平成22年8月6日宣告 平成21年(わ)第1898号,同2197号 殺人,銃砲刀剣類所持等取締法違反,住居侵入,逮捕監禁被告事件判決
主文 被告人を懲役23年に処する。
未決勾留日数中210日をその刑に算入する。
 押収してあるホウイナイフ1本(平成22年押第27号の2。革製鞘に入 っているもの),牛刀1丁(同押号の1),手錠1個(同押号の3)及ひ 鍵様のもの1個(同押号の4)を没収する。理由
(罪となるへき事実) 被告人は,
第1 正当な理由かないのに,平成21年7月4日午後7時10分ころ,千葉市a 区bf番g棟o号A方に,ヘランタから侵入し,そのころ,同人方において, B(当時22歳)に対し,その頸部に持っていたホウイナイフ(刃体の長さ約 18センチメートル。平成22年押第27号の2)を突き付け,「おとなしく 付いてこい」と言い,同人を同所付近路上に駐車中の自動車まて連行し,強い て同車の助手席に乗せ,直ちに同車を発進させた上,そのころから同月5日午 前零時ころまての間,山梨県南都留郡c町de番地先路上まて同車を走行させ るなとして,同人を同車内等から脱出することを不能又は著しく困難にし,も って同人を不法に逮捕監禁し,第2 業務その他正当な理由による場合てないのに,第1記載の日時・場所におい て,第1記載のホウイナイフ1本を携帯し,第3 同月18日午前9時20分ころ,同市a区bf番g棟h号前階段付近におい て,上記A(当時61歳)に対し,殺意をもって,持っていた牛刀(刃体の長 さ約19.1センチメートル。平成22年押第27号の1)て同人の頸部等を 数回切り付けるなとし,よって,そのころ,同所において,同人を頸部血管損 傷による出血性ショックにより死亡させて殺害し,第4 業務その他正当な理由による場合てないのに,第3記載の日時・場所におい て,第3記載の牛刀1丁を携帯し,第5 正当な理由かないのに,第1記載のA方に,不正に入手した鍵て玄関の扉を 解錠して侵入し,そのころ,同人方において,上記Bに対し,「お母さんを殺 してやったそ」と言い,その肩を腕て挟んて立たせ,その肩を腕て抱きかかえ るなとして同人を同市a区i町j番地k所在の駐車場に駐車中の自動車まて 連行し,強いて同車の助手席に乗せ,直ちに同車を発進させた上,栃木県佐野 市lm番地n先路上まて同人の手首に手錠(平成22年押第27号の3)を掛 けるなとして同車を走行させ,引き続き,同月19日午前8時ころまての間, 同車を同所に駐車し,又は同所付近を走行させるなとして,同人を同車内等か ら脱出することを不能又は著しく困難にし,もって同人を不法に逮捕監禁した ものてある。(証拠の標目) 省略
(事実認定の補足説明)
1 本件の争点 本件の争点は,逮捕監禁の有無及ひその故意の有無(罪となるへき事実第1及ひ第5)及ひ殺意の有無(罪となるへき事実第3)てある。
 2 明らかに認められる事実(1) B(以下「次女」という。)は,平成21年1月ころ(以下,平成21年に ついては,月日のみて特定する。)被告人と知り合い,3月ころから同棲を開始した。
(2) 次女は,5月末ころ,被告人から暴力を振るわれたことかあり,6月14日,同棲中のアハートから千葉市a区bf番g棟o号(以下「実家」又は「次女の実家」 ともいう。)に戻った。しかし,その後も被告人との頻繁なメールのやりとりは続 き,7月1日には,被告人に対し,「土曜日(同月4日のこと)には会えるかも」 という内容のメールを送信した。(3) 次女は,同月4日午前中,被告人に対し,メールて会えなくなったことを伝 え,その後,被告人と次女との間ては,多数回メールのやりとりかなされた。次女 は,同日午後になって,被告人に対し,母親とファミリーレストランに行くという 内容のメールを送ったか,被告人は,このメールの内容か虚偽てあり,次女か実家 にいることを知るに至った。(4) 被告人は,同日午後7時10分ころ,ホウイナイフを所持して実家のあるu 階まてヘランタ伝いに登り,実家ヘランタからその室内に侵入した。その後,被告 人は,次女と共に実家から出て,近くに駐車中の自動車に乗り込み,山梨県南都留 郡c町de番地先路上まて移動し,7月5日午前零時ころ到着した。(5) その後,被告人は,前記ホウイナイフを持ち,次女と自分の手首を手錠て繋 いて,樹海の中に歩いて入ったか,間もなく自動車に戻った。(6) 被告人と次女は,その後,山梨県内等を観光するなとした後,いったん次女 の実家に立ち戻って次女の着替えを取り,その後愛知県の被告人の姉宅に赴くなと して行動をともにしていたか,同月10日,次女は,採用面接のために赴いたコン ヒニエンスストアの店長に対し,同月4日以降被告人に連れ回されている旨訴え, 被告人は,店長からの通報により駆けつけた警察官に任意同行された。そして,被 告人は,今後次女と接触しない旨の上申書を警察に提出して姉宅に戻り,次女は被 告人の処罰を求めない旨の上申書を警察に提出して千葉に戻った。(7) 同月11日以降,次女及ひその家族は,被告人をおそれ,身の危険を感し, 警察に相談をし,次女を次女の兄(以下「長男」という)の家に移すなとの対策を講していたか,同月14日,被告人か警察官を装ってA(以下「母親」という。) に電話を架けて次女か長男宅にいることを聞き出し,次女の所在か被告人の知ると ころとなったために,そのころ次女を実家に戻すこととした。他方,被告人は,同月11日早朝には,次女の実家周辺に赴き,同月18日まて の間,警察官を装って実家や長男の職場に電話を架けたり,次女の住民票の写しを 入手し,母親の行動を観察するなとしていた。(8) 同月18日午前9時20分ころ,実家と同し建物てある千葉市a区bf番g 棟h号前階段付近において,牛刀を所持していた被告人と母親か出会い,同牛刀に より母親の右頸部等か切れ,母親は,頸部血管損傷により死亡した。(9) 被告人は,そのころ,母親の所持していた実家の鍵を用いて玄関から実家に 侵入し,その後,次女とともに,千葉市a区i町j番地k所在の駐車場まて移動し, 牛刀を投棄した後,同所に駐車中の自動車に次女とともに乗り込み,栃木県佐野市 lm番地n先路上まて同車を走行させた。次女は,実家から出る際,裸足,短い半 スホン,タンクトッフという服装たった。(10) 被告人は,同月19日午前4時ないし午前5時ころ,次女とともに自動車 に乗って栃木県下都賀郡p町qr番地sw所在のカソリンスタントに移動して給油 し,その際,たはこを購入した。そして,被告人は,給油後,栃木県佐野市lm番 地n先路上まて自動車て戻り,同日午前8時ころ,同所に自動車を放置し,次女と ともに徒歩てショッヒンクモールに移動した。その途中,被告人は,手錠を川に投 棄した。その後,被告人と次女は,タクシー,ハス,航空機を乗り継き,沖縄まて 移動し,同月23日まて,沖縄に滞在し行動をともにしたか,同日,被告人は警察 官により身柄を確保され,次女は保護された。3 次女の供述要旨
(1) 7月4日 次女は,被告人から暴力を受けたことなとを理由に被告人との関係を解消しようとして6月14日実家に戻ってきていたところ,7月4日に,次女の実家に侵入した被告人は,仰向けに転倒した次女を跨くように覆い被さり,左手に持ったホウイ ナイフの刃先を次女の右首筋に近つけて突き付け,「おとなしく付いてこい」なと と言った。そして,次女は,被告人に肩を抱えられて外に出て,その体勢て近くに 駐車中の自動車の前まて移動した。次女か,自動車て高速道路を移動中に,被告人 に,トイレに行きたいと伝えたところ,被告人は,最初,大きなサーヒスエリアに 停まったか,「女の子を連れ出したら,トイレて助けを呼はれて警察に捕まったと いう事件かあった」なとと言って,次女を自動車から降ろさなかった。その後,被 告人は,自動販売機とトイレしかない小さなハーキンクエリアに停まり,次女は, そこて自動車から降ろされトイレに行ったか,その際,被告人は,女子トイレの前 てたはこを吸っていた。次女は,実家て被告人にホウイナイフを突き付けられるな とした時から山梨県南都留郡c町de番地先路上に移動した時まて,恐怖や不安を感 していた。(2) 7月5日午前零時過きから同月10日まて
被告人は,ホウイナイフを持ち,次女と被告人の手首を手錠て繋いて,樹海の中 に歩いて入った。そして,次女に対して「何て心から好きたって言ってくれないん た」と言い,さらに右手にホウイナイフを持って次女の心臓に突き付け「心臓を刺 せは一瞬て死ねるよ」と言い,「首を刺せは1発て死ねるよ」と言って次女の左首 筋に刃先を向けて近付けた。次女は,恐怖と死にたくないという思いから被告人を 何とかなためようと思い,警察には通報しない,被告人とすっと一緒にいるという 話をした。その後,次女は,逃けようとして捕まれは殺されるとの思いから,確実 に被告人から離れて助けを求められる機会をうかかい,同月10日,初めから助け を求める目的てコンヒニエンスストアの面接を受け,そこて店長に助けを求めた。(3) 7月18日
次女か,実家の茶の間てテレヒを見ていると,玄関の鍵か開く音かした。すると, 男性の声て「おい」という声かしたのて,次女か玄関先の方を見ると,被告人か立 っていて,次女の方に近ついてきた。そして,被告人は,次女の目の前に来て,「お母さんを殺してやったそ」と言った。被告人は,右腕て次女の肩を強い力て挟んて 立ち上からせ,外に連れ出した。玄関を出た後,次女は,被告人に肩を抱かれたま ま階段を降り,途中,倒れている母親の側を通ったか,母親の血て足を滑らせ尻餅 をついた。階段を降りた後,被告人は,腕を次女の首にかけて,走って駐車場の自 動車まて移動した。被告人は,自動車を発進させると,高速道路に乗り込む前に,次女の右手と自動 車のシフトレハーを手錠て繋いた。そして,栃木県佐野市lm番地n先路上まて自 動車て移動する途中,被告人は,次女に対し,カソリンの入ったヘットホトルを渡 し,長男の家の周りや長男の自動車の車種の話をするなとした。被告人は,栃木県 佐野市lm番地n先路上に自動車を停めた後,手錠を外したか,飲み物を買いに行 くために被告人か自動車を離れたときは,再ひ次女に手錠をした。次女は,被告人 か実家に侵入した時点から,7月19日午前8時ころに自動車から離れるまて,自 分や兄姉の生命に危険か及ふと感していたのて,カソリンスタントて被告人かたは こを買いに自動車から離れた際も含め,怖くて逃けることかてきなかった。(4) 7月19日午前8時ころから同月23日まて
被告人と一緒にt空港まて移動する途中,被告人は,次女の住民票の写しを次女 に見せるなとした。次女は,毎日悲しくて全然楽しくなかったか,暗い態度たと被 告人か怒り殴られるのてはないかとの恐怖から,表面上は楽しく振る舞っていた。
 また,長男や長女に対して危害か加えられてしまうという思いから,助けを求めた り,逃けようとはしなかった。4 被告人の供述要旨
(1) 7月4日 次女の実家にヘランタから侵入後,転倒した次女に近寄り,「お母さんとこ飯食へに行ったんしゃなかったの」と聞くと,次女か「こめんなさい」と謝った。この とき,被告人は,左手にホウイナイフを持っていたか,ホウイナイフの刃先は上を 向いていた。次女の謝罪を聞いたのて,被告人は,次女を助け起こし,ホウイナイフをさやにしまった。被告人は,次女と仲直りかてきたと思った。そして,被告人 は,外てゆっくり話そうと思い,次女に「外て話そう」と言った。被告人と次女は, 一緒に玄関から出て,手を繋いて階段を降り,次女は,助手席に乗った。自動車て 移動中,被告人か次女に「トイレ大丈夫」と聞いたところ,次女か「行きたい」と 言ったのて,一度サーヒスエリアに寄った。サーヒスエリアて次女を降ろさなかっ たことはないか,次女に「前にも同しような事件かあった」とは言った。(2) 7月18日
階段に座って次女か出てくるのを待っていると,母親か階段を下から上かって来 た。被告人は,母親に対し,2度,次女に会わせて欲しいと頼んたか,母親は次女 はいない旨の返答を繰り返した。そこて,被告人は,母親を牛刀て脅そうと考え, 牛刀を取り出して左手に持ち,再度,次女に会わせて欲しいと言ったか,母親は牛 刀をしまうように被告人に言った。これに対し,被告人か次女に会わせてくれれは しまうと言ったところ,母親か牛刀につかみかかってきた。被告人と母親はもみ合 いになり,被告人は母親に牛刀を奪われた。すると,母親か,被告人に「あなたこ れて終わりよ」と言ったのて,被告人は,ムッとし,牛刀を母親から取り上けよう と母親の手につかみかかった。その後,被告人と母親はもみ合いになり,母親の首 から被告人に血しふきか飛んてきて,母親と被告人は,v階踊り場に落ちた。この とき,被告人は,左手て牛刀を持っていた。被告人は,倒れた母親の近くに行き, 母親の首を手て押さえたか,母親は被告人の手を払いのけて「助けて」と言い,足 てh号室の玄関トアを蹴った。その後,被告人は,散らかっている母親の荷物を片 付けていたか,手提けかはんから鍵を見つけ,部屋に次女かいると思い,気か付く と次女の実家に入っていた。(3) 同日次女の実家侵入後
被告人は,次女の実家に入った後て,「おい」,「行くよ」と次女に声をかけた か,「お母さんを殺してやったそ」とは言っていない。また,被告人と次女は,手 を繋いて次女の実家から外に出て階段を降り,階段を降りてからは,左足か痛かったのて次女の肩を借りて駐車場に駐車中の自動車まて移動した。自動車に乗った後, 被告人は,次女の右手に手錠を掛けたか,もう片方はシフトレハーの側に置いたた けて,シフトレハーとは繋いていない。5 次女及ひ被告人の供述の信用性について
次女の供述内容は,明らかに認められる事実とよく整合しており,特に不合理な 点は認められない。また,7月18日に,被告人と次女か次女の実家から駐車場ま て移動した様子については,その様子を目撃した証人C及ひ証人Dの各供述とも整 合している(証人Cの供述は被告人と次女を最初に見た位置について,証人Dの供 述は被告人と次女の体勢について,若干変遷しているか,その供述の信用性に影響 を与えるものてはない。)。次女の供述の内容は,自然て迫真性かある。また,次 女は,自動車には自分て乗ったこと,被告人との性行為に抵抗しなかったことなと, 自己に不利な事実についても供述し,記憶にない事実についてはその旨供述してお り,その供述態度は真摯てある。7月5日から同月10日まての次女の行動や同月 19日から同月23日まての次女の行動には,にわかに了解し難い点もあるか,次 女かその当時置かれていた状況や精神状態からすれは,理解しうるものてあり,次 女の供述の信用性には影響を与えない。よって,上記次女の供述は,十分信用てき る。他方,被告人の前記4(1)(3)の供述は,上記次女の供述と異なっているか,その 内容は,明らかに認められる事実や上記のとおり信用てきる証人C及ひ証人Dの各 供述と整合せす,その内容も不自然て,到底信用てきない。6 逮捕監禁の有無及ひ逮捕監禁の故意の有無についての判断
明らかに認められる事実及ひ上記のとおり信用てきる次女の供述によれは,罪と なるへき事実第1記載のとおり逮捕監禁の事実か認められる。これに加え,被告人 か7月4日にヘランタから次女の実家に侵入した理由について,「次女とけんかし ていたのて玄関から行っても会ってくれないと思っていた」と供述していることも 考慮すれは,被告人に罪となるへき事実第1の逮捕監禁の故意も認められる。また,同しく明らかに認められる事実と上記次女の供述,さらには同月4日の逮 捕監禁の存在も考慮すれは,罪となるへき事実第5の逮捕監禁については,被告人 か次女に牛刀を示した事実は認められないものの,被告人か次女の実家に不法に侵 入した上て「お母さんを殺してやったそ」と言い,次女の肩を腕て挟んて立たせる なとした時点て,次女の自由な行動か不能になったといえる。そして,次女か,母 親か重篤な傷害を負った状態を目の当たりにしたこと,被告人か次女に手錠を掛け たことなとからすれは,罪となるへき事実第5記載のとおり同月19日午前8時過 きまて逮捕監禁か継続したと認められる。そして,被告人か次女に手錠を掛けてい ることなとからすれは,被告人に逮捕監禁の故意も認められる。7 殺意の有無についての判断 母親の創傷の部位程度等は別表のとおりてあり,致命傷てある右頸部の創傷か牛刀(刃体の長さ19.1センチメートル・鋼質性)によって形成されたものてある ことからすれは,被告人か意図的に母親を攻撃したことによりこれらの創傷か生し たと認められれは,被告人には確定的殺意か認められる。これに対し,弁護人は, 母親と被告人か牛刀を取り合ってもみ合う中て,牛刀か母親の頸部に当たって創傷 か形成された可能性を主張し,被告人もそれに沿う供述をする。そこて,母親の右 頸部の創傷か,意図的な攻撃行為により形成されたか否かについて,検討する。(1) 右頸部及ひ右頬の創傷の位置,大きさ,形,数及ひ程度,牛刀の形状並ひに これらの創傷の発生原因に関する証人E及ひ証人Fの各供述からすれは,母親の右 頸部及ひ右頬の創傷は,ほほ平行した創傷てあり,被告人か,牛刀の刃先を母親に 向け,刃を下にした状態て,母親の右頸部付近を切り付けるなとの意図的な攻撃行 為を連続して行ったことによって生した可能性か高く,他方,創傷の部位か人の生 命にとって重要な部位てあり,その部位に右頸部のほほ同一場所に3個と右頬の1 個の合計4個の創傷かあることからすれは,何らかの意図無くしてこれらの創傷か 発生した可能性は低い。(2) 母親の左手の小指の切創,右手の甲の切創及ひ右手の薬指の切創の各部位及ひ程度並ひにこれらの創傷に関する証人E及ひ証人Fの各供述からすれは,これら の創傷は,母親か,刃物による攻撃を受けてそれを防くために形成されたいわゆる 防御創てある可能性か高く,また,母親の左上腕の前面の切創は,母親か,左上肢 の肩関節を上方へ屈曲させ外旋・外転させた姿勢のときに形成された可能性か高く, 以上の創傷か,被告人と母親か牛刀を取り合ってもみ合いになっている状況て生し た可能性は低い。(3) 被告人の行動を見ると,証人Gの供述によれは,母親か大量に出血して倒れ ていたにもかかわらす,被告人は,玄関を開けてh号室前踊り場を見た同証人に対 し,何ら母親の救助を要請していないと認められ(同証人の供述はその供述内容及 ひ供述態度から十分信用てきる。),その後,被告人は,前記認定のとおり,母親 の持っていた次女の実家の鍵を用いて次女の実家に侵入し,次女に対して「お母さ んを殺してやったそ」といい,次女の肩を抱いて倒れている母親の側を通った際も 母親を救助しようとせす,その後,自動車て栃木県内まて次女と移動したと認めら れる。被告人は,前記4(2)のほか,救急車を呼んてくれるよう頼んたのて母親は助かる と思っていたなとと供述するか,母親の創傷の部位・程度等と整合せす,被告人か 証人Gに対し,救急車を呼んて欲しいと頼んた事実は認められない上,大量に出血 し瀕死の状態の母親の側て救護もせすに荷物を片付けていたという供述内容は,あ まりに不自然・不合理てあり,母親の右頸部に切創の生した状況に関する供述か合 理的な理由もなく変遷していることからすれは,到底信用てきない。以上の7(1)及ひ(2)の各事実は,母親の右頸部の切創か被告人の牛刀による意図 的な攻撃により形成されたものてあることを強く推認させるものてあり,7(3)の事 実は,牛刀によって母親か負傷し大量に出血して倒れることか被告人にとって想定 外の事態てはないことを推認させる。また,母親と被告人か牛刀を取り合ってもみ 合う中て牛刀か母親の頸部に当たって創傷か形成された可能性かあるという弁護人 の主張は,上記7(1)ないし(3)の各事実のほか,(4)被告人の身体にはほとんと傷かなかった(甲41)という事実と整合しない。
 そこて,以上の事実を総合して検討すると,被告人は,母親に対して牛刀て意図的に攻撃を加えたと認められ,確定的な殺意をもって母親の右頸部等を牛刀て数回 切り付けるなとしたと認められる。なお,弁護人は,ア被告人自身も複数の傷を負っていることからも母親と被告人 との間に何らかの格闘かあったことは明らかてある旨主張するか,被告人に存在す る傷の部位・程度(甲41)は母親と被告人との間に何らかの格闘かあったことを 推測させるものとはいえない。また,弁護人は,イ被告人には母親を殺害する動機 かないと主張するか,このころ,被告人か次女と会うために行動しており,他方, 母親か,被告人か次女に接近することを防くために行動していたことからすれは, 被告人と母親か会ったときに,次女を巡って何らかのやりとりかなされ,それによ り被告人に殺意か生した可能性は十分認められる。被告人か母親を殺害した動機は, 後述のとおり明らかとはいえないか,たからといって本件か動機かない犯行とはい えない。よって,上記ア及ひイの弁護人の主張は採用てきない。8 まとめ 以上の理由により,罪となるへき事実第1の逮捕監禁,同第3の殺人,同第5の逮捕監禁の各事実を認定した。 (法令の適用)
被告人の判示第1及ひ第5の各所為のうち各住居侵入の点はいすれも刑法130 条前段に,各逮捕監禁の点はいすれも同法220条に,判示第2及ひ第4の各所為 はいすれも銃砲刀剣類所持等取締法31条の18第3号,22条に,判示第3の所 為は刑法199条にそれそれ該当するか,判示第1及ひ第5の各住居侵入と各逮捕 監禁との間にはそれそれ手段結果の関係かあるのて,いすれも同法54条1項後段, 10条により,判示第1の住居侵入と逮捕監禁,判示第5の住居侵入と逮捕監禁を それそれ1罪としてそれそれ重い逮捕監禁の刑て処断することとし(住居侵入と逮 捕との間には牽連関係か認められるのて,その包括一罪てある逮捕監禁との間て牽連犯とした。),各所定刑中判示第2及ひ第4の各罪についてはいすれも懲役刑を, 判示第3の罪については有期懲役刑をそれそれ選択し,以上は同法45条前段の併 合罪てあるから同法47条本文,10条により最も重い判示第3の罪の刑に法定の 加重をした刑期の範囲内て被告人を懲役23年に処し,同法21条を適用して未決 勾留日数中210日をその刑に算入することとし,押収してあるホウイナイフ1本 (平成22年押第27号の2)は判示第1の犯行の用に供した物,同牛刀1丁(同 押号の1)は判示第3の犯行の用に供した物,同手錠1個(同押号の3)及ひ鍵様 のもの1個(同押号の4)は判示第5の犯行の用に供した物て,いすれも被告人以 外の者に属しないから,それそれ同法19条1項2号,2項本文を適用してこれら を没収し,訴訟費用は,刑事訴訟法181条1項たたし書を適用して被告人に負担 させないこととする。(量刑の理由)
1 事案の概要
本件は,被告人か,ホウイナイフを所持して次女の実家に侵入し,同人を連れ出 して自動車に乗せる等して約5時間にわたり逮捕監禁し(以下「7月4日の事件」 ともいう。),その約2週間後に,所持していた牛刀て同人の母親を殺害し,次女 の実家に侵入して同人を連れ出して自動車に乗せるなとして,その後約23時間に わたり逮捕監禁した(以下「7月18日の事件」ともいう。)という殺人1件,住 居侵入・逮捕監禁2件,銃砲刀剣類所持等取締法違反2件からなる事案てある。
 2 量刑事情の検討(1) 7月4日の事件について ア 動機
被告人は,当日次女と会う約束をしていたのに,これか一方的に反故にされ,さ らに次女からのメールか虚偽てあったことに憤慨して,ヘランタから次女の実家に 侵入し,ホウイナイフて次女を脅して連れ出し,逮捕監禁したものてあり,動機は, 自己中心的て身勝手というへきてある。たたし,次女の本心はともかく,この時まてに次女か被告人に別れを告けたことはなく,次女としても被告人との連絡を継続 し,この日に会う約束をしていたことからすれは,7月4日の事件は,交際女性か ら交際を拒絶された後て,未練断ち難く執着した事案とまては評価てきない。イ 態様・結果 被告人は,ホウイナイフを携帯し,ヘランタ伝いにu階まて登り,ヘランタから実家に侵入し,ホウイナイフを次女の首筋に突き付けるなとして,実家から連れ出 し,深夜,山梨県内の樹海まて連行したものてあり,犯行態様は,大胆かつ粗暴て, 危険性か大きく,悪質てある。このような態様て実家に侵入され,逮捕監禁された ことにより,次女は,大きな精神的・肉体的苦痛を受けたといえる。(2) 7月18日の事件について ア 動機・経緯・計画性について検察官は,被告人か,7月18日の殺人事件(以下「本件殺人」ともいう。)に 及んた動機について,次女を奪い去り自分の意のままにしようとして,そのために 手段を選はす母親を殺害したと主張し,さらに同日の逮捕監禁事件について,あら かしめ次女の所在を探った上,牛刀を準備して次女の実家前に赴いた,計画的な犯 行てある旨主張する。確かに,7月4日の事件,それから同月10日まての被告人の行動,同月11日 から同月18日まての被告人の行動からすれは,被告人は次女に対する強い執着心 を持ち,次女を連れ去ろうとして,様々な方法て次女の居場所を捜していたのてあ り,それか本件殺人及ひ7月18日の逮捕監禁の根底にあることに疑いはない。7 月4日の事件,同月10日の警察への通報等により,次女の被告人との交際を拒絶 する意思は明らかてあるのに,次女に対する執着から短期間に連続して犯行を繰り 返した被告人の責任は重い。しかしなから,被告人か本件殺人の時点て次女の居場所を明確に知っていたとは 証拠上認められないこと,本件殺人当時,被告人か自動車を本件殺人の現場から数 百メートル離れた場所に駐車していたこと,本件殺人に引き続く7月18日の逮捕監禁の期間及ひその後の同月23日まての逃走中の被告人の行動かあらかしめ計画 されたものとはいいかたいこと,被告人か栃木県内て「次女を連れ去りたいたけた ったのに,何てこんなことになるんたろう」なとと次女につふやいていたことなと の事情を考慮すれは,被告人か,場合によっては次女又はその家族を脅すために用 いることもあるという考えから牛刀等を所持して次女の実家周辺に赴き(被告人は, 牛刀を意識して持っていったわけてはないと供述するか,不自然・不合理てあって 信用てきない。),次女の居場所を探る中て母親と遭遇し,その場における被告人 と母親との間の何らかのやりとりか契機となって,被告人か突発的に殺意を抱き衝 動的に母親を殺害した上,その際,次女の実家の鍵を見つけたことから,これを用 いて次女の実家に侵入し,同所に次女かいたことから逮捕監禁行為に及んたという 可能性は否定てきす,量刑に当たってはそれを前提とすることか相当てある。被告 人か,次女を奪うという目的て母親を殺害したという検察官の主張は,採用てきな い。また,7月18日の逮捕監禁については,被告人は,警察官になりすまして実家 や長男の職場に電話し,不正に住民票の写しを入手するなとの狡猾な手段を用いて 執拗に次女の居場所を探しており,次女を逮捕監禁するために周到に準備をしてい たか,上記説示のとおり,被告人か事前の計画に基ついて7月18日に逮捕監禁に 及んたとまては認められない。イ 態様・結果 被告人は,確定的な殺意に基つき,必死に助けを求める母親の首付近を狙って牛刀て何度も切り付けるなとの攻撃に及んたものてあり,本件殺人の態様は,執拗か つ危険なものてあって,極めて悪質てある。これにより,かけかえのない母親の命 か奪われるという取り返しか付かない重大な結果か生している。これらは,被告人 の刑の重さを決めるに当たって,最も重視される事情てある。また,被告人は,母親を殺害後,母親の血か身体にかなり付いた状態て次女の実 家に侵入し,次女に「お母さんを殺してやったそ」と言いなから抱えるようにして次女を連れ出し,大量に出血して瀕死の状態の母親の側を通りなから,そのまま連 行して次女に母親を救護する機会を与えす,その後手錠を掛けるなとして自動車内 からの脱出を不能ないし著しく困難にしたものてあり,7月18日の逮捕監禁の犯 行態様も,極めて悪質てある。次女はこれによって肉体的苦痛を受けているか,そ れ以上にこのような状況に曝された次女か被った精神的苦痛は計り知れない。(3) その他の事情
ア 被告人は,7月4日の事件の後,同月10日まて次女を連れ回し,同月18日に母親を切り付けた後は何ら母親を救護する措置をとらすに逃走し,同月18 日の逮捕監禁の後は同月23日まて次女を連れ回しており,各犯行後の情状も悪い。イ 7月4日の事件及ひ7月18日の各事件の態様か上記のとおり悪質てあり, その結果も上記のとおり重大てあることからすれは,逮捕監禁の被害に遭い,母親 を殺害された次女並ひに母親を殺害され,妹を逮捕監禁された長男及ひ長女か,被 告人に対し,極めて厳しい刑を求めるのは当然てある。また,被告人は,当公判廷 において,一応反省と謝罪の弁を述へているか,その一方て不合理な弁解を繰り返 し,本件起訴後に次女を告訴しようとしたことなとからすれは,被告人か真摯に事 件に向き合い,反省を深めているとは認められない。これに加え,本件各犯行の根 底をなしている次女に対する強い執着,本件各犯行及ひ前科からうかかえる被告人 の凶器に対する親和性や女性に暴力を振るう性向からすれは,再犯のおそれも否定 てきす,次女及ひその家族か被告人の社会復帰に際して有する危惧感はもっともな ものとして理解し得るところてある。これらの事情は,被告人の刑を決めるに当た り,考慮する必要かある。しかしなから,被告人の刑の重さは,被告人の犯罪行為 に相応しい刑事責任を明らかにするものてなけれはならないことからすれは,これ らの事情を考慮する程度には自すと限度かあり,被告人の犯罪行為に相応しい刑事 責任の枠を超えて,再犯防止のために被告人を重い刑に処すことは相当てはない。ウ 多数の者か居住する団地内て母親か殺害され,次女か連れ去られ,被告人 か5日間にわたり逃走した本件か,社会,特に,付近住民に与えた不安や恐怖も軽視てきない。
エ 被告人に罰金前科以外の前科かないこと,被告人の姉か被告人の更生に助力する旨述へていることなとは被告人に有利な事情として考慮する。
 3 総合考慮そこて以上の量刑事情を総合し,被害者1名の殺人事件に関する過去の量刑傾向 も参考にして,上記2(1)(2)の事情に,(3)の事情も加味して被告人の刑の重さにつ いて検討すると,上記のような諸事情,特に,母親の頸部等を牛刀て切り付け同人 を死亡させたという態様の悪質性・結果の重大性,次女に対する執着から刃物等を 用いて短期間に連続して犯行を犯し,次女及ひその家族に強い恐怖と不安を与えた ことなとからすれは,被告人の刑事責任は相当に重いというへきてある。他方,本件殺人は,母親との遭遇後に何らかの理由て突発的に殺意か生した衝動 的な犯行てあって,計画性や次女を逮捕監禁するために母親を殺害したという動 機は認められないこと,被告人に罰金前科しかないことなとの事情もあることか らすれは,被告人に対して,無期懲役に処するのは重すきるというへきてあり, 主文の刑か相当たと判断した。(求刑 無期懲役 ホウイナイフ,牛刀,手錠及ひ鍵様のもの没収) 平成22年8月17日千葉地方裁判所刑事第1部
裁判長裁判官 彦
裁判官 角
坂 孝 孔
谷 比 呂 美
裁判官土 倉 健 太
別表
位置
種類
大きさ,形,数
程度

右頬
切創
前方へ約8センチメートル,上方へ1センチメートル,前方へ2センチメートル,下 方へ2センチメートル傷の左側ては,皮膚は弁状て下にめくれる
皮下脂肪の先まて届かす

あこ
切創
左右に2.5センチメートル
皮下脂肪の先まて届かす

右頸部
切創
右肩近くからあこの下まて,全長22センチメートル あこに近い部分ては,体の上から下に向かい皮膚の下をはうように走り,皮膚は 弁状て下にめくれる 右肩に近い部分ては,奥行きかあり,向きは左下方て,深さ約5センチメートル 3個以上の切創からなる右内頸静脈の切断 右上甲状腺動脈の切断 右胸鎖乳突筋の切断 右肩甲舌骨筋の切断 右胸骨舌骨筋の切断 右第6頸椎横突起の切断4
左上腕の前面
切創
左腕を左斜め後方にそらす姿勢のとき(左上肢の肩関節を上方へ屈曲させ外旋 ・外転させたとき),傷は密着しやすい。このとき,傷は右下方に走り,長さ7セン チメートル,右側は弁状5
左手の小指
切創
上下に1センチメートル
皮下脂肪の先まて届かす

右肩の前面
切創
上下に4センチメートル,右側は弁状
皮下脂肪の先まて届かす

右手の甲
切創
左右に2.7センチメートル,下側は弁状
皮下脂肪の先まて届かす

右手の薬指
切創
長さ1.5センチメートル
皮下脂肪の先まて届かす
18
判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket