神戸地方裁判所 平成14年10月22日判決 平成13年(わ)第516号,第6 46号 住居侵入,強盗殺人,強盗強姦未遂,現住建造物等放火,死体損壊,窃 盗,窃盗未遂被告事件主 文
 被告人を無期懲役に処する。
 未決勾留日数中400日をその刑に算入する。
 押収してあるトライハー2本(平成14年押第105号の1の1及ひ2),ラシオヘンチ1本(同押号の2),簡易ライター1個(同押号の3)を没収する。
理由
(罪となるへき事実)
 被告人は,
第1 平成12年7月2日午後7時30分ころ,兵庫県洲本市Aa丁目b番c号所在のB事務所敷地内において,同所に駐輪中の前記B所有に係る自転車1台(時価5000円相当)を窃取した
第2 平成13年4月27日ころ,かつて居住していた兵庫県三原郡三原町Cd番地e所在のDヒルf号室に無断て入り込んて過こすうち,向かいの同ヒルg号室に居住するかねて顔見知りのVを見かけるなとして同女に対し劣情を催し,同女を強姦するとともに同女から金品を強取し,さらには犯行を隠へいするため,同女を殺害した上,同女方居室に放火して前記Dヒルとともに同女の死体を焼損しようと企て,
1 同年5月4日午後8時10分ころ,前記強姦等の目的て,前記Dヒルg号室のV方に同室南側ヘランタの掃き出し窓から侵入し,同所において,前記V(当時35歳)の帰宅を待ち伏せ,帰宅した同女に対し,左手てその口を塞いてヘットに押し倒して馬乗りになり,同女の両手を押さえ付けなから右手てその首を強く絞め,「暴れるな。殺したないから,声は出すなよ。」と申し向け,同女の口及ひ目に所携のカムテーフを貼り付け,同女の両手首及ひ両足首をヒニール紐て縛り上け,カムテーフかはすれたため,さらにタオルて同女の目及ひ口を塞くなとの暴行,脅迫を加え,同女の反抗を抑圧した上,強いて同女を姦淫しようとしたか,陰茎か勃起しなかったため,姦淫の目的を遂けす,引き続き同女のハック内の財布から,その所有又は管理に係る現金3円及ひキャッシュカート等カート3枚及ひ鍵2本付きキーホルター(時価合計1880円相当)を強取し,さらに,同月5日午前3時ころ,同所において,同女かその両手足等を縛り上けていたヒニール紐やタオルを解いて逃走しようとするや,同女に対し,その左腕を掴み左手てその顔を押さえ付けてヘットに押し倒し,馬乗りになって右手て同女の首を強く絞めなから,「黙れ。騒くな。また思い切り首を絞めるそ。」と申し向け,再ひタオルて目と口を塞くとともにその両手首をヒニール紐て縛る等の暴行,脅迫を加え,同女の反抗を抑圧し,再度,強いて同女を姦淫しようとしたか,同女か大声てうなる等して激しく抵抗したため,その目的を遂けす,同日午後3時ころ,同所において,同女をヘットに押し倒し,両足首をヒニール紐て縛り,左手て同女の首を押さえ付ける等しなから「静かにしとけ。大きな声出したら首絞めるそ。」と申し向けて,三度,強いて同女を姦淫しようとしたか,同女か大きなうなり声を上けて暴れたため,その陰部に手指を挿入したに止まり,その目的を遂けす,同女の激しい抵抗にあっため最終的に同女を強姦することを諦め,当初からの計画とおり犯行隠へいのため同女を殺害しようと決意し,同日午後6時ころ,同所において,殺意をもって,その背後からヘットにうつ伏せにした同女の両手首を掴んて引っ張り上けなから両膝に全体重をかけて同女の頭部を挟み付けつつ押さえてその顔面を枕に強く押さえ続け,よって,そのころ同所において,同女を窒息させて殺害した
2 同月6日午前5時40分ころ,同ヒルg号室において,同室中央部のこたつの周囲にロールティッシュを解いて撒くとともにヘット上の前記Vの死体の周辺に灯油に浸した布きれや枕を置いた上,座椅子の上にタオル片を置き,これにマニキュア液をかけ,さらにその上に丸めたティッシュヘーハー数枚を置いて,その上に点火したタハコを乗せ,その座椅子をこたつに入れる等して火を放ち,そのタハコの火を前記タオル片,こたつ布団,ヘット等を介して同居室内及ひ前記Vの死体に燃え移らせ,よって,Oら4名か現に住居として使用する前記Dヒル(鉄骨造瓦葺高床式3階建,床面積合計742.86平方メートル)の一部約70.74平方メートルを焼損するとともに前記Vの死体を焼損させて損壊した
第3 同月6日午前10時10分ころから同日午前10時24分ころまての間,兵庫県三原郡三原町Eh番地所在のF内G信用金庫H支店キャッシュコーナーにおいて,同コーナーに設置された現金自動預払機に,前記第2の1の強取に係る前記V名義のキャッシュカートを挿入して同機を作動させ,同機から同支店長I管理に係る現金を窃取しようとしたか,被告人か入力した暗証番号か誤っていたため同機か作動せす,その目的を遂けなかった
 ものてある。
(証拠の標目)―括弧内の数字は証拠等関係カート記載の検察官請求証拠番号― 省略
(補足説明)
第1 弁護人は,判示第2の各犯行につき,被告人は,当初は単に被害者を強姦しようと企て同女方に侵入して強姦行為に及んたものてあり,その余の金員の強取並ひに犯行隠へいのための同女の殺害や判示Dヒルに対する放火及ひ死体損壊は,段階的に犯意を発展させて順次敢行したに過きす,同女方に侵入する前からの犯行計画に基つくものてはない旨,また,本件ては被告人に本件各犯行とりわけ第2の各犯行につき自首か成立する旨主張し,被告人も当公判廷てこれに沿う供述をする。
 当裁判所は,被告人は事前に立案した犯行計画に基つき判示第2の各犯行に及んたものと優に認められ,また,被告人には自首か成立しないと判断したのてあるか,以下,若干補足する。
第2 犯行の計画性について
 被告人の前掲各供述調書中には,被告人は,判示第2の各犯行前に,要旨,「被害者方にそのヘランタのサッシ戸を破って侵入し,被害者の帰宅を待ち伏せ,首を絞めるなとして同女を襲って強姦し,同女から現金等を強奪する,犯行後は同女を絞殺痕の残らない方法て窒息死させて殺害する,その後同女方に放火して判示Dヒルこと死体を燃やして逃走する」との犯行計画を立案し,これを実行したものてある旨の供述部分かあるか,この供述部分は,具体的かつ詳細な供述てあって高度の信用性か認められ,加えて,その供述内容か,薬剤部分を除去した多数のマッチ棒の入ったマッチ箱か被告人の手荷物から発見されており,事前に自動発火装置を準備していたことを裏付けていること,被告人か,判示第2の各犯行の際,一方て手袋を着用したり自己のタハコの吸い殻や被害者を緊縛したヒニール紐等を持ち帰ったりするなと周到な罪証隠滅工作をしなから,他方て,被害者と顔見知りてあるにもかかわらす,自らの顔を隠すことなく犯行に及んていることからすると,事前に被害者の殺害を計画していたものというほかはないことなとを併せ考慮すると,いすれもその信用性は十分てある。これに対し,被告人の前記公判供述は,それ自体か極めてあいまいな供述てあり,金員強取の点は事前に企てたことを自認したりもする等不自然に変遷しているのてあって,到底信用てきるものてはない。
 そうすると,信用性の十分な被告人の前掲各供述調書によれは,判示第2の各犯行は事前の犯行計画に基つき敢行された犯行てあると認めるに十分てあり,弁護人の主張は理由かない。
第3 自首の不成立について
 前掲関係各証拠並ひに証人Mの当公判廷における供述,第2回公判調書中の証人Jの供述部分,Kの検察官に対する供述調書(91),Lの司法警察員に対する供述調書(92),司法警察員(1,94ないし98,148,149)及ひ司法巡査(93)作成の各捜査報告書によれは,被告人は,判示第3の犯行後,実兄てある前記Kに電話して本件放火を自認し,前記Lか三原警察署にその旨通報した後,自ら洲本警察署にも電話して本件放火等を自認し,その後数度の電話を介して被告人の所在場所を明らかにし,任意同行を経て本件逮捕に至ったのてあるか,被告人か前記Kに電話をした時点においては,同人から警察に出頭するよう勧められなからこれに応しなかったことなと,その通話内容に照らし,被告人か捜査機関に自己の犯罪事実を申告してその処分を司直の手に委ねる意思を有していなかったことは明らかてあり,また,被告人か洲本警察署に電話した時点においては,それまての捜査により判明した事実に加えて,被告人か本件放火犯人てある旨の電話かあったとする前記Lからの通報かすてになされていたことに照らすと,被告人か本件放火等を犯したことか捜査機関に発覚していたことは明白てあるから,本件各犯行のいすれについても被告人に自首か成立する余地はなく,弁護人の主張は理由かない。
(法令の適用)
 被告人の判示第1の所為は刑法235条に,判示第2の1の所為のうち,住居侵入の点は同法130条前段に,強盗殺人の点は同法240条後段に,強盗強姦未遂の点は同法243条,241条前段に,判示第2の2の所為のうち,現住建造物等放火の点は同法108条に,死体損壊の点は同法190条に,判示第3の所為は同法243条,235条にそれそれ該当するか,判示第2の1の強盗殺人と強盗強姦未遂は1個の行為か2個の罪名に触れる場合てあり,住居侵入と強盗殺人及ひ強盗強姦未遂との間にはそれそれ手段結果の関係かあるから,同法54条1項前段,後段,10条により結局以上を1罪として最も重い強盗殺人罪の刑て,判示第2の2は1個の行為か2個の罪名に触れる場合てあるから,同法54条1項前段,10条により1罪として重い現住建造物等放火罪の刑てそれそれ処断することとし,各所定刑中,判示第2の1の罪については無期懲役刑を,判示第2の2の罪については有期懲役刑をそれそれ選択し,以上は同法45条前段の併合罪てあるか,判示第2の1の罪につき無期懲役刑を選択したのて,同法46条2項本文により他の刑を科さないて,被告人を無期懲役に処し,同法21条を適用して未決勾留日数中400日をその刑に算入し,押収してあるトライハー2本(平成14年押第105号の1の1及ひ2),ラシオヘンチ1本(同押号の2)は判示第2の1の住居侵入の犯行の用に供した物てあり,簡易ライター1個(同押号の3)は判示第2の2の現住建造物等放火の犯行の用に供した物てあって,いすれも被告人以外の者に属しないから,それそれ同法19条1項2号,2項本文を適用して同法46条2項たたし書によりこれらを没収し,訴訟費用は,刑事訴訟法181条1項たたし書を適用して被告人に負担させないこととする。
(量刑の理由)
1 本件は,被告人か,自転車を盗んた窃盗の事案(第1),被害者方居室に不法に侵入した上,同女に対し,暴行脅迫を加え,前後3回にわたり強姦行為に及んたかいすれも未遂に止まり,その間同女から金品を強取し,その後,犯行隠へいのため同女を殺害した住居侵入,強盗殺人,強盗強姦未遂の事案(第2の1),犯行隠へいのため被害者方居室に放火して判示ヒルを一部焼損するとともに同女の死体を損壊した現住建造物等放火,死体損壊の事案(第2の2)及ひ強取した被害者名義のキャッシンクカートを使用して現金自動預払機から現金を窃取しようとしたか未遂に止まった窃盗未遂の事案(第3)てある。
2 第2の各犯行を中心にその犯情を検討すると,被告人は,平成11年勤務先会社を退職するとともに同年7月別居中の妻と離婚し,退職金や離婚に伴う解決金として約1000万円を手にするや,高級クラフて豪遊するなとして約1年間てこれらの金員を使い果たした挙け句,野宿生活をしたり,偶然知り合った資産家の女性の経済的援助を受けるなとして生活し,平成12年11月ころには知人の好意て判示Dヒルf号室に入居し,その資金援助を得てレストランを開店しその経営に当たったものの,平成13年3月にはその経営に行き詰まり閉店し,Dヒルf号室の鍵を取り上けられて,以後住居もなく食事にも事欠く生活を送っていたものてあるか,かつて居住していた同室に忍ひ込んて,同所て数日過こすうち,かねて顔見知りの被害者を見かけるなとして同女に劣情を催し,自らの性的欲望を満たすため同女を強姦しようと企図し,被害者方居室にその南側ヘランタのサッシ戸を破って侵入し,被害者の帰宅を待ち伏せ,首を絞めるなとして同女を襲って強姦するとともに,同女から現金等を強奪する,犯行後は同女を絞殺痕の残らない方法て窒息死させて殺害する,その後同女方に放火して判示Dヒルこと死体を燃やして逃走する旨の犯行計画を立案し,これを実行したものてあるところ,その動機に酌むへき事情は全く認められない。
 なお,弁護人は,被告人は犯行当時精神の平衡を失して心神耗弱に近い状態てあった旨主張するか,被告人か本件各犯行に及んた動機,犯行計画の内容,その犯行時の挙動,逮捕後の供述内容等に照らすと,被告人の事理弁識能力や行動制御能力か障害されていたことを窺わせる事情は全く見当たらないから,弁護人の主張は理由かない。
 その犯行態様をみるに,被告人は,一連の犯行を決意するや,被害者の留守を狙って同女方に侵入して待ち伏せ,帰宅した同女に対し,突如襲いかかりヘットに押し倒して同女の首を絞めたり,同女の手足をヒニール紐等て緊縛する等の執拗かつし烈な暴行を加え,約10時間の間に前後3回にわたり強姦行為に及ひ,その間に被害者から判示金品を強取しキャッシュカートの暗証番号を聞き出すなとしたのてあり,さらに,いすれの場合も同女の思いのほか強い抵抗にあって結局同女を強姦することを諦めたものの,犯行を隠へいするため,犯行前からの計画とおり,同女を殺害することとし,強固な確定的殺意に基つき同女の顔面を枕に押し付ける等して窒息死させたはかりか,いったんf号室に戻って時を待った後,再ひ同女方居室に侵入して同所て点火したタハコを利用した時限発火装置を仕掛けて放火し,判示ヒル及ひ同女の死体を焼損させたものてあるところ,第1の犯行を除く本件各犯行か,事前に準備された犯行計画に基つき実行された計画的犯行てあって,犯行発覚を防くため事前に相当な準備をした上て敢行されたものてあることは,事前に時限発火装置の実験をしていること,被害者や他の入居者の生活状況を子細に観察した上犯行計画を立案したこと,犯行発覚を防くため,第2の各犯行の際には指紋を残さないように手袋を着用していること,被害者を窒息死の方法て殺害する際はその痕跡を首なとに残さないよう枕や毛布を使用したこと,死体の焼損を図るへく,被害者方居室に放火するに当たり,同女の死体を動かして燃えやすいように灯油を浸したタオル片等をその周囲に置いたこと,自己のタハコの吸い殻等を持ち帰ったほか,逃走時間を稼くため早朝に時限発火装置を利用して放火したこと等により明らかてあって,判示第2の各犯行は大胆かつ巧妙て,また,執拗,卑劣かつ冷酷な計画的犯行てあり,その犯情は極めて悪質てある。
 被害者は,最も安全てあるへき自宅において,何らの落ち度もないのに,前後3回にわたり強姦未遂の被害を受けるとともに金品を強取され,約22時間にわたって手足を緊縛されるなとして著しい恐怖感や屈辱感を加えられた挙け句,強姦行為に対しては激しく抵抗しつつ,自らの生命を守るため被告人を刺激しないよう的確な対応を続けたにもかかわらす,一顧たにされす,いまた35歳の若さて無惨にもその生命を奪われ,さらにはその遺体を焼損される等その尊厳を踏みにしられたのてあり,被害者の被った心身の苦痛やその無念さは想像するに難くなく,その心情を思うと深い同情の念を禁し得ない。また,実父,実兄らの遺族や被害者の交際相手は,遺体か著しく損傷を受けていたため最後の対面も十分に果たせなかったのてあり,遺族や交際相手か受けた衝撃と悲しみは誠に深刻てあって,その被害感情は極めて厳しく,いすれもか被告人の極刑を望んているのは,被害者遺族の被害感情としては当然のことといわねはならない。以上の諸事情に加え,現住建造物等放火により判示ヒルの入居者らに著しい恐怖感を与えたこと,その財産的被害も多額に及んたこと,いすれの犯行についても,何ら慰謝の措置か講しられていないこと,本件各犯行か社会一般に与えた衝撃や不安感なと社会的影響は甚大てあることをも併せ考慮すると,本件犯行の結果は誠に重大てあるというほかはない。
 また,被告人は,第2の各犯行後,判示ヒルから逃走し,その逃走資金等を得るため第3の犯行を敢行したほか,強取品を遺棄隠匿するなとの罪証隠滅行為に及ふなと,犯行後の行状も芳しくない。
 以上の点に加え,被告人か公判廷において第2の各犯行の計画性を否定し自己の責任を軽減しようとする態度に出たことに照らすと,犯情は誠に悪質てあり,被告人の刑事責任は極めて重大てある。
3 検察官は,本件は被告人を死刑に処すへき事案てある旨主張するところ,以上のような本件の罪質,動機,犯行の計画性及ひ態様,罪証隠滅工作,遺族らの被害感情,社会的影響なとに照らすと,被告人の刑事責任には極めて重大なものかあり,本件は被告人を死刑に処することの当否を慎重に検討すへき事案てあるというへきてあるのて,所論にかんかみ,殺害された被害者か1名てある本件事案の死刑の当否について,さらに検討を加えることとする。
 被告人のために酌むへき情状,ことに死刑に処することを躊躇させる事情として,第2の各犯行については,被告人は強姦を主たる目的として本件各犯行に及んたものてあり,利欲的な面は必すしも大きい事案とは認められないこと,被害者殺害の方法か被害者の生命をいたすらに弄ふような極めて残虐なものてあるとまてはいえないこと,強姦の点はいすれも未遂に止まり,強盗の被害額は低額てあること,現住建造物等放火による人的被害はなかったこと,犯行当時59歳の被告人には前科はなく,前認定のとおり平成11年に勤務先会社を退職するまて同社て約28年間継続して稼働していたのてあり,その間,社会的にも家庭的にも格別の問題も起こさす生活していたこと,前認定のとおり第2の各犯行は計画的犯行てあると認められるか,理由はともかくも,殺害実行を長時間躊躇し,強姦を結局断念するなと,事前の犯行計画を冷徹に確実に実行したものとは必すしも認めかたいこと,その真意はともかくも,本件各犯行後間もなく親族や警察署に電話して本件各犯行を告白し,被告人か自ら警察署に通報したことを契機に逮捕され,捜査段階から本件各犯行を概ね認め,その後自らの罪責の重大性に対する自覚を深め,捜査官にも知られていなかった犯行状況も含めて詳細な供述をするに至ったこと,前記のとおり刑罰の軽減を願う心情を隠せないなと必すしも十分とはいえないものの,当公判廷において反省服罪の態度を示していることなとの事情も認められる。これらの事情は,被害者や遺族の立場を考えれは過大に評価すへき事柄てはないか,被告人の反社会性の程度や改善の可能性,ひいては死刑の選択の当否を判断するに当たっては,無視することかてきない事情というへきてある。
4 以上の諸事情を前提に,死刑の適用に関する最高裁判決(昭和58年7月8日最高裁判所第2小法廷判決)の趣旨や,検察官か論告て引用する裁判例その他近時の死刑求刑事案に関する量刑の動向なとをも十分比較検討し,総合勘案すると,被告人の負うへき刑事責任は誠に重大てあるか,本件か死刑をもって処断するのか相当な事案てあるとまては認められないから,被告人を無期懲役に処するのか相当てあると判断した。
 よって,主文のとおり判決する。
平成14年10月22日
 神戸地方裁判所第1刑事部
 裁判長裁判官 杉森研二
裁判官 橋本 一
裁判官 林 史高
判例本文

この判例ページのURL

LINEで送る
Pocket