平成24年11月16日判言渡・同日原本領収 裁判所書記官 平成23年(ワ)第567号 損害賠償請求事件 口頭弁論終結日 平成24年8月31日判 
主 文
1 被告C及ひ被告Dは,原告に対し,連帯して,1770万7543円及ひこれに対する平成19年9月27日から支払済みまて年5分の割合による金員を支払え。
2 原告の上記被告らに対するその余の請求及ひその余の被告らに対する請求を棄却する。
3 訴訟費用は,原告に生した費用の20分の19と被告C及ひ被告Dに生した費用を被告C及ひ被告Dの負担とし,原告に生したその余の費用と被告B及ひ被告船橋市に生した費用を原告の負担とする。
4 この判は,第1項に限り,仮に執行することかてきる。事実
及 ひ 理 由
第1 請求の趣旨 被告らは,原告に対し,連帯して,1782万4691円及ひこれに対する平成19年9月27日から支払済みまて年5分の割合による金員を支払え。 第2 事案の概要本件は,原告か,小学校6年生当時,授業中に隣の座席に座っていた被告Bか ら鉛筆て左眼を刺されたこと(以下「本件事故」という。)により,左眼角膜裂傷 及ひ外傷性白内障の傷害を負ったとして,被告Bに対しては民法709条に基つ き,被告Bの親権者てある被告C及ひ被告Dに対しては民法709条又は同法7 14条に基つき,学校設置者てある船橋市に対しては国家賠償法1条1項に基つ き,治療費及ひ慰謝料等から後記給付金40万2868円を控除した1782万 4691円並ひに本件事故の日から民法所定の年5分の割合による遅延損害金の
連帯支払を求めた事案てある。
1 前提事実(証拠等の記載のない事実は,当事者間に争いかないか,らかに争わない事実てある。)
(1) 原告(平成7年●月●日生まれ)と被告B(平成8年●月●●日生まれ)は,平成19年9月27日当時,m小学校(以下「本件小学校」という。)6年2組に在籍していた児童てある。
(2) 被告C及ひ被告D(以下「被告両親」といい,被告Bと合わせて「被告Bら」という。)は,被告Bの両親てあり,親権者てある。 Aは,原告の父親てあり,親権者てある。(3) 本件小学校6年2組ては,平成19年9月27日,午前10時50分から 同11時35分まて3時間目(理科)の授業を行い,5分間の休憩の後に, 同11時40分から4時間目の授業(社会科)を行っていた(乙3,10)。(4) Iは,6年2組の担任の教師てあり,同日の3時間目と4時間目の授業を 担当し(乙10),原告と被告Bは同授業を受けていた。(5) 上記4時間目の授業中に,被告B所有の鉛筆(以下「本件鉛筆」という。) の芯の部分か原告の左眼に刺さった。(6) Iは,職員室に在室していた教頭J(以下「教頭」という。)に対し,「原 告の目に鉛筆か入って痛かっています。」旨報告した(乙10)。教頭は,自身の自家用車て,原告をK病院に連れて行った(乙11)。 (7) 原告は,K病院て診察を受けたか,診察をした医師から,K病院ては手術 をすることかてきない旨告けられたのて,Aは,自身の自家用車て,原告をL病院へと連れて行った(乙11)。
(8) 原告は,L病院て診察を受け,左眼角膜裂傷及ひ外傷性白内障との診断を受けた。原告は,同日,同病院て水晶体を摘出する手術を受け,同年12月 9日,同病院て人工水晶体を眼に入れる手術を受けた(甲20・「太陽生命 提出用 入院・手術等証書(診断書)」と題する書面)。
(9) 原告の症状固定日は,平成20年12月22日てあり(甲8),原告の左眼 は人工水晶体か挿入され,単焦点のみてあるから(甲20「白内障手術につ いて」と題する書面),一眼の眼に著しい調節機能障害を残すものとして, 自動車損害賠償保障法施行令別表第二第12級1号に該当する(甲22)。(10) 原告の被った損害は,以下のとおりてあり,合計1822万7559円て ある。ア 入通院慰謝料
イ 後遺障害慰謝料 ウ 逸失利益
エ 治療費
オ 治療用品等購入費 カ 付添費
キ 入院雑費
ク 交通費
ケ 診断書取得費
コ 弁護士費用
189万円 400万円 1096万9184円 48万3262円 1万1625円 23万1000円 4万2000円 8万0488円 2万円50万円
(11) 原告は,災害共済給付金40万2868円を受給した(甲21)。2 争点及ひ当事者の主張
(1) 争点1 被告Bの行為の不法行為性
(原告) 被告Bは,原告所有の茶色の色鉛筆を左手に持って原告から遠さけ,右手て被告Bの机の上にあった本件鉛筆の芯の出ていない部分を持った。原 告か,自分の色鉛筆を取り返そうと身を乗り出したところ,被告Bは,原 告を右手て払いのけようとして,右手に持っていた本件鉛筆て原告の左眼 を刺した。被告Bは,鉛筆のような先端の尖ったものを振り回すような危険行為に
より第三者に怪我等を負わせないようにすへき注意義務かあったにもかかわらす,これを怠ったのてあるから,被告Bには過失かある。
 (被告Bら)原告は,被告Bか左手に持っている色鉛筆を,右手を伸はして取ろうと し,同時に左手て被告Bの机の上にあった本件鉛筆を取ろうとした。被告 Bは,原告に本件鉛筆を取られまいとして,右手て本件鉛筆の芯の出てい ない端に近い付近を掴み,原告はほほ同時に本件鉛筆の芯の出ている先端 に近い部分を左手て握った。原告と被告Bとの間て,本件鉛筆の引っ張り 合いか行われたか,被告Bの手から本件鉛筆か抜け,原告の左手に握られ ていた本件鉛筆か原告の左眼付近を掠った。また,本件事故は,被告Bか掴んていた本件鉛筆を原告自身か引き抜い た事によって生した偶発的事故てあるのて,被告Bは原告の引き抜いた鉛 筆か原告の左眼を掠ることを予見てきす,これを回避すへき義務はなかっ たのてあり,被告Bに過失はない。したかって,被告Bの行為につき不法行為は成立しない。 (2) 争点2 被告Bの責任(責任能力)(被告B) 被告Bは,本件当時11歳8か月余りの心身未成熟な少女てあり,事故の責任を弁識してそれに従って行動する能力を備えていなかった。 したかって,被告Bには責任能力はない。(原告) 被告Bには責任能力かあり,不法行為責任を負う。
(3) 争点3 被告両親の責任
ア 民法714条に基つく責任について
(原告) 被告Bか責任無能力者なら,被告両親は,監督義務者に当たる。
(被告両親) 本件事故は,本件小学校の教室内て起きており,本件事故発生当時,被告両親の被告Bに対する監督権は及んていなかったのてあるから,被 告両親は,監督義務者には当たらない。また,監督義務者に当たるとしても,被告両親は,日常から被告Bに 対し,先端の尖ったものを振り回すような行為をしないよう指導監督を しており,監督義務を怠っていなかった。イ 民法709条に基つく責任について (原告)
被告両親は,被告Bの両親として,被告Bに対し,削られた鉛筆のよ うな先端の尖ったものを振り回さないよう指導監督する義務かあったに もかかわらす,これを怠った過失かある。(被告両親) 被告両親は,日常から被告Bに対し,先端の尖ったものを振り回すような行為をしないよう指導監督をしており,過失はない。
 (4) 争点4 船橋市の責任(原告)
ア 本件事故は,授業時間内に,船橋市の職員てあって,担任教師てあるIか在室する教室内て発生したものてあり,Iは,児童らか問題行動に 出るなとの事態を予見して児童に適宜注意を与えることなとにより,事 故の発生を未然に防止する義務を負っていた。しかし,Iは,漫然と教 室内を見回ったのみて,原告と被告Bか争っていたのに対して,特段注 意を与えるなとの行動に出す,上記義務を怠っていたのてあるから,本 件事故の発生に過失かあったといえる。イ また,本件小学校の校長,教頭及ひIは,普段から,児童らに対し, 他者に危害を与えうるような物の取扱いについて指導すへきてあったに
もかかわらす,これを怠っていたのてあるから,これらの者には過失かあった。
ウ 教頭及ひIは,本件事故発生後,原告の左眼に鉛筆か刺さったことを認識していたにもかかわらす救急車の出動を要請せす,教頭の自家用車 て原告をK病院へ搬送したのてあり,適切な治療を受けることかてきる L病院に原告か搬送されるまてに4時間以上か経過していた。教頭及ひ Iか,救急車を要請していれは,少なくとも約3時間早く適切な医療機 関において適切な治療を受けることかてきたほか,救急隊員による可能 な限りの処置を受けることかてき,原告の心身の苦痛及ひ治療の遅れに よる合併症のリスクを減少させることかてきたのてあるから,教頭及ひ Iには,救急車を要請すへきてあったにもかかわらすこれを要請しなか ったという過失かある。(船橋市)
ア 原告と被告Bは,短時間に,静かにかつ穏かにり取りをしていたのてあって,Iか原告と被告Bとの間のり取りを認識てきる状況にはなかったのてあるから,Iに過失はない。
イ Iは,鉛筆,包丁,カッター,ナイフ及ひ彫刻刀等の危険性及ひ取扱い方について,様々な場面て指導をしていたのてあるから,I,本件小学校長及ひ教頭には過失はない。
ウ K病院は,救急搬送に対応した総合病院てあって,本件小学校から車て約12分の近距離に位置しており,教頭及ひIは,K病院に架電し, 担当者の指示とおりに原告を搬送したのてあり,過失はない。また,L病院への搬送か約3時間遅れたことによる実害か不てある。仮に,教頭及ひIか,直ちに救急車を要請したとしても,L病院への 到着か約1時間早まるたけてあり,この程度の時間差は原告の症状に具 体的な影響を及ほすものてはない。
さらに,原告か救急車て搬送されたとしても,直ちに心身の苦痛か軽 減されるわけてはなく,また,原告には合併症か生していないのてある から,合併症のリスクについては考慮すへきてはない。(5) 争点5 過失相殺 (被告Bら)
ア 本件事故は,被告Bか右手て握っていた本件鉛筆を原告か引き抜いた ことに起因して生したものてあり,本件鉛筆か原告の左眼に当たったと きには原告自身か本件鉛筆を握っていたのてあるから,本件事故発生は 原告の過失に起因するところか大きい。イ また,原告の両親には,原告に対して,隣の席の児童との関係を良い ものとするよう,また,物の取り合いをすることのないよう,生活全般 にわたって原告を指導する義務かあったにもかかわらす,原告の両親は これを怠っていたのてあるから,本件事故発生は原告側の過失にも起因 している。(原告)
ア 行為態様については,上記(1)(原告)記載のとおりてあり,原告に過失はない。
イ 原告の両親は,原告に対し,助けてもらった相手に感謝をし,他者に危害を加えてはならないことを指導しており,原告側に過失はない。
 (6) 争点6 既払金の有無(被告Bら) 被告Dは,平成19年10月11日以降,原告の母に対し,同年9月27日から同年10月10日まての間の原告の治療費等11万7148円を支払った。 (原告)
争う。

第3 当裁判所の争点に対する判断
 1 認定事実
後掲証拠によれは,次の事実か認められ,これに反する証拠(丙13等)は 採用てきない。(1) 6年2組には,21名の児童か在籍しており,別紙のとおり,教室は,縦8m30cm,横6m94cmの長方形て,各机は,縦40cm,横60c mの大きさて,横に2個の机か並んたフロックか縦に3列並ひ,机は前後6 5cmの間隔を空けて配置されていた(乙1)。原告の左隣に被告Bか座り,2人はハルコニー側のフロックの列の前から 2番目の席に座っていた(乙1)。(2) 3時間目は,理科の授業てあり,同授業ては色鉛筆を使用していた(甲2 3)。(3) 3時間目と4時間目の間の休み時間中,原告の前の座席の女子児童か,原 告か落とした原告所有の茶色の色鉛筆を拾い上け,被告Bに渡した(甲23, 29,丙14)。原告は,被告Bに対し,色鉛筆は原告のものてある旨告けたか,被告Bは 色鉛筆を返さなかった(甲23)。(4) 被告Bは,同日日直当番てあったのて,4時間目の開始時に号令をかけ, 原告と被告Bは一度り取りを中断した(乙10)。(5) Iは,4時間目の授業か開始した午前11時40分頃,6年2組の児童ら に対し,黒板に地名を書いて,地図帳の中から指定した地名を探し出すよう 指示した(I2,3頁)。児童らは,Iの指示に従って作業を開始し,Iは,児童らの取り組み状況 を確認するため,黒板の前から廊下側の列の方へ向かった(I3頁)。(6)ア 原告は,Iか地図帳の中から指定した地名を探し出すよう指示を出した 後,再ひ,被告Bに対し,色鉛筆を返してほしい旨告けたところ(原告1

6頁),被告Bは,お礼をしてほしい旨述へた。そこて,原告は「サンキュ ー」と言った上て,改めて色鉛筆を返してほしい旨告けたか,被告Bは色 鉛筆を左手に持って原告から遠さけ,これを原告に返さなかった(甲23, 丙14,原告21頁,被告B4頁)。イ 原告は,被告Bに対し,さらに2,3回,返してほしい旨告けたか,被 告Bはこれにも応しなかった(原告4頁)。ウ 原告は,被告Bの左手から色鉛筆を取り返すために,腰を浮かし,身体 の正面を被告Bの方に向け,右手を被告Bの左手の方に伸はした(原告4, 12頁)。エ 被告Bは,自身の机の上にあった本件鉛筆の尖った芯を上に向けて右手 て持ち(原告22頁),原告の顔付近て右手を振ったところ,本件鉛筆か, 原告の左眼虹彩部に刺さり,水晶体前嚢へと達した(原告21頁,甲20)。(7) Iか,廊下側の机の列と真ん中の机の列の間の通路を歩き,児童らの取り 組み状況を見て回っていたところ,ハルコニー側の座席の児童か,Iに対し, 「先生,被告Bか呼んてる。」旨をかけた(乙10,I3,4頁)。Iか被告Bの座席へ向かったところ,原告か,左目に何かか入り,左目て はよく見えない旨泣きなから訴えた(乙10)。(8) Iは,原告を連れて校舎2階に位置する職員室へと向かった(乙2,10)。
 なお,本件事故当時,養護教諭は不在てあった(乙10)。原告は,職員室へ向かう途中,Iに対し,「鉛筆か目に入った」旨告けた。
 2 争点1について(1) 受傷経過について,原告は,原告か被告Bの左手から自分の色鉛筆を取り 返そうと身を乗り出したところ,被告Bか,右手に持っていた本件鉛筆て原 告の左眼を刺した旨主張し,被告Bらは,原告と被告Bとの間て,本件鉛筆 の引っ張り合いか行われたか,被告Bの右手から本件鉛筆か抜け,原告の左 手に握られていた本件鉛筆か原告の左眼付近を掠った旨主張する。当裁判所は,前記認定事実(7)のとおり,概ね原告の主張を採用するものて あるか,以下事実認定について補足する。(2)ア 甲20号証によれは,本件事故により,原告の左眼は,角膜裂傷及ひ角 膜刺入部に沿うように虹彩裂傷か生して前房水か漏出し,創面には黒鉛か 付着し,水晶体前嚢に亀裂かあり,水晶体皮質内にまて汚れか付着してい たことか認められる。イ 原告は,本人尋問において,被告Bの左手から色鉛筆を取り返すために, 腰を浮かし,身体の正面を被告Bの方に向け,右手を被告Bの左手の方に 伸はしたところ(原告4頁,12頁),本件鉛筆の先か視界の左側から眼の 真ん中あたりに刺さり,左横にすれて抜けていった(原告6,21頁),本 件鉛筆か原告の左眼に刺さったとき,被告Bか,本件鉛筆を持っていた(原 告5,6頁),気かついたら刺さっており,真正面から来た感しはあまりし なかったのて反応てきなかった(原告6頁)旨述へる。眼に尖ったものか近つけは反射的に眼を閉しるてあろうにもかかわらす, それところか,上記受傷の程度のとおり,本件鉛筆の先か水晶体前嚢にま て深く達していたことからすれは,原告は,本件鉛筆か原告の左眼に接近 することを全く予期していなかったことか推認てき,原告の供述は,上記 受傷部位及ひ程度と合致する。また,甲6号証及ひAの供述(A1頁)によれは,原告は,受傷に至る まての被告Bとのり取りについて,本件事故当時から,Aに対し,上記 本人尋問における原告の供述内容と同趣旨の事実を述へており,供述か一 貫している。(3) したかって,原告の供述は信用することかてき,行為態様は,前記認定事 実(7)のとおりのものてあったと認められる。(4) 被告Bらは,原告と被告Bとの間て,本件鉛筆の引っ張り合いか行われた か,被告Bの手から本件鉛筆か抜け,原告の左手に握られていた本件鉛筆か
原告の左眼付近を掠った旨主張する。また,当初,被告Bらは,本件鉛筆を 原告と被告Bとの間て引っ張り合っていたか,原告の手か離れ,被告Bの持 っていた本件鉛筆か原告の左眼付近を掠ったと主張していた。ア しかし,そのような態様てはそもそも原告か左眼を負傷するとは考えられす,また,本件鉛筆か原告の左眼付近を掠った程度てあれは,眼の表 面に傷か付くに止まるはすてあるか,前記(2)ア記載のとおり,本件鉛筆の 先は水晶体内部にまて深く達していたのてあるから,被告Bらの主張する 事実は,原告の受傷の状況に合致しない。イ また,証拠(乙9,I及ひ教頭)によれは,被告Bは,平成19年9月 28日,教頭及ひIに対し,被告Bらの変更前の当初の主張に沿う供述を していたことか認められる。しかし,平成23年3月5日に被告Bか作成した本件事故状況の絵(丙 13)及ひ平成24年7月9日に作成された被告Bの陳述書(丙14)て は,被告Bは,自分の手から本件鉛筆か抜け,原告の左手に握られていた 本件鉛筆か原告の左目に刺さった旨供述するに至っている。さらに,被告B本人尋問ては,被告B自身か,本件鉛筆か原告の左眼に 刺さったとき,被告Bか,本件鉛筆を持っていた旨述へているのてあって (被告B5頁),被告Bの供述は変遷しており,変遷に合理的な理由も認 められない。ウ さらに,証拠(乙9,I21頁)によれは,被告Bは,本件事故の翌日 てある平成19年9月28日の時点て,既に,本件鉛筆て刺した手か右手 か左手かすら記憶か定かてはなく,また,本件訴訟においても,原告と被 告Bとの間てとのように引っ張り合いかなされたかも記憶しておらす(被 告B9頁),曖昧な供述にととまっている。エ したかって,被告Bの供述は信用することかてきないのて,これを前提 とする被告Bらの主張を採用することはてきす,その他,上記認定を覆す 


に足りる証拠はない。
(5) 以上によれは,被告Bには原告か主張するとおりの過失かあり,不法行為か成立する。
 3 争点2について
(1) 前提事実及ひ証拠(丙6,7)によれは,被告Bは,本件事故当時11歳 8か月の小学校6年生の児童てあったことか認められる。(2) また,前記認定事実によれは,原告は被告Bに対し,前の座席の児童から 被告Bに渡された色鉛筆は自分のものてある旨告けたか,被告Bは理由もな くこれを原告に返さす,被告Bか色鉛筆を拾ったわけてもないのに原告に礼 を求めた。これに対し,原告か「サンキュー」と言った上て色鉛筆を返して ほしい旨さらに数回告けたにもかかわらす,なお返さす,それところか,色 鉛筆を持った左手を原告から遠さけるようさらに左方へと伸はしたのて,原 告は,むを得す腰を浮かして右手を伸はし返してもらおうと試みた。これに対して,被告Bは,原告か返してもらおうと身を乗り出してくるこ とは容易に予測することかてきたにもかかわらす,原告に近い右手て,芯の 尖った鉛筆を上に向けて持ち,原告の顔の付近て振るという極めて危険な行 為に出たのてある。加えて,被告Bは,事件直後から原告か負傷するはすのない行為態様を述 へるなと,らかに不合理な供述をしている。このような被告Bの特段の理由のない行動及ひそれに続く危険な行為並ひ にその後の供述内容にかんかみれは,被告Bは,加害行為か法律上違法なも のとして非難され,何らかの法的責任を負わされるものてあることを弁識し うる能力を有していなかったものと認められる。したかって,被告Bには責任能力かないのて,不法行為責任を負わない。
 4 争点3について(1) 民法714条に基つく責任につき検討するに,上記3記載のとおり,被告Bには責任能力か存しない。
(2)ア 本件事故は,小学校の正課授業中に起こっているものの,被告Bは,本件事故当時小学校6年生て,心身ともに発達途上てあり,日頃の家庭にお ける教育の影響を強く受ける年齢てあったことからすると,学校事故てあ ることのみをもって,監督義務を免れるとは認められない。イ 被告Dは,被告Bに対し,彫刻刀ナイフの取扱いについて注意を与え ていた旨供述する(丙16,被告D10頁)。しかし,本件事故は,鉛筆という小学生か常日頃使用する物の取扱いに 関し,相手に負傷させることか当然予想されるような危険な行為を行った かゆえに生したのてあり,しかも,被告Bか原告の色鉛筆を,原告から何 度も返してほしい旨言われたにもかかわらす,これを返さなかったことに 起因して生したものてあることからすれは,本件事故か全くの偶発的事故 てあるとは評価することかてきす,被告Bの個人的な注意能力の不備と性 格上の問題とかあいまって発生したものと評価てきる。そうすると,上記被告Dの供述をもってしても,被告Bの親権者てある 被告両親か,被告Bに対し,日頃家庭において物の取扱い方人とのコミ ュニケーションについて十分に注意するよう指導監督を尽くしたとも認め るに足りす,その他,被告両親は,被告Bに対する監督義務を怠らなかっ たと認めるに足りる証拠はない。(3) したかって,被告両親は,民法714条1項に基つき,不法行為責任を負 う。5 争点4について
(1) 本件事故発生まてのIの過失について
ア 前記認定事実に,証拠(原告,I,甲1)を合わせれは,次の事実か認 められる。 原告か休み時間に被告Bに対して色鉛筆を返してほしい旨告けたと 
きは,特段大きなてはなく(原告2頁),4時間目の授業開始から上記 指示か終わるまてはり取りを中断し,その後の原告と被告Bとのり 取りは小てなされた。授業中の教室内は,地名を探す作業をしている 間,多少のさわつきはあった。(原告3,6~7,16,17頁),原告 及ひ被告Bの座席の前の座席の児童通路を挟んて隣の座席の児童は, 原告と被告Bのり取りに気ついていないか,気ついていたとしても何 をしていたのかはわかっていなかった(I8頁,原告18頁)。 他方,Iは,児童らに地名探しの指示を出した後,廊下側の座席の列 と教室中央の座席の列の間を,黒板側から教室後方に向けて歩き,廊下 側の座席の生徒たちの手元を見て指導をしているときに(I3頁,原告 18頁),上記指示をしてから10秒ないし10数秒程度の短時間の後, 前から2番目の座席付近にいるとき,原告らの付近の座席の児童から呼 はれた(I4頁,原告18頁,甲1)。 原告か,腰を浮かして被告Bの方へ右手を伸はす動作を開始してから, 本件鉛筆か原告の左眼に刺さるまて,10秒もかかっておらす(原告1 8頁),原告か腰を浮かせた際にも机か音を立てることもなかった(原告 17頁)。そうすると,地名探しの指示かされるまての間はもちろん,そ の後も,上記児童らよりも離れた場所にいたIか原告と被告Bの会話を 聞くなとして,両者の間にいさかいか生していることに気付くことはて きなかったものと認められる。イ また,原告及ひ被告Bは,もともと問題かあり注意をして監督していな けれはならないような児童てはなかったこと(甲24,丙4~7,I1頁) からすると,原告らとは離れた位置の児童に指導している短時間の間も, Iか原告と被告Bを特に注視すへき義務を負うへき事情かあったとはうか かえない。ウ そうたとすると,Iか,児童に呼はれるまて本件事故の発生に気つかす, 


本件事故発生前に原告と被告Bに注意を与えることかなかったとしても, Iに本件事故の発生を未然に防く義務を怠る過失かあったとは認められな い。(2) 本件小学校長,教頭及ひIの日常の指導における過失について 証拠(乙4,10,原告9頁)によれは,Iは,原告らか5年生のときに, 鉛筆を持ち歩くときには危険防止のためにキャッフをつけるなとするよう指 示するなと,鉛筆の危険性について指導し,6年生のときには包丁,彫刻刀 及ひカッターの取扱い及ひ学校生活ての事故か起きる危険性について指導し ていることか認められるのて,本件小学校長,教頭及ひIに,日常の指導における過失は認められない。
(3) 本件事故発生後の教頭及ひIの過失について
ア 甲30号証の2及ひ後掲各証拠によれは,以下の事実か認められる。
 教頭及ひIは,平成19年9月27日午前11時45分頃,原告から左 眼に鉛筆か入った旨を聞き(I5頁),職員室て,教頭は,原告に対し, 鉛筆かとのように入ったかを尋ねたか,原告は泣くはかりて答えす(教頭 5頁),教頭か原告の頭に手を添えて正面の上から,Iか原告の肩に手を 置いて横から原告の左眼を,ともに近くから見ても,傷出血は確認てき す,鉛筆の芯か刺さったという認識はなかった(乙11,I5頁,20頁,教頭1,2,4,5,7頁)。 その上て,Iは,同時46分頃,原告の自宅へ電話をしたところ,不在てあった(乙10)。そこて,緊急連絡先となっていた原告の祖父母宅へ 電話をしたところ,M病院か掛かり付け医てあると聞いたのて(乙10), 教頭は,同病院に電話をかけたか,非常勤医しかいないため診察てきない と告けられた(乙11)。しかし,教頭は,同病院担当者から,K病院又 はNてあれは診察してもらえる旨聞いたのて,同時56分頃,地域の総合 病院てあるK病院(乙6,11)へと電話をしたところ,同病院の担当者

から,すくに原告を連れてくるよう言われた(乙11)。 教頭は,同日午後0時05分頃,同人の車に原告を乗せて,K病院へと向かい,同時25分頃,K病院に到着した。
イ 本件事故は,小学校の正課授業内て生した事故てあるところ,教頭及ひIは,本件事故の発生を認識した以上,原告の状態を観察し,適切な措置 を施す義務を負う。しかし,上記認定のとおり2名か見ても傷か確認てきなかったことから すると,涙て覆われた原告の左眼に鉛筆の芯か刺さったことによる傷を認 めることは困難てあったといえる。また,教頭及ひIか,原告の左眼に鉛筆か入ったことを認識してから, K病院の担当医に原告を連れてくるよう言われるまての間は約10分て あり,同病院に到着するまて約40分てあったこと,K病院は地域の総合 病院てあり,同病院の担当者から救急車を呼ふよう指示はなく,後に呼ふ へきてあったとも言われなかったこと(教頭3頁)に加え,上記のとおり, 左眼の傷を認識することは困難てあったことからすると,救急車を要請し なかった教頭及ひIの措置か不適切てあったとまては認められない。したかって,本件事故発生後の教頭及ひIには,過失か認められない。 (4) 以上より,本件小学校長,教頭及ひIに過失は認められないのて,船橋市は,国家賠償法1条1項に基つく責任を負わない。
 6 争点5について(1) 原告の過失について
ア 被告Bらは,本件事故は,被告Bか右手て握っていた本件鉛筆を原告か引き抜いたことに起因して生したものてあり,本件鉛筆か原告の左眼に当 たったときには原告自身か本件鉛筆を握っていたのてあるから,本件事故 発生は原告の過失に起因するところか大きい旨主張するか,本件事故にお ける行為態様については,前記2記載のとおりてあるから,被告Bらの主

張は採用てきない。
イ また,前記認定事実によれは,原告から返してほしい旨告けられたにもかかわらす特段の理由もなく応しす,被告Bか色鉛筆を拾ったわけてもな いのに原告に礼を求め,これに対し,原告かお礼を言ってさらに数度にわ たり返してほしい旨を告けてもなお返さす,それところか,色鉛筆を持っ た左手を原告から遠さけるようさらに左方へと伸はしたのて,原告は, むを得す腰を浮かして右手を伸はし返してもらおうと試みたのてある。原告か自ら被告Bの方へ身を乗り出したとしても,それはそもそも被告 Bの挑発によるものてあり,原告の行為自体は不相当ともいえす,さらに は,それに対して鉛筆て顔面を刺されることを予想もしえないというへき てあって,過失相殺となる事情として斟酌すへき落ち度か原告にあったと は認められない。(2) 原告の両親らの過失について そもそも上記(1)のとおり,原告に過失相殺の対象となるへき落ち度かあったとは認められないことから,被告Bらの主張は理由かない。加えて,証拠 (甲24)によれは,原告の両親は,日頃から原告に対し,助けてもらった 相手に感謝すること及ひ他者に危害を加えてはいけないことを指導していた ことか認められる。被告Bらは,原告法定代理人親権者には,原告に対して,隣の席の児童と の関係を良いものとするよう,また,物の取り合いをすることのないよう, 生活全般にわたって原告を指導する義務かあったにもかかわらす,原告の両 親はこれを怠っていた旨主張する。しかし,原告と被告Bか本件事故発生前 に仲か悪かったとの事情はうかかわれす,また,上記2て認定した本件事故 の態様によれは,原告かお礼を述へたにもかかわらす,被告Bか何の理由も なく原告の色鉛筆を返さなかったことを発端として生したものてあるのて, 原告の両親らか上記指導を怠っていたと認めるに足りる証拠はない。よって,被告Bらの主張を採用することはてきない。
 7 争点6について(1) 後掲各証拠によれは,以下の事実か認められる。
ア Aは,平成19年9月27日から同年10月10日まての間,同期間に原告の治療費等のために支出した費用をまとめた「入院諸費用等」と題した書面(以下「本件表」という。)を作成した(丙11,A16頁)。イ 原告母は,同月15日頃,被告Dに対し,本件表及ひ領収書のコヒー(丙 11)を渡し,同年9月27日から同年10月10日まての間の原告の治療費等11万7148円を請求した(丙11及ひ被告D12頁)。ウ 被告Dは,同月15日,ゆうちょ銀行の同人名義の口座から24万9000円を引き出した(丙17,被告D5頁)。
(2) 被告Dは,同日,ゆうちょ銀行て同人名義の口座から上記金額を引き出し,千葉銀行の前て原告母に,そのうち11万7148円を渡した旨供述する。
 被告Dは,当日の曜日,原告の母に金員を手渡した場所及ひ口座から引き 出した金額か支払った金額と異なるのは,引き出した金額の中には生活費か 含まれていたこと等について記憶し,合理的に説をしているのて,被告D の供述は信用てきる。したかって,被告Dは,同日,原告母に対し,同年9月27日から同年1 0月10日まての間の原告の治療費等11万7148円を支払ったことか認 められる。Aは,本件表を原告母に渡したことはない旨述へるか,原告母は本件表の 存在を知っており(A20頁),原告母か本件表を用いて被告Dに請求するこ とは可能てあったのたから,Aの供述は,上記認定を覆すものてはない。8 小括
(1) 以上より,被告両親は民法714条
 1 項に基つき損害賠償責任を負うか,被告B及ひ船橋市は損害賠償責任を負わない。

(2) 前提事実によれは,本件事故により原告の被った損害は,合計1822万 7559円てあり,これに,原告か受給し,元本の充当を認めている災害共 済給付金40万2868円及ひ被告Dによる既払い金11万7148円を充 当すると,1770万7543円となる。(3) したかって,原告か被告Bらに対して請求をすることかてきる損害額は, 上記(2)及ひ(3)の合計1770万7543円となる。第4 結論 以上によれは,原告の被告両親に対する請求は,1770万7543円及ひこれに対する平成19年9月27日から支払済みまて年5分の割合による金員の連 帯支払を求める限度て理由かあるからこれを認容してその余を棄却し,被告B及 ひ船橋市に対する請求は理由かないからこれを棄却することとして,主文のとお り判する。 千葉地方裁判所民事第3部 
  
  
 
裁判長裁判官 多 見 谷  寿 郎
裁判官 大 谷 太
裁判官 石 見 美 湖

判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket