平成22年(わ)第2041号,第2125号 強盗致傷,建造物侵入,窃盗被告事 件判
主文 被告人を懲役6年に処する。
未勾留日数中230日をその刑に算入する。
 理由
(罪となるへき事実) 被告人は,
第1 金品窃取の目的て,平成22年5月10日午前6時10分頃,A株式会社代 表取締役Bか看守する愛知県一宮市CD丁目E番F号にあるA社一宮営業所 に,その南側腰高窓から侵入し,同所において,Bか所有又は管理する現金約 1000円及ひコルフクラフ10本在中のコルフハック1個外3点(時価合計 12万500円相当)を窃取した。第2 同年5月10日午前6時25分頃,同市CD丁目E番G号H方北側月極駐車 場において,同所に駐車中の自動車内から上記Bか所有するコルフクラフ13 本外49点在中のコルフハック1個(時価合計37万8600円相当)を窃取 した。第3 金銭に窮していたことから,カソリンスタントて給油を受けた上,その代金 を支払わないて逃走すること(いわゆる「入れ逃け」)を企図し,同年6月1 5日午前8時44分頃,同県稲沢市I町JK番地にある株式会社L(以下「本 件カソリンスタント」という。)において,同店店長M(当時37歳)からレ キュラーカソリン34.28リットルの給油代金4559円(消費税等を含む。) を請求された際,その支払を免れて逃走すへく,同人か被告人か運転する普通 乗用自動車(以下「被告人車両」という。)の助手席側後部付近に立っている のを認識しなから被告人車両を発進させた上,上記Mか被告人車両を制止するため,その助手席側後部スライトトア(以下「スライトトア」という。)のハ ントル取っ手部分(以下「トアハントル」という。)に手を掛けて同トアを開 け,同人か「またたよー。」なととを掛けるなとしたにもかかわらす,同人 かトアハントルを手てつかんたままているのを認識しなから被告人車両を停止 させることなく同店南側道路まて引き続き進行させ,さらに,同人を引きすっ たまま被告人車両を約35.6メートルにわたり走行させて時速約40キロメ ートルまて加速させ,同人を地面に転倒させる暴行を加え,その反抗を抑圧し て逃走し,もって上記代金の支払を免れて同金額相当の財産上不法の利益を得, その際,上記暴行により同人に約1か月間の加療を必要とする左橈骨遠位端骨 折の傷害を負わせた。(証拠の標目) 省略
(争点に対する判断)
 1 本件の争点
本件の争点は,判示第3の事実について,被告人に強盗致傷罪の実行行為てあ る暴行の故意かあったか否か,具体的には,被告人は,被害者かトアハントルを 手てつかんたまま被告人車両を進行させ,被害者を引きすったまま被告人車両を 加速させることを認識していたか否かてある(なお,本項において「本件」とい うのは判示第3の事件を指す。)。2 被害者の証言の信用性について 本件の被害者てあるMは,公判廷て被害当時の具体的な状況等について証言するのて,その信用性について検討する。
 Mは,被告人車両への給油作業終了後,被告人車両か動き出し,右手てスライトトアのトアハントルをつかんたところ,スライトトアか開き,「またたよー。」 なととを掛けたか,被告人車両は停止せす,一旦歩道のところて止まったもの の,そのまま急発進したため,トアか全開となって体か引きすられるようになったなとと証言するか,その証言内容に殊更不自然なところはないし,証人として わさわさ虚偽の供述をする動機も見当たらない。また,この被害状況は,本件を 目撃していたNの証言とも概ね一致しており,両者か事件後に供述をすり合わせ た形跡も認められない。弁護人らか指摘するとおり,Mは,スライトトアの開き 方について,当初半開きたったと述へたのに対し,後に全開たったと述へており, 供述内容か変わっている。しかし,Mは,実際に被告人車両を用いた実況見分の 結果,スライトトアにしかみついた状態て被告人の姿か見えたという記憶かある ため,その状況に合致するようにスライトトアは全開たったと供述するようにな ったというのてあり,被告人の姿を見たという供述は一貫していることに加え, スライトトアの開き方についてはN証言とも一致することから,不合理な変遷か あるとはいえない。以上からすると,弁護人らのその余の指摘を考慮しても,M証言は信用するこ とかてきる。3 推認の前提となる事実 M証言を中心とする関係証拠により認められる事実に加え,被告人か自認し,弁護人らも争わない事実は,以下のとおりてある。 被告人は,当初からいわゆる「入れ逃け」の目的て,本件カソリンスタントに入店し,運転席窓を全開にして,上記Nに給油を依頼した。 Mは,被告人車両助手席側後部にある給油口の付近に立って給油作業を行い,給油口の蓋を閉めているときに,被告人車両か動きたしたのて,被告人に聞こえ るように普段より大きなて「またたよー。」とを掛け,さらに,スライトト アのトアハントルを右手てつかんたところ,スライトトアか開いたため,再度, 大きなて「またたよー。」とを掛けた。その後,被告人車両は歩道上て一旦停止した後,急発進して大きくふくらむよ うに左折して本件カソリンスタント南側道路に進行した。このとき,Mかトアハ ントルをつかんたままてあったため,スライトトアは全開となり,Mは引きすられるような状況となった。
 4 検討
そこて検討すると,被告人は元々,いわゆる「入れ逃け」をしようと考えてい たというのてあるから,このような場合,逃走時に店員の動向に最も関心を向け るのか通常てあると考えられることから,被告人か給油時から逃走を開始し,逃 走に成功したといえるまての間,後方,特に店員かいるスライトトア付近に注意 を払っていたものと考えるのか自然てある。また,Mは,スライトトアか大きく 開いたときを含めて少なくとも2回,普段より大きなてを掛けており,被告 人の聴力か多少低下していたとしても,被告人もそのを聞いたはすてある。そ の上,車両内の音るさ等の変化により,被告人は,スライトトアか開いたこ とに当然気付いたはすてある。以上からすれは,被告人は,被告人車両を発進させた際,Mか近くにいて,そ の後,Mかスライトトアにしかみつき,ひきすられたままていることを認識した ものと推認される。そして,このような認識を有しなから,本件の運転行為に及んた被告人に,暴 行の故意かあったことはらかてある。5 被告人の弁解について これに対し,被告人は,スライトトアか開いたり,Mかを掛けてきたのは気付かなかった,給油か終わるのを左サイトミラーて確認した後は,左後方を確認 することは一切なかったなとと供述する。しかし,被告人か,当初から,いわゆる「入れ逃け」をするつもりたったこと からすると,左後方を全く確認しなかったというのは不自然てある。また,被告 人は,日常生活に支障を来すほとの聴力の低下かあったとまては認められす,M のか聞こえなかったという点も不自然てある。その上,被告人か供述する運転 態様は,信用てきるM証言の内容とも大きく異なっている。その他弁護人らか被 告人の供述の信用性に関して主張するところもいすれも採用することかてきす,被告人の弁解は信用てきない。
 6 結論
以上によれは,弁護人らの主張はいすれも採用てきす,被告人に暴行の故意か あったと認められ,被告人には強盗致傷罪か成立する。(法令の適用) 被告人の判示第1の所為のうち,建造物侵入の点は刑法130条前段に,窃盗の点は同法235条に,判示第2の所為は同法235条に,判示第3の所為は同法2 40条前段にそれそれ該当するところ,判示第1の建造物侵入と窃盗との間には手 段結果の関係かあるのて,同法54条1項後段,10条により1罪として重い窃盗 罪の刑て処断し,各所定刑中判示第1及ひ第2の各罪についてはいすれも懲役刑を, 判示第3の罪については有期懲役刑をそれそれ選択し,以上は同法45条前段の併 合罪てあるから,同法47条本文,10条により最も重い判示第3の罪の刑に法定 の加重をした刑期の範囲内て被告人を懲役6年に処し,同法21条を適用して未 勾留日数中230日をその刑に算入し,訴訟費用については,刑事訴訟法181条 1項たたし書を適用して被告人に負担させないこととする。(量刑の理由) 本件は,車上生活をしていた被告人か,金に困って犯した判示第1の建造物侵入,窃盗(事務所荒らし),判示第2の窃盗(車上荒らし)及ひ判示第3のカソリンス タントにおいていわゆる「入れ逃け」をしようとして逃走した際に,従業員を負傷 させた強盗致傷の事実からなる事案てある。判示第3の犯行は,交通量の多い道路て,被害者かトアハントルをつかんている ことを認識しなから,約35.6メートルにわたり自動車を走行させ,時速約40 キロメートルまて加速させて被害者を引きすったというものてあって,成行きによ っては振り落とされた被害者か被告人車両又は後続車にひかれて死に至る危険性も あった非常に危険て悪質な行為てある。被害者は,たまたま加療約1か月間の骨折 て済んたものの,その後長期間の不便を余儀なくされ,仕事にも支障を来したことを考えれは,傷害結果には重いものかある。治療費を含めて被害者に生した財産的 損害も軽視てきす,被害者か厳しい処罰を望んていることももっともてある。これ に対し,被告人は,被害者には気付かなかったと不合理な弁解に終始しており,反 省の態度は窺えない。判示第1及ひ第2の各犯行については,被害結果は合計て50万円を超える多額 なものてある上,事務所トアのカラスを割って侵入するなと,その態様も悪質てあ る。被告人は,車上て生活するようになった後,約2か月間のうちに,生活費欲し さカソリンを入手するために安易に判示各犯行に及んており,その動機は誠に身 勝手なものというへきてあり,強い非難に値する。他方,判示第1の被害品てあるコルフハック一式及ひ判示第2の被害品てある給 油カートのクレシット利用分については被害弁償かなされ,その他の被害品につい ては還付され,あるいは還付される見込みてあること,判示第3については,当初 から強盗致傷に及ほうとするまての計画性は認められないこと,被告人の父親か監 督を誓約していること,被告人に前科かないことなと,被告人のために酌むことか てきる事情も認められる。以上を総合して,被告人に科すへき刑について検討する。判示第3の強盗致傷罪 については,その犯行態様の危険性,傷害結果の重さ,身勝手な動機なとからする と,その刑事責任には重いものかあるというへきてあり,加えて判示第1及ひ第2 の各犯罪の刑事責任も軽視することはてきない。そうすると,本件は酌量減軽すへ き事案てあるとは認められないか,上記の被告人のために酌むことかてきる事情の ほか,弁護人らか指摘する事情を考慮して,主文の刑を科するのか相当てあると判 断した。(求刑・懲役8年) 平成23年6月28日
名古屋地方裁判所刑事第2部
裁判長裁判官
裁判官
伊藤 納
谷口 吉伸
裁判官 塚田久美子
判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket