平成22年(ワ)第1672号 損害賠償請求事件 主文
1 被告Y1は,原告X1に対し,615万円及ひこれに対する平成21年10 月15日から支払済みまて年5分の割合による金員を支払え。2 被告らは,原告X2に対し,連帯して,850万円及ひこれに対する平成1 9年11月8日から支払済みまて年5分の割合による金員を支払え。3 原告らのその余の請求をいすれも棄却する。
4 訴訟費用中,原告X1と被告Y1との間に生したものについてはこれを10分し,その9を被告Y1の負担とし,その余を原告X1の負担とし,原告X2 と被告Y1及ひ被告Y2との間に生したものについてはこれを5分し,その1 を被告Y1及ひ被告Y2の負担とし,その余を原告X2の負担とする。5 この判決は,1,2項に限り,仮に執行することかてきる。
 事実及ひ理由第1 請求
1 被告Y1は,原告X1に対し,690万円及ひこれに対する平成21年10月15日から支払済みまて年5分の割合による金員を支払え。
2 被告らは,連帯して,原告X2に対し,4507万9336円及ひ内4000万円については平成19年11月8日から,内507万9336円について は,被告Y2は平成21年10月9日から,被告Y1は同月15日から,それ それ支払済みまて年5分の割合による金員を支払え。3 訴訟費用は被告らの負担とする。
4 仮執行宣言
第2 事案の概要等
1 事案の概要
本件は,原告らか,原告X2か被告らの運営していた私設更生施設に入所中 に,被告らに監禁され,被告らから頻繁に激しい暴行を受け,被告らによって強制的に労働させられたと主張して,被告Y1との間て原告X2の同施設への 入所契約を締結した原告X1か,上記のような被告らの原告X2に対する行為 は入所契約上の債務不履行にあたるとして,被告Y1に対し,債務不履行に基 つく損害賠償として,支払済みの入所契約の報酬分の損害金690万円及ひこ れに対する平成21年9月14日付け原告ら準備書面送達の日の翌日から民法 所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求め,原告X2か,上記のよう な被告らの行為により肉体的・精神的苦痛を受けたと共に最低賃金相当額の損 害を受けたとして,被告らに対し,不法行為に基つく損害賠償として,肉体的 ・精神的苦痛に係る損害金4000万円及ひこれに対する損害発生の日から民 法所定の年5分の割合による遅延損害金並ひに最低賃金相当額の損害金507 万9336円及ひこれに対する本件訴状送達の日の翌日から民法所定の年5分 の割合による遅延損害金の支払を求める事案てある。なお,被告Y2は,適式の呼出しを受けたのに,本件口頭弁論期日に出頭せ す,答弁書その他の準備書面を提出しない。2 争いのない事実等(被告Y2は,これらの事実を争うことを明らかにしない ものと認め,これを自白したものとみなす。)(1) 当事者等
原告X2は,平成元年7月27日生まれの男性てあり,原告X1は,原告 X2の父てある。被告Y1は,昭和60年ころ,京都府船井郡京丹波町(以下略)所在の甲 寺敷地内において,「青雲塾」という名称の私設更生施設を開設して運営を 開始し,その後,「丹波ナチュラルスクール」と改称した上て同施設(以下, 改称の前後を通し「本件施設」という。)を運営してきた者てある。被告Y2は,本件施設の責任者として,本件施設の運営にあたっていた者 てある。A(以下「A」という。)は被告Y1の長女てあり,B(以下「B」という。)はAの夫てある。
 C(以下「C」という。)は被告Y1の次女てあり,コンヒニエンスストアを経営していた者てある。
(2) 原告X1は,平成17年10月ころ,本件施設の関係者に対し,本件施設についての問い合わせをした。
(3) 原告X1は,同月10日,被告Y1との間て,被告Y1か原告X2を本件施設において生活させ,原告X2に対し更生に向けた生活指導を実施する ことを内容とする契約を締結し(以下「本件入所契約」という。),同月31 日,被告Y1に対し,原告X2を本件施設に入所させるために必要な費用と して300万円(入塾金250万円及ひ出張費50万円の合計)を支払った (甲1~3)。(4) 原告X1は,平成17年10月31日,同年11月8日,同年12月5 日,平成18年1月5日,同年2月6日,同年5月6日,同年6月8日,同 年7月5日,同年8月10日,同年9月8日,同年10月6日,同年12月 6日,平成19年1月4日,同年3月6日,同年4月7日,同年5月4日, 同年6月7日,同年7月6日,同年8月3日,同年9月8日及ひ同年10月 5日,被告Y1に対し,1か月分の原告X2の生活費として,各15万円を 支払った(甲3,4の1~8・10・12・13・15・16・18~24)。(5) D,E,F及ひGの4名(以下この4名を「Dら4名」という。)は,平 成17年10月10日,原告らの自宅を訪れ,原告X2を自宅外に連れ出し た上て普通乗用車に乗せて本件施設に連れて行った。(6) 原告X2は,平成19年3月22日ころ及ひ同年4月22日ころ,本件 施設からの逃亡を図ったか,いすれも失敗し,被告ら及ひ本件施設の関係者 により本件施設へ連れ戻された。(7) 原告X2は,同年11月8日,本件施設からの逃亡を図ったところ,成 功し,同月10日,原告らの自宅へ帰り着いた。(8) 京都地方検察庁検察官は,平成20年から平成21年にかけて,被告Y 1を,原告X2に対する逮捕監禁及ひ監禁を含む,傷害,逮捕監禁,監禁の 罪て起訴し,被告Y2を,原告X2に対する逮捕監禁及ひ監禁を含む逮捕監 禁,監禁の罪て起訴し,当庁は,平成21年8月21日,被告Y2に対し, 同人を懲役2年6月に処し,未決勾留日数中140日をその刑に算入すると の判決を言い渡し,同年9月5日,同判決は確定した(甲16)。また,当 庁は,平成22年1月28日,被告Y1に対し,被告Y1を懲役3年6月に 処し,未決勾留日数中200日をその刑に算入するとの判決を言い渡した。
 被告Y1はこの判決について大阪高等裁判所に対し控訴したか,同裁判所は, 同年7月21日,被告Y1の控訴を棄却するとの判決を言い渡し,同年8月 5日,上記の当庁の判決は確定した(以下,被告Y1を被告人とする一連の 刑事事件を,審級を通して「本件被告事件」という。)(甲13~16)。(9) 原告X1は,平成21年10月14日,被告Y1に対し,同年9月14 日付け準備書面をもって,本件入所契約を解除するとの意思表示をした。3 争点(被告Y2は,各争点についての原告らの主張を争うことを明らかにし ないものと認め,これを自白したものとみなす。)(1) 被告らによる原告X2に対する暴行,監禁及ひ虐待
(原告らの主張)
ア Dら4名は,平成17年10月10日,被告らの指示を受けて原告X2 の連れ出しを実行した。Dら4名は,その際,原告X2の両手首に手錠をかけ,その身体を抱え て無理矢理自宅の外に連れ出し,原告X2を普通乗用車の後部座席に押し 込み,D及ひEか原告X2の両側に,Gか運転席に,Fか助手席にそれそ れ乗車して,原告X2を連行する形て本件施設に向けて普通乗用車を発進 させた。原告X2は,原告らの自宅から本件施設に至るまて,手錠をかけ られたままの状態か続いていた。イ 原告X2は,同日,本件施設に到着後,本件施設の塾長室において被告 Y1と面談した。被告Y1は,その際,原告X2に対し,顔面や腕を警棒 て六,七回殴打するなとの暴行を加えた。ウ 被告らは,同日,原告X2を,本件施設の敷地内にあったフレハフ建物 (以下,平成18年中に増築されたフレハフ建物を含めて「本件建物」と いう。)の2階の,男子入所者を収容している部屋に入れた。本件建物の 2階の各部屋の窓には格子かはめられており,被告らは,昼間は原告X2 を含む入所者の行動を監視し,夜間には,本件建物自体に外から鍵をかけ るなとして,原告X2を監禁状態に置き,原告X2か本件施設からの脱走 に成功した平成19年11月8日まての約2年1か月にわたり,この状態 を継続した。エ 被告らは,本件施設の入所者(以下「入所者」という。)に対し,次の ような生活を強制していた。(ア) 午前7時40分に起床し,午前8時40分から作業に入る。朝食は出されす,朝食抜きて作業に入るのか常てあった。作業の内容としては, 電機製品の組立て,段ホールの組立て,生花や球根の包装及ひチラシの 折込みといった内職作業や,農作業,草むしり及ひ雪かきといった屋外 ての作業かあった。(イ) 作業の途中の午前11時ころには食事の時間か設けられていたか, 支給された弁当は,Cか経営していたコンヒニエンスストアて保存期限 か切れて廃棄処分とされたものてあった。このように保存期限か切れた 弁当の中には,悪臭か漂い,腐敗したものも存在した。また,食事は二, 三分て済ませなけれはならす,時間内に食へられなかった分については, 被告らによりすへて没収されて廃棄されてしまった。被告らは,食事の後も入所者に対して作業の継続を強制し,一日の作 業の終了後,午後6時ころからは食事の時間としていたか,そこての食事もカッフラーメンか,Cの経営していたコンヒニエンスストアて保存 期限か切れて廃棄処分とされた弁当てあった。被告らは,夕食後,その日の作業か終了していない者に対し,就寝時 間てある午後10時まて作業を継続させた。(ウ) 入所者か本件施設て入浴てきたのは1週間に一,二回程度てあり, しかも,二,三分程度の時間に限定されていたため,入所者は清潔とは ほと遠い状態て,身体中か悪臭にまみれている状態てあった。また,被告らは,入所者に対し,入所者全員かトイレを済ませてから てなけれはトイレを流してはいけないと命令しており,本件施設のトイ レには相当な悪臭か漂っていた。その上,夜間には,本件建物に外から 鍵かかけられ,本件建物内にトイレかないために,入所者はハケツをト イレ代わりに使用していた。(エ) 被告らは,入所者に対し,着衣としてTシャツ又はワイシャツしか 与えす,これらの交換は,夏季は2日に1回,冬季は1週間に1回程度 にすきなかった。入所者は,薄着てあることから,特に冬季には耐え難 い寒さに襲われることになった。また,被告らは,入所者の就寝時,薄い布を1枚与えるたけて,その 他の布団や毛布を与えることはなく,やはり入所者は冬季には耐え難い 寒さに襲われることになった。オ 被告らは,入所者に対し,日常的に,警棒て頭部や手足を殴打するなと の暴行を加えていた。原告X2も,入所後約半年にわたる期間は,ほほ毎 日被告らから暴行を受けていた。また,被告らは,原告X2に対し,壁に 向かって一日中立ち続けることを命令することかあったか,その際も,原 告X2か疲れて倒れたり,原告X2の姿勢か崩れたりすると,原告X2に 対し警棒て殴打するなとの暴行を加えた。被告らは,平成17年12月31日,原告X2の内職作業か遅いことを 理由に,原告X2を,雪の降る中,本件施設の屋外に,ハンツ1枚の姿て 二,三時間にわたり立たせ続けた。これにより,原告X2は凍死する寸前 の状態に陥った。
また,被告らは,平成18年2月ころ,原告X2の作業か遅いことを理 由に,原告X2を,雪の降る中,本件施設の屋外の木にハンツ1枚の姿て 手錠て縛り付けるということを行い,これにより,原告X2は凍死寸前の 状態に陥り,足に凍傷を患った。カ 原告X2は,平成19年3月22日,本件施設における被告らによる暴 行に耐えきれなくなり,本件施設からの逃亡を図った。しかし,被告らは, 同日夕方ころ,本件施設から逃けたそうとしていた原告X2を発見し,他 の入所者に原告X2を捕まえるように命令し,原告X2は本件建物の外に 出たところて捕まった。被告らは,同月23日,本件建物内において,他 の入所者か周囲にいる状態て,原告X2に対し,素手て顔面や腹を殴打し, 倒れ込んた原告X2を足蹴にするなと,合計数十発の暴行を加えた。原告X2は,同年4月22日にも,本件施設からの逃亡を図った。原告 X2は,本件施設の敷地外の道路まて逃けることかてきたか,他の入所者 四,五名は原告X2を追跡し,被告Y1も軽トラックに乗って原告X2を 追跡し,最終的に原告X2を捕まえた。被告Y1は,原告X2を捕まえた 直後,原告X2に対し,木刀て身体中を数十発殴打する暴行を加え,原告 X2は,頭からも出血した。なお,原告X2か本件施設に入所中に病院て診察を受ける際には,常に 被告Y2らか付き添い,原告X2に対して自由な発言を禁していたから, 医師の診断は,原告X2か自分の置かれている状況や病状について十分な 説明をすることかてきない中て行われたものにすきない。(被告Y1の主張)
ア 原告X1と本件入所契約を締結した被告Y1の依頼を受けたDら4名は,平成17年10月10日,原告X2を自宅から普通乗用車に乗せて, 本件施設まて連れて行った。原告X2か暴れるおそれかあったために,D ら4名は,車内ては原告X2に対し手錠を使用していた。イ 被告Y1は,原告X2か本件施設に到着した際に原告X2と面談した。
 原告X2は,このとき,被告Y1の話を全く聞こうとしていなかったため, 被告Y1は,原告X2の注意を促すために,目の前にあったこたつを警棒 てたたいて音を出し,話を聞くように大きな声て叱った。しかし,その後,被告Y1か原告X2に対して原告X2か本件施設に連 れてこられた理由について説明しようとしても,原告X2はこれを聞くよ うな状態てはなかった。このため,被告Y1は,原告X2に対しては一定 程度時間をかけて指導していくほかないと考えて,その場てはそれ以上の 話をしなかった。ウ 被告Y1は,入所者か本件建物を抜け出して何らかの事故に遭うことを 防止するために,本件建物の窓には格子を取り付け,夜間は鍵をかけてい た。しかし,緊急時の対応のために宿直担当者を配置し,入所者に何かあ れは被告Y1に対して連絡することとしていた。エ 本件施設における入所者の生活は,次のようなものてあった。(ア) 本件施設における入所者の生活スケシュールは,日によって作業や勉強なとの内容か異なっていたため,常に一定というわけてはなかった か,午前7時40分ころに起床し,午前9時ころから内職の作業(主に 電機部品の組立て),農作業及ひ寺の境内の清掃を行い,入所者によっ ては勉強をすることとしていた。入所者からの希望もあって,朝食は食 へないこととなっていたため,昼食は午前11時ころからとなっていた。 その後,休憩を挟んて午後の作業等を行い(開始する時間はまちまちて あったか,午後1時ころから開始することか多かった。),遅くとも午後 4時ころまてには作業を終了して,夕食及ひ入浴を経て,その後は居室てテレヒを見るなとして自由に過こすこととしていた。なお,被告らか 昼間に入所者を間断なく監視していたことはないし,入所者に対して夕 食後の作業を強制することもなかった。(イ) 入所者は,本件建物の食事室て食事を取ることか多かったか,境内 て入所者同士て輪になって和気あいあいと食事をすることも多く,被告 らは,入所者に対して食事の時間を制限したことはない。食事の内容についても,コンヒニエンスストアの弁当を出すこともあ ったか,被告Y2か調理した丼ものや焼き魚なとを食へさせることもあ った。なお,コンヒニエンスストアの弁当については,Cか経営してい たコンヒニエンスストアから消費期限か間近に迫ったものをもらい受け て出していたか,実際に傷んていたり腐っていたりしたものを入所者に 対して出したことはない。また,平成19年6月ころ以降になると,Aか入所者の食事の準備を 担当することになり,栄養のハランスを考慮して,コンヒニエンススト アの弁当てはない食事の割合か増加していった。(ウ) 入所者は,冬場て屋外の作業かなく汗をかかないような場合を除き, 基本的に毎日入浴していたし,被告らは入所者に対し入浴時間を制限し ていなかった。また,入所者か,てきるたけ決まった時間にまとめてトイレに行くよ うにするというルールを決めていたようてはあるか,被告らかそのよう な内容の指示又は命令をしていたことはない。したかって,入所者の身体に悪臭か漂っていたり,トイレか不潔な環 境てあったりといったことはなかった。(エ) 被告らは,季節に合わせて入所者の保護者から服を送ってもらうな として,入所者には一般的な服装をさせるようにしており,冬にTシャ ツたけて過こさせていたようなことはない。また,被告らは入所者に対して布団や毛布を与えており,入所者は本 件建物の居室のエアコンを自由に使用していた。オ 被告Y1は,入所者かましめに作業に取り組もうとしないなと,更生に あたって問題となる行動をとり,叱っても聞かないような場合には,平手 打ちをするなとの体罰を加えることかあった。もっとも,被告Y1は,入 所者に対して何ら理由もなく暴力をふるうことはなかったし,その程度に ついても,警棒なとて強く殴るようなことはなく,平手打ち(ひんた)も けかをさせるような強度のものてはなかった。これは原告X2に対しても 同様てあり,被告らか,原告X2に対して日常的に暴行を加えたり,入所 後半年間にわたり毎日暴行を加えたりしていたことはない。被告Y1は, 原告X2か作業にましめに取り組もうとしなかった際に,原告X2に対し 壁に向かって立たせる罰を加えたことかあるか,最も長いときても2時間 程度てあり,一日中立たせるようなことはなかった。また,被告らは,平成17年12月31日に原告X2を雪の中てハンツ 1枚の姿て立たせていないし,平成18年ころに原告X2をハンツ1枚の 姿て屋外の木に手錠て縛り付けてもいない。本件施設は,甲寺の境内にあ り,甲寺には檀家の人々か日常的に多く訪れており,特に大晦日てある平 成17年12月31日にはほとんとひっきりなしに檀家の人々か訪れてい たから,そのような日に被告らかそのような異様なことをするわけかなく, 仮にそのようなことかあったとすれは,この時点て警察への通報か行われ ているはすてあるか,そうした事実もない。カ 原告X2には,もともと本件施設に入所した当初から,正常てはない言 動かみられることかあったか,上記の脱走未遂に先立つ平成18年8月こ ろからは,以前にも増して意味不明の言動かみられるようになり,本件施 設においても意味不明の発言をしていた。原告X1及ひ原告X2の姉は, 同年10月ころに本件施設を訪れて原告X2と面会したか,このとき,原告X2は自分の父親や姉を認識することかてきなかった。このため,原告 X2は,同年11月9日に乙病院の精神科て診察を受けたか,このとき, 原告X2は,幻聴体験を推定させる訴えをしており,さらに加害念慮及ひ 自殺念慮を訴えた。このため,同病院の医師は,原告X2について,「軽 度知的障害,反応性精神病又は統合失調症」てあると診断した。原告X2 の加害念慮及ひ自殺念慮はその後も平成19年6月まて続いていた。原告X2は,こうした精神状況の下て,同年3月及ひ4月の2度にわた り,本件施設からの逃亡を試みたか,いすれも,被告Y1や他の入所者か 近くにいる中て突然走って逃けたそうとしたという稚拙なものて,近くに いた入所者か取り押さえるなとして失敗に終わった。このとき,原告X2 には,周囲の人の気を引こうとしたような節も見受けられた。被告らは,いすれの脱走の際も,逃けようとする原告X2を押さえつけ たことはあったか,殴ったり蹴ったりといった暴行を加えてはいないし, 木刀て殴りつけてもいない。(2) 親権者の承諾又は監護権の委託 (被告Y1の主張)
被告Y1は,平成17年10月6日ころ,本件施設を訪れた原告X1に対 し,本件施設ては,入所者か悪いことをしたときなと,必要な場合には被告 Y1か入所者に対して「愛のムチ」として体罰を加えることかあることや, 本件施設の入所にあたっては,本人の了解なしに連れて行くことになるから, 本件施設から本件施設の関係者か迎えに行って連れ出すことになり,連れ出 す際には暴れる子供もいるため,事故防止のために手錠なとを使用して実力 て拘束することかあることを説明した。仮にこのような説明の存在か認められないとしても,原告X1は,本件入 所契約の締結に際して,原告X2の生活や原告X2に対する指導方法につい ては被告Y1に委ねていた。したかって,本件入所契約の中には,原告X1か被告Y1及ひ本件施設の関係者に対して懲戒権及ひ居所指定権を含む包括 的な監護権を委託するとの内容か含まれていたものてある。したかって,Dら4名か原告X2を本件施設に連れて行く際に手錠をかけ たのも,被告らか本件施設の居室を夜間に外から施錠していたのも,原告X 2の親権者てあった原告X1から包括的な監護権を委託されていた被告Y1 か,原告X2の更生のために必要な行為を,事故防止という正当な目的のた めに,社会通念上相当な範囲内て行ったものてあるから,いすれも違法性か ない。(原告らの主張) 被告Y1は,本件入所契約締結の際,原告X1に対して,原告X2の連れ出し方について,「暴れたらくくることもあります。」と説明をしたことはな く,原告X1か,原告X2の連れ出しの際に被告ら又は本件施設の関係者か 原告X2に手錠をかける等の行為をすることを了承していたことはない。また,被告Y1は,本件入所契約締結の際,原告X1に対して,「愛のム チをすることもあります。」なとと説明をしたことはなく,原告X1か,被 告Y1か原告X2に対し体罰を加えることを了承していたことはない。(3) 本件入所契約の債務不履行解除 (原告X1の主張)
ア 次のような事情に照らせは,本件入所契約は,被告Y1か,原告X2を 本件施設に入所させて原告X2に対して最善の教育を行い,原告X2を更 生させることを内容としていた。(ア) 被告Y1は,インターネット上において,本件施設を,京都の寺院 の境内の写真を掲載し,「京都府船井郡京丹波町(以下略)の山の懐に いたかれた甲寺内に子供達を預かり,共に生活することて,彼らの心の 回復を目指す」及ひ「塾て暮らして全寮制の高校に行ける。ナチュラル スクールて訓練後,社会に復帰(就職)てきます。」なとの文言により宣伝していた。
(イ) 被告Y1は,平成17年10月6日,本件施設内において原告X1と面談した際,原告X1に対し,「当スクールては,特待生として全寮 制の高校にも行かせるし,大学も九州大学なとにも進学している。X2 君かスクールに来たときには,なせここに来たのかということについて, X2君か納得てきるように話をする。」と述へ,本件施設に入所した後 の日程表を見せなから,「ここては勉強や座禅なとをしていく。私の親 は保護司をしており,私かあとを継いてこのスクールを運営し,20数 年の実績かある。私自身は寺の住職をしており,頼まれて地方に講演に 行くことも多く,1回につき100万円の講師料をいたたいている。」 と述へた。(ウ) 原告X1は,上記(ア)の宣伝内容や,上記(イ)のような被告Y1の 言動を信用し,被告Y1との間て本件入所契約を締結するに至った。イ しかし,被告Y1は,本件入所契約に基ついて原告X2を入所させた後, 原告X2を本件施設内に監禁し,暴行によって労働を強制していたものて あって,このような行為は,原告X2に対する教育と呼へるようなものて はなく,原告X2の更生を阻害するものにすきなかった。したかって,被告Y1は,本件入所契約に基つく義務を何ら履行してい ない。ウ また,被告ら及ひ本件施設の関係者による,本件施設内ての暴行及ひ監 禁等の事実か平成20年9月9日に露呈し,被告らか傷害容疑て逮捕され, 本件施設は閉鎖となった。その後,本件施設の関係者8名か逮捕され,こ れにより,本件施設の運営の継続及ひ今後の運営再開は完全に不可能な状 態となった。したかって,被告Y1の本件入所契約に基つく債務は,現在ては履行不 能の状態にある。エ よって,原告X1は,平成21年9月14日付け準備書面の送達をもっ て,本件入所契約を解除するとの意思表示をした。(被告Y1の主張) 原告X1か主張する「最善の教育を行う義務」とは,あまりにも抽象的て,具体的な義務とは言えないし,被告Y1と原告X1との間にそのような義務 についての合意は存在しない。また,本件施設のようなフリースクールへの 入所にあたって,「更生」という結果を約束するような合意もありえない。原告X1及ひ被告Y1の本件入所契約締結時の意思を合理的に解釈すれ は,本件入所契約の内容は,原告X2を本件施設て生活させ,農作業等に従 事させるなとして更生に向けた生活指導を実施するというものてあり,その 期間の定めかないものと解すへきてある。そして,被告Y1はその義務を履 行しているのてあって,そこには何ら債務不履行は存在しない。また,原告X1は,履行不能による解除を主張するか,本件においては, 平成19年11月8日に原告X2か本件施設を脱走し,原告X1か同月10 日に被告Y1に対して原告X2を自宅て生活させるとの意向を示していたも のてあるから,その時点て被告Y1と原告X1との合意により本件入所契約 は終了しているから,原告X1の主張は失当てある。なお,被告Y1か,本件入所契約の締結に先立って,原告X1に対し,被 告Y1の父親か保護司てあったとか,被告Y1自身か寺の住職てあるといっ た説明をしたことはない。(4) 原告X1の損害 (原告X1の主張)
原告X1は,被告Y1に対し,本件入所契約に関して,次のとおりの金銭 を支払っている。ア 入塾金 250万円
イ 出張費 50万円
ウ 生活費 390万円 (平成17年10月から平成19年11月まての2年2か月にわたり,毎月10日限り15万円の支払。)
エ 合計 690万円
被告Y1は,争点(3)についての原告らの主張のとおり,本件入所契約に 基つく債務を何ら履行せす,また,その債務を履行することはもはや不可能 になったものてあるから,上記の支払済みの金銭は,被告Y1の債務不履行 により原告X1に生した損害ということかてきる。(被告Y1の主張) 争点(3)についての主張のとおり,被告Y1の債務不履行については争う。
 原告X1か被告Y1に対し入塾金として250万円,原告X2を自宅から本件施設まて連れ出すのに必要な費用として50万円を支払ったことは認め るか,入所後の毎月15万円の生活費については,原告の提出する証拠て確 認てきる限りにおいてのみ認める。(5) 原告X2の損害 (原告X2の主張)
ア 暴行,監禁及ひ虐待による損害 争点(1)についての原告らの主張のとおり,被告らは,共同して,約2年1か月もの間,原告X2を監禁し,日常的に暴行を加えてきた。
 この結果,原告X2は,身体的にも精神的にも深刻な損害を負い,かかる損害を金銭的に評価した金額は,4000万円を下ることはない。 イ 強制労働による損害被告ら及ひ本件施設の関係者は,原告X2を含む入所者に対して,賃金 を一切支払うことなく,1日あたり9時間以上の労働を休日も全く設けす に強制し,この結果,原告X2は労基法32条1項所定の法定労働時間を 上回る週63時間以上の労働を強制された。原告X2は,強制労働により,当該労働についての賃金相当額の損害を 受けたというへきてあり,京都府における最低賃金か,平成18年9月ま ては時給682円,同年10月以降は時給686円てあったことから,原 告X2の強制労働による損害は次のとおりとなる。(ア) 平成17年10月11日から平成18年9月30日まての強制労働 原告X2の1週間あたりの賃金相当額は,通常賃金分 682円 ×40時間=2万7280円 割増賃金分 682円×1.25倍×23時間=1万9607円合計 4万6887円 となり,1日あたりの賃金相当額は,これを7日て割った6698円と なるから,この期間全体の賃金相当額は,6698円×354日 =237万1092円 (イ) 平成18年10月1日から平成19年11月7日まての強制労働原告X2の1週間あたりの賃金相当額は,
通常賃金分 686円 ×40時間=2万7440円 割増賃金分 682円×1.25倍×23時間=1万9722円 合計 4万7162円となり,1日あたりの賃金相当額は,これを7日て割った6737円と なるから,この期間全体の賃金相当額は,6737円×402日 (ウ) 賃金相当額の損害の合計
(被告Y1の主張)
ア 暴行,監禁及ひ虐待による損害
 争う。
イ 強制労働による損害
=270万8274円
 507万9366円
被告Y1は,原告X2に対して内職や農作業をするように指導していたか,これは賃金か発生すへき性質の労働てはない。
 そもそも,原告X2か作業に従事していたのは,1日あたり5時間程度てあるし,農作業なと屋外ての作業もあったことから,天候によって休ん たり時間か短縮されたりすることもあった。また,被告Y1か原告X2に対して一日も休むこともなく週7日作業に 従事させていたことはなく,少なくとも週1日は作業に従事させない日か あった。被告Y1は,原告X2の更生を図るために,原告X2をこのような程度 の時間にわたって内職や農作業に従事させることについて,原告X2の親 権者てある原告X1に対して説明を行い,原告X1の同意も得ていた。ま た,原告X1は,原告X2か行う作業について対価か発生するようなもの てないことも十分に理解し,黙示的に同意していた。したかって,被告Y1は,原告X2に対して,強制労働に関する損害賠 償責任を負わない。第3 争点に対する判断
1 争点(1)(被告らによる原告に対する暴行,監禁及ひ虐待)について(1) 前記争いのない事実等及ひ証拠(甲1,7~12,17,18,22~ 25,乙A1~7,44~46)によれは,次の事実か認められる。ア 原告X1は,平成17年10月ころ,それまてに4回の精神科病院への入院経験かあり,そのころも精神的に不安定となっていた原告X2の家庭 内暴力に悩んていたことから,そのころに知った本件施設に原告X2を預 けることを考え,本件施設を訪れ,被告らと面会した。被告Y1は,その際,原告X1に対し,座禅,説教,食事及ひ勉強等に ついて記載された本件施設の日課表のコヒーを示した上て,自分は寺の住 職て,保護司をしていた父親を引き継いて本件施設を経営している,被告 Y2は学校教師をしていた,本件施設に入れは寮付きの高校に特待生扱いて入ることかてき,きちんとした大学にも入れるなとと述へた。また,被 告らは,原告X1に対し,本件施設のあった寺の和室を見せて,入所者を ここて寝泊まりさせていると述へた。また,被告Y1は,原告X1に対し, 入所者については,厳しくしつけることもあると述へた。そこて,原告X1は,被告Y1の言葉を信用し,原告X2を本件施設に 入れることを決め,同月10日,被告Y1との間て本件入所契約を締結し た。被告Y1は,原告X1に対し,「とうしてここに連れられたか最初に 説明して納得させるから,事前には本人には伝えないようにしてくたさ い。」 「子供さんか寝ている間に連れて行きます。警察から手錠も借りてい るのて,使うこともあります。」と述へ,原告X1はこの言葉に従い,原 告X2には本件施設への入所を決めたことを知らせなかった。イ 被告Y1の指示を受けたDら4名は,同日早朝,東京都(以下略)の原 告らの自宅を訪れ,自室て寝ていた原告X2に対し,「起きろ。」 「警察た からついて来い。」なとと述へ,顔面を手けんて殴打したり,ヘットに押 さえ込んたり,腰付近を踏みつけたりするなとの暴行を加え,原告X2の 両手首及ひ両足首にそれそれ手錠をかけ,普通乗用車の後部座席に押し込 んた上,同日午後0時30分ころ,本件施設に原告X2を連行した。被告Y1は,両手首に手錠をかけられたままの原告X2に対し,正座の 姿勢をとらせた上て,「おまえは親に捨てられたんや。」 「お前に帰るとこ なんかない。」と怒鳴りつけ,原告X2か何か発言しようとすると,原告 X2に対し,顔面や腕を警棒て5~6回殴打する暴行を加えた。また,同 席していた被告Y2も,原告X2に対し,顔面を平手打ちする暴行を加え た。被告Y1は,同日,原告X2を本件建物の2階の居室に入れた。ウ 本件建物の2階の居室には,窓にアルミの格子か取り付けられていたた め,原告X2を含む入所者は,窓から外に出ることはてきなかった。本件 建物は,平成18年ころに増築されたか,増築された建物も含め,本件建物の居室の窓には全てアルミの格子か取り付けられていた。
 また,本件施設の敷地内には,トタン葺きの建物(以下「塾長室建物」という。)か存在し,被告Y1は,平成18年ころに本件建物か増築され るまては,夜間に塾長室建物内部の塾長室に泊まり込み,入所者を監視し ていた。増築後の本件建物の1階部分には,宿直室か設けられ,本件施設 の関係者か泊まり込んて入所者を監視した。エ 被告Y1及ひ本件施設の関係者は,入所者を午前7時半ころに起床させ, 昼間は夕方ころまて内職や草刈りなとの農作業をさせた。被告らは,昼間 に入所者か本件建物内て作業をする際や,夜間に入所者か本件建物て就寝 する際には,本件建物の2階部分を外から施錠し,入所者か本件建物の外 に出られないようにしていた。オ 被告らは,平成17年10月下旬以降,入所者に対し,昼食と夕食のみ を出すようになり,これらの食事には,丼ものや焼き魚定食なともあった か,ほとんとはインスタントラーメンや保存期限の切れたコンヒニエンス ストアの弁当なとてあり,保存期限の切れた弁当の中には,腐った臭いの するものもあった。被告Y2か,食事をするのか遅い入所者の食事を取り 上けて捨てることもあった。カ 本件施設の入浴施設は,本件建物の増築部分の1階に存在したか,被告 らは,入所者に対し,冬場は1週間に1回程度の入浴しか許さす,夏場て も草刈り等の屋外ての作業をしたときにしか入浴を許さなかった上に,こ れらの入浴をいすれも1回あたり4~5分て済ませるように指示してい た。キ 被告らは,入所者に対し,1日あたり5回程度,決められた時間のみト イレを使用することを許していた。増築前の本件建物の2階部分にはトイ レかなかったため,入所者は,外部から施錠される夜間には居室内のハケ ツて排便をしており,居室内には汚物の臭いか漂っていた。増築後の本件建物の2階部分の各居室にはトイレか設置されたか,被告 らは,入所者に対し,トイレを使用する度に水を流すことを禁し,最後に 使用した入所者かまとめて水を流すように指示していた。ク 被告Y1は,入所者に対し,「ここから逃けたら,戸塚ヨットスクール みたいなもっとひといところにふち込んてやる。」 「脱走はもちろん,脱走 という言葉や,それに近い言葉を使っても,とつきあけたる。」と述へて, 本件施設からの脱走を強く禁していた。また,被告Y1は,入所者に対し, 「チクリをする子ほと改心している。」 「お前らかいつ塾を出れるかはワシ か決める。」「脱走すれは,出れるのか3年延ひる。」なとと述へて,相 互に入所者を監視し合うように指示し,他の入所者の脱走計画なとについ ての被告らへの密告を奨励していた。ケ 被告Y1は,原告X2か本件施設に入所していた平成17年10月10 日から平成19年11月8日まての間,原告X2の内職作業か遅い,食事 をするのか遅い,目つきか悪いといったことを理由に,原告X2に対し, 恒常的に,木刀や手けんて顔面,腕及ひ背中等を殴打したり,身体を踏み つけたりする暴行を加えていた。また,被告Y2も,同様に,原告X2の 顔面を平手打ちしたり,ラッヒンクフィルムの箱て原告X2の頭を叩いた りする暴行を加えていた。コ 被告らは,平成17年12月31日午後1時ころ,原告X2,H(以下 「H」という。)及ひ他の入所者1名に対し,シャーシのスホンを履いた のみの格好て,氷の上に裸足て立ち続けることを強制した。このとき,原 告X2の足には,先の方か真っ赤になり,その後に内出血したように黒す み,最後には皮か剥けるという傷害の結果か生した。サ 被告らは,平成18年1月ころ,原告X2に対し,Tシャツ姿て,本件 施設の敷地内の木を抱くように回した両手首に手錠をかけられた状態て, 昼から夕方ころまて立ち続けることを強制した。シ 原告X1は,同年3月ころ,本件施設を訪れ,原告X2と面会した。し かし,被告らか,原告X1との面会に先立ち,原告X2に対し「一切いら んことはしゃへるな。」と口止めした上,原告X2と原告X1との面会に も同席したため,原告X2は,原告X1に対し,助けを求めたり,本件施 設て実際にはとのような処遇を受けているかについて伝えたりすることは てきなかった。原告X1は,このとき,原告X2かやせているように感したため,被告 らに対し,原告X2に出されている食事について尋ねたか,被告らは,原 告X1に対し「ちゃんと食へさせてます。」と短く答えたにすきなかった。ス 被告Y1は,平成18年7月14日,Hか本件施設から被告Y2の自動 車を奪って脱走を図ったものの失敗した際に,塾長室建物の縁側の前に入 所者及ひ被告Y2を集め,その目の前て,Hに対し,特殊警棒てめった打 ちにする暴行を加えた上,自動車を運転することかてきる入所者に対し, 「お前らもHみたいなことをしたら承知せえへんそ。」と言って脅しつけ た。セ 原告X2は,同年7月ころ,持病の真珠腫性中耳炎か悪化したため,同 月中の4回の丙病院への通院を経て,同月4日から同月16日まての間入 院し,その後も平成19年7月17日まての間,4回にわたり通院した。 被告らか,入院に先立ち,原告X2に対し,「病院てもいらんことは一切 言うな。」 「口チャックやそ。」と述へており,通院時にも被告Y2や被告 Y1に原告X2の監視を命令された他の入所者か同行していたため,原告 X2は,通院時に逃走することはてきす,また,丙病院の医療関係者等に 対しても,助けを求めたり,本件施設て実際にはとのような処遇を受けて いるかについて伝えたりすることはてきなかった。ソ 原告X2は,本件施設て恒常的に被告らから監禁されたり暴行されたり していたことから,平成18年夏ころ以降,精神状態か悪化し,意味不明 な言動をとることかあり,被告らはこれに腹を立てて,ますます原告X2に対する暴行を強めるようになった。
タ 原告X1は,同年9月ころ,本件施設を訪れ,原告X2と面会した。しかし,上記のとおり原告X2の精神状態か悪化しており,原告X1のこと を認識することもてきない状態になっていたため,原告X2は,原告X1 に対し,助けを求めたり,本件施設て実際にはとのような処遇を受けてい るかについて伝えたりすることはてきなかった。チ 原告X2は,同年11月9日以降,上記のとおりの精神状態の悪化によ り,乙病院に通院するようになった。被告らか,原告X2に対し口止めを しており,通院時にも被告Y2や被告Y1に原告X2の監視を命令された 他の入所者か同行していたため,原告X2は,通院時に逃走することはて きす,また,乙病院の医療関係者等に対しても,助けを求めたり,本件施 設て実際にはとのような処遇を受けているかについて伝えたりすることは てきなかった。原告X2は,乙病院のI医師(以下「I医師」という。)に対し,幻聴 体験を推定させる訴えを行い,被害念慮,加害的念慮及ひ自殺念慮を述へ た。I医師は,原告X2の所見を踏まえ,原告X2を軽度知的障害及ひ反 応性精神病又は統合失調症と診断した。ツ 原告X2は,平成19年3月22日ころ,本件施設に拉致されてから1 年半近くか経過し,このままては監禁されたまま死ぬのてはないかと思い 詰めたことから,食事のために本件建物の1階部分に下りた際,サンタル 履きのまま走り,本件施設からの脱走を図った。しかし,他の入所者か原 告X2を追いかけて取り押さえ,脱走は失敗に終わった。被告Y1は,同月24日ころ,本件建物の入所者の居室て,原告X2に 対し,顔面,腕及ひみそおち部分等を手けんて7~8発殴打する暴行を加 え,原告X2と同し居室にいた入所者に対し「何てお前らしっかり見とかんかったんや。」と怒鳴りつけた。
テ 原告X2は,同年4月22日ころ,屋外ての草刈り作業を終えて入浴に向かう際,被告らの監視の隙をついて,再度本件施設からの脱走を図った。
 しかし,被告Y1及ひ他の入所者か原告X2を追いかけて取り押さえ,こ の脱走も失敗に終わった。被告Y1は,本件敷地内において,他の入所者及ひ被告Y2の目の前て, 原告X2に対し, 「次に逃けたら,骨折るそ。」なとと怒鳴りつけた上,原 告X2に対し,両足及ひ両腕を木刀て数十発殴打したり,額を木刀の先端 部分て小突いたりする暴行を加え,この結果,原告X2には,額から出血 するという傷害の結果か生した。ト 被告Y1は,同年8月ころ,入所者約6名か本件施設から脱走を図った 際,本件施設に連れ戻された4名のうちの1名に対し,入所者及ひ被告Y 2の目の前て,全身を木刀てめった打ちにする暴行を加えた。ナ 原告X2は,その後も被告らから暴力を受け続けたため,このままては いつか殺されてしまうと思うようになり,同年11月8日,被告Y2の監 視の隙をついて,再々度本件施設からの脱走を図り,成功した。原告X2は,ヒッチハイクをしたり,資金の援助を受けたりして,同月 10日,原告らの自宅に帰り着いた。(2) 以上の認定に対し,被告Y1は,本件施設における入所者の生活状況は, 上記認定のような劣悪なものてはなかったと主張し,その証拠として,B及 ひAの本件被告事件における証人尋問調書(乙A5,6),本件施設て3年 以上生活していたJ(以下「J」という。)の本件被告事件における証人尋 問調書(乙A7)並ひにHかHの親族及ひ被告Y1と共に写っている写真(乙 A8,9),入所者若しくは入所者てあった者又はその保護者からの嘆願書 (乙A12~16)及ひこれらの者からの被告Y1に対する年賀状等(乙A 17~41)を提出する。しかし,B及ひAの証人尋問調書(乙A5,6)については,自己の妻の 父又は自己の父をかはう態度に出ているとするのか自然てあるから,直ちに これらを根拠に本件施設の生活状況を認定することはてきない。また,Jの 証人尋問調書(乙A7)によれは,Jか本件施設に入所していたのは平成1 6年3月まての期間てあったのてあるから,平成17年10月10日から平 成19年11月8日まての本件施設における生活状況か問題となる本件にお いて,Jの本件被告事件における証言内容をそのまま認定の基礎とすること はてきない。さらに,HとHの家族及ひ被告Y1か共に写っている写真(乙 A8,9)も,被告Y1の立会いのもとて撮影されたものと認められるから, 被告Y1か,原告X2に対するのと同様に,Hに対して口止めをしている状 況て撮影された可能性かある。そして,嘆願書(乙A12~16)及ひ年賀 状等(乙A17~41)の作成者についても,原告X2と同時期に本件施設 に入所していたHの祖母及ひ母親の作成に係る平成18年1月1日付けの年 賀状(乙A39)を除き,原告X2と同時期に入所していた入所者本人又は その保護者によるものと明らかに認められるものは存在しないから,これら を重視することはてきないし,Hの祖母及ひ母親の作成に係る年賀状につい ても,この年賀状の作成以前にHか被告らに口止めされることなく祖母及ひ 母親と面会して本件施設の状況について伝える機会かあったことを認めるに 足りる証拠はないから,これを重視することもてきない。(4) また,被告Y1は,原告X2か乙病院て「軽度知的障害,反応性精神病 又は統合失調症」と診断されたのは,原告X2か本件施設に入所する前から 常軌を逸した異常な言動をしていたことと矛盾しないものてあり,被告Y1 か原告X2に対して日常的,継続的に暴行を加えたことによって精神状態か 悪化したということはなく,原告X2の通院の際に被告Y2か原告X2に対 して自由な発言を禁していたことはないとも主張する。確かに,上記認定のとおり,原告X2は,本件施設に入所する前も4回にわたり精神科病院に入院した経験を有し,証拠(乙A2)によれは,原告X 2自身,本件被告事件における証人尋問において,本件施設に入所する前, 自己の姉に対して包丁を持ち出して言い合いになったり,ふさけて「セック スさせろ。」と言ったりしたことを認めている。しかし,証拠(乙A3)によれは,原告X2か本件施設に入所する前に精 神科病院に入院していたのは,強迫性障害と診断されていたことによるもの てあるし,また,上記認定のとおり,原告X2は,平成18年夏ころ以降, 自分ても何を言っているのかか訳か分からなくなり,意味不明の言動を繰り 返すという状態に陥り,医師に対しても幻聴体験を推定させる訴えを行い, 被害念慮,加害的念慮及ひ自殺念慮を述へていたものと認められ,その反面, 原告X2の精神状態か本件施設入所前にもこの程度にまて達していたことを 認めるに足りる証拠かない以上,原告X2の精神状態か,本件施設ての生活 によって悪化したことを認めることかてきるというへきてある。なお,被告Y2は,本件被告事件の証人尋問調書(乙A4)において,原 告X2に対して本件施設の実情を話すことを禁したことはないとの趣旨の証 言をしたことか認められるか,証拠(甲11)によれは,被告Y1は,京都 地方検察庁検察官に対し,児童相談所か本件施設の調査を実施した際に被告 Y2と共に入所者に対して事前に口止めを行い,事情聴取の際にも同席して 入所者に自由な発言をさせないようにしたこと,入所者の親か本件施設を訪 れて入所者と面会した際に被告Y2と共に同席して入所者に自由な発言をさ せないようにしたことをそれそれ認める供述をしていることか認められ,上 記認定及ひ被告Y1自身のこのような供述を踏まえれは,被告Y2は,原告 X2の通院時に,原告X2に対して自由な発言を禁止していたものと認める ことかてきる。(5) したかって,被告Y1の主張する点にはいすれも理由はなく,被告らか, 原告X2を本件施設に入所させるために暴行を加えた上,手錠という道具を用いて両手足の自由を完全に奪って連行したこと,本件施設に到着した直後 の原告X2に対し親から捨てられたと述へた上て暴行を加えることにより絶 望感を与えたこと,原告X2か本件施設に入所していた全期間にわたって原 告X2の自由を奪った上,劣悪な生活環境下に置くと共に恒常的に暴力を加 えて原告X2の精神を悪化させたこと,原告X2か本件施設からの脱走に失 敗した際には他の入所者に対する見せしめの意味も込めて強い暴行を加えた ことをそれそれ認めることかてきる。2 争点(2)(親権者の承諾又は監護権の委託)について
(1) 被告Y1は,原告X1か,本件入所契約の締結にあたって,被告らか入所者に対して必要な場合には体罰を加えることかあることや,子供を本人の 了解なしに本件施設に連行する際には実力て拘束することかあることを説明 しており,原告X1はこの2点を了解した上て本件入所契約を締結したから, 被告らの行為は違法性かないと主張する。しかし,争点(1)についての認定のとおり,被告らか,原告X1に対し, 体罰や実力ての拘束について,厳しくしつけることもあるとか,手錠も借り ているのて使うこともあるなとと述へていたことは認められるものの,被告 らか実際に本件施設において原告X2に対して恒常的に加えていたような暴 行の内容や,暴行を加えた上て両手首及ひ両足首に手錠をはめて連行すると いう具体的な連行の態様について明確に説明したことを認めるに足りる証拠 はないから,この点についての被告Y1の主張は前提を欠き理由かない。(2) また,被告Y1は,原告X1は,本件入所契約の締結にあたり,被告Y 1に対し懲戒権及ひ居所指定権を含む包括的な監護権を委託していたなとと 主張し,被告らの行為には違法性かないとも主張する。
 確かに,本件入所契約は,原告X1か原告X2の更生を図るために,原告 X2を本件施設に入所させることを中心的な内容とするものてあり,原告X 2か本件施設において自由奔放な生活をしたり,本件施設から自分の意思て 容易に帰宅てきたのては,本件入所契約を締結した原告X1の意思に反する ことは明らかてあり,原告X1は,本件入所契約を締結した当時,被告ら及 ひ本件施設の関係者か原告X2に対して一定の範囲内て懲戒権を行使するこ とや,原告X2の居所移転の自由を一定の範囲内て制限することを許容して いたとは認められる。
しかし,原告X2は,本件入所契約を締結した当時,16歳てあり,未成 年てあるとはいえ,一定の意思能力を有していたのてあるから,原告X1か このような意思のもとに本件入所契約を締結していたとしても,被告らの行 為か原告X2に対する関係て違法性を阻却されるのは,被告ら及ひ本件施設 の関係者による原告X2に対する懲戒権の行使や,居所移転の自由の制限か, 原告X2の更生のために具体的事情に基ついて必要な範囲内て,かつ社会通 念上相当な範囲内てあると認められる場合に限られるというへきてある。そして,争点(1)についての認定のとおり,被告らの原告X2に対する暴 行は,必すしも原告X2の更生を目的としていたものとは認められす,むし ろ,懲戒権の行使の具体的根拠となる事実を欠いたまま行われていたものと 認められるし,その内容も,懲戒権の行使として社会通念上相当な範囲を大 きく逸脱していたものと認められる。また,被告らか原告X2に対して本件 施設からの脱走を禁止し,脱走した場合に暴行を加えていたことについても, 本件施設の生活環境か劣悪たったことと合わせれは,原告X2の人格権を毀 損し,肉体的苦痛及ひ精神的苦痛を与えるものてあったことは明らかてあり, 同様に社会通念上相当な範囲を大きく逸脱していたものと認められる。(3) したかって,この点についての被告Y1の主張にはいすれも理由かなく, 被告らの行為か原告X2に対する関係て違法性を阻却されることはない。3 争点(3)(本件入所契約の債務不履行解除)について
(1) 争点(1)についての認定のとおり,原告X1は,平成17年10月ころ, 原告X2の家庭内暴力に悩んていたことから,本件施設に原告X2を入所させようと考えたところ,被告Y1は,原告X1に対し,本件施設において座 禅や説教をさせたりしなから,場合によっては高校に入学させたり,大学に 進学させたりするとか,入所者を本件施設のあった寺の和室に寝泊まりさせ ていると説明し,原告X1は被告Y1のこのような説明内容を踏まえて本件 入所契約を締結したことか認められる。(2) このような本件入所契約の締結に至る経緯を踏まえて原告X1の意思を 合理的に解釈すれは,本件入所契約において,被告Y1か原告X1に対して 負っていた中心的債務は,被告Y1か原告X2を本件施設において預かり, 社会通念上原告X2の更生のために必要てあると認められるような指導を, 適切な生活環境のもとて実施するとの内容てあったと認めるのか相当てあ る。(3) そして,争点(1)についての認定のとおり,被告らは,原告X2か本件施 設に入所していた全期間にわたって,原告X2の自由を奪った上,劣悪な生 活環境下に置くと共に恒常的に暴力を加えて原告X2の精神状態を悪化させ ていたものと認められ,原告X2の更生のために必要てあると社会通念上認 められるような指導を実施していたとは認められないし,その生活環境も適 切なものてあったとは認めることかてきない。したかって,被告Y1は原告X1に対する本件入所契約に基つく債務を十 分に履行していないものと認められるから,原告X1による被告Y1の債務 不履行を理由とする解除には理由かあるというへきてある。(4) なお,被告Y1は,原告X1か平成19年11月10日に被告Y1に対 して今後は原告X2を自宅て生活するとの意向を示したことにより,本件入 所契約は被告Y1と原告X1との合意により終了しているから,原告X1の 履行不能を理由とする解除の主張は失当てあると主張する。しかし,原告X1か被告Y1に対して本件入所契約を解除するとの意思表 示をした平成21年9月14日付け原告ら準備書面には,「被告Y1は,上記契約(本件入所契約)による原告X2に対して最善の教育を行い,原告X 2を更生させる義務を全く果たすことなく,上記契約(本件入所契約)に基 つく債務を全く履行していない。」との記載かあり,原告X1の意思を合理 的に解釈すれは,原告X1のした解除の意思表示は,当該意思表示時点にお ける履行不能を理由とするものはかりてはなく,上記(3)に記載したような, 原告X2か本件入所契約に基つき本件施設に入所していた期間における被告 Y1の債務不履行をも理由とするものというへきてある。したかって,この点についての被告Y1の主張には理由かない。
 4 争点(4)(原告X1の損害)について(1) 争点(3)についての判断のとおり,被告Y1は本件入所契約に基つく原告 X1に対する債務を十分に履行していないものと認められ,原告X1か本件 入所契約に基ついて被告Y1に対して支払った金銭は,いすれもこの債務不 履行によって生した損害てあると認められる。(2) よって,支払につき争いのない入塾金250万円及ひ出張費50万円の ほか,証拠(甲3,4の1~8・10・12・13・15・16・18~2 4)によって支払か認められる生活費315万円を,この債務不履行による 損害と認めることかてきる。この点について,原告X1は,生活費については平成17年10月から平 成19年11月まての間,毎月15万円を支払い,合計390万円を支払っ たと主張する。しかし,原告X1か生活費の支払と主張する証拠のうち,平 成18年8月25日付け「こ利用明細」(甲4の9)については,同証拠に 「X2の入院費他」との記載かあること,原告X2か丙病院に入院した時期 と近接していること,原告X1は同年6月,7月,8月及ひ9月に被告Y1 に対して生活費として毎月15万円を支払っていることか認められることか ら,これをいすれかの月の生活費についての支払と認めることはてきない。 また,その余の証拠(甲4の11・14・17)についても,証拠に「つきそい費他」「乙病院医療費他」 「乙病院代」との各記載かあること,これらの 証拠の日付の属する月にはこれらの支払とは別個に15万円の支払かあるこ とから,これらの証拠に係る支払をいすれかの月の生活費についての支払と 認めることはてきない。したかって,生活費の支払のうち,平成18年3月,同年4月,同年11 月及ひ平成19年2月の各月分については,その支払を認めるに足りる証拠 かない。原告X1は,証人尋問調書(乙A3)によれは,生活費を毎月欠か さす支払っていたと証言していることか認められるか,これたけては支払の 事実を認めることはてきないというへきてある。(3) したかって,原告X1の被告Y1に対する請求は,被告Y1に対し61 5万円及ひこれに対する平成21年10月15日から支払済みまて年5分の 割合による金員の支払を求める限度て理由かある。5 争点(5)(原告X2の損害)について
(1) 暴行,監禁及ひ虐待による損害について
争点(1)についての認定のとおり,原告X2は,暴行を受けた上,両手足 に手錠をかけられて本件施設に連行された直後から,本件施設からの脱走に 成功するまての,758日間にも及ふ長期間にわたって,自由を奪われた上, 劣悪な生活環境下に置かれ,被告らから恒常的に暴力を加えられて,精神状 態を悪化させられたものと認められ,この他,本件において現れた一切の事 情を考慮すれは,かかる長期間に渡り原告X2か受けていた肉体的苦痛及ひ 精神的苦痛を慰謝するに足りる金額は,850万円とするのか相当てある。(2) 強制労働による損害について 原告らは,原告X2か週63時間を上回る労働を強制されたと主張し,この労働時間を,原告X2か本件施設に入所していた期間全体について計算し, 最低賃金額を元に算定した金額か原告X2の損害となると主張する。しかし,被告らか原告X2に対して一定の労働を無償て行わせていたとしても,本件入所契約は,争点(3)についての判断のとおり,被告Y1か社会 通念上原告X2の更生のために必要てあると認められるような指導を行うこ とを内容としていたものてあり,原告X1も,本件入所契約に先立って被告 Y1から本件施設における生活について説明を受けていた以上,原告X2か 一定の作業に従事する可能性については認識していたものと認められる。原 告X1は,本件被告事件の証人尋問調書(乙A3)において,被告Y1か原 告X1に対して示した日課のコヒーの内容について,座禅,説教,食事及ひ 勉強についてのみ言及しているか,上記のような本件入所契約の内容や,本 件施設か農村地帯に位置していたことからすれは,何らかの作業への従事可 能性について全く説明かなかったというのはかえって不自然てある。そうすると,被告らか原告X2を一定の作業に無償て従事させることそれ 自体か,原告X2に対する不法行為を構成するということはてきない。本件においては,被告らか,原告X2を含む入所者に対し,一定の無償労 働をさせるにあたって,社会通念上相当な範囲を逸脱した指導か,時には暴 力を用いて行われていたことか問題となっているのてあり,この点について 不法行為の成立を認めることかてきるとしても,そこから直ちに無償労働に 従事させていたことそれ自体か不法行為となるということはてきない。そして,被告らか原告X2に対して無償労働に関して社会通念上相当な範 囲を逸脱した指導をしていたことについては,上記(1)において損害として評 価済みということかてきるから,この点についての原告らの主張には理由か ない。(3) したかって,原告X2の被告Y1に対する請求は,被告Y1に対し85 0万円及ひこれに対する平成19年11月8日から支払済みまて年5分の割 合による金員の支払を求める限度て理由かある。第4 原告X2の被告Y2に対する請求についての判断
1 被告Y2は,争点(1)(被告らによる原告に対する暴行,監禁及ひ虐待)に 関する原告X2の主張事実を自白したものとみなされるから,被告Y2の原告に対する違法行為か認められる。
2 被告Y2は,争点(5)(原告X2の損害)に関する原告X2の主張事実のう ち,損害の基礎となる事実を自白したものとみなされるから,その評価について検討する。
(1) 暴行,監禁及ひ虐待による損害について
 上記判断のとおり,原告X2の慰謝料は,850万円とするのか相当てあ る。
(2) 強制労働による損害について 上記判断のとおり,本件においては,被告らか,原告X2を含む入所者に 対し,一定の無償労働に従事させていたことそれ自体か不法行為となるということはてきないから,この点についての原告の主張には理由かない。
 (3) したかって,原告X2の被告Y2に対する請求は,被告Y2に対し,被 告Y1と連帯して850万円及ひこれに対する平成19年11月8日から支 払済みまて年5分の割合による遅延損害金の支払を求める限度て理由かあ る。
第5 結論 よって,原告X1の請求は,被告Y1に対し615万円及ひこれに対する平成21年10月15日から支払済みまて年5分の割合による金員の支払を求める限 度て理由かあるから認容し,その余は理由かないから棄却することとし,原告X 2の請求は,被告Y1及ひ被告Y2に対し,連帯して850万円及ひこれに対す る平成19年11月8日から支払済みまて年5分の割合による金員の支払を求め る限度て理由かあるからこれを認容し,その余は理由かないから棄却することと して,主文のとおり判決する。京都地方裁判所第2民事部
裁判長裁判官 吉 川 愼 一
裁判官 吉 岡 真 一
裁判官髙嶋 諒
判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket