平成24年11月5日宣告 平成23年第813号
 
判 
主 文 被告人を懲役10月に処する。
未勾留日数中,その刑期に満つるまての分をその刑に算入する。
 千葉地方検察庁て保管中の覚せい剤(平成23年千葉検領第1765号 符号1)を没収する。理由
(犯罪事実) 被告人は,氏名不詳者らと共謀の上,平成23年5月22日(現地時間),A国所在のB空港において,覚せい剤599.5g(平成23年千葉検領第1765号符 号1はその鑑定残量)か隠し入れられたホストンハックを持って同空港発成田国際 空港行きの航空機に搭乗し,同月23日,同ホストンハックを持って同空港に到着 した同航空機から降り立ち,千葉県成田市所在の成田国際空港内の東京税関成田税 関支署C旅具検査場において,同支署税関職員の検査を受けた際,関税法か輸入し てはならない貨物とする前記覚せい剤を携帯しているにもかかわらす,その事実を 申告しないまま同検査場を通過して輸入しようとし,同職員に前記覚せい剤を発見 されたため,これを遂けることかてきなかったか,被告人においては,前記ホスト ンハックの隠匿物はタイヤモントの原石てあると誤信し,これを税関長の許可なく 輸入する無許可輸入の犯意を有するに止まっていた。(証拠) 省略
(事実認定の補足説)
検察官は,本件について,被告人か,隠匿物か覚せい剤等の違法薬物てあると認 識した上て氏名不詳者と共謀の上,営利の目的て本件覚せい剤の密輸入に及んたも のとして,覚せい剤取締法違反及ひ関税法違反(輸入してはならない貨物の輸入罪 (関税法109条3項,1項,69条の11第1項1号))の罪て起訴している。こ れに対し,裁判所は,前記犯罪事実のとおり,被告人か,ホストンハックに隠匿さ れている物かタイヤモントの原石てあると誤信していた可能性を排斥てきす,覚せ い剤密輸入の故意を認定するには疑問の余地かあるため,覚せい剤取締法違反罪は 成立せす,関税法違反の点も輸入してはならない貨物の輸入罪てはなく貨物の無許 可輸入罪(関税法111条3項,1項1号,67条)か成立するに止まると判断し た。1ないし4
省略
5 結論
(1) 省略 したかって,被告人には,覚せい剤取締法上の覚せい剤輸入罪の故意かあるとの証はないから,同罪は成立しない。
(2) また,前記認定のほか,現に隠匿された覚せい剤の量か多量てあることその隠匿態様等からすれは,本件は複数人か関与する組織的な犯行てあることはら かてあるか,被告人は,その中て,税関て申告せすに密輸するものは輸入してはな らない貨物てある覚せい剤てはなく,タイヤモント原石てあると誤信して犯行に及 んたということになる。タイヤモント原石を無許可て輸入する罪と輸入してはならない貨物てある覚せい 剤を輸入する罪とは,ともに通関手続を履行しないてした貨物の輸入行為を処罰の 対象とする限度において,その犯罪構成要件は重なり合っているものと解されると ころ,被告人は,税関長の許可を受けないてタイヤモント原石を輸入する意思て, 輸入してはならない貨物てある本件覚せい剤を輸入しようとしたことになるから,本件輸入貨物か輸入してはならない覚せい剤てあるという重い罪となるへき事実の 認識かなく,輸入してはならない貨物の輸入罪の故意を欠くものとして,同罪の成 立は認められないか,両罪の構成要件か重なり合う限度て軽い貨物を無許可て輸入 する罪の故意及ひ同限度ての氏名不詳者らとの共謀か成立し,貨物の無許可輸入罪 (未遂)か成立する(最高裁昭和54年3月27日第一小法廷定・刑集第33巻 第2号140頁参照)。なお,弁護人は,訴因変更の手続きを行わすに無許可輸入罪を認定することは許 されす,仮に訴因変更か不要てあるとしても不意打ちに当たるのて許されないと主 張するか,前記のとおり,関税法上の輸入してはならない貨物てある覚せい剤の輸 入罪と貨物の無許可輸入罪の犯罪構成要件は後者の限度て重なり合っているのてあ るから,訴因変更は要しないものと解するのか相当てある。また,被告人自身かタ イヤモント原石を密輸する意思てあった旨確に供述しているなとの訴訟経緯に鑑 みれは,本件において無許可輸入罪を認定することか被告人の防御の利益を損なう ものてはない。(3) 覚せい剤取締法上の覚せい剤輸入の点は,貨物の無許可輸入罪と観念的競合 の関係に立つものてあるから,無罪の言渡しはしない。(法令の適用)
罰 条
刑 種 の 選 択 未勾留日数の算入
刑法60条,関税法111条3項,1項1号,6 7条(判示行為は,客観的には関税法109条3 項,1項,69条の11第1項1号に該当するか, 被告人は貨物の無許可輸入の認識を有していたに すきないと認められる。)所定刑中懲役刑を選択 刑法21条(その刑期に満つるまての分をその刑 に算入)没 収
主文掲記の覚せい剤につき
成立する犯罪は関税法111条3項,1項1号, 67条の貨物の無許可輸入罪てあるか,処罰の対 象とされているのは関税法上輸入してはならない 覚せい剤を輸入しようとしたという行為てあり, この行為は客観的には同法109条3項,1項, 69条の11第1項1号に該当することを踏まえ, 同法の没収の趣旨を考慮して,同法118条1項 本文により没収する(最高裁昭和61年6月9日 第一小法廷定・刑集第40巻第4号269頁参 照)。刑事訴訟法181条1項たたし書(不負担)
訴 訟 費 用 の 処 理 (量刑の理由)
本件は,被告人か,覚せい剤か底板に隠匿されているホストンハックにつき,国 際条約によって輸出入か制限されているタイヤモント原石か隠匿されているものと 誤信した上て,これを無許可て日本に輸入しようとしたか,税関検査て覚せい剤を 発見され,未遂に終わったという事案てある。被告人は,その不正取引か紛争資金源になっている状況に鑑みて多国間の条約に よって国際的に輸出入か制限されているタイヤモント原石の密輸の仕事を,共犯者 から持ちかけられ,その輸出入の規制罰則なとを調査して違法性を認識したにも かかわらす,報酬目的て,共犯者からの誘いに安易かつ積極的に応しているのてあ って,その経緯動機は身勝手てあるとともに,国際条約による不正取引規制の制 度趣旨を損なおうとする悪質な犯行てある。他方て,被告人の身柄拘束か長期間に及んていることなと,被告人のために酌む へき事情もある。以上の事情を考慮した結果,主文の刑に処した上,未勾留日数をその刑に満つ るまて算入するのか相当てあるとの結論に達した。(求刑 懲役10年及ひ罰金500万円,覚せい剤の没収) 平成24年11月5日 
  
  
千葉地方裁判所刑事第3部
裁判長裁判官 稗 田 雅 洋
裁判官 水上周
裁判官 鈴 木 真 耶
判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket