の知り合いの行政書士を通 して傷害保険のことを詳しく聞き,また,自分の取り分は300万円か欲しいと 伝えるなとした,そして,被告人からの指示に従って,自分か詐欺に誘った ,  と共に,複数の保険に加入するなとしていたところ,本件の数日前頃に,被告 人から偽装事故を同年5月14日の夜に実行する旨の連絡を受けた,その後,被 告人の指示を受けて同日の午後10時頃に被告人の経営する板金塗装店に , と一緒に集合すると,被告人と  かおり,自分は被告人に言われて被告人の運転 する車に乗り,自分か乗ってきた車は  か運転し( は助手席), か1人て車 を運転して,この3台の車か同店を出た後,被告人の指示・主導て本件偽装事故 か実行された,詐取金は後日,被告人に言われて自分らの取り分を除いたものを 5回に分けて被告人に手渡した,なとと証言し,また, は,同年3月頃,被告 人から偽装事故による保険金詐欺に加わる人を探していると言われ,すくに返事 はしなかったか,自分の役割は車に乗っているたけたと言われるなとするうち, 本件に近い頃に詐欺に加わる旨被告人に伝え,その頃自分の分け前は受け取った 保険金の4割たとも言われた,その後,被告人から,自分の彼女の も一緒に加 わってはとうかと言われ,自分と か + ホテルの一室に案内されて,その中て 保険金詐欺の詳しい話を聞かされた, はその翌日か翌々日に詐欺に加わる旨言 ってきたのて,被告人にその旨電話て伝え,本件の数日前頃,被告人から偽装事 故を同年5月14日の夜に実行する旨の連絡を受けた,その後,被告人に指示さ *
れ同日の夕方に明石駅前の - て被告人と待ち合わせをし,被告人の運転する車て 焼鳥屋に連れていかれ,そこて と食事をした後,午後11時頃,同店の従業員 てもある に案内され同店を出て車に乗り込み,その後,本件偽装事故か実行さ れた,詐取金は,自分と か受け取った保険金を被告人に手渡し,自分らの分け 前を被告人から受け取った,なとと証言している。)。 そこて,被告人か本件て有罪と認められるかとうかは,この両証言の信用性如 何にかかるものてある。2 ところて,判示の偽装事故か起こされた数か月後に( 証言によれは平成20 年9月25日頃て,被告人も特段これを争っていない。), か被告人に次頁の計 算表(省略)(以下「本件計算表」という。)を渡した事実,及ひ,同計算表か何 らかの偽装交通事故に関係するものてあることは,共に証拠上明らかて,当事者 間に争いもない。そして,本件を含む一連の偽装交通事故に絡んた詐欺事件のす へてに関わった  か,本件計算表に出てくる , と共に詐欺に及んた事件は, 本件以外になく, か同計算表を被告人に渡したという上記の時期等にも照らす と,同計算表中の各金額の正確性如何に関わらす,同計算表は本件の偽装交通事 故に関するものてあることか,比較的容易に認められる。本件計算表 省略
 この本件計算表について,被告人は, から自分の言うとおりに偽装交通事故 を起こして保険金をたまし取れは300万円以上儲かるから被告人を含め3人の 人間を用意するよう誘われた際,その儲け額の根拠資料として渡されたものてあ る旨供述する。 しかし,被告人は,本件前に  から,同人か平成18年に主導して犯した偽装 交通事故による保険金詐欺の話を聞かされた際, の言っていた儲け額(150 万円から200万円程度)か少なかったため,その程度の金額の儲けて警察に捕 まるリスクを自分は負えないなとと話したというのてある(「まあ,当時,そのと ,

きに彼か150万から200万もうけたと言ってはったんて,そんな程度の金て 警察に追っ掛け回されて捕まるようなリスクを私はよう負わんと,そういう話を しました」,「とうせ捕まることを前提て,構わないのてあれは,私やったら,8 桁狙ってほかに保険を重複さしますって言いました」,「私か,もしするのてあれ は,捕まるリスクまて負うんてあれは,言うたら,8桁のもうけを出すために, 保険を,傷害保険,共済保険等,ほかの保険,生命保険,ほかにもいろいろある と思いますけと,要は,もらえる保険の数を増やして,1回の事故て大量にもら うっていう手口を,僕やったらしますというようなことを言いました」,「要は, 150万くらいて自分の人生捨てれませんという話をしました」なとと公判廷て 供述している〔これらの供述については,被告人質問前の実施てあったため具体 的内容についての記憶の喚起等はされなかったものてあるか 証言とも一部符 合するほか,次に見る保険の重複の客観的事実にも照らし,信用性に格別疑いか ない。〕。)。そうすると, か,その話に出ていた8桁(1千万円台)の利益には 遠く及はない300万円程度の利益の話を持ちかけるのは,被告人の思惑に明ら かにそくわない( か,その当時,上記のような印象的て関心のある話を失念し ていたとも考えられない。)。そして, か関わった7件の偽装交通事故による保険金詐欺のうち,時系列て 3件目以降の事件ては,被告人の上記の話に出ていた保険(傷害保険と共済)の 重複をさせていたことか明らかてあり,また,2件目となる本件ても,起訴分に は含まれていない(従って客観証拠もすへて提出されている訳てはない)か,本 件証拠中に預金口座への振込事実の裏付けか一部あって信用てきる  証言によれ は,上記と同様の保険の重複をさせていたことか認められ(例えは  の預金口座 には共済金〔/〕や傷害保険金〔0〕の各詐取金に係る振込かあり〔甲3(省略)〕,  の預金口座にも傷害保険金〔1〕の詐取金に係る振込かある〔同(省略)。〕,こ れらはまさに,被告人の話を受けた保険の重複の実践てあることは,被告人も認 めるところてある。そうすると, か被告人を保険金詐欺の話に誘い込もうとし .
たというのてあれは,保険(傷害保険と共済)の重複により高額の詐取金か得ら れた(得られる)ことを当然に示してしかるへきてある(実際,本件ては,傷害 保険金と共済金分て, は合計306万5000円, は合計275万0383 円, は合計136万1000円の各詐取金かあったというのてある〔 証言〕。) か,本件計算表は,何らそのような内容とはなっていない(前掲のとおり,傷害 保険金として,,, の順に69万5000円,78万5000円,55万円 の各金額か掲けられているに過きない。)。なお,本件計算表を  か被告人に渡し たのは,各保険金や共済金か全部支払われる前てあったことか認められるか,受 領金の見込額を示すこともてきたと思われる上に,そもそも  か,そのような中 途半端な段階の資料を使って被告人に保険金詐欺の話を持ちかけたということ自 体,不自然さを免れないものといわねはならない。3 一方, は,被告人に本件計算表を渡したのは,被告人との間て本件ての自分 の取り分か300万円と約束していたのに,被告人から,, と併せて3人分 の取り分か300万円てあると言われたため,自分の取り分はあくまて300万 円か妥当てあることを示すためてあった旨証言するところ,その内容は,各人の 取り分の金額の点を始め本件計算表の記載とも整合する,自然て合点のゆくもの てあるたけてなく, らか保険金等を一部しか受け取っていない段階て本件計算 表を  か被告人に示したことの理由や事情も極めて容易に理解てきるものてある。 弁護人は,本件計算表にその作成時点て生していた種々の経費か記載されてい ない点を難詰し,それては  自身の実際の手取りか少ないことを被告人に分から せることかてきす,何ら説得材料にはなっていない旨主張するか,ます,経費か とれたけかかっているかを示す必要かあったなとというのは, か弁護人等の誘 導尋問に対してこれを肯定したものてあるにすきす,本件計算表の中て支出の記 載か果たしてとのような意味を持つのかについては慎重にみる必要かある。そし て, 証言のほか,収支の計算結果か最後に示されている同計算表の体裁等によ れは,同計算表を被告人に見せることの意味は,結局のところ, か300万円 2
の取り分を得ても取り過きてないことを被告人に示すことにあったと理解てきる のてあるから, らか合計435万円の取り分を得,さらに各保険掛金を差し引 いても,本件計算表を示した時点て,既に175万円余りの余剰かあることを被 告人に示すことは,まさに被告人への説得材料となり得るものてあって,むしろ 上記の目的(余剰か出ることのアヒール)からは,諸経費を余分に記載するたけ の動機付けはなかったということかてきる。 また弁護人は,被告人か本件に関わっていたとすれは,客観的な犯罪の痕跡か ない本件ては,被告人か証拠か残らないよう注意を払っていたことになるから, 本件計算表を処分しなかったはすかなく,ましてや共犯者らか次々と身柄拘束さ れ起訴されてゆく中て同計算表を残していたはすかないなととも主張するか,同 計算表は,被告人か経営する職場内に残されていたものてあり,そのような私的 な場所まては神経質にならなかったというのもあり得ることてあるし,またそう てあれは,共犯者らか逮捕等された時点て本件は約4年も前のことてあって被告 人か本件計算表のことを忘れていたというのもあり得ることなとからすると,被 告人か同計算表を残していたことか不自然とはいえない。4 以上によれは, か被告人に本件計算表を渡した理由についての被告人の公判 供述は信用てきない一方, の証言は十分に信用てき,本件計算表は,被告人か 本件に関わったことを前提に, からの申し出を受けて同人らの取り分について のやり取りかあったこと(従って,被告人は本件の詐取金全体を把握・管理する 立場にあったものてあること)を有力に裏付ける客観的証拠てあるといえ,本件 には全く関与していない旨の被告人の公判供述か信用てきないのは既に明らかて ある。 そして,被告人か本件保険金詐欺を誘ってきて主導したことを述へる  証言の 具体的な内容を見ても,おおむね自然て格別怪しむへき点はなく,このことは, 上記と同旨を述へる 証言についても同様てあるし,両証言は,特に本件当日の 時間の点を含む事実関係において極めて整合したものとなっており,相互に信用 3
性を補強しあっている(なお, は,自分の知っている共犯者の点等て逮捕され た直後は事実てない供述をしていたことなとか認められるか,記憶の減退も当然 にあり得ることなとからすれは,そのことにより被告人の関与・主導を述へる証 言の根幹部分の信用性か揺らくものてはない。また, は,傷害保険の内容の詳 細については被告人と詐欺の事情の通した行政書士に教示を受けた旨証言し,こ の行政書士はその事実を否定しているところ,そもそも  かあえて同行政書士に 不利益な証言をするたけの事情等は何ら見当たらない一方,同行政書士か上記事 実を矮小化する動機は十分にあることなとからすると, の上記証言の信用性に ついても格別の疑義はない。)。5 この両証言につき,弁護人は, か被告人に総額約955万円を渡したと証言 し, も被告人に総額数百万円を渡したと証言しているのに,それら多額の金銭 の流れを裏付ける証拠等か何もないことを指摘するか, 証言によれは,被告人 は保険金を手渡しするよう言ってきたといい,1回当たりの手渡し金も高々二百 万円余りてあったという上,本件か平成20年の事件てあり捜査着手の時点て既 に時を経ていることからすると,被告人に手渡しされた後の金の流れを捜査機関 か把握しきれなかったとしても不自然とはいえない(これに対し, らか被告人 に手渡したという金員の根拠については,少なからす把握かてきるところてある 〔 甲
 3 〕。)。
  また弁護人は,さしたる前科のない被告人か,前記平成18年の同種犯罪歴の ある  に犯行を持ちかけ,さらには同人か被告人に言われるまま詐取金を渡して ゆき実際の手取りは殆となかったというのは不自然てある旨主張するか,それら は被告人の人となりや犯罪にまつわる知識(本件ては保険関係)等如何に関わる ことてあって,上記のことか不自然てあるという経験則はない。実際,弁護人も 認めるとおり被告人は  よりも自動車等の保険についての知識かあり(そのこと は,被告人か  から上記平成18年の事件のことを聞いた際の前記2中の被告人 の発言内容からもうかかえるところてある。),そして何よりも, か被告人に本 4
件計算表を渡して自身の取り分につき300万円か妥当てある旨を申し出ている ことからすれは,被告人か本件を主導していたことかむしろ比較的自然に導かれ るというへきてある(なお, の実際の手取りについては,被告人に申告しない て  か取得した分もあり〔37万5000円の傷害保険6 分〕,また,被告人に 手渡した最終分の現金159万円については,その原資とみられる共済金〔/ 分 の70万5000円〕と傷害保険金〔0 分の98万5000円,以上につき甲3 (省略)の各金額との比較からして, か10万円を抜いて渡したことかうかか わ れ る と こ ろ て あ る 。)。
  さらに弁護人は, か被告人にホテルまて案内されて共犯者の と共に本件を 誘われたと証言していることにつき,同ホテルの予約ないし宿泊に関する裏付け 証拠かないことを指摘するか,被告人か本名て同ホテルの予約ないし宿泊をして いたとは限らない上,当該裏付け捜査を着手すへき頃には宿泊者名簿の保存期間 (兵庫県ては3年以上〔兵庫県旅館業法施行細則13条2項〕)を過きていた可能 性かあるから,このことも不自然なものとはいえない。 そして,その他の弁護人の主張を仔細に検討しても,被告人の関与・主導を具 体的に述へる ・ 証言の信用性を疑わせるものはない。6 よって,信用てきる上記 ・ 証言によれは,被告人か本件を主導したことか 十分認定てき,本件て被告人か有罪となることに合理的疑いを差し挟む余地はな い。法令の適用
省略
 量刑の理由
本件は,被告人主導の下て計画的・組織的に敢行された悪質な保険金詐欺事案て あり,詐取金の総額は1675万円余りと相当高額てあって,本件か保険制度や業 務に与えた悪影響の点も看過てきない。そして被告人は共犯者らの中て最も多い取 り分を得ているか,本件を否認して被害弁償を全くしておらす,反省の態度も全く 5
ない。被告人の刑責は重く,相応の服役は免れないところてある(なお, から受 け取った詐取金の中には起訴かされていない傷害保険や共済金の分か明らかに含ま れており,特に上記取り分につきその点を考慮すへきは当然てある。)。そこて,本件は偽装交通事故1件の事案てあり共犯者らとの刑の均衡も考慮する 必要かあるといえること,これまてに交通関係の罰金前科3犯以外に前科はないこ となとの被告人のために酌むへき事情も併せ考慮して,主文の量刑をした。 検察官 古﨑孝司,私選弁護人 瀧澤 崇〔主任〕各出席求刑 懲役4年6月 
    平成25年7月9日 
        神戸地方裁判所第1刑事部                       裁 判 官西 森 英 司

7
判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket