主文 被告人を懲役10年に処する。
未勾留日数中160日をその刑に算入する。
 理由
(犯罪事実) 被告人は,平成12年頃から異常な行動を見せるようになり,統合失調症の疑いかあると診断され,その後精神科への入通院を繰り返していたところ,千葉県内に 所在するA病院に医療保護入院中の平成23年4月2日,入院患者を殺害する事件 (以下「千葉事件」という。)を起こし,精神鑑定の結果,妄想型統合失調症に罹 患しており,犯行時には心神喪失の状態にあったと判断され,同年11月1日,千 葉地方裁判所において,心神喪失等の状態て重大な他害行為を行った者の医療及ひ 観察等に関する法律(以下「医療観察法」という。)による入院定を受け,同日, 神奈川県横須賀市ab丁目c番d号Bセンター(名称は当時)に入院することとな った。被告人は,自分かキリストてあり,社会の役に立たないのに多額の税金か投入さ れている精神病患者(被告人は「害人」と称している。)は殺すへきたとの妄想を っていたところ,同月3日午後1時頃,前記BセンターC病棟106号室におい て,同センターの入院患者てあるD(当時56歳)は,身寄りなく,愛と絆かな い「害人」てあると考えたことなとから,同人に対し,殺意をって,同人の背後 からその頸部を両腕て絞付け,同室内ヘットに仰向けに倒した上,さらにその頸 部を両手て絞付けるなとし,よって,その頃,同所において,同人を頸部圧迫に より窒息死させて殺害したのてある。なお,被告人は,本件犯行当時,妄想型統合失調症のた心神耗弱の状態にあっ たのてある。(証拠の標目)省略
(法令の適用)
罰条 刑法199条
刑種の選択 有期懲役刑
法律上の減軽 刑法39条2項,68条3号(心神耗弱のた減軽) 未勾留日数の算入 刑法21条(160日を算入)訴訟費用 刑訴法181条1項たたし書(不負担) (争点に対する判断)本件犯行当時,被告人か心神喪失の状態にあったのか,心神耗弱の状態にとと るのかか,本件の争点てある。当裁判所は,以下の理由に基ついて,本件犯 行当時,被告人は,善悪を判断し,これに従って行動をコントロールする能力 か著しく減退していたか,失われてはいなかったと判断した。1 被告人の精神状態 被告人の捜査段階の精神鑑定を担当したE医師の証言及ひ同人作成の精神鑑定書(甲2),捜査報告書(甲9)等によれは,被告人は,本件犯行当時, 妄想型統合失調症に罹患し,反社会性ハーソナリティ障害を有しており,妄 想型統合失調症による誇大的て奇異な妄想(キリストてある自分(被告人は, 自分かキリストてありかつ天皇てあるとの血統妄想を有しているか,殺害の 関係てはキリストと称していることか多いように窺われる。)は,将来第三 次世界大戦の際に大勢の人か死ぬのて,率先して「害人」を殺すへきてある なとというの)を抱いていたか,妄想以外の統合失調症の精神症状は千葉 事件当時より改善していたこと,千葉事件以降に行われた治療の効果によ り,本件犯行当時,被告人は,前記の精神病等てはあったか,現実を正しく 見て検討する力かそれなりにあり,その場にあった行動かとれるようになっ ていたことか認られ,これらによれは,妄想による支配力千葉事件当時 より弱っていたということかてきる。2 本件犯行の動機 被告人の捜査段階及ひ公判ての供述等によれは,本件犯行動機は,前記のとおり,被告人か抱いていた自分かキリストてあり「害人」は殺すへきたという妄想 に基つくのと認られる一方,う一度殺人事件を起こし,警察に捕ること て病院から出たいということかあったこと認られる。前者の動機か了解不能 てあることはらかてあるか,後者について,キリストてあり天皇てある自分 か「害人」と同し病院に入院させられていることに耐えられないという意味あ って,被告人の前記妄想に影響されている面かあり,その点ては了解不能といわ さるを得ない。っと,被告人は,本件犯行の2日前に,鑑定入院先てあるF 病院から退院てきると考えていたにかかわらす,転院当日てある11月1日に なってからBセンターへの入院を知らされたのてあり,落胆憤りの感情によ って病院から出たいと考えた蓋然性かあること,たはこを自由に吸いたかった とか残りの所持金の額か少ないのて早く出たかった旨述へていることなとに照ら して,現実的欲求に基つく動機と考えられる面ある。病院から出たいという欲 求から殺人を犯すという発想には飛躍かあるのの,病院より刑務所の方か良い として,殺害すれは警察に通報され,刑事手続に乗る,そうすれは病院からは出 られる旨の考え方はそれなりに筋か通っており,前記の感情現実的欲求に基つ く動機は了解不能とてはいえない。しかし,全体としては,被告人の本件犯 行動機は了解か不能な面か多いと考えられる。3 違法性の認識等
 被告人は,一般的には殺人か違法なのてあることは認識していたと述へる一方,前記妄想に基つき,自分はキリストたから「害人」を殺して釈放さ れると思っていたなとと述へている。しかしなから,千葉事件ては,不起訴 にはなったのの,医療観察法に基つく入院定を受けて本件犯行直前にB センターへ入院するに至っていたのてあるから,被告人自身か公判廷て述へ たとおり,自分の行為か社会的に許されす,処罰処分を受ける可能性かあ ること認識していたと考えられ,た,被告人か本件犯行にあたり葛藤か あったと述へていること,殺人か違法なのてあることを認識していたたに生したのと考えられるから,被告人か,キリストてある自分の行為は許されると固く信して疑わなかったとは認られない。
 た,被告人の供述等によれは,被告人は,被害者の他に,入院患者てあり「害人」てある20代の男性及ひ71歳の老女を殺害する候補として選ひ, 本件犯行前に,それそれと「面談」した上,おはあちんはとていい人た し,20代の男性は家族の支えかあり,社会復帰を目指しているなとという 理由て殺害の対象から除外する一方,被害者は飯を食って寝転かっているは かりて,身寄りかなく,愛と絆かないことを理由に殺害対象に選んたという のてある。そのような基準に基つく判断は,キリスト天皇てあるという被 告人の妄想に基つく判断とは認られす,殺人は悪いことた,あるいは殺人 をするにして,その結果により悲し者か現れるのをてきるたけ避けるへ きたという通常の人間としての自らの価値観に基つく判断といえる。 以上の事情は,被告人の善悪を判断する能力か全く失われていたわけてはな いことを裏付ける事情といえる。4 行動をコントロールする能力 証拠によれは,被告人か,看護師か少なく,医師当直医のてある祝日の午後1時頃という,看護師か休憩に入っていると思われる時間に本件犯行に及んて いること,被告人は,被害者に騒かれないように柔道の技て気絶させた上,首を 絞た後,死亡を確認するたに部屋に戻ってきた上て,息を吹き返していた被 害者の首を再度絞,さらに足て被害者の喉付近を踏付けて被害者を殺害して いることか認られる。これらによれは,被告人は,衝動に身を任せることなく, た,不必要て無駄な行動を一切とることなく,被害者を確実に殺害するたに, 計画的に,一貫性・合目的性のある行動をとっていたといえる。このことは,被 告人の,善悪の判断は別として,自己の認識判断に従って自己の行動をコント ロールする能力か全く失われていたわけてはないことを示す事情といえる。5 平素の人格との親和性
被告人は,小中学校時代から,家庭内暴力小動物への虐待,窃盗等を繰り返 すなとしていて,前記のとおり反社会性ハーソナリティ障害を有しており,暴力 的,反社会的な本件犯行と被告人の平素の人格とは親和性かあり,異質な点かあ ったなとの事情は認られない。6 小括 以上を総合すると,被告人の犯行動機は了解か困難な部分は多いのの,被告人の統合失調症の症状は千葉事件当時より改善されており,妄想の内容は「人 を殺せ。」なとと殺害を直接命しるのてはない上,被告人は,「害人」の中か ら,通常人て理解てきる基準て殺害対象を選ひ,計画的,合目的的に犯行に及 んているのてあり,キリストたから殺人許される旨の考え,許されない場合 かあること分かっているなと確固たるのてはなく,本件犯行か平素の人格と 異質な点ないのてあるから,被告人か,犯行当時,妄想型統合失調症による妄 想に完全に支配されていたとてはいえす,被告人には,自らの意思と判断て犯 行に及んた部分か残っていたと認ることかてきる。よって,被告人の,善悪 を判断し,これに従って行動をコントロールする能力は著しく減退していた のの,未たその能力は残っていたと認られる。7 弁護人の主張について
 本件犯行か千葉事件と同してあること
弁護人は,本件犯行の動機,犯行態様,犯行後の行動か千葉事件と共通 点か多いこと,千葉事件の鑑定から本件犯行ての期間か短いことなとか ら,責任能力に関する判断千葉事件と同しになるへきてあると主張する。しかしなから,千葉事件と本件とては,犯行前の被告人の言動,特に周囲 に対する暴力行為の有無,犯行直後に看護師に対し犯行を告白した際の被 告人の言葉使い等,らかに相違する点ある上,前記のとおり,E医師の 証言捜査報告書(甲9)等によれは,本件当時,被告人の精神状態か千葉 事件当時より改善していたことはらかてあるし,妄想による支配力弱っていたと認られるから,犯行態様等に共通点か多くて責任能力についての判断か異なることには何ら問題はなく,弁護人の主張には理由かない。
  E医師の鑑定に疑問かあること弁護人は,本件当時は千葉事件当時より妄想の支配力か弱っていたとす るE医師の鑑定,証言に対し,千葉事件の捜査段階て被告人の精神鑑定を行 ったG医師の証言に基つき,E鑑定は合理的な論拠か欠けていると主張する。しかしなから,E医師は,千葉事件後と本件犯行後の両方てなされた被告 人の面談時の様子心理検査の結果及ひ千葉事件前から本件犯行ての診 療録(カルテ)の記載等について,被告人の症状か改善したと認られる 点を具体的にあけて説し,その上て妄想による支配力について千葉事 件当時より弱ったと考えられると述へており,医療観察法による精神 鑑定を行い,被告人か千葉事件当時心神喪失の状態にあった旨鑑定したH 医師,その鑑定書(甲8)て,被告人は,「鑑定入院中の治療て妄想の 表出か少なくなり,攻撃性軽減しており,一定の治療効果は期待てき る。」と記載しているのてあるから,妄想の内容自体か同してあって, その支配力は軽減していたと考えて格別おかしくない。G医師は,E医師 の指摘するような妄想以外の精神症状の改善か認られて,直ちに妄想 による支配力か弱るとはいえないと証言しているか,他の精神症状か変 化し,妄想の表出変化しているのに,妄想の支配力たけは変化しないと 考えるのはいささか不自然てあって,その証言は,本件犯行後に鑑定人と して実際に被告人と面談を重ねた上て意見を述へているE医師の証言の信 用性を損なうのてはなく,E医師の意見は十分信用てきる。したかって,この点の弁護人の主張に理由はない。  被告人の葛藤はキリストとしての葛藤てあること弁護人は,被告人か本件犯行の際に葛藤かあったと述へているのは,「害 人」を殺すことと,キリストとして「害人」を救うこと(ユートヒア思想)との間に生した葛藤のことてあって,通常の葛藤とは異なるのてあり,葛藤 かあったことから被告人か違法性の認識をっていたとはいえないと主張す る。しかしなから,被告人の葛藤か弁護人主張のような内容てあるとは証拠上 直ちには認難い上,仮にキリストとしての葛藤てあったとして,被告人 は3人の殺害候補者の「害人」の中から前記のような基準て殺害の対象者を 選択したのてある。2人を殺害対象に選はなかったことについては,キリス ト妄想に基つくのてはなく,被告人自身の人間的価値観て判断していたと 認られ,そこには人間的な葛藤かあったはすてある。そうすると,被害者 を殺害することについて,少なくと一般人と同様の葛藤か生しる「可能 性」はあった(違法性の意識の可能性はあった。)と考えられるし,そうて あれは,他の2人の殺害を思いととったのと同様,被害者の殺害思いと とることかてきたと考えられるから,いすれにして弁護人の主張には理 由かない。 よって,弁護人の前記各主張は,いすれ前記の責任能力に関する判断を 覆すのてはない。8 結論 以上により,本件犯行当時の被告人の精神状態は,心神耗弱の状態にととっていたのと認た。
(量刑の理由)
1 たた医療観察法に基つく入院患者病棟の入院患者同士となった被害者には格別の落ち度はなく,その生命を奪ったという結果は重大てある。本件は,隔離 されてはいないのの,閉鎖病棟内て監視の目をかいくくってなされた計画的犯 行てあり,被害者を気絶させて首を絞た上,一度息を吹き返した被害者の首を 再度絞,さらに足て被害者の頸部を踏付けて確実に息の根を止たという殺 害の態様は,執拗,冷酷,かつ強固な殺意か窺われるのて,悪質てある。被告人か合理的に淡々と犯行を遂行している点看過てきない。病院から出たいかた に殺人を犯すという犯行動機,誠に身勝手なのてある。殺人放火なとを 行った者に対する入院治療を目的とする医療観察法の閉鎖病棟内て発生した殺人 事件てあり,社会に与えた影響大きい。一方て,前記のとおり,被告人は,本件犯行当時,心神耗弱の状態にあったの てあり,犯行動機の主要な部分か了解困難なのてあることは,妄想の影響か強 いといえる。そうすると,前記の犯行動機の身勝手さ,特異性をその量刑に 反映させることはてきす,相当程度被告人に対する非難は減しる必要かある。2 その上て,他の事情について検討すると,被告人か千葉事件からわすか7か月 余りて本件犯行に及ひ,公判に至って全く反省の態度を示すことなく,死亡し たことは被害者にとって結果として良かったなとと公開の法廷て述へていること 被告人の具体的病状なとからすれは,再犯の可能性は極て大きい。他方て, 被告人か,犯行直後に自ら看護師に本件犯行を告けたことは,その目的はとあ れ,自首に準する行為として,被告人に有利に考えることかてきる。3 以上の事情を総合考慮すると,被告人の刑事責任は重大てはあるのの,検察 官の求刑(懲役20年)の論理的前提となるように,刑種として無期懲役刑を選 択する事案とてはいえないのてある(そそ,必要的減軽かなされるから といって,10年を超える刑を宣告したいかたに無期懲役刑を選択することか 許されるかは問題てあろう。)。当裁判所は,有期懲役刑を選択した上て心神耗弱による減軽をし,犯行態様の 悪質さ被告人の再犯可能性の高さに加え,被告人か早期に社会復帰することに 対し,実母を始として社会一般か感しる不安感なとを可能な範囲て考慮し,主 文のとおり,その上限により処断するのか相当と判断した。(公判出席)検察官 福唯司
弁護人 小川恵司(主任),新穂均,深沢篤嗣,山田瞳(副主任)
(求刑 検察官:懲役20年)(裁判員参加)
平成24年10月26日 横浜地方裁判所第4刑事部
裁判長裁判官 久我泰博
裁判官 忠鉢孝史
裁判官 髙市惇史
判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket