主 文 被告人を懲役3年に処する。
未勾留日数中50日をその刑に算入する。
 この裁判確定の日から4年間その刑の執行を猶予する。 被告人をその猶予の期間中保護観察に付する。 押収してあるライター1個を没収する。理由
【犯罪事実】 被告人は,妄想性人格障害適応障害の影響もあって,夫の言動に対する不満憎しみを募らせていたところ,平成24年5月23日ころから,気分か落ち込むよ うになったか,それを夫か気遣ってくれなかったと感し,さらに憎しみを強めた。
 被告人は,そのような自分の気持ちを分からせるために,同月30日午前10時1 5分ころ,夫か所有し,被告人と夫か住んている,高知市所在の木造アハート(床 面積76平方メートル。以下「本件家屋」という。)1階玄関南側廊下において, フラスチックこみを詰めたヒニール袋を同廊下床上に置いたうえ,これにライター て点火して火を放ち,その火を同廊下床板等に燃え移らせて同家屋を焼損しようと したか,火災の発生に気付いた隣人及ひ消防士らに消火されたため,その目的を遂 けなかったものてある。【証拠の標目】(省略) 【法令の適用】(省略)
【自首の主張について】 弁護人は,被告人に自首か成立すると主張するのて検討する。
 ます,捜査機関は,本件犯行による火災か鎮火した後,本件家屋内の2か所に,床の炭化新聞紙の束の焼損か認められたこと,これら2か所の直近に火元か存在 しなかったことから,上記火災か何者かの放火によるものてあると判断していたの てあるから,遅くとも被告人か警察署に出頭した平成24年5月30日午後6時2
5分の時点まてには,合理的な根拠に基ついて,上記火災か何者かの放火によるも のてあると判断していたものと認められる。次に,捜査機関は,焼損箇所かいすれも本件家屋内てあること,本件家屋て唯一 施錠されていなかった車庫奥の出入口から被告人と夫以外の第三者か侵入し,放火 したとは考えにくいこと,被告人か出火後所在不てあること,夫か火災発生時に は稼働先にいた事実か夫の同僚の供述により裏付けられたこと,夫か「妻は何日か 前からしんといと頻繁に言っていたのて,もしかしたら妻か火を点けたのかもしれ ない」なとと供述していることなとから,被告人か本件犯行を行ったと判断したと 認められるから,遅くとも被告人か警察署に出頭した時点まてには,合理的な根拠 に基つき被告人か犯人てあると特定していたということかてきる。したかって,被告人に自首は成立しない。
 【量刑の理由】
本件犯行による被害はわすかに留まるか,本件家屋は木造て,住宅密集地にあり,最も近い隣家と本件家屋との距離はわすか約20センチメートルてある。もし運良く早期に火災か発見されていなけれは,本件家屋たけてなく,周辺の住宅にも火災か広かる可能性は高かった。周辺住民に与えた不安も大きい。
 もっとも,被告人は,放火の危険性,周辺住民に与える影響を顧みす,夫に自分の気持ちを分からせるためという身勝手な動機て本件犯行に及んたものてあるか, 本件犯行の動機形成には,被告人の妄想性人格障害適応障害か一定程度影響して おり,その分,非難の程度か弱まる。このほかに,被告人か,本件犯行当日に警察署に出頭し,本件犯行を反省してい ること,被告人の夫か被告人を許し,今後,被告人と夫の田舎て同居して監督を続 け,妄想性人格障害適応障害について病院に通わせる旨法廷て約束しており,被 告人もそれを受け入れる意思かあることなとを考慮すれは,被告人に対しては,主 文の刑を科し,その執行を4年間猶予して保護観察に付するのか相当てある。 (検察官石垣麗子及ひ同菊池昌晴並ひに弁護人田本捷太郎各出席。検察官の求刑:
懲役4年,没収,弁護人の科刑意見:懲役2年6月,執行猶予3年,付保護観察) 平成24年9月26日高知地方裁判所刑事部
裁判長裁判官 平出喜一
裁判官 大橋弘治
裁判官 佃 良平

判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket