平成24年(わ)第226号 恐喝未遂被告事件 平成25年4月18日宣告 高知地方裁判所主文 被告人らはいすれも無罪。
理由
1 公訴事実について 本件公訴事実の要旨は,次のとおりてある。「第1 被告人A,被告人B及ひ被告人Cは,D(当時49歳)か指定暴力団E 組F会の構成員等複数の暴力団員から借りた約1100万円の返済金名下に 現金を喝取しようと企て,共謀の上,平成24年2月7日午後9時頃から午 後10時頃まての間,高知市a町b番地cG店内の被告人Aら複数の前記F 会関係者の面前において,前記Dに対し,被告人Cか『おい,誠意を見せえ や。土下座せえや。』なとと怒号して前記Dを土下座させた上,被告人Bか 『Aさんのおかけて,借金か半額になった。Aさんに感謝せんといかん。』, 『このメンハーを見て分かると思うか,天国を見るか地獄を見るかはお前次 第ということや。』なとと,被告人Aか『院長かまとめてくれたんや。払え んかったり,他の組織から金借りたりしたら,地獄を見ることになる。お前 次第や。』,『院長を裏切ったら俺か容赦せんし,他の組織に変なことしよ ったことか分かっても容赦せん。』なとと語気鋭く申し向けて現金の交付を 要求し,もしこの要求に応しなけれは,前記Dの生命,身体,財産等にいか なる危害をも加えかねない気勢を示して脅迫し,その旨同人を畏怖させたか, 同人か警察に被害申告したため,その目的を遂けなかった第2 被告人B及ひ被告人Cは,前記Dか前記脅迫により畏怖しているのに乗 し,同人から,同人の借金整理に伴う謝礼金等名下に現金を喝取しようと企 て,共謀の上,同月13日午後9時頃から同日午後10時頃まての間,前記 G店内において,前記D及ひ同人の妻てあるH(当時45歳)に対し,被告人Bか『お前の借金は,Aさんの口利きて半額になった。』,『今回の件は, Aさんか助けてくれたんたから,お礼をせないかん。借金も含めて4000 万円は必要やろう。』,『今後,他の組織から金を借りたら絶対いかん。も し,それかはれたときは,あなたかたの命はないてすよ。』なとと,被告人 Cか『裏切ったら,お前ら夫婦,子供,家族かとうなるか分からん。』なと と申し向けて現金の交付を要求し,もしこの要求に応しなけれは,D及ひH らの生命,身体,財産等にいかなる危害をも加えかねない気勢を示して脅迫 し,その旨同人らを畏怖させ,よって,同月24日,高知市d町e丁目f番 g号hヒルi階j公証役場において,同人らに被告人Bを債権者,前記Dの 経営会社を債務者,D及ひHを連帯保証人とした金4000万円の金銭消費 貸借契約公正証書1通を作成させたか,前記Dか警察に被害申告したため, その目的を遂けなかったものてある。」
 2 前提となる事実
以下,甲・乙・弁番号は記録中の証拠等関係カートに記載されている番号てあ り,証拠の特定のためにこれを用いる。証拠(甲5,16,18,23,29,乙1,13,23,D証人,H証人, I証人,J証人,K証人,被告人A,被告人C,被告人Bの各公判供述)によれ は,本件の前提事実として,次のとおりの事実か認められる。(1) 被告人らについて
被告人Bは医師てあり,平成24年2月当時,医療法人L会M病院(以下 「M病院」という。)の院長てあった。被告人Cは,同月当時,建設業を営 む有限会社N建設の代表取締役てあった。被告人Bと被告人Cは約10年来 の知人てある。被告人Aは,指定暴力団E組F会会長補佐てあり,平成23 年に知人の紹介により被告人Bか被告人Aを診察したことから,両名は知り 合った。(2) 平成24年2月7日(公訴事実第1の犯行かあったとされる日)に至る経 緯本件の被害者とされるDは,平成15年ころから,Oの屋号て廃棄物処理業 を営むようになった。Dは,平成21年,この事業を法人化して株式会社O を設立した。Dは,自らにカート等の債務の不払いかあったため,妻てある Hを代表取締役としつつ,実質的にOを経営していた。Dは,平成16年ころ,仕事に関するトラフルの解決を暴力団構成員てある Kに依頼し,これをきっかけに,Kから顧客の紹介を受けたり,事業の運転 資金を借りたりするようになった。Dは,そのほかにも,多くの暴力団関係 者から事業の運転資金を借り入れるようになった。また,Dは,平成18年 ころから,被告人Cの会社の仕事を受けるようになったか,平成21年ない し22年ころから,同人の紹介により,被告人Bから事業の運転資金を借り るようになった。前記の暴力団関係者からの借入金債務には,いすれも月5ハーセントから 20ハーセントの割合の利息か付いており,Dは,平成23年9月ころには, 利息たけて毎月200万円程度を返済しなけれはならなかった。この返済は, Dにとっては大きな負担てあり,Dは,このころから,暴力団関係者への利 息の支払を滞らせるようになった。
 Dは,暴力団関係者と縁を切りたいと考え,平成23年12月19日,料理 店Gにおいて,被告人Bや被告人Cに対し,暴力団関係者からの借入金か相 当額あること,暴力団関係者に対して違法な高額の利息を相当期間支払い続 けてきており,元本かかなり減少しているものもあるはすてあること,警察 に相談することも考えていることなとを話した。被告人Bは,Dに対し,D の暴力団関係者に対する債務の整理について,被告人Aに相談することを約 束した。被告人B及ひ被告人Cは,平成24年1月ころ,被告人Aに相談したところ,同被告人は,上記の暴力団関係者を1か所に集め,Dの借金返済方法等を決 定することにした。もし一括て支払う資金か必要になった場合には,足りな い部分を被告人Aから借りるなとして被告人Bか負担することになった。被 告人Bは,Dから,暴力団関係者からの借金か概ね2000万円てあること を確認し,被告人Aに伝えた。(3) 平成24年2月7日 被告人Aは,平成24年2月7日,Dの暴力団関係者に対する債務の整理のため,Dの債権者のうち,F会の関係者てある,K,I,Jほか2名を,G に呼ひ出した。被告人Aは,被告人Cか同席した場て,Dの暴力団関係者に 対する債務額か,元本のみて約2200万円てあることを確認し,それらに ついて利息を免除したうえて元本を半額にし,残った元本約1100万円を 一括て支払うことを提案したところ,上記債権者らはこの提案を承諾した。 F会に関係しない暴力団関係者てある債権者1名については,Gに来ていな かったため,被告人CとDか別途交渉することになった。被告人Cは,Dに 上記の債務額か正確かとうか等を確認するとともに,上記債権者らに対して 債務整理の礼を言わせるために,DをGに呼ひ出した。被告人Bは,これと 前後して,Gにやってきた。Dは,同日午後9時ころ,Gに到着した。その後のGにおける事実経過及ひその評価については,後述のように争いか ある(公訴事実第1)。(4) 同月13日 被告人B及ひ被告人Cは,平成24年2月13日,DをGに呼ひ出し,Dは,同日午後9時ころ,Hの運転する車てGに到着した。 その後のGにおける事実経過及ひその評価については,後述のように争いかある(公訴事実第2)。 (5) その後
被告人B,D及ひHは,同月24日,被告人Bを債権者,Oを債務者,D及ひHを連帯保証人とした,4000万円の金銭消費貸借契約公正証書1通を 作成した。Dは同年6月,警察に対し,被告人らに金銭を脅し取られそうになったとし て被害申告をした。3 当裁判所の判断
(1) 検察官は,平成24年2月7日及ひ13日のGにおける経緯について,主に,被害者とされるD供述に依拠して,前者については被告人3名によって, 後者においては被告人B及ひ被告人Cによって,いすれもDに対する恐喝未 遂かなされたと主張する。これに対して,各弁護人はいすれもD供述の信用 性を否定し,無罪を主張する。前記の経緯を全て見聞きしたのはDてあるか ら,本件において有罪,無罪を分けるのは,結局,D供述の信用性に尽きる と言ってよい。また,公訴事実第2は,同第1を受けて起きたとされる事件 てあり,D供述の信用性は,第1,第2を含めた一連の流れから総合的に判 断する必要かある。(2) Dは,平成24年2月7日のGての経緯(公訴事実第1)について,公判 廷において次のとおり供述した。「Gの店内に入った後,被告人Cから『誠意をみせえや,土下座せえ。』 と,通常よりも大きな声て言われた。私は,車いすから降り,土間に手をつ いて『大変申し訳こさいませんてした。』と謝った。暴力団の上の方か2人 くらいいるのて恐怖を感した。その後,被告人Bからは,トスのきいた,今 まてにない声て,『もう借金はないか。もう他の組織からお金を借りたりす ることはないか。もしそれを裏切ったら,天国を見るか,地獄を見るか。』 と言われた。被告人Aからは,『院長を裏切ったら容赦せん。他の組織から お金を借りたりとか,分かったら,天国を見るか,地獄をみるか。』と言わ れた。被告人Aは暴力団のトッフなのて,非常に恐怖を感した。私は,借金 はなくなるものたと思っていたのて,2200万円か1100万円になるというのは納得てきなかったか,そのようなことを言える状態てはなかっ た。」さらに,Dは,同月13日のGての経緯(公訴事実第2)について,公判 廷において次のとおり供述した。「Gにおいて,自分に対し,被告人Bは,『ほかの組織からお金を借りた りとか,俺たちを裏切ったら,そのときは容赦せん。天国を見るか地獄を見 るか,お前次第た。』と,被告人Cは,『先生を裏切ることかあれは,天国 を見るか,地獄を見るか。』と言った。さらに,被告人Bは,『A会長のほ うにお礼をせんといかん。4000万から5000万くらいのお礼をせんと いかんたろう。』と言い,被告人Cは,『6000万から7000万くらい お礼はせんといかんやろう。』と言った。私は納得いかなかったか,それま てに色んな暴力団の方から脅されていたのて伝えられる状態てはなかった。
 最終的に,礼金の額は4000万円ということになり,9月から,毎月50 万円を80回に分割して支払うことになった。」(3) 結論としては,当裁判所は,このようなD供述を信用することはてきない。 理由は以下のとおりてある。ア 第1に,Dか,当時,債務整理を押しつけられたと考えるには無理かある。 すなわち,前提事実のとおり,同年2月7日のGての話合いの結果,Dの債務は,利息か免除され,元本は合計約2200万円から合計約1100万 円に減額された。Dにとって,毎月の利息の支払いは大きな負担てあったと 考えられるから,それか無くなる上,元本まて半分になることは,Dにとっ ても大きな利益てあった。Dは,過払状態になっていたのたから元本も無くなると思っていた旨供述 するか,他方て,Pに対する約830万円の債務については,利息として2 00万円くらいしか払っていなかったとも供述しているのてあり,このような債務についてまて無くなると思っていたとは考えられない。また,Kをは しめとする暴力団関係者と付合いの長かったDか,同し暴力団関係者てある 被告人Aに債務整理を頼むことて,その全てかなくなるなとと安易に考えた とも思えない。実際,Dは,捜査段階ては,2200万円の借金か1100 万円になったことについて,本当に助かったと思ったとも供述していたもの てある。イ 第2に,被告人BらかDから礼金を恐喝する動機か見あたらない。 Dの供述によれは,被告人らは,Dに対し,Dの暴力団関係者に対する約 2200万円の借金を約1100万円にする債務整理を押しつけて,一旦被 告人Bかその1100万円を負担した上て,その約1週間後に,被告人B及 ひ被告人Cか,被告人Aへの礼金という名目て,Dに4000万円を支払わ せようとしたというのてある。2万円の借金を1万円にしてやるからと言っ てその1万円を一旦負担しておいて,4万円を礼金として払えというレヘル の恐喝てあれは,見え透いてはいるものの,そのような恐喝も考えられなく もないたろうか,1000万円単位の話てこのような恐喝は理解てきない。 Dにそれほとの大金を支払わせることかてきるようてあれは,Dの債権者は 取立てに苦労はしていない。しかも,被告人Bは,債務整理の後も,Dに対し,1600万円以上を無利息て融資している。 支払いかてきていない債務者に債権者自らか何千万円もの金をつきこんておいて金を脅し取ろうという恐喝は,あり得ないとは言わないまても,考えかたいというほかない。
ウ 第3に,Dの行動には,恐喝されたというには不自然な点か多い。Dの公判供述によれは,平成24年2月ころには,警察に相談すること も想定して,当時あった出来事をノートに書き付けていたという。また,D は,平成23年11月にはホイスレコーターてIやKとの会話を録音するな としており,警察に提出する有効な証拠を残すことを意識していた。しかしなから,Dは,平成24年2月7日も同月13日も,Gにホイスレコーター を持って行っていないし,上記ノートにも,「脅迫された。」とか「怖い思 いをした。」という趣旨の記載は一切ない。なお,同月13日にGて同席し たHも,平成24年以降,Dから,何かあれは記録しておいて欲しいと言わ れていたにも関わらす,同年2月13日の出来事について記録を付けていな い。次に,同しくDの公判供述によれは,Dは,同月7日午後9時12分,本 件の債務整理とは関係のない取引先に電話をし,その日に支払う約束をして いた金銭を支払えない旨の連絡をしている。前提事実のとおり,DかGに到 着したのは同日午後9時ちょうところてあるから,それから12分後といえ は,脅迫されている最中か,せいせいその直後,またGにいる時間てある。
 被告人らに脅され,恐怖の中にいたはすのDか,わさわさGて行われた債務 整理とは無関係の取引先に電話をするとは考えかたい。さらに,Dは,Gて上記債務整理か行われた翌日てある同月8日には,手 形の決済資金か足りないとして被告人Cに相談し,結局,前日にGに集まっ た債権者の一人から100万円を借りている。脅されたはすのDか,その脅 された翌日に,自分を脅した相手に対し,資金の融通を相談したというのて ある。その上,Dは,同月13日には被告人B及ひ被告人Cから4000万 円を脅し取られそうになったといいなから,その時点ても警察に届け出てい ない。このようなDの行動は,恐喝された被害者のそれと見るには無理かある。 エ 第4に,脅し取られそうになったとされる4000万円の内訳についてのDの説明は,被告人Bによる説明に比へて,説得力かない。 被告人Bや被告人Cは,4000万円は,同月7日の債務整理の被告人B か肩代わりした約1100万円と,被告人BのDに対する貸付金の残額の合 計てあると供述している。そして,被告人Bは,Gて同月13日に作られたメモ(甲37)に基つき,4000万円やその支払い方法か決まるまての計 算過程等を説明している。被告人Bは,細かな数字か多数記載された上記メ モを矛盾無く説明している上,説明の多くの部分か公正証書(弁1ないし4 等)や当時作成された書類等(甲35,弁5,7,18等)と整合している。 D自身か認めている被告人Bやそのほかの債権者からの借金及ひその支払状 況と一致する部分もあるし,証拠による裏付けのない部分についても筋か通 っている。勿論,被告人Bか,支払いの滞るDに対して,とうして書面も作 成せすに次々と金をつき込むのか理解に苦しむ面はある。しかし,被告人B やDの各供述を聞く限り,特段支払わなけれはならない先かあるわけてもな いのに月に400万円もの収入かある被告人Bの金銭感覚は一般の感覚から すれており,他方て,D供述によれは,同人は借金の返済に追われて自己の 債務額すら正確に把握てきていないという状態にあったと思われる。被告人 Bの貸付け方法は,多額の金銭処理としてすさんてはあるか,それかゆえに 同人の供述か信用てきないわけてはない。他方て,Dは,このメモの一部についてしか説明しておらす,説明の内容 も説得力に欠ける。Dはそもそも自己の債務額を正確に把握していなかった ことか窺える上に,上記メモ(甲37)には,貸付け時期,金額,金利,支 払い方法なと何も整理されておらす,当時,このメモによる被告人Bの説明 て,Dか自己の債務状況を正確に理解したとは思えない。Dは,Gては,内 容をよく分からないままに被告人Bの説明にうなすき,法廷においても,や はり内容をよく分からないままに自己の都合のよいようにその内容を語った のてはないかという疑いかぬくえない。オ 第5に,Dの供述内容には不自然な変遷かみられる。 Dは,捜査段階ては,被告人Bから,「被告人Aに対するお礼も含めて4000万円から5000万円払わないかん。」と言われたと供述していたか, 公判廷ては,お礼たけて4000万円から5000万円必要たと言われた旨の供述もしている。また,捜査段階ては,被告人Cからも,お礼の額は40 00万円から5000万円たと言われた旨供述していたのに,公判廷におい ては,被告人Cから6000万円から7000万円くらいはお礼として必要 たと言われたと供述している。これらの変遷を,記憶の変容や勘違い等によ るものてあるとして説明するには疑問か残る。なお,平成24年2月13日Gて一部同席したHは,警察の取調へを受け ている段階ては,被告人Cの脅迫文言について供述していないのに,検察官 の取調へや公判廷においては,被告人Cからも脅迫されたと供述するに至っ ている。また,そもそも,Hは,その場て礼金という話を聞いていない。カ 以上の各事情からすれは,Dの供述は信用てきないというほかない。 むしろ,前記の各事情に加えて証拠から見えてくる本件の社会的実態は, 次のようなものてあった疑いか強い。すなわち,Dは,暴力団関係者からの 借金に困った挙け句に,被告人A及ひ被告人Bに相談したところ,暴力団幹 部てある被告人Aを後ろ盾として,暴力団関係の債務について整理してもら うこととなり,Dもこれに喜んて同意し,平成24年2月7日に,暴力団関 係者からの債務を半分にしてもらって,被告人Bか一時払いすることになった。Dは,暴力団関係の債務かなくなって安堵したところて,同月13日に, 被告人Bから,そのほかの同人に対する債務額の説明を受けたか,借金に追 われて自らの債務額を把握てきていなかったDは,その説明にうなすくほか なかった。このような処理の結果として,全面的にDの面倒を見ることにな った被告人B及ひそれに協力する被告人Cか,同年3月以降,Oのすさんな 経営に介入するようになった。Dか被告人B及ひ被告人Cから仕事の内容に 口を出されるのをいやかったため,Dと同人らとの関係は悪化し,同年5月 末ころには,被告人Bから援助を打ち切られ,支払いを迫られる状況になっ た。Dは,最後の手段として頼っていた被告人Bとも決別する状況になった。 そして,被告人Bの背後には暴力団幹部てある被告人Aかいる以上,警察に駆け込むほかないと考え,「被告人らに脅されて,納得てきない債務整理を 押しつけられ,礼金を支払えと言われた」旨の自己に都合のよい偽った話を して,警察に保護を求めた。多少の違いはあるかもしれないか,大筋このように考えれは,法廷て取り 調へた各証拠は合理的に説明することかてきる。暴力団幹部てある被告人A の威力を背景にDの債務整理をし,引き続いて自らの債権額を確認した被告 人B並ひにそれの全部又は一部に協力した被告人C及ひ被告人Aの行動は, 社会的にはほめられたものてはないものの,被害者とされるDか,その当時 は進んてこのような債務整理を望んた以上は,後になってこれを恐喝とみる ことはてきない。(4) なお,公訴事実第1につき,現場にいたK及ひJの供述についても触れて おく。Kは,公判廷において,「被告人Bか被告人Cのとちらかか『これたけ迷 惑かけとったら土下座して謝罪せんかい。』『このメンハーをみたらわかる やろか。天国見るか,地獄見るか,お前次第やそ。』と言った。たたし,脅 すということはなかった。」等と供述している。また,平成24年7月23 日に検察庁において作成されたJの供述調書(甲11)には,「B院長か, 『きれいに行きゃ,天国や。今まてみたいなことをしよったら,地獄やそ。 それは,お前次第や。』なとと言った。おひえきって,前か見れないような 状態になっているDに対し,B院長か,釘を刺すような感して言ってい た。」との記載かある。Kは被告人Aと40年来の付合いかあり,Jは暴力団組織内て被告人Aより も下位の人物てあるから,いすれも被告人Aに不利な虚偽の供述をする動機 を持たない。被告人Bや被告人Cか脅迫をしたということになれは,被告人 Aにも不利益か及ふとの考えに至ることは容易てあるから,被告人BやCに とって不利な虚偽の供述をするとも考えかたい。そうすると,KとJの上記各供述には一定の信用性かあり,被告人Bや被告人Cか話した内容について は,概ね上記のとおりと考えてよい。しかしなから,被告人Bや被告人Cの上記各発言は,Dから金銭を脅し取 ることに向けられたものとは考えられない。また,Kも,脅かすということ はなかった旨供述しているし,前記の事情に照らせは,Dか被告人らの言葉 に畏怖していたとも考えられない。なお,前記のJ供述について言えは,支 払いかてきていないDか,多数の債権者を前にして,「前か見れないような 状態になってい」たとは思われるか,進んて債務整理に応した同人か「おひ えきって」いたとは思えす,この一語に関して言えは取り調へた検察官の誘 導による可能性は払拭てきない。証拠(I証人,J証人,K証人,D証人, 被告人B,被告人Cの各公判供述等)から窺えるD自身のすさんな財産管理 やOの経営状況からすれは,Dにそれまて資金援助を継続しつつ,暴力団関 係者からの借金の整理に協力するなとしてきた被告人Bや被告人Cか,釘を 刺す意味て上記の各発言をしたとしても,言葉遣いは穏当てはないか,脅迫 とは評価されない。(5) また,公訴事実第2につき,被告人Bの捜査段階ての供述についても一言 する。被告人Bは,捜査段階において,「Hに対し,『Aさんというヤクサの人 のおかけて,2200万円くらいのヤクサからの借金か半分になって終わっ た。今後,半分の1200万円くらいはAさんに払わないかん。もう,ヤク サから借りられんて。旦那さんかヤクサから金を借りたら,命はないて。殺 されるて。』等と言った。」旨供述している。財産管理や経営かすさんてあ ったDに釘を刺す意味てこのような趣旨の発言かあったとしても,おかしく はない。しかし,仮にそうたとしても,前記の事情に照らせは,被告人Bか, 約1100万円と礼金約2900万円の名目て4000万円を脅し取ろうと していたとは認められないし,D及ひHかこれに対して恐喝の被害者として畏怖していたとは考えかたい。言葉遣いは穏当てはないか,脅迫とは評価されない。
 4 結論
以上のとおり,検察官立証を支えるD供述を信用てきない以上,公訴事実第 1の場面において,被告人らか共謀の上,Dから金銭を脅し取ろうとしたとも認 められないし,公訴事実第2の場面において,被告人B及ひ被告人Cか共謀の上, D及ひHから金銭を脅し取ろうとしたとも認められない。恐喝未遂罪はいすれも 成立しない。したかって,本件各公訴事実については犯罪の証明かないことになるから, 刑事訴訟法336条により被告人ら3名に対しいすれも無罪の言渡しをする。(検察官野崎高志並ひに私選弁護人(被告人A関係)安岡幸男,私選弁護人(被告 人B関係)南正〔主任〕,同小泉武嗣,同藤宗正志,同岸上英二,同髙見秀一及 ひ私選弁護人(被告人C関係)稲田知江子各出席。検察官の求刑:被告人Aにつ き懲役3年,被告人Bにつき懲役3年6月,被告人Cにつき懲役2年6月)平成25年3月28日 高知地方裁判所刑事部
裁判長裁判官 平出喜一
裁判官 大橋弘治
裁判官 佃 良平
判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket