岡山地裁 平成20・12・25 316条の20第1項 棄却
主文 本件申立てをいずれも棄却する。
理由
1 本件請求の趣旨及び理由は,要するに,被告人らに対する本件各強盗致傷被告事件について被告人Aの逮捕以前に作成された1緊急配備,2聞込み,3初動捜査, 4張込み及び5地取・足取捜査に関する捜査状況・経緯を示す捜査報告書,事情聴 取結果報告書,捜査関係事項照会書・回答書及びこれに準ずる書面(ただし,既に開 示されているものを除く。以下「開示請求に係る捜査報告書等」という。)は,いず れも刑事訴訟法316条の20第1項に該当する主張関連証拠であって,弁護人からの 開示請求により検察官が開示をすべき証拠であるにもかかわらず,検察官が開示 をしないので,裁判所の裁定を求めるというものである。2 弁護人は,捜査機関が被告人らに対する上記緊急配備等の初動措置・捜査及び総 合捜査による被疑者の割出しのための捜査をしていないか,あるいはしていたと しても不十分なものしかしていなかったため,被告人らの少年審判を受ける機会 を失わせたものであって,捜査手続に重大な違法があり,公訴棄却されるべきであ ると主張し,開示請求に係る捜査報告書等は,その主張に関連し,被告人の防御の 準備のために開示が必要なものであるとしている。そこで検討するに,検察官は,平成20年8月29日付け及び同年11月7日付け回答 書において,別紙記載の捜査報告書等(以下「別紙証拠」という。)を任意開示した上, 本件請求に対する意見書等において,1既に開示している証拠以外の証拠であっ て,検察官が現に保管している証拠は,捜査状況・経緯をまとめた報告書を除いて 存在しない旨を明確にし,さらに,2警察において作成した捜査書類は全て検察官 に送致されており,検察官において入手が容易な他の証拠(具体的には,警察官が現に保管している証拠)も存在しないとしている。
 そうすると,開示請求に係る捜査報告書等のうち,捜査状況・経緯をまとめた報告書については,既に開示済みの証拠に基づいて作成されたものにすぎないから, 開示する必要性は認められないのであって,開示が相当とはいえず,また,それ以 外の捜査書類は,存在しないことが明らかであり,開示が相当であるかどうかを判 断するまでもなく,同条の要件は満たさない(なお,弁護人が開示を求める「捜査報 告書等に準ずる書面」が何であるかは必ずしも明らかではないが,既に開示済みの 証拠に加えて,さらに,一件記録として検察官に送致された捜査書類以外の「捜査 報告書等に準ずる書面」まで開示する必要性は認められず,開示が相当であるとは 認められない。)。3 よって,本件申立てはいずれも理由がないから,刑事訴訟法316条の26第1項,
 2 項により,主文のとおり決定する。 (裁判長裁判官・高山光明,裁判官・馬渡香津子,裁判官・石原和孝)(別紙) 1.平成20年8月29日付け回答書
(1) 司法警察員B作成の平成20年4月24目付け捜査報告書1通(2) Cの司法警察員に対する平成20年3月18日付け供述調書1通 2.平成20年11月7日付け回答書(1) 司法警察員D作成の平成14年2月8日付け捜査報告書1通(2) 司法巡査E作成の平成14年2月8日付け捜査報告書1通
(3) 司法警察員F作成の平成14年2月9日付け鑑定嘱託書(謄本) 1通(4) 玉島警察署長作成の平成14年2月9日付け現場資料等送付書(謄本) 1通 (5) 司法警察員G作成の平成
 14 年
 2 月
 10 日付け捜査報告書
 1 通
判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket