平成23年(わ)第363号 自動車運転過失致死傷被告事件 判主文 被告人を禁錮5年4月に処する。
未勾留日数中60日をその刑に算入する。
 理由
(犯罪事実) 被告人は,平成23年2月15日午後4時56分頃,中型貨物自動車を運転し,静岡県浜松市北区三ヶ日町三ヶ日地内東名高速道路下り線253.9キロホスト先 道路を,浜松西インター方面から豊川インター方面に向かい進行中,連日の勤務に よる疲労のため眠気を覚え,前方注視か困難な状態になったのてあるから,直ちに 運転を中止して眠気を解消した後に運転を継続すへき自動車運転上の注意義務かあ るのにこれを怠り,漫然前記状態のまま運転を継続した過失により,同日午後5時 6分頃,愛知県豊橋市賀茂町地内東名高速道路下り線266.5キロホスト先道路 に差し掛かった際に仮睡状態に陥り,そのまま自車を時速約80ないし90キロメ ートルて進行させて,その頃,同市賀茂町地内東名高速道路下り線267.1キロ ホスト先道路において,折から,渋滞のため停止中のA運転の普通乗用自動車に自 車前部を衝突させて,A運転車両をはしき飛はして中央分離帯カートレール等に衝 突させ,次いて,A運転車両の前方て停止中のB運転の普通乗用自動車に自車前部 を衝突させ,B運転車両をはしき飛はしてその前方て渋滞停止中のC運転の普通乗 用自動車後部に衝突させ,さらに,C運転車両の前方て低速度て走行中のD運転の 普通乗用自動車後部に自車を衝突させてD運転車両をはしき飛はし,よって,A運 転車両の後部座席に同乗していたE(当時18歳)及ひF(当時17歳)をいすれ も即時同所においてそれそれ脳挫傷により死亡させ,さらに,A運転車両の助手席に同乗していたG(当時47歳)を同日午後10時5分,同県豊川市光町1丁目 19番地豊川市民病院において出血性ショックにより死亡させたほか,A(当時4 4歳)に対し加療約3週間を要する頭部挫創等の傷害を,B(当時49歳)に対し 加療約2週間を要する左肋骨骨折等の傷害を,C(当時27歳)に対し加療約1週 間を要する見込みの頸椎捻挫の傷害を,C運転車両に同乗していたH(当時57歳) に対し加療約1週間を要する見込みの頸部挫傷等の傷害を,D(当時47歳)に対 し加療約10日間を要する見込みの両手挫傷等の傷害を,D運転車両に同乗してい たI(当時39歳)に対し全治約17日間を要する見込みの頸部挫傷等の傷害を, それそれ負わせた。(証拠) 省略
(法令の適用) 省略
(量刑の理由) 本件は,被告人か,中型貨物自動車を運転して運送業務に従事中,高速道路て居眠り運転をしたため,渋滞て停止していた前方車両に被告人運転車両を追突させた ほか,上記停止車両よりも更に前方に位置していた2台の前方車両にも被告人運転 車両を次々と追突させ,3名死亡,6名負傷の結果の事故(以下「本件事故」という。) を引き起こした自動車運転過失致死傷の事案てある。過失の内容は,居眠り運転という運転手に課せられた基本的な注意義務違反てあ り,被告人の一方的な過失てある。そもそも高速度運転においては,僅かな運転操 作上のミスてさえも重大な危険を発生させかねないか,被告人は,職業運転手とし て,積載物を抱えて相当な重量になっていた事業用の冷蔵冷凍車を運転していた。
 したかって,被告人か細心の注意を払って適切な運転を遵守しなけれは,高速度運 転と相まって車両自体か走る凶器となり,甚大な事故を引き起こしかねない危険性 をはらんていたことはらかてある。しかるに,被告人は,眠気を催していたにもかかわらす,運転を中止せす,仮睡状態に陥ったため,被告人運転車両を高速度て 走行させたまま,かつフレーキをかけることもなく,前方車両に追突させたものて ある。いかに危険性の高い行為てあったかは,追突態様各車両の破損状況からも 十分うかかい知ることかてきる。以上の次第て,本件の過失は誠に重大てある。本件事故により,3名の尊い生命か失われている。亡くなったE,F及ひGは, いすれもA運転車両に同乗し,共に東京ティスニーリソートへ遊ひに出掛けた帰り に被害に遭った。Eは,小学校の頃から野に親しみ,高校ては投手として活躍し, 大学進学後も野を続ける予定てあったし,Fは,中学,高校と陸上部て頑張り, 大学進学後はスホーツ科学科て学ふ予定てあった。両名とも10代の若さて突然そ の人生を終わることを余儀なくされたものてあり,その無念さは察するに余りある。 Gは,Fの母てあり,仕事をしなから子育ても頑張る女性てあったか,最愛の娘と ともに自らも無念の死を遂けなけれはならなかった。かけかえのない家族を失った 遺族の悲しみは筆舌し難く,被告人に対して最低ても法律て定められた最高刑を望 むなと,当然のことなから,処罰感情には大変厳しいものかある。また,本件事故 により,6名の被害者か傷害の結果を負っているか,受傷自体の肉体的苦痛はもち ろん,追突時に受けた衝突の恐怖,カソリンか漏れて車体か燃えるのてはないかと いう不安なとを経験し,怖くて自動車の運転をしたくないと述へている被害者もい るなと,精神的苦痛も相当大きい。ところて,被告人は,連日の勤務により疲労し,特に前日の休日出勤ては雪の影 響て帰宅時間か大幅に遅れたため,睡眠時間にも影響か生した様子も認められるか ら,疲労の原因まて,被告人のみか責められるへき立場にあるとはいえない。もっ とも,被告人は,運行行程等の細部まて会社から指示されていたものてはなく,運 行行程,休憩時間,休憩場所等については,被告人の判断に任されていたものてあ り,本件事故の5日ほと前に風邪の自覚症状か出た際には,勤務先に体調不良を申 告し,上司から早く帰って休んてよいと言われて,これに従っている様子なとも認 められる。しかるに,被告人は,本件事故当日,眠気を催し,サーヒスエリアハーキンクエリア等の具体的な休憩場所を認識していたにもかかわらす,岡崎インタ ーチェンシ付近て渋滞に巻き込まれることを懸念し,運転しなから眠気か解消され るたろうと思ったり,後て一気に休みを取れはよいなとと考え,勤務先に対して体 調の変調を申告することすら試みす,運転を継続していたものてある。そうすると, 眠気を催した後の被告人自身の職業運転手としての対応にもかなり甘さかみられ, 被告人か疲労状態にあったことを理由に,刑事責任を大きく軽減することは相当て はない。加えて,被告人には,複数の交通違反歴かあるほか,平成21年3月にも,カー ナヒケーションの画面に気を取られて一時停止をせすに交差点内に進入するなとの 過失を犯したとして自動車運転過失傷害罪て罰金40万円に処せられた前科もあ る。このような経験を教訓とすることかてきす,本件の過失を犯していることから すると,被告人には交通法規軽視の態度かみられるというへきてある。以上を総合すると,被告人の刑事責任は誠に大きい。
そうすると,被告人運転車両には,勤務先の会社において対人賠償無制限及ひ対 物賠償無制限の任意保険か付されているため,それによって被害者及ひ遺族に対す る補償か行われる見込みてあり,各被害者との間て物損関係の示談か成立している ほか,人損関係の示談も進行中てあること,被告人か犯行を認め,被害者遺族に 対する謝罪文を書いたり,日記にも謝罪,後悔,反省の言葉を綴ったりするなと, 反省している様子か認められること,被告人の父は,被害者遺族の許にお詫ひに 行き,さらに当公判廷にも出廷して被告人の今後の監督を誓約していること,被告 人かいまた20代前半てあることなとの,被告人にとって有利ないし酌むへき事情 を考慮してもなお,被告人の刑事責任の大きさ,特に過失の態様,結果の重大性に 照らし,かつ同種事案とも比較考量した結果,今回は,主文程度の実刑を科した上 て,時間をかけてその内省を深めさせることか必要てあると思料する。よって,主文のとおり判する。
 (求刑-禁錮7年)
平成23年7月8日 名古屋地方裁判所刑事1部
裁判官 鈴木秀雄
判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket