平成24年第10183号 自動車運転過失傷害被告事件 平成25年4月18日 千葉地方裁判所刑事第2部判主文 被告人は無罪。
理由
第1 本件公訴事実 本件公訴事実(訴因変更後のもの)は,「被告人は,平成24年3月21日午後1時25分頃,普通乗用自動車を運転し,千葉県佐倉市(以下省略)先の右に 湾曲する道路を同市a方面から同市b方面に向かい時速約30ないし40kmて進 行するに当たり,前方左右を注視し,ハントル・フレーキを的確に操作し,進路 を適正に保持して進行すへき自動車運転上の注意義務かあるのにこれを怠り,前 方左右を注視せす,ハントル・フレーキを的確に操作しないまま,漫然前記速度 て進行した過失により,自車を道路右側部分に進出させ,折から対向車線上て右 折待ちのため停止中のA(当時32歳)運転の普通乗用自動車に気付かす,同車 右前部に自車右前部を衝突させ,よって,同人に加療約2週間を要する頸椎捻挫 の傷害を,自車同乗者のB(当時80歳)に全治約3か月間を要する左上腕骨骨 折の傷害をそれそれ負わせたものてある。」というものてある。第2 当事者の主張
 1 検察官の主張
検察官は,本件は,被告人の過失によるものてあり,想定される事故原因と しては,被告人の注意力散漫により,道路状況に応した運転操作かてきなかっ たことか推認される旨主張する。2 弁護人の主張 弁護人は,本件は,被告人か,衝突直前に完全房室フロックによるアタムス・ストークス発作により意識消失(以下「完全房室フロックに伴う意識消 1失」という。)したものてあり,被告人には予見可能性,結果回避可能性はなく,過失かないから,被告人は無罪てある旨主張する。
 第3 判断1 関係証拠によれは,次の事実か認められ,当事者間に特に争いもない。 被告人は,昭和49年8月に自動車運転免許を取得し,その後の交通違反歴は見当たらない。
 被告人は,千葉県佐倉市(以下省略)所在の飲食店「T」から,友人4名を乗せて普通乗用自動車(以下「被告人車両」という。)の運転を開始し, Tから約1.6km離れた千葉県佐倉市(以下省略)先の右に湾曲する道路 (以下「本件現場」という。)を同市a方面から同市b方面に向かい進行中, 自車を対向車線に進出させ,路外施設に右折するため停車していた,Aか運 転する普通乗用自動車の右側前部から運転席にかけて衝突し停止した(以下 「本件事故」という。)。 衝突する際の被告人の運転姿勢は,前を向き,両手てハントルを握った状 態て着座しており,特段変わったところはなかった。衝突後,Aか,被告人 に対し「ふさけるな。このろう。」なとと怒鳴ると,被告人は「すまん。
 すまん。」と手刀を切りなから謝り,被告人は運転席から助手席に移動して 被告人車両を降り,Aに対し「良い車なのに悪いね。」と謝った。(この事 実は,主にAの供述により認めるか,その信用性を疑わせる事情はない。) 現場に到着した佐倉消防署c出張所救急隊長Cか,被告人に「とうしまし たか。」とをかけると,被告人は「気か付いたらふつかっていて,ほうっ としている。」なとと述へた。被告人は少し間をおくような感しかあったか, 住所氏名は答えられていた。被告人を救急車て病院に搬送する際,血圧測定 等の処置をしたところ,被告人の脈か弱かった。(この事実は,主にCの供 述により認めるか,その信用性を疑わせる事情はない。) 被告人か搬送された病院の医師は,被告人を診察し,「完全房室フロッ 2ク」と診断し,その後,被告人はヘースメーカー植え込み術等の入院治療を 受けた。被告人は本件事故以前に,高血圧症,不整脈による通院治療を受け たことはあるか,心臓疾患のために医師から自動車の運転を止められたこと はない。 完全房室フロックとは,心房からの興奮か心室に全く伝導されない状態て あり,心房から心室への血液供給量か不均一となり,かつ徐脈となる結果, 心拍出量血圧か低下することか多くなり,これにより,アタムス・ストー クス発作(症候群)を引き起こすことかある(弁1)。アタムス・ストーク ス発作とは,不整脈により心拍出量の急激な低下をきたし,それに伴う脳血 流減少によりめまい,意識消失(失神),けいれんなとの一過性の脳虚血症 状を引き起こす病態をさす(弁2)。2 完全房室フロックの診断結果の存在等について
 前記のとおり,被告人は本件事故直後,医師から完全房室フロックとの診断を受け,D医師作成の診断書には「乗用車運転中に意識消失発作出現」 「意識消失の原因としては完全房室フロックによるアタムス・ストークス発 作か考えられた」「ヘースメーカー植え込み術にて完全房室フロック改善し ており,車の運転は可能と考えられる」なとと記載されており,被告人か本 件事故直後にヘースメーカー植え込み術の治療を要する完全房室フロックに 罹患していたことは客観的にらかてあること,被告人の問診をした医師は, 本件事故直後の被告人の言動は少なくとも被告人か自動車運転中に意識消失 したとして矛盾しないと判断していたことか認められ,さらに,これまて長 期間交通違反歴のない被告人か,友人4名を乗せるという,1人て運転する よりは緊張度か高いと考えられる状況て運転を開始した後,約1.6km程度 の走行(時速約40kmて進行したとして2,3分程度)をした地点て注意力 散漫になって事故を起こすということは考えにくいこと,E医師かその 回答書(弁3)において,「1事故発生時も不整脈か生していたこと,2これによる脳血流低下か『アタムス・ストークス発作』を生して事故の何らか の要因となったこと,の蓋然性かきわめて高いと考える」旨述へていること も併せ考慮すれは,前記事実自体から,本件事故は被告人か罹患する完全房 室フロックに伴う意識消失の影響によるものてある可能性は相当程度に高い ものというへきてある。そして,本件事故か完全房室フロックに伴う意識消 失によるものてあるとすれは,これまて完全房室フロックのために運転を差 し控えるなとの指導を受けたことかなかった被告人に対して,その予見可能 性,回避可能性を認めることはてきないものといわなけれはならない。 なお,検察官は,1D医師の診断書は,事故原因について被告人かあいま いな供述に終始したため,交通事故捜査専門家てもない医師によって,運転 中に失神(意識消失)か起きた可能性に言及した信用性の低いカルテに基つ いて作成されたものてあるから,これにより,被告人か本件事故時に意識消 失していた,あるいは,その可能性かあったとは認めることはてきない,2 E医師の回答書は,刑事訴訟法か規定する鑑定書としての証拠能力か認めら れす,一般的な医学的見解の限度においても,内容面において現実に即した 具体的根拠を何ら示しておらす,その信用性は極めて低い旨主張する。そこて検討するに,1について,確かに,本件事故時の具体的状況を踏ま えない診断書の記載をそのまま何らの留保なく採用することはてきない。し かし,被告人か完全房室フロックに罹患していたと診断したこと自体に疑義 かあるのてあれはともかく,被告人か本件事故直後に完全房室フロックに罹 患していたことは動かない事実と認められるのてあり,その事実を前提とし て,専門的な知識経験を有する医師か,被告人を問診した上て,意識消失に よる事故の可能性に言及したことを一概に無視することはてきない。被告人 かあいまいな供述に終始したという点も,被告人か,本件事故前に意識消失 し,被告人自身か自分の身に何か起きたのか分からす,本件事故の原因につ いて十分に把握てきていなかったからと考えることもてき,医師らか被告人から運転中に意識を失った旨の話を聞いていないこと(甲29,30)も同 様に考えることかてきる。そうすると,診断書に意識消失の可能性について 言及のある点を信用てきないとめつけることはてきないから,検察官の主 張を採用することはてきない。2について,確かに,E医師の回答書は,弁護人の依頼に応したものて, 仮に医学的判断に誤りかあるとしても責を問われるものてはない旨の条件付 きのものてある上,本件事故の具体的状況を踏まえたものてあるとは認めら れない。しかし,同回答書に記載のある一般的な医学的見解医学的根拠に ついて,E医師に医学的見解医学的根拠を述へる資格かないとか,その内 容か不自然不合理てあり医学的根拠はないなとの的確な反論となる証拠はな く,その一般的な医学的見解医学的根拠自体の信用性は認められるものて あり,その上て,本件事故の具体的状況を踏まえて判断をするへきものてあ る。 以上を前提に,本件事故の原因か,被告人の罹患する完全房室フロックに 伴う意識消失によるものてはなく,被告人の過失によるものてあることか, 検察官により合理的な疑いを容れない程度に立証かなされているかとうかを 検討する。3 検察官の主張の検討
 本件事故の客観的状況について
検察官は,本件現場の道路は右に湾曲しているところ,カーフ走行中の自 動車は走行速度による遠心力とハントルの復元力か働くため,ハントルか元 の位置に戻ろうとする性質かみられること,本件衝突地点に至るには,さら にハントルを転把しなけれはならないこと,衝突直後の被告人の姿勢頭部 は直立していたことなとの事実関係によれは,被告人に意識消失か起きてい なかった,あるいは起きた可能性もなかった旨主張する。確かに,前記検察官の主張する事実関係からは,被告人車両か本件事故現 5場の右カーフに至るまての間に,被告人か完全に意識消失して,脱力してい た可能性はなく,かつ,右カーフのハントル操作を開始した後に,被告人か 完全に意識消失をして,脱力していた可能性は低いとはいえる。しかし,E 医師の回答書(弁3)によれは,アタムス・ストークス発作時に全身の筋肉 か脱力,弛緩するとは限らす,むしろ筋肉の強直ないしけいれんを生しる方 か一般的と思われる,意識障害の発現過程は個人差か大きく,突然意識消失 をきたす患者もいれは,数秒から数分て徐々に意識か低下して最終的に意識 消失に至る患者もいる,仮に症状として脱力を生したとしても,徐々に意識 レヘルか低下していく過程ては全身筋力はまた完全に脱力には至らす,四肢 を動かす程度の筋力か残存している可能性かある,このときの筋力は意識レ ヘルか正常てないゆえに,もは目的性のある協調的な運動とは限らないと されていることからすると,被告人か右カーフのハントル操作を開始した後 のいすれかの地点て,突然意識消失をしたか筋肉か強直ないしけいれんした まま本件事故に至った可能性,徐々に意識か低下していく中て本件事故に 至った可能性を否定することはてきない。以上からすれは,本件事故の客観的状況自体からは,完全房室フロックに 伴う意識消失の可能性を排斥することはてきない。 被告人車両の同乗者の供述について 検察官は,被告人車両の同乗者4名の供述によれは,運転開始から本件現場に至るまての間に被告人の様子に特段変わった点はないこと,また,Tて 被告人か首をこっくりさせたのを見て疲れたのかなと思った旨Bか供述して いることは,被告人の過失を推認する事情てある旨主張する。しかし,本件事故以前の被告人の運転の様子に特段変わった点かなかった ことは,本件現場て右カーフのハントル操作を開始する前に突然被告人か意 識消失したとすれは整合しにくい事実とはいえても,前記E医師の回答書の ように,右カーフのハントル操作開始後徐々に意識か低下して意識消失に至った場合右カーフのハントル操作開始後衝突前に突然意識消失し筋肉か強 直ないしけいれんした場合なととは必すしも矛盾する事情とはいえないし, 被告人の意識消失から本件事故まては短時間の出来事と考えられ,被告人の 様子に変わった点かあったことに同乗者か気か付かなかったとして必すしも 不自然ともいえない。さらに,被告人かTて疲れていたとの事情については, そもそもBは,被告人自身か疲れたと言っていた記憶はなく,本当に疲れて いたかとうかは分からない趣旨の供述をしている上,仮に,被告人か疲れて いたとしても完全房室フロックの場合に考えられる前駆症状として「疲れ」 かあけられていること(甲29)からすれは,疲れていたことは完全房室フ ロックに伴う意識消失の可能性を示唆する事情とみることもてきる。この点も検察官の主張を特に支える事情てあるとはいえない。
  本件事故直後の被告人の言動について検察官は,前記1の被告人の言動からは,被告人の意識消失は認めら れない旨主張する。確かに,本件事故時及ひ本件事故直後の被告人の言動にことさら不自然な 点は認められす,この点は,被告人か意識消失していたこととは整合しにく い事情とはいえる。しかし,被告人の運転姿勢に変わった点かなかったとし ても,強直ないしけいれんの現れ方かいかなるものか判然としないし,前記 のとおり,徐々に意識か低下して最終的に意識消失に至った場合には必すし も矛盾するとまてはいえない。また,失神している時間の長短には個人差か あるというのてあるから(甲29),意識消失した被告人か,本件事故後に 意識を回復していたとしても格別不自然とはいえす,Aと自然に会話をした としても本件事故前の意識消失と矛盾するものとまてはいえない。かえって, 被告人かCに対し,ほうっとしているなとと述へていたことは,「失神状態 から回復したときには,・・・ほーっとした感しになる人も」いる(甲2 9)ということに整合する事情ともいえる。そうすると,本件事故直後の被告人の言動も,必すしも検察官の主張を支 えるものとまてはいえない。 被告人の公判供述について 検察官は,被告人は,1第3回公判期日ては,右カーフにさしかかる手前て意識かなくなった旨供述し,第4回公判期日ては,左手にスーハーを見た 記憶はあるか,その後は記憶かないと変遷させている,2意識消失地点を動 かすなとあいまいな供述をしている,3自己に都合の良い内容は覚えている 旨不自然な供述をしていることなとから,被告人の弁解を信用することはて きない旨主張する。1について,被告人は,検察官の「意識の失い方てすか,急に意識かなく なったのか,徐々になくなったのか,とうてしょうか」との質問に対し, 「すほんと何か記憶かないみたいな感してすね。」と答えており,意識を失 うとの供述と記憶かないとの供述か必すしも変遷しているとは言い難い。2 3について,確かに,被告人の公判供述は,本件事故の状況について,との 地点まて意識かあったのか,意識はあったか現在ては記憶かないのか,本件 事故後の状況についてとこまて記憶かあるのか等についてあいまいな部分か 多い。しかし,本件事故直後,被告人はCに対し「気か付いたらふつかって いた」旨話し,F医師,G医師に対し「センターラインをはみ出す瞬間は覚 えているか,なせはみ出したかは覚えていない」なとと述へており,本件事 故直後からあいまいな供述をしていたことか認められ,公判においても,自 己に不利にならないような意識は働いているかもしれないか,あえてあいま いな供述をしているのてはなく,もともとあいまいな記憶しかない中て,そ の場の質問に応して被告人なりに答えようとしているとみることかてきるの てあって,被告人の公判供述をことさら被告人に不利に評価することは相当 てない。 被告人の供述調書について
なお,検察官か論告て特に指摘しているものてはないか,被告人の供述調 書(乙1,2)について付言する。被告人の供述調書には完全房室フロック の記載かなく,自身の過失を認める内容となっている。しかし,被告人は, 公判において,取調官に対して病気のことを言ったところ,取調官から病気 のことを言うと不利になる,内容に異議かあれは裁判も受けられると言われ たため,裁判をすれはいいと思って署名した旨述へている。この点について, 被告人は本件事故の3日後くらいに完全房室フロックの説を医師から受け た旨述へ,同し頃には,Aか被告人の妻等から被告人か病気て意識を失って しまったとの話を聞いていたことからすれは,被告人か本件事故の取調時に 完全房室フロックについて何ら話をしなかったとは考えられす,この旨の記 載か供述調書に一切ないことは不自然てあるし,また,警察官調書には被害 者を発見したとき被告人車両の時速か約20kmてあったという,A供述客 観的な状況にそくわない内容の記載かあることなとからして,被告人の供述 調書か被告人の言い分を十分に録取したものかについては疑いかある。そう すると,自身の過失を認める旨の被告人の供述調書の信用性を直ちに認める ことはてきす,被告人の供述調書から被告人の過失を認定することもてきな い(さらにいえは,被告人の供述調書中,本件事故原因について「一瞬ほん りした」とあるのは,完全房室フロックに伴う意識消失を表現したものと 考えることもてきる。)。4 結論 以上からすれは,検察官の主張する点は,いすれも被告人の過失を推認する相応の根拠となる事情とはいえるものの,他方て,いすれも完全房室フロック に伴う意識消失の可能性を排斥するものとまてはいえす,検察官の主張を検討 してみても,本件証拠関係からは,被告人の過失を認定することはてきない。第4 結語 以上のとおり,本件事故の原因か,被告人の罹患する完全房室フロックに伴う意識消失によるものてはなく,被告人の過失によるものてあることについて,合 理的な疑いを容れない程度の立証はないといわさるを得す,結局本件公訴事実に ついては犯罪の証かないことになるから,刑事訴訟法336条により被告人に 対し無罪の言渡しをする。(裁判官 三浦隆昭)
判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket