平成25年3月15日宣告 平成23年第1089号,同第1527号,同第1593号,同第1932号判
主 文 被告人を無期懲役に処する。
未勾留日数中350日をその刑に算入する。
 理 由
(犯罪事実)
第1 被告人に対する住居侵入,強制わいせつ被告事件に関する平成25年1月11日宣告の部分判の犯罪事実の記載を引用する(省略)。
第2 被告人に対する住居侵入,強盗強姦被告事件に関する平成25年2月1日宣 告の部分判の犯罪事実の記載を引用する(省略)。第3 被告人は,強盗の目的て,平成23年6月10日午後11時過き頃,千葉県 a市bc丁目d番e号所在のfg号室h方室内に侵入し,その頃,同所において, 前記h(当時19歳)に対し,何らかの方法て暴行又は脅迫を加えて,その反抗を 抑圧し,同人所有又は管理のキャッシュカート等7点(時価合計約1万4630円 相当)を強取した上,同月11日午前零時過き頃から同日午前2時59分頃まての 間,同所付近に駐車中の自動車に同人を連れ込み,同県内又はその周辺に駐車中の 同車内において,これらの暴行又は脅迫により畏怖している同人に対し,同人か着 用していたTシャツ及ひキャミソールの各前面,フラシャーの両肩紐を刃物て切断 するなとしてこれらの着衣を脱かせるなとの暴行を加えて反抗を抑圧し,強いて同 人を姦淫し,同県内又はその周辺において,殺意をもって,ヒニール袋1枚をかふ せた同人の頭部に更にヒニール袋1枚をかふせ,その首の後ろて同ヒニール袋の持 ち手部分を2重に結ふなとの方法により,同人を窒息死させて殺害した。第4 被告人は,別紙一覧表(省略)記載のとおり,平成23年6月11日午前1-
 1 -

時59分頃から同日午前3時11分頃まての間,前後3回にわたり,千葉県木更津市jk番地m所在のn店ほか2か所において,各所に設置された現金自動預払機のカート挿入口に不正に入手したh名義のキャッシュカートを挿入して同機を作動させ,同機から株式会社p銀行本店営業部長qほか1名管理の現金合計50万円を引き出して窃取した。
(証拠)省略
(犯罪事実第3及ひ第4の事実認定に関する補足説)
1 前提事実等
証拠によれは,hは,平成23年6月10日午後11時頃に千葉県a市内に所在 する自宅に帰宅した後,訪問を約束していた交際相手か翌11日午前零時47分頃 にh宅を訪れるまての間に,何らの連絡もせす玄関を施錠しないまま自宅から姿を 消したこと,h宅のリヒンクの床上から,被告人のスニーカーて印象された可能性 か高い足跡痕か検出されていること,h宅からr銀行の通帳及ひキャッシュカート, ケーム機等か持ち出されていること,同日午前5時45分頃,千葉県木更津市内の 林道においてhの遺体か目撃され,その後確認されたhの遺体は,全裸て,その頭 部にヒニール袋を二重にかふせられ,両手首を前面か切り裂かれたキャミソールて 縛られた状態てあり,死因は窒息死てあること,同日午前1時59分頃から午前3 時11分頃まての間に3回にわたり,木更津市内のコンヒニエンスストア3店舗て, 被告人かh名義のr銀行のキャッシュカートを使用して現金合計50万円を引き出 したこと,hの膣内及ひ前記キャミソールから被告人と同型のDNA型か,hの頭 部にかふせられていたヒニール袋及ひ遺体発見現場に遺留されていたh名義のr銀 行の貯金口座のこ利用細から被告人の指紋か,被告人か当時使用していた自動車 (以下「被告人車両」という。)の助手席シートの付着物からh及ひ被告人の全ての DNA型か,それそれ検出されたこと,被告人宅からh宅より持ち出されたケーム 機等か発見されたことか認められる。
 以上の事実からすれは,同月10日午後11時頃から11日にかけての夜間に,-
 2 -

hか何らかの理由により自宅から連れ出された後,a市から木更津市まて移動する 中て頭部にヒニール袋をかふせられ,窒息死させられたこと,また,被告人かhと 性交し,h名義のキャッシュカートを使用して現金自動預払機から現金を引き出し, h宅より持ち出されたケーム機等を取得したことか強く推認され,この一連の経緯 に被告人か深く関与していることはらかてある。
 この点,被告人は,同月10日から11日にかけての夜間に,hと被告人車両て出かけて行動を共にしたこと,h名義のキャッシュカートを使用して現金を引き出したこと,hと性交したこと,h宅から持ち出されたケーム機等を取得したことは認めた上て,h宅に立ち入り,hと共にa市から木更津市に移動し,hと性交したことは,いすれもhか承諾していたし,犯罪事実第4別紙一覧表(省略)の番号1記載の現金20万円の引き出しについてもhの承諾かあるものと認識していた,hに暴行,脅迫を加えたり,hを殺害したりしていないなとと供述する。しかし,当裁判所は,犯罪事実第3及ひ第4のとおり,被告人か本件住居侵入, 強盗強姦,強盗殺人,窃盗に及んたものと認定したのて,以下,補足して説する。2 住居侵入及ひ強盗について
 証拠によれは,平成23年6月13日に実施されたh宅居室の検証により, リヒンク玄関寄りの中央部分の床上1か所から土足による足跡痕2個か一部重なっ た状態て採取されたことか認められる。その発見位置は,通常土足て歩く場所ては なく,hか日常生活を送る中て長く足跡痕か残る場所とも考えかたいことからすれ は,hか帰宅した後,同室からいなくなる直前に印象された可能性か高いといえる。
 また,証拠によれは,同月11日午前零時47分頃,hと訪問を約束していた交際相手のsかh宅を訪れた際,同室の玄関か無施錠のままhかいなくなっていたこと,hからsに外出する旨の連絡はなく,hの身を案したsか繰り返しhの携帯電話に電話し,電子メールを送信したか,一切連絡か付かなかったこと,h宅の隣室の住人か,同月10日の午後11時40分頃から翌11日午前零時頃にかけて,h宅から不規則に続く壁を叩くような音と男性のを聞いたこと,h宅にはhか普段-
 3 -

使用していた手提けハック,その中に財布手帳,h名義のt銀行の預金通帳等か残されていなから,普段hか財布に入れたり手帳に挟んたりして持ち歩いていたr銀行のキャッシュカート通帳と,ケーム機(Wii)本体並ひにケーム用コントローラ2個,ケームソフト1枚及ひDVD1枚か持ち出されていたこと,t銀行の通帳の内側部分に手袋痕か付着していたことか認められる。
これらの事実に基つき検討すると,ます,hか,交際相手か来訪する予定てあっ たにもかかわらす,何らの連絡もせすに,キャッシュカート通帳,ケーム機なと を持ち出す一方,財布等は室内に残したまま,玄関を施錠しないて長時間外出し, 安否を気遣う交際相手からの電子メール等にも全く返答しないというのは極めて不 自然てある。そして,手提けハック内に残された通帳には通常は手袋をして触る場 所とは考えかたい内側部分に手袋痕か付着していたこと,通常の保管方法とは異な る態様て通帳キャッシュカートか持ち出されていたこと,同日午前零時頃まてh 宅から通常とは異なる物音男性のかしていたことに加え,リヒンクの床上に土 足の足跡痕か残されていたことを併せて考えれは,h宅に土足て侵入した何者かか, hに何らかの暴行,脅迫を加えて騒いたり抵抗したりてきない状態にした上て,手 提けハックの中なとを物色するなとして前記キャッシュカート等を奪い,同日午前 零時頃以降に,hを連れ去ったものと認められる。 そして,前記足跡痕の鑑定結果によれは,そのうち一つは,被告人か本件当 時履いていた左スニーカーの底部と対比して,模様か類似するたけてなく,摩耗の 程度のほか,「AIRWALK」の「A」の文字の上部か損傷して丸くなっている点 も一致することなとから,同スニーカーにより印象された可能性か高く,もう一つ もその右スニーカーにより印象された可能性かあるものと認められる。前記のとお り,本件の一連の経緯に被告人か深く関与していることからかてあること,被 告人自身か当日h宅を訪れ,その後もhと行動を共にしたと自認していることをも 併せ考えれは,これらの足跡痕は,被告人のスニーカーによって印象されたものと 認められ,被告人か土足てh宅リヒンク内に入ったことを強く推認させる。-
 4 -

 これに加え,h宅から持ち出された物に関しては,前記のとおり,被告人か, 同日午前1時59分から午前3時11分にかけて3回にわたり,木更津市内のコン ヒニエンスストアにおいて,h名義のr銀行のキャッシュカートを用いて現金を引 き出していること,最初の引き出しの際のこ利用細かhの遺体発見現場に遺留さ れており,その表面から被告人の指紋か検出されたこと,同月13日に被告人宅か らhのケーム機並ひに前記コントローラ2個,ケームソフト1枚及ひDVD1枚と 同種のものか発見され,h宅に残されたケーム機の保証書のシリアルナンハーか, 被告人宅から発見されたケーム機本体のものと一致したことか認められる。 以上によれは,犯罪事実第3記載のとおり,被告人か,本件当夜,h宅に侵 入し,hに対し,何らかの暴行,脅迫を加えて騒いたり抵抗したりてきない状態に した上て,キャッシュカート等を強取するとともに,hをその居室から連れ出した と認めることかてきる。たたし,被告人か,h宅に侵入後,同室て強盗に及んてい ることからすれは,少なくとも強盗の目的をもって同室内に侵入したものと認めら れるか,後記のとおり,姦淫行為かh宅内てはなく被告人車両内て行われているこ となとからすれは,被告人かh宅に侵入した際に強姦目的を有していたとまて認定 することは困難てある。3 強姦について
 ます,hの膣内から採取された膣液の鑑定の結果,同膣液にはヒト精液の混在か認められ,同膣液を処理して得た精子由来のDNAを多く含むと考えられる第二段階細胞融解液のDNA型か被告人のDNA型と同型てあったことなとからすれは,前記のとおり,事件当夜,被告人かhと性交し,hの膣内に射精したことか認められる。また,被告人車両の助手席座面の3か所の付着物は,ヒト精液を含み,その付着物につき実施されたDNA型鑑定の結果は,いすれについても,精子以外の細胞由来のDNAを多く含むと考えられる第一段階細胞融解液のDNA型か,被害者のDNA型と被告人のDNA型を全て含んており,第二段階細胞融解液のDNA型は,被告人のDNA型と同型てあったこと,被告人車両助手席のヘットレスト後面-
 5 -

の付着物のDNA型鑑定を実施したところ,hのDNA型と同型てあったことから すると,被告人か同車両の助手席においてhと性交したことか推認される。また,前記のとおり,被告人は性交時にhの膣内に射精しているか,遺体発見現 場付近て発見されたhのハンツとシャーシの下衣からhのDNA型と同型の細胞様 のものか検出されなから,hのハンツに精液及ひ精子の付着は認められなかったこ とからすれは,hは,性交後にハンツシャーシを履いていないものと認められる。
 そして,発見されたhの遺体の両手首関節部は前面か刃物て縦方向に切断された黒 色キャミソールによって縛られており,同遺体発見現場付近からは同様に切断され たhのTシャツ,左右の肩紐か刃物て切断されたhのフラシャーか発見されている か,h宅付近の状況からhは多少の距離を連行されて被告人車両に乗車したと考え られることからすると,その際に着衣を切断された状態,あるいはハンツシャー シを着用しない状態てあったとは考え難く,hは,自宅て被告人と性交したのては なく,衣服を身に着けたまま被告人車両に連行され,その後にキャミソール,Tシ ャツ及ひフラシャーを切断され,ハンツシャーシを脱かされた上て被告人と性交 したものと推認される。前記のとおり,被告人かhに対し,何らかの暴行,脅迫を加えて抵抗てきない状 態にして強盗に及んた上て居室から連れ出したと認められること,hか着用して いたキャミソール,Tシャツ及ひフラシャーを刃物て切断されていることからすれ は,hか被告人との性交を承諾していたとはおよそ考えられす,被告人は,犯罪事 実記載のとおり,被告人車両内において,hの着衣を切断し脱かせるなとの暴行を 加え,hを強姦したものと認められる。4 殺害行為について
 証拠によれは,hの遺体は,h宅かあるa市から離れた木更津市内の林道に おいて,全裸て,頭部に顔を覆うように2枚のヒニール袋かかふせられて,両手首 か縛られた状態て発見されたこと,2枚のヒニール袋は,いすれも破れ等かなく, 1枚目(内側)のヒニール袋は,持ち手部分か後頸部において強く結はれているか,-
 6 -

その縁は頸部に密着はせす隙間か開いていたこと,2枚目(外側)のヒニール袋の縁は頸部に隙間なく密着し,後頸部て持ち手部分か二重に強く結はれていたことか認められる。この状況から,hか何者かの関与によって死亡させられたことはらかてある。
 そして,hの遺体を解剖した証人uは,hの死因につき,1遺体には急死の所見かあるものの,致死的な損傷疾病は認められなかったこと,溺死急性の薬物中毒等て死亡したとは考えられないこと,ヒニール袋か頭部にかふせられ頸部に密着して結はれた状態て発見されたことを併せ考えれは,死因は窒息死と考えられるとした上て,2hの遺体には口唇に粘膜剥奪の損傷胸鎖乳突筋に筋肉内出血の所見かみられることから,鼻口部か閉鎖された可能性は否定てきないか,これかあったと断定はてきす,3結局,hは,ヒニール袋の中の酸素欠乏か,これに加えて鼻口部を閉鎖されたことにより窒息死したと考えられるとしているところ,その判断過程は合理的て,疑いを差し挟むへき事情はない。
 前記のとおり,被告人か,hに暴行,脅迫を加えて抵抗てきない状態にした 上てキャッシュカート等を奪い,被告人車両に連れ込んた上て強姦したと認められ ることのほか,証拠によれは,hの頭部にかふせられた1枚目のヒニール袋側面か ら被告人の右手拇指指紋と符合する指紋か採取されたこと,hの遺体近辺から発見 された最初の引き出しの際のこ利用細から被告人の左手中指指紋と符合する指紋 か採取されたこと,hの遺体発見時に両手首を縛っていたキャミソールに付着した 細胞のDNA型か,被告人のDNA型と同型てあり,一部については精液付着の可 能性か認められたこと,hから奪った通帳,強姦の際に切断したTシャツ,フラシ ャー等か遺体か発見された林道沿いから発見されたこと,後記のとおり信用てきな い被告人の弁解以外には,hか自宅から連れ出された後の一連の経緯に被告人以外 の関与を疑わせる事情かないことなとからすれは,被告人かhの頭部にヒニール袋 をかふせ窒息死させたものと認められる。 そして,前記のとおり,ヒニール袋か二重にかふせられ,特に2枚目のヒニ -
 7 -
ール袋は頸部に隙間なく密着し,後頸部にて持ち手部分か強く二重に結はれていたことからすれは,被告人かこれによりhか窒息して死に至ることを認識てきないはすはない。また,hの遺体から薬物エタノールは検出されておらす,大きな外傷もないことに照らせは,hか意識混濁状態てあったとは考えられす,窒息に至るまての間,hは苦しみもかくなとしてヒニール袋を外そうとしたり抵抗したりしたはすてある。しかし,hの頭部にかふせられたヒニール袋hの遺体の状況からは,hかヒニール袋を取り外したり破ろうとしたりした形跡,hか抵抗して周囲に手足等を強くふつけた形跡か認められす,被告人は,hにヒニール袋をかふせた後,抵抗するhの手あるいは身体を押さえつけるなとしていたものと推認される。以上によれは,被告人に殺意かあったことを十分認定てきる。
 なお,hの遺体は,同月11日午前5時45分頃には目撃されていること, 遺体か発見されたのか木更津市内の林道てあり,被告人か同日午前2時59分頃か ら午前3時17分頃にかけて同市内に所在するコンヒニエンスストアに次々と入店 し,その後,同日午前4時17分頃に千葉市内のコンヒニエンスストアに入店して いること,これらの店舗等の位置関係からすれは,hは,h宅から連れ出された後, 遅くとも,同日午前2時59分頃まてには殺害され,遺体発見現場に放置されたも のと認められる。5 窃盗について
 証拠によれは,被告人か犯罪事実第4記載のとおり,3回にわたり,h名義のr銀行のキャッシュカートを用いて現金自動預払機を操作して現金合計50万円を引き出したことか認められる。そして,前記のとおり,同キャッシュカートは,被告人かhを抵抗てきない状態にしてhから奪ったものてあるから,いすれの引き出しについてもhの承諾かなく,被告人もそのことを認識していたと認められ,このことは,被告人か各引き出し行為をする際,上衣を着替えてフートをかふり,手マスクて口元を覆うなとして自分の顔を隠していることからもらかてある。6 被告人の弁解について
-
 8 -

被告人は,本件の経緯に関し,公判廷において,要するに,1平成23年5月2 0日頃にハス停てをかけたことをきっかけにhと面識を持ち,その後1度話をし た際,hから,暴力団関係者と会い,同人との約束を守らなかったことかあった旨 聞いたこと,2同年6月上旬に,旧知のカトウマサミなる暴力団員(以下単に「カ トウ」という。)から木更津市内て数年振りにをかけられ,同月10日夜にhをカ トウのもとに連れてくるよう指示されたか,理由は言われす,連絡先を交換するこ とも連れて行く具体的な場所時間を指示されることもなかったこと,3同月10 日午後11時半頃にh宅へ行き,hにをかけて室内に入り,カトウから連れて来 るように言われていることを告けると,hは被告人かカトウを知っていることに驚 き,困惑していたか,自分か約束を守らなかったのたからと言って,手提け袋にケ ーム機を詰めて持ち,被告人車両てカトウのところへ向かうことになったこと,4 木更津市内の後輩の家の前てカトウの車を発見し,hかカトウと話した後,hを助 手席に乗せてカトウの車を追走し,n店近くの路上まて行き,そこてカトウに指示 され,服を着替えた上てh名義のキャッシュカートを使用して前記コンヒニエンス ストアて20万円を引き出してカトウに渡したこと,5カトウに「セックスてもし ておけ。」と言われ,hか拒否する様子かなかったのて同意かあると思いhと性交し たこと,6カトウの車を追走して遺体発見現場の林道まて行き停車したところ,カ トウかhにをかけて降車させ,被告人車両の助手席側の後輪あたりて普通に会話 をしていたこと,7被告人か車内のこみを投棄するなとしていたところ,5分も経 たないうちにhか全裸て両手首を体の前て縛られているのかサイトミラー越しに見 えたか,このときhは頭部にヒニール袋をかふっていなかったこと,8それから1 分経たないうちに窓を全開にして後ろを見てみると,カトウか頭にヒニール袋をか ふったhを蹴って林の方へ押し込んており,戻ってきたhか被告人車両の運転席側 後輪を背にして座り込み,カトウかhの手を縛り直した上て押さえていると,hの 体か跳ね上かり倒れたのて,意識を失ったのたと思ったこと,9カトウは,hの足 を持って遺体発見現場まて1m程引きすって移動させた後,被告人にhのシャーシ-
 9 -

フラシャー,ハンツを渡し,これらを捨てなから付いて来るよう指示したのて,そのとおりにしたこと,10コンヒニエンスストアに行き,カトウに指示されてhのキャッシュカートて現金合計30万円を引き出して,キャッシュカートと共にカトウに渡した上て,自宅に戻り,後部座席に置かれていたケーム機等か入った手提け袋を自宅に持ち帰ったことなとを供述している。
 しかし,この供述は,その内容自体,hと知り合った経緯暴力団関係者との関係を聞いた経緯,カトウの指示により性交に至った経緯なとについて,その場の状況に照らして不自然てあるし,偶然出会った被告人にhを連れてくるよう指示したカトウか,被告人と連絡先を交換せす,連れてくる具体的な場所,時間すら指定していないこと,被告人かhを連れてくる理由をカトウに確認せす,hにも詳しい事情を確認しようとしていないこと,カトウか被告人を巻き込んてhを連れてこさせ,現金の引き出しをさせるなとしているのに,その面前て行った殺害行為は手伝わせす,口止めなともしていないことなと,不自然て不合理な点か多い。
 また,この供述内容は,前記のとおり,被告人のスニーカーによって印象されたと認められる足跡痕かh宅のリヒンク内に残されていたこと,部屋にあった通帳内側に手袋痕か残されていたことと矛盾するし,hか玄関を施錠せす,財布手帳等を入れたかはんは部屋に残したまま,通帳,カートたけか持ち出されているという客観的状況,訪問する予定てあった交際相手のsに何ら連絡をせす,sからの安否を気遣う連絡にも全く応答しなかったこととも整合しない。
 そして,h名義の口座から被告人か最初に現金を引き出した経緯についても,hかカトウに現金を渡すことを了承しているのてあれは,h自身か引き出せはよいのてあり,被告人か引き出すこと自体か不合理てあり,その際にわさわさ着衣を替えて顔を隠すなとした理由についても,何ら合理的な説かてきていない。加えて,被告人は,カトウか林道てhを蹴ったり,足を持って路面を引きすったりしたとしているか,hの遺体にはこれと整合する損傷はみられないし,hか抵抗するため難航するてあろう着衣の切断行為,ヒニール袋を頭部に二重にかふせてきつく結ふ-
 10 -

という行為を,被告人か述へるような短時間に行うのも現実的には不可能と考えられる。
 しかも,証拠によれは,被告人には当時ほとんと収入かなかったのに,同月15日に,被告人方から現金20万円か入った封筒か発見されており,その封筒は,被告人かh名義の口座から各20万円を引き出した現金自動預払機に備え付けられていた封筒と同種てあること,同月11日に,同室内には前記20万円とは別に約18万円の現金かあったこと,同日から翌日にかけて,被告人か父親に2万円を渡したり,翌日にかけて,スーツケーム機を購入するなと合計12万円余りを費消したことか認められる。これらの事実は,被告人か各窃盗行為後に引き出した現金を自分のものにしたということと整合的てある一方て,被告人か,自身か所持していた現金について説するところは極めて不自然て不合理てある。
 そして,被告人か述へるカトウなる人物につき,その名前出入りしている暴力団組織,活動地域か具体的に特定され,車の車種ナンハー等も判しているにもかかわらす,捜査機関か捜査しても該当する人物か見当たらなかったというのてあるから,そもそもカトウなる人物か存在すること自体か極めて疑わしい。 このように,被告人の公判供述は,カトウか本件各犯行に関与していたとする点を含め,その内容自体か不自然,不合理てある上,客観的な証拠関係とも齟齬しており,到底信用てきない。
7 総括
 したかって,被告人か,犯罪事実第3,第4記載のとおり住居侵入,強盗強姦,強盗殺人,窃盗の各犯行に及んたものと認められ,その他弁護人か種々主張するところを検討しても,この結論を左右するものはない。
(累犯前科)省略
(法令の適用)
罰 条 犯罪事実第1
-
 11 -

住居侵入の点 刑法130条前段
強制わいせつの点 刑法176条前段 犯罪事実第2
住居侵入の点 刑法130条前段
強盗強姦の点 刑法241条前段 犯罪事実第3
住居侵入の点 刑法130条前段 強盗強姦の点 刑法241条前段 強盗殺人の点 刑法240条後段 犯罪事実第4
 各行為について いすれも刑法235条
科刑上一罪の処理 
犯罪事実第1について
犯罪事実第2について
犯罪事実第3について
刑法54条1項後段,10条 (住居侵入と強制わいせつとの間には手段 結果の関係かあるのて,1罪として重い強制 わいせつ罪の刑て処断) 刑法54条1項後段,10条 (住居侵入と強盗強姦との間には手段結果 の関係かあるのて,1罪として重い強盗強姦 罪の刑て処断) 刑法54条1項前段,後段,10条 (強盗殺人と強盗強姦は,1個の行為か2個 の罪名に触れる場合てあり,住居侵入と強盗 殺人及ひ強盗強姦との間にはそれそれ手段結 果の関係かあるのて,結局以上を1罪として 最も重い強盗殺人罪の刑て処断)-
 12 -

刑種の選択
犯罪事実第2 有期懲役刑を選択 犯罪事実第3 無期懲役刑を選択 犯罪事実第4の各罪 いすれも懲役刑を選択累犯前科 犯罪事実第1,第2,第4の各罪は,前記各前科との間てそれそれ再犯犯罪事実第1,第4の各罪
いすれも刑法56条1項,57条によりそれそ れ加重
刑法56条1項,57条により,同法14条2 項の制限内て加重 刑法45条前段,46条2項本文(無期懲役刑 を選択した犯罪事実第3の罪の刑て処断し,他 の刑を科さない。)  刑法21条 刑事訴訟法181条1項たたし書(不負担)犯罪事実第2
併合罪の処理
未勾留日数の算入 訴 訟 費 用 の 処 理 (量刑の理由)
本件は,被告人か,1週間に3度にわたり,深夜,一人暮らしの女性宅に不法に 侵入し,各被害者に暴行,脅迫を加えて反抗を抑圧した上て,それそれ強制わいせ つ(犯罪事実第1),強盗強姦(同第2),強盗殺人・強盗強姦(同第3)の各犯 行に及ひ,さらに,犯罪事実第3の犯行て強取したキャッシュカートを3回にわた り使用してATMから現金合計50万円を引き出して窃取した(同第4),という 事案てある。一連の犯行は短期間のうちに連続して行われており,被告人の性犯罪の常習性は 顕著てあるし,準備した刃物を使用して被害者を脅迫し,軍手を着用するなと,各 犯行には計画性か認められる。被告人は,金銭欲性欲を満たすために,弱い立場 にある女性を対象にしてこのような凶行を繰り返したものて,その動機と経緯は身-
 13 -

勝手かつ卑劣て強い非難に値する。そして,被告人は,同種の犯行を繰り返す中て, その態様をエスカレートさせ,犯罪事実第3ては,被害者を殺害するに至っている。
 その態様は,被害者を無理矢理居室から連行し,服を切り裂くなとして強姦した上 て,頭部にヒニール袋を二重にかふせてきつく縛り,窒息し絶命するまて苦しんて いたてあろう被害者に対し,ヒニール袋か外されないよう身体を押さえるなとして 殺害し,全裸の遺体を林道の路肩に放置して逃走したという冷酷て非情なものてあ り,被害者か受けた屈辱感,恐怖,苦痛,そして無念の思いは察するに余りある。 各犯行の結果,1名の被害者の尊い生命か奪われるという取り返しのつかない重大 な結果か生したはかりか,性的被害によって各被害者は大きな精神的苦痛を受けて おり,また,犯罪事実第2ないし第4により生した財産的被害も軽視てきない。殺 害された被害者を含め,各被害者か被害に遭ういわれはなく,最愛の娘を奪われ, 無惨な姿て遺体か発見されることとなった犯罪事実第3の被害者の両親か被告人に 極刑を望み,性的被害を受けた犯罪事実第1,第2の被害者か被告人に対する厳し い処罰感情を示すのも当然といえる。そして,犯罪事実第1ないし第3の各犯行は 短期間に連続して同一地域て行われたものてあり,周辺住民に与えた不安等も大き かったといえる。被告人は,被害者遺族の感情をおよそ思い遣ることなく,本件各犯行につき関 与を否定したり,あるいは架空の第三者を犯人に仕立て上け,被害者か任意て性交 に応したかのように供述するなと,不合理な弁解に終始して自己の刑責を免れるこ とに汲々としており,反省の態度か全くみられない。また,被告人は,窃盗罪によ り服役した前科かあるのに,出所後1年3か月を経すに本件各犯行に及ひ,その中 て前記のとおり態様をエスカレートさせていること,法廷ての供述態度か前記の とおりてあることからすれは,被告人には,法を遵守し,他者を思い遣るという姿 勢か欠けているといわさるを得ない。被告人かその姿勢を改め,自己の犯した犯罪 の重大性,被害者,あるいはその遺族に与えた影響の大きさを理解しようと努力 し,これに真に向き合わない限り,更生の見込みは乏しいというほかない。-
 14 -

以上によれは,被告人の刑事責任は極めて重く,酌量減軽すへき事情かあるとは 到底いえない。他方,同種事案における量刑傾向をも勘案すると,殺害された被害 者の人数に加え,犯罪事実第3の犯行について,当初から殺害を考えて犯行に及ん たとまては認められす,被害者を連行した後の犯行については計画性か高いとは言 いかたいこと,同種の犯罪による長期の服役前科かないことなとに照らし,死刑を 選択するにはなお躊躇を覚えるところてあり,被告人に対しては,無期懲役をもっ て臨むのか相当てある。(求刑 無期懲役) 平成25年3月15日
  
  
  
千葉地方裁判所刑事第3部
裁判長裁判官 稗 田 雅 洋
裁判官 水上周
裁判官 鈴 木 真 耶
-
 15 -
判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket