平成25年7月4日宣告 殺人,死体遺棄被告事件
主文 被告人を懲役16年に処する。
未決勾留日数中240日をその刑に算入する。
 理由
【罪となるへき事実】
第1 被告人は,平成24年1月21日頃,愛媛県東温市内の被告人方において,殺意をもって,交際中の被害者(当時37歳)の頸部をひも様のものて絞め付け,よって,その頃,同所において,同女を窒息により死亡させて殺害した。第2 被告人は,同月22日頃,前記被告人方から,被害者の死体を運ひ出し,同 死体を自動車に積み込んて同県喜多郡内の路上まて運搬した上,同所において,同死体を同所脇のX川南側のり面に投棄し,もって死体を遺棄した。
 【 証 拠 の 標 目 】( 略 )【事実認定の補足説明】
被告人は,被害者の嘱託を受けて同女を殺害したと供述し,弁護人もこれに沿う 主張をするのて,判示第1のとおり殺人罪か成立すると認定した理由を説明する。
 1 被害者は,殺害の前日てある平成24年1月20日,勤務先の花屋て自分の後任店長となる同僚に対し,仕事の引継きをこく一部したのみて,「また来週。」と 言いなから笑顔て職場を後にしており,今後も生き続けることを前提とした言動 をしていた。なお,被害者は,同月中旬ころ,上司から意に沿わない転勤を打診 され,不満や憤りの感情を抱いたことかあったか,最終的に別の店への転勤を受 け入れ,転勤先の店長に電話して自分か働く時間帯を相談するなとして準備を進 めていたのてあり,転勤問題か自ら死を選ふほとの深刻な悩みてあったとは認め られない。また,被害者は,同月18日頃,実父に宛てて手紙を出しているか,原動機付 1自転車の自賠責保険の更新手続を依頼するとともに,絵文字を使用して「出世し たら,いつかハワイへ…」と将来の夢なとを語る内容てあり,文面上は死の予感 を全く感しさせないものてある。さらに,被害者は,殺害当日てある同月21日午後4時過き,買物の後にAT Mて現金2万円を引き出しているか,これは,今後も生活を続けていくことを前 提とした行動とみるのか自然てある。以上に加え,家族や子供に対しても別れを告けるような言動をしていないこと も併せると,被害者は,殺害直前まて,死ぬことを考えていなかったと認めるほ かはない。2 この点,被告人は,同月21日の朝に「もう死のうかな。」と口にしたところ, 被害者か「しゃあ私も。」なとと言って応したのて2人て死ぬことに決めた,夜 になって被害者の首にコートを巻いた状態て話をしていたところ,被害者か「A 君は生きて。」「私を殺して,私を隠して。」と言ったのて,その言葉に従って, 被害者を絞殺した上て,遺体を遺棄したなとと供述する。しかし,被害者と一緒 に死ぬ前提か突然変わったのに,さほと躊躇することなく,被害者の殺害を実行 したという被告人の話は,それ自体不自然てある。そもそも,被害者には,殺害 直前まて自ら死を選ふほとの悩みかなかったことは既に認定したとおりてある上, 被告人に他の交際女性かいることを知っており,その女性の面前て自分は身を引 くつもりはないと明言まてしていた被害者か,自分たけか死んて被告人には生き てほしいと告ける,なとということは,およそ考えかたい。なお,被告人は,被害者を殺害後,被害者の遺体のほか,その食器や衣類なと を乱雑に投棄し,別の交際女性てあるBに対しては被害者と別れた旨告けて,本 件の翌月には被告人方に招くなと親密な交際を続けていた。また,被告人は,本 件犯行の前後を通して,自己の携帯電話に大量のわいせつ画像をタウンロートし 保存していた。被告人のこのような行動は,被害者と一緒に死ぬつもりたったと する話と相容れないものといえる。被害者殺害に至る経緯に関する被告人の前記供述は,到底信用することかてき ない。3 弁護人は,被害者からの殺害依頼かなけれは,本件は起こり得なかったと主張 する。しかし,被告人は,被害者と並行してBとも交際していたのてあり,2人の女 性か平成23年6月に被告人方て鉢合わせした翌日には,Bに対し,「例えは, 俺かあいつを殺して何年か入っても待てる?」なとというメールを送っている。 本件に近い平成24年1月初旬には,被害者の車か被告人方に駐車しているのを Bに見られ,被害者か勝手に来ていると説明するメールもBに送っている。こう した事情に照らすと,被告人には,被害者及ひBとの関係を巡り,被害者殺害の 動機に結ひ付き得る事情かあったと考えられる。【法令の適用】 被告人の判示第1の所為は刑法199条に,判示第2の所為は同法190条にそれそれ該当するか,判示第1の罪について所定刑中有期懲役刑を選択し,以上は同 法45条前段の併合罪てあるから,同法47条本文,10条により重い判示第1の 罪の刑に同法47条たたし書の制限内て法定の加重をした刑期の範囲内て被告人を 懲役16年に処し,同法21条を適用して未決勾留日数中240日をその刑に算入 することとし,訴訟費用は,刑訴法181条1項たたし書を適用して被告人に負担 させないこととする。【量刑の理由】 被告人は,被害者を確実な殺意をもって絞殺した後,翌日,フルーシートとローフを購入してその遺体を包んた上,自宅から遠く離れた山中に車て運んて遺棄して いる。さらに,被告人は,被害者の遺品も河川敷なとにこみのように乱雑に捨てて おり,殺人の証拠を隠滅するために遺体等を遺棄したと認めるほかない。その結果, 被害者の遺体は約半年後に川の下流て腐乱した状態て発見されており,被害者は命 を奪われたたけてなく,死後もその尊厳を著しく踏みにしられている。被害者は,夫かありなから被告人と交際していたとはいえ,殺されなけれはならないような落 ち度は全くなく,証拠上,犯行に至る経緯に関し,被告人のために酌むへき事情は 見当たらない。そうすると,本件は殺人の事案のうちても比較的重い部類に属する というへきてある。それにもかかわらす,被告人は,被害者を殺し死体を遺棄する間も長時間にわた って携帯電話にわいせつ画像を繰り返し保存しており,その態度からは,自らの犯 した罪の重さにさいなまれている様子は窺えない。被告人は,捜査,公判を通して, 被害者のことを思って殺害したかのような不合理な弁解に終始しており,その無反 省ふりは目に余る。以上によれは,被告人にこれまて前科かないことを踏まえても,被告人に対して は相当に長期の刑をもって臨むほかなく,懲役16年に処するのか相当てある。 (検察官の求刑―懲役20年) (検察官加藤良一及ひ同小川紀子並ひに国選弁護人和田資篤(主任)及ひ同大野圭 介各出席)平成25年7月19日 松山地方裁判所刑事部
裁判長裁判官 足 立 勉
裁判官 小林健留
裁判官 河村豪俊 4
判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket