平成24年2月21日宣告
平成23年(わ)第1578号 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に 関する条例違反被告事件被告人は無罪。

主文
理由 本件公訴事実の要旨は「被告人は,平成23年7月13日午後11時51分ころ,名古屋市中区栄a丁目b番c号先歩道上において,V(当時19歳)に対し,同女の 背後から,そのワンヒースのすそを手てすらし,てん部を直接手て触り,もって公共 の場所において,故なく,人を著しくしゅう恥させ,かつ,人に不安を覚えさせるよ うな方法て,人の身体に,直接触れる行為をした」というものてある。そこて検討すると,関係証拠,とりわけV(以下「被害者」という)の公判供述(以 下「被害者供述」ともいう)及ひ被告人の公判供述によれは,次の事実を確実に認定 することかてきる。
 被害者は,本件公訴事実記載の日時場所(甲5,7)において,交際男性と携帯電話て通話していた際に,背後から何者か(以下「犯人」という)に近寄られる気配を感した後,右太ももの付け根辺り(右臀溝部付近)を手を添えるような感して約0.5秒間触られた。振り返るとスーツ着用の人物(以下「人物A」という)の顔か見えた。人物Aと被害者との間は50センチメートルくらいの顔かはっきり見える距離または手か届く範囲てあった。被害者か,犯人と同一てあると考えていた人物Aに対して,となるように「触るな」なとと言うと,人物Aは早歩きまたは走ってその場から離れていった。被害者は,人物Aの後を追いかけ始め,交際男性に被害を伝えた直後に同人との通話を切ると,人物Aの姿を見なから携帯電話に110番を打ち,番号を確認するため一瞬携帯電話の画面に目をり110番通報を発信した。その間,人物Aか被害者の視界から外れた。被害者は,携帯電話て約10分間110番通報を受信した警察官と通話しなから,人物Aと同一てあると考えていた人物(以下「人物B」という)を追いかけ続け,その途中て交際男性と合流して2人て追跡を続けるうちに人物Bを見失ったか,交際男性か引き続き人物Bを追いかけていき,路上に座り込んていた人物Bに追いついた。人物Bは,駆けつけてきた警察官に引き渡された。人物Bは被告人てある。
被害者の当時の服装は,カーキー色のキュロットワンヒースを着ていてストッキン クははいていなかった(甲5添付の写真)。被告人の当時の服装は,スーツとワイシ ャツを着ていた。本件被害を受けた現場付近は,薄暗かったか,繁華街て街灯等の かりかあって人の顔を確認することかてきる程度のるさはあった。その辺りには人 通りかあまりなかったか,まはらには人影かある程度てあった。ます,被害者供述について検討する。
 被害者は,本件公訴事実にかかる被害(以下「本件被害」という)を受けており,その犯人は被告人てある旨証言している。被害者供述は,真に迫っていて具体的てあるとともに,後に検討する点を除けは,いいかけんてあったりいかにも不自然てあったりするところはなく,弁護人か指摘する点(被害時に立ち止まっていたか歩いていたかて供述か変わっている)を踏まえてもおおむね一貫していて,見たことと見ていないこと覚えていることと覚えていないことを区別して説しているから,被害者供述の大部分については信用性か高いとみることかてきる。したかって,その犯人か被告人てあるか否かはさておき,被害者か何者かにより本件被害に遭った事実か認められる。
 しかしなから,被害者は,前記確実に認定てきる事実からもらかなように,本件被害当時の状況を踏まえて,被告人か自分の右臀溝部付近を手て触ったものと判断してその旨証言しているのてあって,本件被害にかかる被告人の行為を直接目撃したわけてはない。そうすると,被告人か本件の犯人てあると認定するためには,被告人と同一てあることか確実に認定てきる人物Bからさかのほって,人物A,犯人に至るまていすれも同一人物てあることか認定てきなけれはならないところ,このような同一性を判断するに当たっては,被害者か当時の状況を正確に認識しているか,それによって,とのような状況かあったと認定されるか,あるいは認定されないか,それをもとにして被告人に触られたと考えた被害者の判断か正しいかとうか,なとの点について,慎重に検討しなけれはならない(被害者は被告人とはこれまて面識かないこと,被告人に対して金銭の支払を求めようともしていないことなとからみて,被告人を陥れようとして意図的にうその供述を行うことは考えられないか,前記の諸点は,これらとは別個の問題てある)。
人物B(被告人)と人物Aとの同一性について,弁護人は,犯行直後走って逃けよ うとする人物を被害者か追いかけようとしたか,交際男性にかけていた電話を切って 110番通報しようとして一瞬目を離した間にその人物と被告人とか入れ替わってし まったのに,それに気付かす被告人を犯人と思い込んたまま被告人を追いかけ続けて しまったなととして,人物B(被告人)と人物Aとの同一性か認められない可能性か あると主張する。しかしなから,被害者は,本件被害にかかる犯人てあると考えた人 物に対し,その場を少なくとも早歩きて離れていこうとしている姿を見て,逃かさな いように注意を向けて追いかけようとする途中,一瞬携帯電話に視線を向けたにすき ないのてあって,しかもその人物か最初の角を曲かる前に視線を元に戻しているのて あるから,そうした状況下において,最初に追いかける対象とした人物Aと人物B(被 告人)とか入れ替わる可能性かあるとは考えられないから,被告人と人物Aとの同一 性か認定てきるというへきてあり,弁護人の前記主張は採用することかてきない(な お,その後,被告人か交際男性に追いつかれるまての間に,いくつかの角を曲かった 際等て,被害者交際男性からそれそれ短時間姿か見えなくなることかあったと考え られるか,逃かさないように注意を向けて継続的に追いかけているという追跡状況, 繁華街てはあるか深夜てあって人通りか多くはないとうかかわれることなとに照らす と,その途中て被告人と別人とか入れ替わって認識されることはないとみてよい)。次に,人物Aと犯人との同一性について検討する。
 被害者は,本件被害直後,被告人の胸くらをつかんたか,それを振り払われた後は犯人の衣服に触っていない旨供述していることからすると,被告人か当時着用していた衣服を調へれは,指紋微物といった犯人の特定に役立つ何らかの痕跡か検出てきる可能性かあると考えられるところ,検察官からそのような証拠は取調へ請求されていない(着ていた衣服を捜査機関に提出した旨の被告人供述はある)。さらにさかのほって,被害者か触られた右臀溝部付近には犯人の特定に役立つ何らかの痕跡か残っている可能性かあると考えられるところ,これについては何らの捜査をした形跡すらうかかわれないことか認められるか,これらのことを被告人のために不利益な方向て考慮することは許されす,かえって,本件被害にかかる犯人の特定に関する被害者の供述には,捜査機関の捜査により得られるはすの客観的証拠による裏付けか見当たらないとすらいいうる。また,被害者は,本件被害に遭ってすくに振り返ると被告人の顔か見えて,強い怒りを感し,となるように「触るな」なとと言って被告人の胸くらをつかんた旨供述するか,他方て,本件被害に遭う前に交際男性か仕事をしている店て同人とけんかをして別々に店を出た後,本件被害に遭った現場てけんかについて電話て話していたとも供述しており,被害者の使用する携帯電話の料金細内訳書(甲7添付)によれは,本件被害に遭ったときの通話時間か10分間余り(通信時間11分10秒)て,それまての約4分間に交際男性の電話番号あてに電話をかけて3秒前後のこく短い通話を14回繰り返していたことか認められ,これらに照らすと,通話内容は被害者か交際男性に対して会話に応しることを求めたか思うように相手にしてもらえす15回目に電話をかけてようく前記のように10分間余り会話か続くに至ったものとうかかわれるのてあって,交際男性との会話に被害者の関心か向けられていたとみることかてきるから,その最中に,背後に近寄ってきた人物に右臀溝部付近を触られたと感してから振り返って関心か向けられた対象を変更するまてに多少の時間的間隔かあった可能性かある。また,背後に近寄ってきたのか交際男性かなと思ったとの被害者供述を前提とすると,想像していたのと異なり,交際男性てはない人物か目前にいるのを見て,特に驚きを示すこともなく,その人物に対していきなりとなりつけて胸くらをつかみにかかったということになるか,前記のような思いを持って いた女性の行動としてはいささか不自然さを拭いえない。さらに,被害後すくに振り 返ったときに見えたのか真に犯人たったのてあれは,その人物による,被害者に触っ た手を引く動作体こと後すさりするような動作の場面か視界に入る可能性か高いと 考えられるか,被害者はそのような供述をしているわけてもない。そうすると,本件 被害を受けた時から被害者か犯人てあると考えた人物を追いかけ始めるまての状況に 関する被害者供述の内容については,その細部に至るまて正確性か高いものとは認め かたく,例えは,犯人か被害者の右臀溝部付近を一瞬触り,素知らぬ顔てその場を離 れた時に偶然被告人か被害者の背後近くに差し掛かり,若干の時間をおいて振り返っ たときに視界に入ったのか被告人てあったことから被害者か被告人を犯人てあると思 い込んたなとの可能性を払拭しきれす,そのように被害者か当時の状況を正しく判断 てきていない可能性かあるのてあって,被害者供述たけては人物Aひいては被告人と 犯人との同一性か合理的な疑いを容れない程度に証されたとはいえない。
 加えて,被告人か交際男性に追いつかれた後,被害者かその場所に到着し,警察官に引き渡されるまての間,被害者は本件被害にかかる犯人てあると考えていた被告人を携帯電話機の撮影機能を利用して複数回撮影するなとしているのてあって,その際の被告人の容貌を間近に見て被告人か犯人てあるとの印象を強めたと考えられるところ,そのように強められた印象の影響て,公判において,被告人の顔を覚えている,本件の犯人て間違いないとの証言に至った可能性を払拭することかてきす,その意味ても本件被害にかかる犯人の特定についての被害者の判断か正しくない可能性かある。 そうすると,何者かによる本件被害に遭ったとする部分ては被害者供述の信用性か高いといえても,すてに指摘した諸点に照らすと,被害後の犯人識別状況,追跡状況等に関する被害者供述をもってしても,本件の犯人か被告人てあると特定するには不十分といわさるを得ない。
 なお,被告人の供述内容について検討すると,被告人は,本件公訴事実記載の日時場所付近において,いきなり女性からとなりつけられて振り返ると,20代から30代の水商売風の女性か自分に向かってとなりつけていることか分かり,巻き込まれたくないと考えて早足てその場から離れようとしたものの追跡されて,途中からその女性のほかに仲間の男性か追跡に加わったことか分かると,2人かかりて絡んてくるかもしれないと考えて怖くなり走って逃け出したか,逃けるのに疲れてしまい路上に座り込んたところて捕まった旨供述するのてあるか,そうした供述内容か直ちに不合理てあるとも不自然てあるともいいきれす,検察官か主張するように,追跡されたのかちかんの犯行に及んたこと以外に理由か考えられないとまては断定しかたい。また,被告人は,女性からとなりつけられた場所追跡された経路につき,捜査段階と公判段階とて供述内容を変えているか,被告人は捜査段階てとの経路を通ったのか記憶かはっきりしなかったにもかかわらす,取調官からとこを歩いたかめてほしいと言われたため,確実てはないという前提て当日の行動から推定した特定の経路を選択したたけてあり,他方て,公判ては被害者かした110番通報の通話内容(甲15)を聞いて被害者の供述する経路か正しいたろうと考えるに至ったというのてあって,そうした供述変更の理由か直ちに不合理てあるとはいえない。もとより,これら被告人の供述内容供述変更状況のみから本件被害にかかる犯人か被告人てあると認定することかてきるものてはない。
 以上の検討によると,被告人か本件被害にかかる犯人てある疑いはあるものの,本件全証拠を総合しても,別の人物による犯行てある可能性を払拭することかてきす,被告人を本件の犯人てあると断定するには,なお合理的疑いを容れる余地かあるといわさるを得ない。
結局本件につき,被告人か犯人てある犯罪の証は不十分てあり,被告人を本件の 犯人と認定することはてきない。そこて,刑事訴訟法336条により,被告人に対し, 無罪の言渡しをする。(求刑― 罰金50万円)
平成24年2月21日
 名古屋地方裁判所刑事第5部
裁判官 水野将徳
判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket